1/24GvG

まいど、ゴーゴーカレーよりもカレキチのステーキカレーの方が好きな池田です。なかじまゆか同人誌はビニューでした、
がっかりです。はてさて今回は新風さんちが抜けて久しぶりに暁連という呼称に戻るGvでしたが、今回のテーマはありものの
戦力でいろいろやろうぜ!みたいな感じだったと思います。


<開幕>
A共通で鷹連みたいな(?)クランク防衛をしようとした気がします。IY連が来たので防衛開始。

いろいろやろうぜ! 自体に異論は無いのでこーいうのドキワクなんですが、うーん作戦書と現場が違ったーとかも
あるんでしょうけど、

b0078381_1828784.jpg
b0078381_18281696.jpg


(※なぎさんとひーろさんの動画から画像を抽出させて貰ってサンプルにしています、問題あったら削除します)
こんな感じで比較してみればわかる通り、防衛地点Aに敵が到達するために、クランクがあるN共通なら2~3回キルゾーン内で
クリックしないといけないんですが、今回の防衛方法だとワンクリックでA地点が蹂躙されてしまうので、少なくてもメインは
B地点にした方がいいんじゃないかとか、ガディ湧き・復帰位置的にもあんまりメリットが無いので、同格↑の相手に使うには
難しそうだなーとか色々感想は生まれた戦闘でありました、2ターンくらいで裏に抜けられてライン後退。

まあしかし今回は落城したらしたでOKという前提でしたし、入口防衛以外の何かを試そうとする流れが発生している、という
だけでも悪いこっちゃないと思います。


<道中>
何だかんだで人数的にも一回りくらい勝ってたんでしょうかね、左守護石の通常ライン防衛でヌルヌル遊びます。
途中で庭のタクト先生が抜けて石の横で座り込んだので説得して帰ってもらったり、突破EMCされてピンチになったりと
色々ありますが、ヒリヒリするようなヤバさは無く、まあ何とかなるだろーみたいなムードではあったと思います。

ラインの上げ下げなんかもやってみたりして優位に戦闘を進めつつ30分だか1時間くらいここで戦闘してた気がします、
裏EMCでぱりーんぬされてしまったのでバリケ戦へ。


<バリケ戦>
対SNK的な将来の流れも考えて、バリケ前EMCもつかわにゃなるまいと今週はバリバリ前EMCをします。
裏に戻る最低戦力セットとかそういう細かい部分の決まりごとが甘かったので、陣地崩壊=バリケオワァァァみたいな感じで
残り2本までボキボキされたりもしますが、全体的な志向性としては悪くなかったと思います。

比較的優勢に戦闘が出来ていたのでIY連が早めに撤退しないかと思っていたんですが、IY連的にも得るものでもあったのか
21時30分ちょい過ぎくらいまで攻めて来て貰ったので、こちらとしても大分得るものの多い戦闘が出来たと思います。

さすがに同規模やや上で防衛していると有利風味なので、機会があったら今度はSEでIY連に攻めてみたいっすね。
そんな感じのSE戦闘でした。池田は人数減ったから死なないように地味に地味にEDPSBしてたせいか、通常モードよりは
死ににくい戦い方が出来たと思いますが、戦力的に余裕があった事に拠る部分も多いと思うので、うーんまだまだですのう。


<派遣>
L2(無人)をEJ派遣で制圧

各地を偵察

50分台、B1(うぃざーど?)にRbcを送り込み

B1、MEペコ派遣なんかも攻め手に加わって勝算薄めとの報告。
並行して偵察していたEJというか池田が前情報で無人と出ていたL1再確認に向かったら53分の時点で無人。

RbcにL1にカモンとの指示>L2ポタしかない
EJマスターを池田がL1に呼んであったので、徒歩でEJマスターがL1に到着

55分、RbcをL2へ、EJはRbcが到着次第L1でEMCするように指示、した所でゴディバのめろん先生がL1のER侵入。

池田クロークで隠れる。ゴディバめろんとAXは即割ろうとせず、EJマスターの尻を追い掛けてエンペ周りから離れてくれたので
EDPしてブレイク57分30秒。

ターンが残っているのでEJマスターに至急EMC要請。

EJマスターL1でEMC→L2にRbcが着くのと、乏しいブレイカー手配がギリギリセーフ

L1リログEMCでL1だけでも安定マンセーしようとしたらポタがry→ラストランして来たゴディバにちょっとドキドキ


といった感じで、ノエさんがごっつぁんゴールでしたーと言った気持もわかるくらい2砦ともあと少し噛み合わなかったら
失っていたフラグが立ってたんですが、まあ複数砦を狙う時の上手い下手って、ある程度そーいうギリギリ取れるか
取れないかーという期待値50%の砦にしがみつくごっつぁんパワーの問題があると思うので、これはこれで悪くない
形だったんじゃないかと思います。
強いて言うなら今回はラストEJがL1で再EMC出来る状態を作って、最悪でも2砦安定+1砦成功判定ロールといった
形にしなければいけない所をケアレスミスで失敗した、っていうのが池田さんのダメなところだったという事で!

ではでは来週も頑張りましょー。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-25 19:15

故に、生涯に彼女はなく。 その体はきっとエロゲで出来ていた。

●虚淵玄のアイゼンフリューゲル(ガガガ文庫)読破。
ファントムヴェドゴニアにはあんまり心酔しなかった派池田ですが、フェイトゼロは池田ベスト10くらいに入りそうなくらい
ベタ惚れしていてゲームテキストより小説のが性に合うのかと思ったらBLACK LAGOONなんかはそうでもなくて、
これはどーなのよーと思いつつアイゼンフリューゲルを読んだわけですが、うーん、出来が良いのはわかるんですが、
心酔はしないなーと思う感じの楽しい一冊でした。

池田的に分析すると、多分虚淵氏のベースは対象年齢高めのハードボイルドであって、フェイトゼロは原作世界観が
どちらかといえば成人若年層を主対象とする作品だったから、ブラックのコーヒーに程良く砂糖が入る事になったおかげで
奇跡のバランスが出来上がった、みたいなそんな感じがフェイトゼロだったんじゃないかと思っています。


●富士見ファンタジアのオーフェンの人の本質にギャグは無かったんだけど、それを取り込んだから(量産型スレイヤーズとして)
売れ線になったーみたいなのと同じで、作者が書きたいものが世間で評価されるものだとは限らないって事は往々にして
あるもんですよねー。ちなみに池田は沙耶の唄がある種の名作である事は否定しないけど悪趣味だと思う派です。ノー心酔。


●人類は衰退しましたの最新刊読破。
不条理メルヘンから始まった感じのシリーズですが、回を追うごとに田中ロミオ節がゴリゴリ割り込んできたり消えたりして
うーん、なんというか進路が読めないというか着地点が読めないのがニンとも言えない小説です。
1巻の楽しいー♪っていうのと3巻以降の半分くらいを占める実験小説的楽しさは別モノな気がして、うーん墜落しなければ
いいんですけど。


●というわけでメディアワークス文庫の新刊3冊と有川新書をゲッツ。池田さんって良く本読みますよねーって言われますが、
池田はたまに本を読まないだけです。本を読んでる状態がデフォ。といっても昨今はテキトーにラノベを
読んでるだけなので、そろそろ果てしない大人文庫(※性的な意味ではなく)の世界に旅立たないとイカンかもしれないと
常々思ってたりしますが、うーん、夜は短し~なんかは傑作だと思ったんですが、中々そういうのに当たるのは難しい訳で、
広大すぎると船出できないおー、みたいな?


●一応読んだことある非ラノベ雑感列挙、作者作品名順不同。
乙一作品:ジャンル的にラノベか? 借りて読んだ程度。

12国記:面白い面白いと言われるけどスタダ的に読み進められず

京極夏彦作品:初期シリーズは読んでた、魍魎の匣なんかは凄まじい傑作だと思うんだけど、何故か金を払って
新巻を手に入れる気がしない不思議。

グインサーガ:10巻くらいまで古本で読んでそれっきり。未完の大作、完結してから読むのが夢でした……。
栗本他作品は男性同性愛を描いてたりするから前情報が無いと買えないのがネック。

司馬遼太郎作品:大御所だけど中身は軽妙でむしろライトだと思う、読んでみて先入観びっくりだった。
そういえばラノベで司馬文体をトレースしてる歴史物があって独特の筆致とか書かれていてもにょった事があったっけなあ。

清涼院流水作品:厚い本スキーなんで買ったら、どーしよう買ってしまったゴミだ・・・・・・と思った。
頭おかしい髪一重の才能があるっぽい事はわかる気がするけど池田には受け入れられない感じの人。

田中芳樹作品:アルスラーンとか一通り読んでると思いますよ、ラノベ扱いで。

森博嗣作品:すべてがFになる系列のシリーズは心酔レベルで好きでした、他はそーでもないので要するに池田さんは
文章力じゃなくて内容のキャッチー度数の有無で好き嫌いを判定するんだなーと自覚されられた作者さん。

恩田陸:綺麗な日本語、名作多しというイメージ。たまに作者買いする。

森見登美彦:夜は短し~以来作者買いしてるけど、あれほどのキャッチーな楽しさは得られていない。
文体や不思議世界観のファーストインパクトの問題もあるのやも。

他麻耶雄嵩とか米澤穂信とか新宿鮫の人とかホワイトアウトとか李欧とか読んだ気がするけどそんな感じー!


●ガーデンパッチががーでんがーでん!
まだ完成しなくて半端なアレだったりするみたいですが、がーでんがーでん!

明日(今日)仕事なのに3時半までやってもうた・・・・・・。飛ばし飛ばし一応EDまで終了。
皆が求めていたトノイケは必ずしもいない気がします。トノイケ書けなくなったんじゃねーのと言われるだけの時間が
経過しただけあってか、まとめ方という点でメルヘン分が下がってビースト分が上がっている上、えろすシーンの異常な
インモラル側に振り切れた加筆具合といい、Jさいろー的に転がっているというか、さいろーが本編のサブシナリオを書いてた
らしいという話ともあいまって、本当にコレ書いたの全部本人? と心の何割かが思ったり思わなかったりして。

愛先生シナリオは、水月→さくらむすび→わんこから繋がるあの時代のトノイケシナリオのベースラインが感じられる
王道傑作だったと思うんですが、今回は良くも悪くも振り切れている、大衆向けにラッピングしてない追加シナリオだったと
思います。他人へのオススメ度数は一段階下がる気がしなくもないですが、池田は信者です。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-22 22:50 | 活字

1/17GvG反省

ひーろさんが反省書こうかと思ったけど萎えたという気持ちも十分わかる池田ですが、本日の春の陽気でテンションが
レベルアッパーなので、なぎさんの動画がわかりやすくて有り難い事だし、せっかく労力かけて具材を提供してくれて
いるんだからたまにはリスペクトの意味も込めて使わせて貰おうかと思ってみるチスタ。


<結論から行こう>
Gvレポでもさらっと核心を書いてる(偉いぞ俺)けど、

城主7割、非城主3割シフトを取っていない

鯖内最強のバリケ攻めノウハウを持っているSNK相手に、中堅のベストではないバリケ裏陣地構成が維持できる筈が無い

その着想が無かった、もしくはじゃあどうするのか、というビジョンが提示されて無かった

というのがマクロな問題だと思います。
ミクロ(と言える程小さい問題ではありませんが)に見るとLP教授の一人が初心者だったとか、雷鳥がしょっぱい2PCで
耐久力がうんたん、とか勿論ベストを目指すという意味ではバリケ裏の練度だけでもまだまだやる事は多いと思いますが、
せっかくなのでなぎさん動画で見比べてみましょう。


<なぎさん動画より>
新暁がバリケ裏を綺麗にお掃除されるまでの時間→1分51秒間

鷹連がバリケ裏を綺麗にお掃除されるまでの時間→プリ1人の時間入れて1分(動画8分30秒~9分)

なんという事でしょう!(AA略)
今回のバリケ裏は全然ダメだったねーうんこうんこ瞬殺されちゃったよーと言ってる新暁30人がバリケ裏を崩されるまでには
2分近い時間が消費されていて、SNKが1バリケ戦攻めきれず(だよね?)撤退だーと言っている鷹連30人のバリケ裏は
1分で壊滅している(のに守りきれている)この事実。これでわかるでしょうか、要するに新暁連のいっちばん下手な部分は、

・バリケ前の遊撃戦
・バリケ後が崩れた後の盛り返し方


であり、もーちょい噛み砕いてみると、

・マイナスを作らないマニュアル行動は最低限出来るけど、プラスを作り出す能力が無い

と言ってしまえば簡単かなと思います。攻めが出来ないのも全く同じ理由ですな。
旧来のGvGであれば攻めも守りも(テコン)EMCを前提として、EMCが来た後のマニュアル通りに動ければ必要最低限の
パフォーマンスは得られていたんですが、SE環境では攻めでも守りでも相対的にEMCの価値が低下している訳で、結局
本質的な部分でそれに適応しきれていないというのが実情という事でしょう。入口防衛ならマニュアルOKですし。


<というわけで>
まあ暁はライトユーザーのギルドだからーみたいな部分で、どこまでマニュアル以上の事をパンピーに求めるのか
という運営上の制約が大きいというのはわからんでもありません。現実的にはハイ&ローミックスが一番だとは思うし、
コレ言うとケッペキな人からは非難ごーごーだろうけど、新風とも別れちゃった事だし、lolみたいなハイの多いギルドと
組み合わさって連合内でのローとしての位置を確保すれば連合総力的には鷹連くらいの位置には行けるだろうと思うので
(鷹連も庭≧WHE>萩原の順でハイ~ローな訳で、WHE萩原の位置に暁が代入されると考えればOK)、それがある意味
今までの位置を維持しようとするなら一番健全なプランじゃないかと考えています。

進歩原理主義者の人は、『そんな事だから暁はry』みたいに言うのかもしれないけど、昔からハイ&ローミックスの連合なんて
幾らでもあるというか、そうでない連合を探す方が難しいくらいだし(あまりに連合内温度差があると短命に終わりがちですが)
連合としてローを囲うメリットは相応にある(※ライトユーザーが多い故に裏方職の分布率が高くマニュアル作業を厭わない)ので
後はまーやるなら外交次第、まあすぐやらずに地力確保とか内政調整(アリス頑張ってますね)なんかもそれはそれで
大切だと思うので、そこら辺は偉い人が頑張ってくれればいいなー、という事で。


<おしまいに>
とりとめが無くなってしまいましたが、職分布の差他色々あって然るべきとはいえ、1分でバリケ裏が壊滅した鷹連様が
その1分間でSNK陣地内に何人勢力を送り込んでいるか、2分時間があった新暁連は何人勢力を送り込んでいるか、
というのは気にして置いたほうがいいと思います。

簡易レポでは綺麗事的に状況の相互報告は大事だねーとまとめましたが、画面内で仕事をしているのが見えていれば
報告がユルくても視覚で理解出来るわけで、動画の一番最初で犬死にしている様子だけがばっちり皆に伝わっている
池田がタワ言をお送りしました。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-20 23:43

1/17GvG

書かないと永遠に書かなくなりそうだから簡易レポですよー。


<開幕>
A4だっけ、A共通を空き巣パリーンして防衛。
暫く誘い受けしていたらSNKがペコペコしてきて2ターンくらい入口ロキで何とか防ぐもドドドドド。
裏EMCされて石ぱりーん、バリケ裏お掃除されてバリケぽりーんでゲームセットしてはいはい敗走敗走。

今週は城主7:非城主3ではなく、5:5くらいの分布にしてたからもーちょい非城主を信じてバリケ裏EMCでも使って
粘ろうとする練習はしても良かったかもしれません。第一バリケを裏表両側から見てたんですが、非城主はそれなりに
復帰地点片側を陣地として確保しながら侵攻中
だったので、事後に『もーちょい戦いたかった』という意見が出る気持ちも
良くわかります。

ただ、バリケ裏から見るとバリケ至近に詰めてるSNKに対して非城主が影響を及ぼしているように見えないターンが
ずっと続いてて『これ非城主機能してないんじゃね?』ってイメージを持つような試合展開だった事も事実ではあるので、
そこら辺いけるとかいけないとかいうお互いのホウレンソウ(報告・連絡・相談。社会人の常識らしいよ!)が少ないのは
気にしてもいい部分かもしれません。

まー正直言って望月先生その他Gv要職メンバーの休止(?)によるコア層の人数減少が防衛力の低下に直結してる
と思います。久しぶりの防衛だからーとかそういう面もあるにしろ、一時期の新暁にはFEを確保してたらソローではもう
落とせないなーって思うような脅威値があったんですが、今はそんなこたー無いと思います。そういうイメージ。


<で>
暫く偵察したりうんたんしてたらSNKが落城放棄してくれたので空き巣出戻り。
今週は各所で戦闘が長引いたみたいで空き巣のN2もうんにょり確保して池田はA1で一人第一バリケを殴りつつ、
SNKのお留守番の人とキャッキャしつつ派遣タイム。

B1取る→EMCで次いくぞー→EMC出なかった→ゲームセット

池田は59分にソローでV1に駆け込んで、鷹vsSNK派遣でSNKが押し切りそうになっているエンペに向かってEDPまで
出来たんですが試合終了。各所ヒマ防衛だったのに砦数が伸ばしきれなかった事は悔やまれる3砦となりました。


<雑感>
今週で新風との同盟終了でした。
来週からはまー良くも悪くも一人一人に目が届く規模という事で、楽しんでやればいーんじゃないでしょーかー。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-19 00:00

たまにはRO

Gvレポも書くだろうからすぐ流れそうなもんなのに連続エントリ。


<さよなら成果主義>
連携しようぜ! 努力しようぜ! 熱くなれよおおおおおおおおおおおおおおお!

というのが所謂向上心ってヤツなんですが、例えばSNKさんとMEペコさんっていうほぼ互角の戦闘力を持ったチームが
あったとして、努力して努力して努力して、SNKさんがMEペコさんを落として落とされなくて何度やっても勝てるように
なったとしますやね。

そしたらその先どーするの? という根本的問題が向上型GvGにはあると思います、当たり前ですけど。
これがリアルなスポーツならオリンピック、ゲーセンのゲームなら全国大会みたいな名誉欲を満たしてくれるものが
短くないスパンで用意されるので長期目標を作りやすいのですが、ROでは(昔別のがあったけど今では)RJCくらいしか
名誉欲を満たすようなものが無いわけで、GvGというのは考えてみると非常に中途半端な公式ゲームです。

一昔(1年くらい)前ならば堅守記録を伸ばせば伸ばすほど名誉リティ(造語)というムードもありましたが、通常の条件では
勝つ事が出来ないけど祭り的に人数を飽和させてしまえば勝てる、みたいな練度幻想の終焉というか戦争は数なのだよ兄者、
というルールの浸透に伴って価値観が多様化して、身の丈にあった(意図的に制限した)戦力量でゲームを楽しむという
Gvの楽しみ方の多様化が肯定的に受け止められるようになった事によって最大手である事が名誉欲を満たす事には
繋がらないという風潮が加速している訳で、そーなると目的のためにGvGという手段を取るのではなく、『GvGのためにGvGをする』
つまり手段の目的化を提示するしかないのが今のROなんじゃないかと思っています。

だから、今のROは煮詰まっています。
手段が目的化されてしまった以上、GvGのためにGvGをする以上、GvGって何が楽しいんだコレ?という根本的な問題に
目を向けるというか、マンネリ化して飽きが来てしまったらそこからはグズグズ腐っていくしか無い訳で、残された道は
GvGのためのGvGですらなく、ROやってるからGvGもやるか、という消極的参加の細い糸にしか無いのかもしれません。
ROというゲームパッケージというかコミニケーションツールの魅力勝負になっていく訳ですが、さーどーなんでしょうねえ。

3次職、R化などによるバランス変更、鯖統合などシステム変更と幾つか延命の手段は残されているとは思いますが、
RO終末時計があるとしたら『後3年』くらいの所を指していると思う池田が雑文をお送りしました。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-17 15:34

活字雑感

どうも、池田です。秋葉まで出かけてなかじまゆかのえろ同人誌を買ったつもりが、見本誌の下が別の本だよトラップに
引っかかったようで別のエロス同人誌が鞄の中にありました、テキトーにジャケ買いした東方の音楽CDとかもイマイチで
どーにもふぁっくな買出し紀行でありました。スタ丼はうーん、普通だった。

というわけで活字は続くよどこまでも。
丁寧にタイトル・作者・出版社を入れた方が他の人がよーし買ってみようかなーって時に便利なのは当然なんだけども、
ググれば出るからそこら辺は丁寧にはやりません。アフリってんだっけ?そういうのに飛ばす事もない趣味エントリだから
そこら辺は勘弁して下さいまし。


雷撃SSガール:コメントでお勧め貰った本のうち一つ。
表紙がなんとなく戯言最後の方のムードに似ていたので、電撃文庫でキノの旅が当った途端シニカルな短編集が量産された
みたいに、戯言の量産型でも狙ってるのかなーと食指が伸びなかったんだけど、読んでみたらあらこれかなり面白い。
トンデモヒロイン(※天才)の世界征服のために経済を牛耳っていく話なんですが、小難しい話やナマグサリアルな話が
出てくるわけでもなく、非常にライトノベルな感じにぽんぽこ話が進んでいくのでテンポ良く流し読み出来ます。
ご都合主義と言ってしまえばそれまでなので、リアリティを求める人にはお勧めしませんが、池田は結構楽しめました。


デュラララ!!×7:読破、想定通りの成田クォリティ。


ライタークロイス(1~5):異世界・騎士・ヒロイン複数・優柔不断と5年くらい前の富士見ファンタジア文庫スタンダードな感じ。
本来もーちょっと壮大に展開していく筈の話なんだけど、多分人気がアレで強引に切り上げ終了させられちゃってるのは
時代性というか何というか。しかし変に世界の根源がうんたんとか各国の思惑がどーのとか冗長にならず主人公と
ヒロインの回りだけで小さく閉じておしまいって終わり方は(打ち切り感はあるけど)これはこれで悪くないような。


白夢(1~2):瀬尾つかさという人もライタークロイスの人と同様(カテゴリは若干違うけど)一昔前の量産型っぽい小説を書く
人と池田は捉えています。萌えキャラ大量みたいな過剰な媚び記号化はしないけどえげつないような筆力があるわけでも
ないというか、水戸黄門的というか、そんな感じ。
なのでイラストパワーが購入するかしないかの分岐点になる事が多い訳ですが、人気絵師のるろお氏とタッグな訳でこれは
伸びていくやらどーなのやら。活字欲が高かったからつい2巻まで一気に買っちゃったけど、これが10巻とかまで続くとして
新巻で買い続けるかっていうと多分買わないなあ。古本屋マーク対象って感じ。


IS(1~3):メカ+少女という触れ込みに負けてメカ分補給の為に買った1シリーズ。
うーん、愚鈍な主人公とハーレムという展開で、まあそれが魅力的に描写されてるなりメカ戦が燃え燃えならばまだ
良かったんだろうけんども、正直もうおなかいっぱいです。
古本105円待ちというか最終巻が出たらそれだけ立ち読みしようかなというカテゴリーへ移動。


後は古本で買ったゆら海を読んで、最後のユニコーンを探してからまた何か別の本でも発掘しますかねー。
池田は面白い小説を教えてくれる人を募集しています。まあ、面白さって色々ベクトルがあるんで共有するのが難しかったり
しますけど、とりあえず言うだけならタダ!
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-17 14:53 | 活字

文学少女的な――

言葉足らずは誤解の元なので『文学少女』シリーズについて少し労力を割いて私見してみる試験。


再度結論から書くと、『文学少女見習いの~』は蛇足である、この一点に尽きます。

内容は決してつまらなくないというか、池田収集リストの中でも最上位に位置付けるくらい楽しんでいる本なので素直に
楽しいねわーきゃーで済ませておけばいいと思うんだけど、シリーズの人気が出た事による後付け企画である事が
透けて見えるのは仕方が無い所とはいえ、『見習~』が楽しければ楽しい程、蛇の足を高精度で描いていくかのような
徒労感というか虚しさが出て来るなーという単なる偏屈な1受け手としての感想。

何が問題かというと元々の物語が本編最終巻で『お別れ→アフターとして大人になって再会するよ』で綺麗に『閉じている』
作品なのに、そこの間にストーリーをねじ込もうとしているのが引っ掛かりポイントなんですなー。
旧主人公に一目惚れする新ヒロイン(♀)はその構造上、フラれるというか、エセ文学的に言うなら失恋を糧にして前に
進むという形でしか幕が引けない事が開始前から決まっている、つまり悲恋ものにしかなり得ないんですが、全く脈が
無ければ物語が盛り上がらず、新ヒロインに心情が寄りすぎると旧主人公が綺麗な恋愛完結おめでとー!から単なる
浮気者だけどバレてないから恥ずかしくないもん!になってしまって本編最終巻が台無しというか、そんな感じ。

となるとまあ、残された方向性としてはバランスを取りつつ二人の恋愛ものとしてではなく、群像劇的方向に持って行く
(サブキャラ間の恋愛だとか未練に決着を付けるとか琴吹ーッ!)しか無いと思うっていうか、まあそういう風に実際に
進んでるからこー書いてる訳ですが、それらにしても本質的には余談であって、不透明であるからこそ美しかった若者の
未来に無粋な仕分けを行う事になっちゃう危険もあるので、あまりグダグダ続いて欲しくないなあ、と思うのです。特に
劇場版だなんだとメディア展開されてる昨今、それが小説と並立して盛り上がってくれるなら言う事は無いんですが、
変にここからTVアニメだなんだと展開して、そうであるが故に本編(見習シリーズ)が大人の事情で引き伸ばされたり
したら台無しだなー、と。


といった感じで私見終了。
こっからは余談ですが、『フルメタルパニック』なんかは池田はメディア展開のせいで腐った作品だと思っています、
後『紅』もそうなのか作者がアレだったのかは知りませんが、アレはまさに醜悪祭でした。他はウィザーズブレインの
何巻だったか忘れたけど、後にいかにもやっつけで作った設定集が付いてたのは黒歴史と呼ぶにふさわしいと思います。
資本主義の世の中売ってナンボなのもメディアミックスが大切なのもわかるにはわかるつもりですが、どうせ売るなら
良い物を売って――いやいやいや、せめてゴミは売らないで欲しいなーと思います、ホント。がーでんがーでん。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-13 18:46 | 活字

ヒマッハ!

自分及び活字マニアの他人用殴り書き。
本当はもうちょっと真面目にレビューしたいけどそこまでの熱量を割くウマウマ度が無かった次第。


<メディアワークス文庫新刊(12/25)>
シアター:安心ちょい甘社会系といういつも通りの有川クォリティ。

太陽のあくび:田舎者青春エンタかと思ったらイマイチ盛り上がりがなくてしょんぼり。

カスタムチャイルド:ちょいサスペンス恋愛ナマい系といういつも通りの壁井クォリティ。

すべての愛が許される島:杉井光の対アダルティ用作品。この人のピアノソナタと神メモはトップクラスに好きだけど、
この人の青春エンタもの以外のギャグとかシリアスタッチの作品は俺はイマイチ好きになれません。

探偵花咲太郎は閃かない:アクの強い入間の人の新作で、電波女以外はイマイチ性に合わないなーと思う青春エンタ偏重の
池田にはやっぱりイマイチな作品でした。

ケルベロス:懐かしの古橋タッチ。今回のメディアワークス文庫中では一番楽しめた一冊。


<電撃新刊(1/10)>
赤の9番【隷従】:もうあらすじ忘れかけてるデスゲーム系。土橋氏のアレみたいな感じなんだけどこのジャンル流行らせるの?
展開・キャラメイクとも量産型って感じのイマイチさで多分次巻は買わない。

さくら荘のペットな彼女:ハネゲさんと似たようなイメージで買ってみたら可も無く不可もなかったのでこれも次巻は買わない。

デュラララ!!×7:未読。この人の本は一部強くハマったけど他は大して楽しんでないのに不思議と買い続けてしまうなあ。
多分文章のセンスがヤンキーっぽくて異端だからだと思います。


<それ以外>
僕の小規模な奇跡:入間氏の作品の中で電波女の次に位置づけられた感じ。読み終わった後でなんか読み解き足りないと
思ってるんだけど悪くは無い、みたいな。割とオススメ。

文学少女の最新刊:安定の野村クォリティ。しかし文学少女本編が最後の最後でアレしちゃって終りが決まって無ければ
もー少し色々振り幅があっただろうなーと思ったり思わなかったり。
月姫とかみたいな曖昧エンド(本編)→アフター(傷心)→最後の最後(本編ラスト)、って形が一番燃えたんだろうなーと
思いつつ、本編に人気があったからこそ出来たスピンオフだと思うのでニンとも。しかし魅力的な女の子ばかりが余っていくぞ!
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-12 18:47 | 活字

1/10GvG多分欠席

池田です。同窓会なので多分Gv欠席です。新年最初のマジGvなのにまあいっかーと思える程度に低体温なのが悲しい。


<脳内嫁>
エロゲーマー2人が盛り上がってるので便乗ですが、いません。
いや脳内嫁って所謂一つのお気に入りキャラって事だと思うんですが(といいつつマジな人もいるので気をつけましょう)、
新しいゲームが出るたびに乗り換えるような嫁なんて! というのが池田の正直な心です。

どっちかっていうとシチュエーション萌えな人だから、主人公あってのヒロインなので傍観者として末永くお幸せにーみたいな、
そんな池田はさくらむすびの紅葉シナリオスキーな人ですというか、髪を切るシーンが良すぎるというだけかもしれません。
音楽ではアメイジンググレイスが好きなので『そして明日の世界より』の池田ヒット率の高さはガチでした。

穏やかに髪を切るとか縁側で茶飲み話をするとか、逆にアグレッシブに一緒に音楽をやるとか絵を描くとか越えられない
才能に悶える比較的ありがちな青春エンタが好きなんですよねー。トノイケ仕事しろ!


<と、いうわけで>
生産的な趣味が持ちたい、と思っています。
1年前くらいまではRO界で『何か』を生産しようとしてたと思うのですが、もう頑張ってまで生産する必要ないと自分の中で
結論が出てしまったので、止む無くメシブログとかエロゲブログと混合する方向でシフトしてみたんですがうーん、継続すれば
力になる予感がしなくもないんですが、自分って無趣味だったんだなーと痛感してたりする今日この頃です。

ラノベ含む活字本は毎月10冊以上は買ってると思うんですが、自分の志向とラノベ業界の売れ線が乖離してきていて、
面白いと思える本に中々出合えないので中々レポに落とす気になれないんですよね。
元々ラノベは若年層向けの本であって、自分が年食ったせいもあるんだろうなーと思うので、その点メディアワークス文庫には
ちょっと期待してる(た)のですが、うーん、中々ね!
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-10 10:46

1/3GvG

<Gv>
1/3は21時40分くらいにログインソロー。一応ギルド活動してた暴猫にポタを貰ったりしてサンキウ。

●A1のSNK?に何となく行ってWP入ったらガディ鯖キャン→復帰50分。

●A4だかどっかのアリスが完全無人ガディ見えないだったんだけど54分だしバリケ全部あったのでスルー。

●Vポタを貰いV5かV1か悩んでV1MS制圧へ。→ERにブーンして阿修羅どーんで乙


といった感じで、特に盛り上がりも無く終わったけど久しぶりのソローはこれはこれで楽しかったなーと思いましたとさ。


<余談>
オルタ公式ファンブック『INTEGRAL WORKS』(※スペル違ったらごめんね!)が最近出ました。
300P超で4000円超えとボリューム相応にお高い品ですが、世界観を緻密に解説している本であり所謂そこら辺の
ひと山いくらのエロゲーのビジュアルファンブックとは全く別物なので、うーん要するにガンダムセンチュリーとかそういう感じ
(※ガンダムマニアのオッサンしかわからねー!)の世界観読み解き大好きな人にはお勧め出来ると思うんですが、そういう
適性がある人があまり思い浮かばないのが困りものです。くりゅ先生もそーいう方向性とはちょっと違う気がするしなー。

しかしまあ、商売の為に売れ線をカット&ペーストして流れ作業でテンプレレベルの物を作りましたー、ではなく明らかに
合理性を超えた部分まで情熱を投入してる本であることは本読みなら感じ取れると思うので、本読み属性のある人は
是非手に取って欲しいです。良い物が売れる世界を大切にね!
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-04 18:13

ウェルカム2010

あけました池田です。クラナドをやっていたら突然メッセがビコビコ言い出して開いてみたらあけおめ。
2010年を全年齢ギャルゲーで迎えるという非常に不本意な幕開けとなりましたが、みなみなさま、今年も程良くよろしこ。


●くらなど
頑張ってアレな導入をクリアしたら、想定通りの麻枝展開(とりあえず感動的に死ぬ)が待っており、確かに涙腺チョップは
されるしアフターストーリー(だっけ)をわくわく進めている最中ではあるんですが食傷気味でもあります。

智代アフター(が中古で安ければ)、手を出そうか出すまいか悩む程度には気に入りもしたんですが、まだまだ中古も
高い訳で、心から正直に言ってエロが薄いんじゃあノーモアKeyシナリオなあと思っている昨今でした。

Key(麻枝シナリオ)って家族(≒繋がり)・喪失なんかをテーマに継承という生き物の性(サガ)を描写しようとしてるのに
性行為に関して淡白なのは生殖という機能だけを重視していて、快楽とかそういう小道具を入れると軸がブレるっていう
感性でも持ってるんでしょうかとか、この人実はマザコンなんじゃないかとか、そんな事を考える今日この頃です。


●そんなこんなでリトバスにも若干興味が出てきましたが、無印は980円レベルでExは高いから悩み所なんだなあ。
あとくりゅ先生が欲しがっているクド付録付きの雑誌は池田の家の近所に売っていました。正直大分悩みましたが
まだ買ってません、まだ

くどわふたーは麻枝シナリオから解き放たれたKeyがえろすの国に旅立ってくれれば買うんですが、うーん、多分ダメだろうなあ。
どうでもいいけど、くどはプラチナ色のロングな髪とマリンブルーの瞳、という(ろり)キャラデザインが非常に映えるから
あんだけ人気が出ているんだろーなーと池田は考えています。この記号は流行するやも。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-01-02 13:36

グッバイ2009

なんかブログ業界で2009年を振り返るのがブームなので振り返ってみようとする池田ですこんばんは。
とりあえず年越しエロゲーをやらんとクラナドを980円で購入し頑張っているんですが、あーいつも薄々思ってた事だけど
Key作品の導入の冗長さは肌に合わないというか、キャラ造型がメルヘン(≒メンヘル)なのにストーリーの重さとして
ナマナマ成分を持ってくる所がダメだなーと痛感する毎日です。天いなとか逆は好きだからそういう属性なんだろうね。

というわけで、2009年最後も大好きな接続詞『というわけで』で締めていますが、今年はRO低空飛行な年でした。
GvSEが導入され、ソローではSE環境は楽しめまいという思いと、GvガツガツするだけではなくROの日常をもう一度
見直してみたいと思った事もあり、中堅上位の暁連に身を寄せ派遣指揮までさせてもらって中間管理職を満喫して
いるんですが、やっぱり狩りをする気力はあまり出て来ず鳥人間コンテストていう所の地面スレスレまでは落ちてるんだけど
地面効果でひよひよ飛んでるというか、そんな感じです。

くりゅ先生なんかと違って密度ちゃんとかそういうのにはあんまり興味が無いので、最近戦術論はあまり書いていません。
何ていうかな、前も書いた事をアルツっぽくワルツのリズムで説明せざるを得ないのですが、結局戦術を適用するためには
右向け右、とギルチャを打ったら、

右向け右をするユニット(指示で動かせる)+右向け右をしないユニット(悪く言えばNPC、追従して行動する)

の総量を戦力と見積もって、指示で動かせる可変部分が所謂『作戦』の適用可能範囲なんですよ。
なもんだから『全員で前に出れば勝てる!』という戦局があっても、指示を聞けるのが20人、残り30人はNPCだとしたら
『全員が前に出る』可能性は0だから、その作戦がいかに机上で可能であっても現実的には出来ない訳です。

だから池田が興味があるのは、20人+NPC30人→30人+NPC20人というようにNPCの割合を減らしていくためには
何が一番いいのかなーという戦術というより戦略というかギルド運営的な部分だったり、まあミクロに考えるならば、
20人+NPC30人で構成可能な戦術を練る事なのです。

なんだけど、入口防衛・バリケ戦のような限定戦争ならまだしも、(SEの)平地戦のような明確な起点が無い戦闘では
中々ミクロな戦術が大局に影響を及ぼす事が無いというか、結局ギルドとしての地力が一番大切だなーという観点以上に
重要なものが見つからないので、取り立て書く事無いんですよねホント。

作戦書は概略だけでもいいから先に上げましょうとか、生体でレべリングって素敵ですよね、とか偉い人をつついたりは
しましたが、当面の池田最重要課題はギルチャが賑やかになる事、という事であり、しかしライトユーザーの集団であり
GvGを頑張らない(言い切ったー!)連合に対して頑張ってチャットしろよ!というのはそもそもお門違いなんじゃないかと
そんな時点から行き詰まりを感じている訳なんですよ。

チャットの楽しさとアクションゲームとしての楽しさは違うものなので、ライトユーザーがチャットを打つという労力を払った
対価として『チャットを打つと楽しい!』と思えるだけの楽しさを提供(悪く言うなら条件付け)できないとイカンとは思うのですが、
新暁って羊の群れを一人の羊飼いが統率している形の命令系統なんで、羊同士は別にコミニケーションしなくてもいいメェ。
という条件付けが成立している側面もあるので無理にそれを地殻変動させる必要はあるのかなあ、と思ってみたり、
それを突き詰めると池田は新暁にはいらない子という事になったりする訳で、まあそう短絡的に結論を出さずに気楽に
やろうぜーがモットーなのは承知の上で、ROの寿命が薄々見えてきた昨今、終わる前にやりたい事があるのならば、
それが可能な環境に行くべきだという発想もまた真なわけで、難しいのです。

一言でまとめると、外から見る所の『Alice』になっていければ池田は新暁に満足感を覚えると思います。
勿論アリスの評価は外部からの観測であって内部では色々あるのかもしれませんが、ライトユーザーがライトユーザーという
ポジションを維持しつつGvで向上しようとした場合の理想形は、アリスの方がほど近いなあ、と。
ただ半年後、一年スパンでアリスが現行のスタンスから良くも悪くも変わる可能性はあると思いますが、新暁連が現行の
スタンスからは良くも悪くも変わらない気がするので、その恒常性こそが新暁連かなーとも思っています。


何がなんだか良くわからなくなってきましたが、ここ2年くらいいつも思っていますが、幕引きが近い事を常に意識しつつ
Gvを楽しむ池田は来年も出来る限りはRO楽しんで行きたいと思います。では皆様良いお年をー。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-31 19:57

12/27GvG

仕事が年末進行過ぎて書いてる暇がありませーん!


<道中>
人数が少ないのでFEへ。
L2でIYのイナバ相手にチョメチョメしてMADやボス連と平地になって死んで戻って死んで戻って転進。
V3で輪NEを攻めようとして後ろからMADが攻めてきて以下省略して転進。


<SE>
無人のN2を制圧。
無人のN5と無人のA5を空き巣しようとするもポタ子1制だったのでポタが取れなかったり、指示と現場の間にタイムラグが
あったというか、まあいつも通りの一部しか話聞いてません的な感じも混ざりライン構築できずにょろにょろ。20分くらい
にょろった結果、N5を放棄してA5専念しようとした所でAZが襲って来て、構築できた第三バリケで抵抗するもドドドドド。


<FE>
ラスト15分くらいで派遣L3。
無人だー → 行ったらゴディバ先着だー → カウンターだー → 武将に取られたー →メコッ、といった感じで無人砦を
取ろうとしたのに58分までもつれ込んだりしたけど何とかブレイク、2砦確保となりましたー。


<感想>
スカウター値通りの結果だったと思います。
池田が想像していた以上にL2でブラギリカバが飛んでいるなーとか良かった点も数多くありました、SEでバリケがある
とはいえ防衛が可能な勢力として認知されているのは、多分こういった縁の下の人のパワーのおかげなのでしょう。

しかしまあ、足並みを揃えての突撃が中々出来てないので、ラインの上げ下げをEMCに頼れないL2イナバ攻略のような
状況ではその欠点が浮き彫りになるというか、後からの妨害が無かったとしても1時間以内に勝てたのかなーと思います。
新暁はライト層も何もかも参加する事に意義があるって部分のある連合なので、あまり進歩進歩とビキビキするような
やり方はまた違っていると思うんですが、うーん、楽しむなら無理せず専守防衛で誘い受けするのが一番なのかもですねー。

将来、過疎傾向が続いた場合FE規模への都落ちというのも選択肢に上がるのではないかと思いますが、現状の錬度で
FEの道中楽しめるゲームが出来るのか、その辺ひっかからない事もないGvでしたとさ。


<余談>
3日のGvどーなるんでしょうね世界。


<えろげ>
天使のいない12月、なんでこんなに楽しいんだろう、あ、池田はハッピーエンドだと思ってる派です。
そのうちレビュろうかと思いつつ考えがまとまらないというか確かにコレ、スカウターを通してみると一般的には程々の評価で
あるっていうのは理解できるんです。煮え切らないオチ・自己陶酔が鼻につく主人公・メンヘル紙一重のヒロインども・まあ
絵が可愛いのが救いだよね、みたいな。

しかしうーん、前から池田が書いている『ナマグサ系リアルをメルヘンチックなトッピングで仕上げたストーリー』としては
他に類を見ない程秀逸というか、シナリオライターのレベル云々以前に全体の構成(キャラ配置)みたいなものが良いから
一段階上の完成度に感じるというか、うーん例えば明日菜さんがアレよ、『そして明日の世界より』で言う所のジジイの
ポジションでありながらそれ自体が虚像っていうかペルソナであるみたいな感じで、ほぼ全員が秘められた脆い部分が
あるというか、陰陽でいうと陰のヒロインばっかりだからまーそれが大衆ウケしない絶対的な要因でもあるんだろうけども
フックが効いててなんでもレイポされたり死別したりすれば泣けると思ってる鬱ゲーより上質だと池田は思っています。

まあまだン年ぶりに1キャラルートやってるだけなんですが、色褪せない名作って感じで嬉しいですね。
多分痕とかは今やったら昔ほどは面白がれないんだろーなーと思うだけに、尚更です。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-28 12:41 | えろげー

クリスマス戦線異状なし 2009

●どうも、脳内童貞です。今年のクリスマスは撫子たんと一緒だから寂しくないもん!と比較的心の底から思って
いたのですが、割と目がマジだったのですが、撫子たんが待ち合わせに1か月遅れるとの事で、クリスマス終了ッ!

といった感じでブルーなんでクリスマスネタ更新はありません。自分へのプレゼントは秋葉で買った中古クラナド980円。
実はちょっとだけメランコリックに技巧を凝らして、けど池田はみんなの事が大好きです♪ で心なしかほんわか締めようと
思ったのですが、文才枯渇につきふみさんの出番はありませんでした。


そんなこんなで、最近はROで古い友達様に再会したり、仕事が忙しいかったり人生一進一退って感じですが、うーん、
皆さんの幸せが長続きして、不幸せが長続きしませんように。

それでは、せーのっ!
メリークリスマスですよー!
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-23 12:30

12/20GvG

どうも、友達あんまいない割にここ2週間で5回くらい飲みに行っていて、何この確変とか思っている池田です。体重ぴんち!


<GvG>
年内マトモな最終Gv風味だしうんちゃらーと書いていたその頃、偉い人は祭り連への参加を決定してたみたいですおっふwww。
作戦目標はLグランドスラム(5砦確保)という事で、正直ビミョーと一兵卒として思ったりもしたんですが、他ギルドと一緒に
遊ぶのもそれはそれで楽しかろうということで、まったり風味でゲームに臨みます。


<開幕>
開始1時間はFE攻めだーという事で総指揮ケットの偉い人の指示でDSR・EP蹂躙→SNKと守護石戦をして撤退。
防衛開始している連合がそこしか目につかなかったとか堅守レイポとか判断基準は色々あったんでしょうが、新暁だけで
同格戦すべき所にMADとケットがいる訳で、MEペコ・SNK・鷹以外にはちょっと過剰戦力すぎたなあとは思います。

ただ、『人でなし』とかわざわざチャット立てて批難してくる人はどーなんですかねアレ。まあ俺も堅守していて鷹ケットMAD
とか来たらファーック!と思うのは間違いないんで気持ちはわかるんですが、その行動には同意しません。(※連合の総意なら別)


<後半>
21時20分くらいからL砦制圧に。

L1→新暁(EJ)
L2→ケットa
L3→MAD
L4→新暁(Rbc)
L5→ケットb

という構成で挑んだのですが、チラ猫、IY連、輪NE連、FP、レジ、武将、Roc、ボス連、Kon武辺りがLで戦闘を求めていて
各地で必死ゲー。池田はL1確保後L4に歩いて行ったら武将と目が合ってしまい、

♀ぷりたん:「えこだたん!」

池田:「おっぱい!」

と礼儀正しくタイピングして足が止まった所に*から寄って来たトレWSのCTCTCTアーッ!
ささやき戦術にやられた一幕であり、後で武将のたまり場に遊びに行ったら謝られてしまいました。そんなの謝らなくて
(そのぷりたんを嫁にくれるなら)全然いいのにと思います。チャット&バトルこそが小規模の醍醐味だと思うんだ!


<後半B>
そんなこんなで5砦中3砦くらいが五分の戦闘になってしまい、勝敗不透明になったのでヒマだったL1のEJが高飛びマスターの
利点を生かして各砦にEJ全軍移動→制圧→帰還という物量作戦に入ります。作戦書書いた人としては空き巣気味に5砦を
専守防衛の予定だったと思うんですが、この対応は果断であったと思います。これによりL4鎮圧、池田はL4Rbcギルド移動。

そんな感じの21時45分、L1にEJが帰還した後にチラ猫の猫の方だけかな、が10名前後突撃してきてペコペコドドドド。
一気に攻め込まれ全滅、エンペ横は池田ひとりぼっちになり敵6人くらいに脱衣含めてふるぼっこにされますが、敵が
遊んでくれたのか制圧するのにエンペSWを置かないでくれたおかげで左手錐だけ使ってボコボコボコ、一人ぼっちで
制圧解除に成功します。カウンター来たらowa-だったんですが諦めてくれたようで、落城と勘違いして取り返しに来た
EJのEMCとRbcの出戻りEMCで残敵を掃討してL4非制圧で安定防衛に戻ります。


<後半C>
21時50分代、EJがL4からL1に戻ろうとした頃には制圧輪NE連。
L4の残敵掃討の時に時間をかけすぎたというか、先に献身+マスターorブレイカーだけでもL1に戻しておかなかったのが
勿体ない所だと思います。戦力的に五分前後のスカウターなので助けを呼びたい所でしたが、

L1:輪NE制圧
L2:ケットaが激しい戦闘中
L3:MAD防衛にEP攻めで大ピンチ
L4:Rbc制圧ではないので戦力割けず
L5:ケットb確保中

といった感じで追加オーダー出来る状態ではありません。
高飛び高回転で単体での勝負をかけたのですが、57分に対応ポタ子様がまさかの鯖キャン。2回転後制圧解除の
タイミングが近かろうとベースに戻っていたEJマスタと徒歩Rbc池田が封じ込められL3から徒歩してたらタイムアウトー。
L3は必死防衛に成功したようですがL2は取り切れず、結局L3砦で終了となりました。

まあ、L1制圧解除に高飛びでカウンターかけても残り秒数的に1.5ターンで勝率30%って所だったとは思いますが、
システム上の不備で攻めきれないのは切ないですのう。ただポタ子さんも人の子なんでトラブルは仕方ない部分が
あるわけで、本城ポタの予備を自前で用意しておくのが重要って事でしょうね。


<感想>
単純な5砦なら新暁2.5、ケット2、MAD1という期待値でどーとでもなると思うんですがL5砦ーとか条件を絞ってやると
これはこれで難しいもんなんだなーと痛感しました。SNK・MEが来るV・しるさんちのBを捨てて比較的過疎地方であるLで
コレなんだからもー1連合で5砦とか取る鷹連は何食えばそんなに大きくなれるんだ、って感じですねー。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-21 13:04

!ダー・マヒマヒ

●密度差ちゃんその後

>そのまま彼方へ消えてくれるとありがたい。(c)くりゅ
b0078381_12184643.jpg

それはつまり、こういう事ですねーッ!


●毎日更新するといいらしいと啓示を受けたのですがやばいです、ヤル気が0です。
菊先生の真似っこをしてなぜ自分はROを始めたのかを簡潔にまとめてテキスト数稼ぎをしようとしてみんとします、チキンチキン。

<導入>
ふみ(仮名、♀)からROに誘われたのでログイーン。
ふみは典型的なライトユーザーで、この漫画面白いよーって言えば3巻で飽きるしこのゲーム面白いよーって言えば
3日で飽きるような萌えっこなので結末はわかってたんだけど、おにゃのこの誘いはジャスティス。

数日後、ひとりぼっち人生開始。多分亀島以降ニブル前だと思うけどそんな外の世界のこたー知りません。


<開始>
同鯖にあかねさん(仮名、♀)がいる事を知ったので強くなって会いに行く! という目的発生。
これまた同鯖に来たヒノト先生から属性剣とか貰ってなかじまゆかの同人誌を貰って、行きつく先が黒髪♀剣士になるのは
自然な流れと言えましょう。

狩り場とかよく知らないのでFDでソルスケと戯れ続ける日々。ジョブ50になった頃にはベース75とかだったような・・・・・・。


<展開>
ゲームバランスはうんこ、対人ゲーとしてもうんこ、という話は事前にヒノト先生から聞いていたのでネタに生きようと
そのままエタ剣士になる事に。狂気飲んだ辺りであかねさん(仮名)に顔見せにいったらギルドに入れられたので、そのまま
Gv無しまったりギルドにて生活する事に。

そこで半ネタステのぷりたん(♀、ナース)と仲良くなる。(ネット上的な意味で)
本人がオーラを吹きたいけど臨時行けないーと悩んでいたので、効率を出せる職で遊んでくれた恩返しをする事に。
1月くらいハイオク臨時をハシゴし90代WIZを作成。


<Gv>
またりGのマスターがDS連の構成要員だったそーでお手伝いwizでGvに初参加。
ラグの酷さはさておき、大規模戦としてこれはこれで楽しいという事に気付く。その後またりGが半休眠状態になった事と、臨時で
DS連のぷりたん(♀)と仲良くなった事であなたを殺し隊に移籍する。


<マッハ>
KRで鷹連として栄華を極めるも若かりし頃の自分は急進派だったので、気長に上手くなっていけばいいという長期展望論と
現実のライトっぷりにプロゲーマーとしての本性が耐えられず脱退。今考えると若気、至りすぎ。

フリーになった時点でblog業界的になにをやっても自己責任という立場になれたので、当時は珍しかった個人傭兵として
レポの無い連合に潜り込んでレポを上げ、sesの風通しを良くしようと(そしてやがてギルド作った時の知名度を高めようと)
行動開始。あの頃のレポと傭兵時の復唱プレイの気の遣いようはガチでした。


<ハネムーンサラダ>
一通り連合を回り中だるみの危険を感じた辺りで高飛びという新システムを知り、sesのケツの重さを考えるにスタダで
高飛びEMC取っとけば後発の不利をある程度覆せるかも、とヒノト先生と独立を決意しノビを養子公平で超お座り。

約半年だっけ、最低限場を荒らした(と思いたい)後、ヒノト先生引退につきギルド解散。
祭連vsNNTT(懐ッ)もマッチメイク出来たし、短かったなりに密度の高い楽しみ方が出来たと思います。


<ゴロゴロピー>
傭兵がメジャーとなり、ぶっちゃけ流動層の増加が旧来のギルド運営に悪影響を出している状態で傭兵(流動)するのも
ダルいなーってのと、過疎化に伴う人数減少に対応できる楽しさの提示、って事でソロプレイを開始。

ソロでケットを雇ってみたり、まがいなりとも砦を取ってみたり、1年間くらいだるだると余生を過ごしました。


<隠居>
ソローも飽きてきたけど、ギルドに文句を言うなら半年はおらにゃいけん、というポリシーのもと暁連に入りんぐ。
以降1年弱、暁連のワンデイプレイヤーとして在籍中。

たのしいこともめんどいこともあるけど、池田は今日も元気です。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-18 12:19

!ダー・マヒ

b0078381_1234248.jpg
>▼戦力の密度差ちゃん
>これだけこのブログで話題出してるんだから、そろそろマスコットキャラ誰か描いて!


●くりゅ先生はきっと望月画伯とかにスタブしたかったんだと思うんだ、わかってるんだけどわかっているからこそ読めない空気も
またあるという事をくりゅ先生は思いしるといい、さあ使うんだこの萌えキャラを!



●という訳で池田はクリ先生の密度差講座を楽しく読んでいます。本人が平易に書こう書こうとしているだけあって大分
猿でもわかりやすくなっていると思うというか、対価を求めずハイエンドな仕事をしてるなーって感じが如実であって
池田は池田はROにそこまでリソースが割ける事にある種の敬意を表してみたり!
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-17 12:21

12/13GvG 欠席

●GvGは欠席でした。故人かのえ先生ぐらたん先生を含む演劇サークル時代の友人と忘年会的に騒いで終了。
酒に弱い池田は半分くらいの時間潰れて寝ていた気がしますが問題ありませんでしたzzzzzzzz。


●というわけでGvレポはひーろさんとこを見ると宜しいかと思いますよ!
レポを脳内で補完する限りSE2砦でペイ出来る事から、前節のように足元をすくわれないようにそっち重視で派遣をして
失敗したように思われるので、新暁らしい行動とそれに見合った砦数だったんじゃないかと思います。お疲れでした!

ひーろさんも書いてるように年末年始は出欠がバラつくため、来週のGvが今年最後のGvアナリスト認定試合になる
可能性が高いと思うので、攻めてみる、堅守する、多砦目指す、なんでもいいので今年の決算としてのGvGをやるって
気分で少しはテンション上げていってもいいかなーと池田は考えています。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-14 12:37

21年年末sesGv事情雑感(`ェ´)ピャー

最近ブログ界が寂しくなっていく気配を感じる池田です。まあ、なるようになるでしょうがサミシヒー。


●sesGvG
今後は緩やかに防衛有利の風潮が再燃してくるのではないかと思いますというか、そうなりかけてる結果に後付けで解説です。

なぜかというと、『過疎化により、攻めに必要な閾値を達成出来なくなっていっているから』
まあ防衛に必要な閾値も過疎化によって達成が難しくなるんで、大きな地殻変動が起こるとは思っていないんですが。

こっからは理屈じゃないんだけどSNKって割と空気を吸うように攻めという行為を選択している感じがしませんかね?
攻めだから血走るぞーとかそういうわけでなく、防衛と攻めを等価でこなしているというか。鷹連や故EA連が非常に
わかりやすく経費を溜めて半年に一度の贅沢だーって感じで攻めて来たのと比べて(勿論SNKにも堅守時代がありますが)
気負わない構成で当たり前のように攻めという行為を選択しているように外からは見えます。まあなぎさんのブログで
ME攻めは1月に一度のチャレンジとか書いてあったりもするんですが、にしてもスパンはケツが重い他大手よりは
短いんじゃないかな。

妄想に論を重ねるのもアレですが、なんていうかもう攻めは3か月/半年に一度の贅沢、っていう時代ではないのでは
ないかとと池田は思うんですよ。今そのスパンで準備しようとしても、3か月後/半年後に保有している戦力の見通しが偉い人にも
ぶっちゃけ立たないんじゃないかと。そのレベルで人口は減少傾向にあるような気がします。

なので、今のうちから日常風景に攻城を定着させたSNKのようなギルドは、そのノウハウを活かしてだましだまし人数が
減っても攻めを可能と出来るのではないかと思うのですが、人数が減少していく中で攻城のノウハウを確立していく
うのは簡単ではないのではないか、つまり今後は同盟規模を増やす、というわかりやすい戦力増強を行わない限り、
SNKの1強化の傾向に歯止めがかかることはないのではないか、と考える訳です。


そういう結論ありきで観測すると、MEペコは旧大手的なn回に1度のチャレンジでSNKを倒しはしたのですが、そこから
攻めノウハウの確立と円熟、という流れには乗れず、攻城成功でモチベーションを消滅させてしまったという観測になるわけで、
同格戦に成功した事のあるses鯖無二(※造語的用法)の連合の対照的な姿、と池田は捉えてしまいます。

現実にはそこまでMEペコは悲観するほどの事も無いパワーを持ってるのかもしれませんが、新暁ケットで対戦した時、
入口ロキへの攻城ノウハウが正直その前に戦っていた旧EA連系列よりもかなり低く感じられたので大分色眼鏡が
利いてしまってるのかもしれません。違うと思い直したらまたエントリを割く事もあるでしょう。


といった感じで、締めがうまく決まらない21年年末sesGv事情雑感でしたー。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-12 18:07

12月上旬ses鯖GvG雑感

●池田のマッチメイクスカウター的には、

SNK>MEペコ>(超えずらい壁)>鷹>>新暁・DSR・EP≧汁>他


砦数的には、

鷹>>DSR・汁・EP>新暁・MEペコ・SNK

ってイメージ。難攻不落の砦を正面決戦で落とすノウハウと、保有する戦力を分配して多砦を取るノウハウは全く別であって、
砦数と正面決選能力は合致しない、という事がここ1年くらいで如実になったんじゃないかと池田は思っています。



<各連合雑感>
●SNK→
MEペコの衰退(主として攻め能力の低下)により暫定NO1というイメージ。
派遣は下手。ホームはA1・V1・4。

●MEペコ↓
人数(要職)が減少したのかな。最小限の人数で最適化されていた歯車が欠けて埋めきれていないイメージ。
旧3強以下にはある程度勝てると思うけど、同格戦はもうしないんじゃないかな。旧ホームはN共通・V3。

●鷹→
多砦を取るノウハウは随一。
FE時代と違い攻めで結果が残せていない。防衛の優秀さからも拠点確保と封鎖、というSEルールの浸透は伺えるが、
『バリケード折り』という一点においてノウハウが確立していないか、何かが足りないと思われる。ホームはN3・V2も少なくない。

●新暁↓
人数減少中。中堅層相手に攻城を成功させる事が難しくなっている。
防衛は体裁を成しているが、ここからどう立て直していくのかがポイントか。ホームはA共通・L1。

●DSR→
絶対数が多くないが故の脆さはあるが、最適化された強力ユニットを多数有し、マスターのEMC能力の高さもあって型に
ハマると防衛は非常に強い。反面機動力が高く攻めが弱い、縮小版鷹連といったイメージ。旧ホームはA2。現ホームはA共通。

●しるさんち→
人数減少による弱体化が懸念されたけど十分数は確保している模様。
最近はお家芸の高火力を活かしたラスト数分からの奇襲・強襲を使って砦数を増やしてくる。そのため後半戦に入ってからも
SE砦の偵察に余念がない。ホームはN2・B3。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-10 16:14

ses鯖blogGvG雑感

● 『天使のいない12月』を秋葉行って買ってきた池田です。
何分古い作品ですし、若気の至りで楽しんでいただけで今の目でみると幻滅ーって事にならんかどーなのか実は不安も
あったんですが、ささっと流してみた感じ違和感無く楽しいので良かった良かった。

あ、古いゲーム繋がりでついでに挙げると池田は『顔の無い月』も大好きです。ねりあん絵のパワーもさることながら、
あのライターさん(といっても2人のどっちか分からないけど)の筆力に惚れていたんですが、今はどこで何する人ぞ。


●遅ればせながら鈴木さんが対外更新停止との事で。
池田をリスペクトしてくれていたという事で嬉しい限りであり、池田としては鈴木さんの切れ味の良さはアルトリア菊系の
マルチタスクな将才だなーと思っていただけにそういう人からのアウトプットの減少は非常にくやしいのうwwwww

sesネットGvG史的にも、鈴木さんが始めた自連合以外の勢力雑感はROMってるだけの人にはフツーのエントリに
しか見えてないと思うんですが、あんなの書くだけでも『他連合の気分害するとメンドイから以下略』みたいな下らない
自粛傾向が一部ではある(あった)わけで、アレを一番最初に書いた事の価値は大きいと思っています。
ゆっくりやすんでまたかいてね!


●くりゅ先生がこまけーこたーいーんだよ!という方針へという事で雑感。
丁寧な接客の飲食店にはクレーマーが得てして来やすいですが、頑固親父が包丁振り回してうるせー出てけ! って
MAJI★GIREしちゃう店にはクレーマーは比較的寄り付かなかったりする訳で。池田ブログ見ればわかるよね!

そんな池田は一定量の努力は惜しみませんが、一線を越えて通じ合えなかったらすっぱり諦める派です。
顔を知っていてある程度の利益共同体である筈のギルメンだってGv作戦書読む人3割、理解する人その中の5割って
感じなのに、不特定多数に発信しているブログが万能な筈はないんだから酔わずクサらず続けるのが大事だと思うじゃふー。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-09 11:50

12/6GvG しるさんちにNAKADASHIされた

●くりゅ先生と4時間くらいメッセ。

『そして明日の世界より』中では御波がサイコーwwwwwとするくりゅ先生と幼馴染ラブの池田による罵り合いとか、
エロゲーやりてー小説書きてーとか、ROの話題は10分くらいしか話してなかった気がします。
性癖暴露モードですけど、池田割と共依存的な恋愛って嫌いじゃないんですよね。自分がするのはアレかもしれないけど
若い頃についそーなっちゃう、っていう青さはリアリティがあって楽しい、みたいな。

そんな関係もあって『天使のいない12月』は決して一般ウケするとは思わないんですが、非常にお気に入りの一品
だったりする訳で、今後中古でも買いにいってレビューページに増やさねば、と。

くりゅ攻め菊受けを提唱したらがっちり怒られたのでしるさんちって怖いなーと思ったメッセでしたとさ。


<GvG>
しるさんちに襲われてYADONASHI!

くそーイビられるオーラはあったのに最低限の準備で手を抜いたのが敗因でした。
偉い人は俺のせいって自虐してて確かに全部最終的には指揮のせいなんだけど、それ言ってたら指揮官がこれ以上
頑張らないといけないことになるわけで、俺は指揮官にもっとがんばれ、とは言いたくないなあ、抱え込みすぎでしょ。

池田から見た負けた理由の9割は城主ギルドが無能なせいです。俺も>指揮官も>皆も!
俺は悔しいのでこう書きます。同じくらい悔しいと思ってくれる人は上を向きましょう。えーなにそれきもーい>w<みたいな人は
池田がファビョってるなーって放置してくれて全然OKです。新暁の旧来のルールは気楽にやれ、であって指揮以外の
一般人に勝つためには頭を使って気を利かせるべきだという責任志向は無いので、本来越権行為だし。
けど池田は抑えるとこ抑えるだけで勝てる勝負は勝ちたいんだもん! 
しるさんちが狙ってるなーと思ったら誘って奇襲させて失敗ざまあwwwwwとか言いたくないです? 池田は言いたい!


<流れ>
●DSR攻め、競合を蹴散らしログインゲーム

第1守護石前平地戦で遊撃ノリノリ。新暁もアレでも前より前に出ようという意思は見えてきたんですが決定打が無くシャットアウト負け。


●21時20分台、N2のカフェケットへ。
守護石復旧に割り込んでケットとカフェを分離してパワープレイ、キレイに決まった。

50分過ぎブレイク。


●非城主で派遣、城主マスターのみ派遣、といった曖昧指示で残った人はフリーダム

1-2間に潜伏しるさんちEMC、2バリケがマッハされてマスターが戻った時には3バリケが壊れて58分。
3バリ~エンペ間でマスターEMCするもしるさんちが一瞬で「見ろ、新暁がまるでゴミのようだ!」



<次回予告>
復讐したい! けど来週は池田忘年会なので9割くらいの確率でお休みです、しょんぼり。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-06 23:46

やべえ、更新する気力が無い

●こんばんちー、池田です。
会議出てないから知らないけどDSRに再々再度リベンジだーという気分になってたとすると神器作成可能砦=商業地ウハウハ
である事が周知されてしまっている昨今、また鷹あたりと競合しそうな気がしなくもありません。そもそも攻め開幕か知らない上に
A3も商業地持ちなので攻め手がある気はしますけど。


●新暁で出来る攻めについて徒然に考えてはいるんですが、うーん、ユニットが足りないなあ。
人数多いじゃねえか!っていう外部の気分はわかりますが人数が多いのと構成が組めるか否かというのは別問題であり、
というか池田が構成を組む頭数に数えられないのがダメな子だと思います、考えよう、もっと。


>バリケ越えがアウト。の流れになっているのですがー(菊さんエントリより)

そう流れを作っているのは し る さ ん ち で は ? 

受け専の戦力しか持たず攻めで勝つ気が無い下位(ありす・しるさんち)と、戦力的に格上が居ない大手(※SNK・ME)であれば、
攻めが優位に立つスキルを規制した方が利が多いからそう喧伝してるんじゃないか、という陰謀論的思考を捨て切れません。
なので、その意見を一般化した正義みたいにやってもいいよ→俺はつまらないからしないけど、大体それハッテン性がないよね? 
というように綺麗事をいいつつ否定方向に誘導する行為には無自覚にしろレトリックが存在する、という事だけは読む人が注意すべき
点であると池田は考えています。
もちろんこの文章自体もバリケ埋まりEMCが容認されたほうが有利な新暁連に所属している池田の発言である以上、それ相応の
フィルターはかかっていると思って読まないとダメだとも思いますけど。

くりゅ先生なんかはフェアを標榜するだけあってバリケうんちゃらEMCを肯定・否定した場合の利害についても併記してありは
するんですが、結局の所池田は新暁、くりゅ菊はしるさんち所属、という枷から離れた批評者としての視点が持てているかというと
そんなこたーないと思う訳で、一言でまとめるとくりゅ菊がつくった『埋まりEMCかっこわるい』という標語が満場一致で可決されたと
思われるのは嫌だ、という池田のスーパー主観エントリである、という事になります。


ただまあ、新暁の偉い人はここまで話題が展開している時点で自粛方向に流れると思うし(発展性とかそういう綺麗事大好きだしなあ)
そうやって堅苦しいsesの流れが出来ていくんでしょうね、現場で鷹連様とSNK様がぶっぱなし続ければ有名無実かするでしょうが。


●池田はN2の城門無視を肯定します。

理由→やらないとし る さ ん ち に 勝 て な い か ら

どーこー理由つけても結局仕様上出来るからやれば? とグレーゾーンは心情的に自粛しなきゃ? の二択でしかないので、
だったら池田は最も根源的な感情をPRするぜ!って事で。仕様上出来る事やらないで負けるとムカムカします。
勝ってから綺麗事は考えるよ!


●余談
くりゅ先生の乗せてた厨二テキストは富士見ファンタジアのアレ(名前忘れた、文学少女の挿絵の人のやつ)だと思うんですが、
アレだけ見るとかなり厨ですが、内容自体は比較的抑制の利いた透明感のあるストーリーなのでそんな厨二っぽい本でも
無いんですよーとフォローフォロー、完結するまでいいやと思って二巻くらいで読むの止めたけど。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-05 12:07

【そのふざけた幻想を】雑談【いやらしい気持ちになったりする】

     〆 ̄TTTTTTTTTTTTTTTT7
     | =|  ̄ ̄ ̄┴┴┴ ̄ ̄ ̄ ∨
    |=|  ̄ ̄――― ̄     |
     | =| 巛lllllllllllllllii ̄ ̄iillllllllllllll|
     | =|  ___llll  lll___|
    |=\人   o > /   o フ<
    |i⌒i| へ ̄ ̄,  \ ̄ ̄ , .|
    ||  |.|     ̄    \ ̄ |
    ||  ∥  //  (      | ヽ  |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | \| イ_   ^  ̄ ̄    |   /  Fuck You
     | ≡ ./|  \王I王I王I王I王フ| <   ぶち殺すぞ・・・・・・
    /| =/ |            |   \  ゴミめら・・・・!
   /  |/ 人    =≡≡=   ノ      \_________
― ̄|  \ へ _       イ
   |    \     ̄ ̄ ̄

世間というものは とどのつまり
肝心なことは 何一つ答えたりしない
住専問題における大蔵省 銀行
薬害問題における厚生省
連中は 何か肝心なことに答えてきたか・・・・?
答えちゃいないだろうが・・・・!
これは企業だから 省庁だからってことじゃなく
個人でもそうなのだ  大人は質問に答えたりしない
それが基本だ  お前たちはその基本をはきちがえているから
今朽ち果てて  こんな船にいるのだ
無論中には 答える大人もいる
しかし それは答える側にとって
都合のいい内容だからそうしているのであって
そんなものを信用するってことは
つまりのせられているってことだ
なぜそれがわからない・・・・?
なぜ・・・・ そのことに気付かない・・・・?


<本題的雑談>
毎度どーもこんばんは、バリケなんちゃらEMCについてアレがアレしていますが池田は利根川さんが大好きです。

というわけでフリーダムにくりゅ先生の深慮をスルーしてみると、バリケ内部EMCってプラント飛び蹴りでFEの崖を越えるアレを
バリケード相手にやればマスターがバリケを飛び越えられるんじゃね? ってヤツではないかと思っています。しかしコレって
噂だけでSEで出来たって話を聞いた記憶が自分には無いので、自砦で検証くらいはしておこうかなって気はしますね。


しかし大分昔に似たような事書きましたが、池田の主観ではSE砦っていうのはFE砦のWPを介した砦構造とかEMCによる
崖越えが容易なセル配置とかノピによるバランス崩壊を仕様変更だけで対症療法的に調整し続けるには限界があったから
新設計したのがSE砦だと思っている訳です。WPなんちゃらを防止するためにWPは無くし、越えEMC関係を出来なくするために
ノピ不可にして障害物に基本2セル以上の厚みをつけて、みたいな。バリケ埋まりEMCはバリケセルと進入不可セルで2セル
空けたつもりでバリケ埋まりという概念を想定してなかった、というケアレスミス説を支持しちゃいますね俺は。

b0078381_132443.jpg


だからくりゅ先生も書いてるN3のココ(赤丸)っていうのは俺には『N3は城門内から城門外に無敵スクリームなんかを出して
通路防衛が出来る地形にしたからバランス調整のために城門内に工兵を送り込める構造を作ってやろう。っていう遊びの余地に思えます。
残念ながらその思考はsesの多数派にはならなそうですけどね。


<まとめない>
新暁の人数多い、能力低い、という構造とバリケ埋まりEMCで一律送り込みという戦術は噛み合うと思うので、本来一番
バリケ埋まりEMCを検討すべきなのは新暁なんですが、そういうメンクサ方向でのチャレンジはカラー的に志向しないと思うので
今後は誤解を招くEMCは避ける方向に行くんじゃないかと思います。その良し悪しはさておき、今度からは前につめるようなEMCを
狙う際はバリケに埋まるではなく一歩下がってからEMCとか世間の評判のために制限EMCを使っていく事になるのだろうなーとか
自分がマスターでもそうリスクコントロールをするんだろうけど単純にだるい、と思う池田でした。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-12-02 01:32

11/29GvG

●ピチューン、ikedaです。
昼休みも忙しい昨今、レポはおうちで書きましょうって感じで正直家で書くのはだるいので継続性がぴんちです。


●D様が引退との事で。大人な幕引きが出来る人というのは尊敬に値すると思います。
池田もそろそろおしまいでいいかなーと、ここ1年くらい風呂敷を広げる作業は止め、RO外の話題も持ち込んだダルいブログに
方針を変更しているんですが、ああグズグズ辞められないダメ人間。


●テキスト書きの練習という一面を持ちつつ始めたブログも今年で4年目くらい。
過去のテキスト(恥ずかしくて読み返すと死にそう)と比べると一応文章力は上がっているなーとは思うのですが、最近は昔のように
このエントリは体言止めで書く、とかこのエントリは最後に飛躍してくるっと反転させる、とかいう自己縛りを設けず書いているので
凡庸さも際立ってしまっているのは良くない部分であります。

ちなみに池田ブログ中最高傑作は、コレ


●で、Gvレポ低熱量版ー。

<開幕>
DSRにリベンジしようとしたら砦前に鷹連。
いつも譲ってたらフェラリズム(※舐められる)なので共闘ナシでガ・チンコだーと思ったのですが砦内にINした結果、DSRが
ケットを雇っている事がカンサツされたのでサバっと転進します。


<vs汁>
しるさんちにチャレンジする事に。第一守護石戦で人数差ばっちりなのに粘られますが、Rbcが頑張って裏EMCに成功しぱりーん。
バリケ前で2GがEMCして超先着スタート!!!!!!!!!

したんですが、遅れてきたしるさんちがさらっと陣地展開>ずっとしるさんちのターン!


<vs汁(2)>
とりあえずバリケ先着のフリータイムが発生した場合、

大魔法以外の指定ターゲッティング(阿修羅、EDP、BB)は全部一番左から

とか右でも左でもMSが集中しやすい右端から2番目でも何でもいいんですが、いいんですが、事前に全員に何かしら指針を
与えておくべきだと痛感しました。あのフリータイム中に1本折れたら並、2本折れたら上々、3本折れたらヤッフーって感じだったと
思うんですが全部ビンビンってのはさすがにマズいと思います・・・・・・。

そんな中1時間やって収穫はうーん、新暁が封鎖を重視しつつパワープレイしようとした場合のスカウター値がわかった事かな。
池田は最適化次第で、現行戦力のままでもしるさんち相手に3バリケ戦まではいけないこともないと思いましたが、
脳内だけでなく現実的な落とし込みを考えると厳しいかなあ。ここから努力をモチベーション材料にするのか、拡大志向を
モチベーション材料にするのか、分岐点ではあると思います。

そんな感じでさっくりA3の空き巣に転進ゲットー。


<派遣>
ゆっくり2.5砦が偉い人からの指示だったので、L1をまずゲット、これが40分台かな。
しかしグチりますが、ここからC(>5分後Bに変更)の偵察情報をお願いしたんですが、約10分間かけても池田にC・B地方の
偵察情報は届きませんでした。一応留守番ギルドを指定して他は動けーって言ってるつもりなのですが言葉の絞込みが足りない
こちらが悪いのか、ラインが悪いのか、来週もうちょっとペラペーラしてみようと思います。今週のポタ子さんとシュヴェさん(名指し)の
ポタ交換は想定上ベターなパフォーマンスが発揮されて動ける環境があっただけに、動かなかったのが勿体無い。

そんな感じで50分からめんどいので自分含む指揮PTの人過半数で直接ダッシュしたんですが1砦2分ずつでスカ3つ。
ラスト2分に手薄そうなB1を見つけ派遣2Gで強攻したんですがROCにイナバで凌ぎ切られてゲームセット。
SE砦数+1砦(+落とせそうな1砦を見つけて戦力を投入する)、という2.5砦ルールの外形は一応作れたと思うのですが、
課題も残った2砦となりました。


<雑>
年末年始の過疎Gv週が始まる前に今年のGv総決算を行おうとしている連合も少なくないと思います。
とりあえずあと3Gvくらい攻めるもよし、守るもよし(?)、新暁の年はどう暮れていくのか池田はもんにょり期待しています。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-11-30 23:11

11/12GvG

池田でーす、さっくり流しまーす、最近そればっかでーす。
というわけで(※池田大好き無意味な接続詞)、今週のGvは本城さっくり放棄でよそいっちゃおー!でした。
個人的にはバリケ裏布陣からのハンデ戦とかで練習してみたかった気がしなくもないんですが、開幕からのマッチメイクが
重要なのと、後は多分城主ギルマスがアレだったりしたんだと思うので攻めスタートもそれはそれ、DSRDを目指します。


<スタダ>
スタダスタダしたスタダには失敗するも、組織的突入1発目でペロっと突破します。
内部の見た目的にはそれらしいロキ防衛があったのに、何とかなるのは思ったより新暁の地力はあるっていう事なんでしょうか、
内心連続突撃でガディ上げしながらアレコレしたりとか指示しても浸透するかなあと不安に思ってたんですが無用の心配。

片方の守護石破壊>1G留守番に置いて反対側でライン戦>チェイス裏EMCと、本来ならライン上げで勝ちたい部分では
あり、それが新暁の課題でもあるんですが、大局的には敵のリカバの余地を残さないスタイルを維持しながら攻められたので
現実的な勝ちパターンとして悪くは無かったと思います。


<バリケ戦>
1・2バリケと正直よくわからないけど勝ちます。
味方は遊撃でぺけぺけ半壊したり、EMCチャージもそれほどベストでは無く穴があったりしたんですがバリケが折れたのは
敵にヒーラーが少なかったのか、LPが下手だったのか、どっちかだと思うんですが謎い・・・・・・。第三バリケ残り1本まで
そのよくわからない体勢は最悪なのにバリケは折れていくという状況が続きます。


<第三バリケ残り1本>
残り1本でDSR側の最適化が進んだのか開き直ったのか知りませんが、敵の形が安定します。
となると、何で今までバリケが折れてたのかわからないような陣形の新暁が劣性になるのは当然の事で、そのままGDGDに。

本人も書いて欲しそうだった(妄想)ので書きますが、今回微妙にマスターがナーバスだったので、そのムードがEJに伝わり
テンションが上がり切らなかったのが士気的な要因としては大きいと思います。
後はまあ連休中日でプロの欠席が多い、それによる伝達の不備、それによるEMCの位置の悪さによるお互いのグチ連鎖と
うーん、何とか勝って結果を代入して良かった良かった、で済ませたかったんですが悔しいですのう。

ラスト1本を残して45分近く戦った気がします(時間適当)が状況を有利に進める事が出来ず、厭戦気分MAXを感じて
40分代に撤退、V4に敗走して派遣に失敗して1砦のみとなりましたの事よー。


<感想>
●ライトな新暁の欠点である、

平地で組織的なライン上げが出来ない→EMC頼り

という悪い部分が戦力が拮抗した事により強調されたなーと思います、ぱっと思い返しても右守護石前ライン戦、ラストの
第三バリケ残り1本戦で何度ラインあげれ@@@@@@って言って上手く行かなかった事か。
しかし、「ライン上げろっつったのに誰も上げないYO!」っていうのは単なる愚痴であって0を1に変えていく意見では無い訳で。
そう言いたくなる気持ちは超わかるんですが、何か上手い条件付けの方法は無いもんかなあ、と。

俯瞰してみると、LPも不慣れな担当だったし、そもそもコレが出来る出来ないがライトとプロの差なので、コレをやれやれと
一概に要求するのが新暁として正しいのかなーという疑問も無きにしもありません。勿論それは大目標としては目指していく
べきものだと思いますが、現実的にはマスターの能力があれば出来る回転EMCと数8割プロ2割を使った圧殺戦というか
アウトレンジ戦法的な何かを経由した方が適性は高い気もするんですよねー。


●あと、LPが着いてこないヘルプ! って気分はものすっごいわかるんですが、池田脳内では騎兵の初動はLPより前!です。
そこまで指示しなかった自分がアレですが、ニュマサンクをLPの前に敷いたりカイトカウプしたりして、騎兵が押し上げていく
ラインをLPで舗装していく、という感じにしたら良いんじゃないかと思うんですがデブ経験は無いので勘違いしてたらゴメンね!

後衛PTは割としっかり統制取ってるらしいんで、前衛PTはどーなのか気になったりする今日この頃です。
俺が動くと同時に俺の隣まで進んで耐えながらプロポorブーメランだ! とかまで指示したらどーなんだろ、みたいな。

まあ、それに対する布石として、しっかり大多数がチャットが見れる意識作りをする、つまり見た方が得をするという価値を
チャットに付与出来るような、つまり楽しいタイピングオブGvを行う努力をするのがライトユーザー的には一番なんじゃないかと
池田は思うんですけどね。その点に関しては後衛PTの指示は細かく出る、なんて所は全部ギルチャにも転送すればいいのに、
と思わなくもありません。PT名指しでの指示だから外部は知らなくていいんじゃん? なんてこたー無いんです。

新暁は『情報量が増える事でノイズが増える』というデメリットは無視して良い程度の発達段階にあります。ギルチャは増えれば
増えるほど良い!と思ってて良いんじゃないかと思いますよー。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-11-23 13:07

大酋長@秋葉原 ★★★

大酋長@秋葉原 ★★★ ランチ焼肉食べ放題980円

秋葉原に進出グルメリポ。
一時期まではメシ不毛の地と言われていた秋葉原ですが、秋葉の観光地化に伴ってメシ屋の進出も著しく、昨今ではメシに
不自由する事は無い場になっていると思います。といいつつネタ的な店から紹介ですよー。

場所は昭和口を出てすぐ、松屋かなんかの横の雑居ビルの・・・・・・何階だったかになる焼肉屋です。
夜は行った事がないのでスルーするとして、昼は980円で食べ放題のランチをやっちょります。間違えてるとアレなので
行く気な人は必ず店に確認して欲しいんですが、多分土日もランチ食べ放題やってたような・・・・・・。都心である事を
考えると破格の値付けと言う事が出来るでしょう。

都心なのに980円で肉食べ放題。この時点で質に期待をしてる人がいたらはっきり言ってアホです。
安い業務用スーパーに置いてある特売肉ありますよね、見た目的にも味的にも多分ソレとほぼ同じモノだと思います。そういう店。

種類としては豚・豚タン・豚ホルモン・牛・味付け牛・鶏モモ・ラムと安物ながら種類は揃っています。
他にもメシ・味噌汁(たまに冷えててトラップ)・カレー(肉山盛り)・ファミレスレベル(以下)のサラダバー・アイス、杏仁豆腐と
バラエティに富んでおり、全て業務用の安物っぽかったり、肉には基本下味がついてなかったりタレが一種類だったりと
相応の質である事は感じられますが、腹一杯まで肉メシを喰らうぞーという人には十分なメシ屋でしょう。


実は都心にあるチェーン店系焼肉/しゃぶしゃぶ屋って結構ランチ系食べ放題をやっている店が多いので、例えば池袋や渋谷で
1500円くらい出せるっていうならもっと高級げな肉食べ放題を見付ける事は不可能ではないと思います。ですが一般的な
食べ放題ってどーしても最初店が作ってくるお任せ盛りを食べてから注文、とかしゃぶしゃぶ一種類のみ、とか質が高い分
何かしらの利益を上げるための工夫がされている事が殆どです。勿論それに乗るのも良いと思うんですが、その点に於いては
安物だけどフリーダムに食べ放題出来る、というこの店は何ていうかな、わかりやすくて池田嫌いじゃないです。
スタ丼で800円出すのもいいけどもっと食えるならココもいいよ! って事で。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-11-20 12:14 | メシ

キンキョー

●近況です、池田です。
2倍期間でしたが模型が忙しいのでログインしませんでした、ちょっと前のパイも全く買ってません。ホントROの日常に
全く魅力を感じなくなっているというか、そのためにリアル時間を消費するのが勿体ない、と思ってしまう体になってしまった
というのは少し寂しくはあります、燃料と時間が出来たら少しくらいはやれたらいいなあ。


●アニメ化物語のDVDを買ってしまいました、自分はオタであるとは思いますがアニメというかテレビはもう全然見ない人なので、
TVアニメ関係の何かに金を出すのは15年ぶりくらいの快挙な気がします。
多分信者がどこかでマンセーしてると思うのでわざわざ書く事でもないのかもしれませんが、製作のシャフトは凄いですね。
原作を『解釈する』事が出来るグループがアニメ業界に存在している、というのはステキな事だと思います。

撫子さんちの所で〆切り間に合ってないんじゃねっていう回があったらしいとかまあ問題点も一杯ありそうだと思いましたが、
階段落ちのシーンの解釈だけでお布施を払うに値すると思ったので購入。
『良い物を見続けたいなら、良いと思ったら金を払おう』がオタ業界に対する社会人としての池田のスタンスなので、
最終巻まで揃える予定です。はいはい信者信者。


●そのうちグルメリポるかもしれませんが、ラーメン二郎三田本店に行ってきました。
大学時代はラオタ傾向があったので食べ歩きもしてたんですが、最近はラーメンを目的としてどこかの有名店に行くーといった
志向は薄れて、むしろラオタ時代は見向きもしなかった近所の中華料理屋のタンギョー(※タンメンと餃子)とかそういうシンプルかつ
行列なんてありえない店で値段相応の価値を感じて満足する傾向にあったので、自分的には久しぶりのラーメンツアー。

一応、目黒松戸品川亀戸池袋小滝橋大久保とそこそこ二郎では食べていて、まあ基本小でしか頼みませんがそれでも
食べ残す事は無かったのに、三田で小ブタWに完全敗北して大ショック。味的には(二郎の中では)かなり旨い部類だと
思ったのに食い切れないとは、やーですねー20代超後半ー。


●にしても自分のグルメリポ、流して見てみると、

・ドカ盛り安め系の評価が高い
・アクが強い店の評価が高い

という偏りが如実で、こいつ味わかってねーなブタのエサでも食わせとけ感が凄いですよねー。
少々お高いけど高評価の店、っていうのも(ごく数店くらいなら)挙げられはするんですが、ホームの千葉近辺になっちゃうんで、
読む人が見て参考にならねーんじゃないかと躊躇気味なんですよと言い訳だけ。
いつかは2万円の寿司とか鉄板焼きステーキとか食べてみたくないこともないんですが、コストパフォーマンスを考えると
正直食指が伸びません。池田はごちそうしてくれるジェントルを募集していますよ!
[PR]
# by mavchizawa | 2009-11-19 12:53

天龍菜館@横浜中華街 ★★★★

天龍菜館@横浜中華街 ★★★★

何故か横浜に飛ぶグルメリポ。この店はググればわかる中華街伝説の店で、

・ガレージに4人くらい掛けのテーブルが二つ置いてあるだけ
・80歳オーバーの老師(日本語微妙)が階上にある調理場で料理してるんで、必要があったらインターホンで呼ぶ
・トイレは外の公衆トイレ

というアルティメットな店なのですが、人によっては超絶賛してたりする不思議なお店なのです。ソローで予約入れてチャレンジ。
事前に電話を入れてコースの値段(2000円~4000円くらい)と特別食べたい料理があればそれを指定する方法だったので、
ネット上で評判が高かった酔っ払い鶏・例湯(スープ)・酢豚・ハムユイチャーハンを入れて3000円くらいでーと指定しました。


<あるてま>
店の場所はまあググれ。
ガレージとかなんとか言われていますが、外観的には看板があったり入口前に肉まん売ってますみたいなPOPもあるので
前を通ってもわからないーとかそういう類のマニアックさではありません。店についたらテーブルが合体していて、人満員。
予約時間より20分くらい早いからハケてないのかなーとインターホンで老師を呼び出してみたら、

「お一人、はいはいわかってますよ、そこ(※日本語怪しい)」

合体している8人テーブルの壁際真中奥に一つだけ空いているソレ荷物置きじゃないの席を指さされます。
何コレ罰ゲーム? と思わなくもないですがこの程度は想定のうち、客の側もその辺はわかってる常連さんばっかりのようで
笑顔で席に続く道を譲ってくれたので突撃します。しかし1グループかと思ってたんですが、大学生グループ5と常連お姉さんズ4
といった構成だった模様、カオス空間です。


<メシ>
何分老師一人で作っているので料理の出は遅いです。
ソローだった事、お姉さんズがほぼ終了していた事から思ったよりホイホイ出てきましたが、気長に酒でも飲んで(※セルフ)
時間を潰せる人でないと発狂するかもしれません。料理はうろおぼえだけど以下。

・酔っ払い鶏 →骨付きなので食べる時注意。味が濃くて美味しい。
・酢豚 →カラメル状の甘酢がカリっとあげてある豚に合えてあるだけの酢豚、酢豚苦手だったけどこれ旨い。
・もやしタマネギ豚肉炒め →フツーっぽい豚野菜炒め。あっさり。
・鶏のから揚げ →コレも骨付き。胸肉っぽいパサっとしてる感じに香辛料。
・例湯  →鶏ベース? 漢方っぽい具材も入っていて淡い味わい。
・ハムユイチャーハン →思ったより普通のチャーハン。ハムユイのミジンがアクセント。

とりあえず量はガッツリ多いです。
バカ盛り系のようなほーれすげーだろ的なアホさはないんですが、そこらの1皿700円とかでちびちび出てくる中華料理屋の
1.5~2人前くらいに相当するような量、市井の大衆中華屋の1皿と大差ない分量でホイホイ出てきます。

味に関しては、思ったより優しい淡い味付けのものが多かったなーという印象。
ガンガンに油!香辛料!って感じかと思っていたんですが少々肩透かしというか、ある意味では期待外れな感じもしました。
例湯はサイコー!と絶賛されてたりするんですが、うーん、正直グイグイ飲み続けたくなるってような惹き付けられるものは
感じなかったのは残念というか、結構老師日によって塩加減に当たり外れがあるらしいので、薄い日に当たっちゃったのかなと。

しかし、やはりこの淡い味設定は狙ったものなのかもしれない、とも思います。
池田は結構大食いなんですが、それにしても上記のコースを1人で全部食うってのは限界挑戦バトルな感じなのですよ。
ところがソレを全部食べたのに、しかも油使用量の多い揚げ物2種類+チャーハン+丼一杯の水もの(例湯)を飲んでるのに
胃にもたれた感じが全然しないし翌日腹を壊したりとかそういう事が全くないというのは、漢方の力を感じざるを得ません。
一過性のインパクトではなく、高級ではない日常食で医食同源を志向しているのだとしたら凄いですよねコレ。


<まとめ>
酔っ払い鶏→残りを唐揚げ
酢豚→残りを豚野菜炒め

みたいに(他のグループと合わせて)1つの食材を使い切ろうとされてるなーって感じが良くも悪くもありました。
また、「もうおなかいっぱい? もっと食べる?」と聞かれたりして、どうやら腹に余裕があるなら値段そのままで追加を
出してくれるらしいんですが、コスト的にややお手軽な食材で3000円取られたなーとは思います。それでも1皿500円と
考えると十分安いとは思いますけどねー。

そんな感じなので、この店はまあ見た目通り気心の知れた大人数でワイワイ行って、アレコレ注文つけて沢山食べさせて
貰うのが一番効率的だし、第一楽しいお店なんじゃないかなーと池田は思います。お姉さんズは例湯にご飯を入れてもらって
ましたし(少しでいいという注文はスルーされ、ノリノリでスープと米を丼一杯まで足されて悶絶してましたワロス)、大学生は追加で
マーボー出して貰ってましたし、そこら辺はかなりフリーダムですね。池田には予約時に入れるなっつったタマネギをノリノリで
入れてくれやがりましたが、想定の範囲内ですうぇうぇ。

というわけでそういうお店を良しとする方は是非。池田はクセが強い店を好むタイプなので老師に敬意を表して★4つだー。

<追記>
池田訪問は2009年秋。
その後ジジイ(※敬愛の表現)の引退に伴い、後継者は入ったようですが店としてはアクが薄れて良くも悪くも普通っぽくなったとの
情報がチラホラ耳に入って来ます。まあ、世代交代の常でもありますので、気長に見守ればいー気がしますが池田はチャレンジのために
行くにはちょっとリスクが高いと判断するかなあw
[PR]
# by mavchizawa | 2009-11-17 12:49 | メシ

11/15GvG

直前エントリの通り嫌な予感がするGvGでした。5分前に砦前に移動したらエンブレム見えただけでMEペコSNK鷹ありすふぁーっく!
とりあえずさっくり『攻め共闘なら転進』とチャットを立てて牽制しつつ開幕を迎えます。


<開幕>
一瞬入口ロキが機能した・・・・・・かに見えましたが右に萩原が突破EMCしてペコペコペコ。
泣きながら左にダッシュする池田とチャンプの人。とりあえず左石に一人抜けてたパラの人を殺し、追いついた数人で
左守護石哨戒線を敷く事に。左は抜けが弱いし入口はまだ形があるから1Gで内部掃除してから押し返せるかなーと
算段した所でWHEが左突破EMC! とにかく指揮PTチャットで『無理バリケ裏移動@@@』と泣き叫びます。

鯖キャンしてたマスターはよく復帰した瞬間情報掴めてたなあ、別ラインでもあるのかなあって感じでETがバリケ裏で
EMCしたのとほぼ同着で城門消滅、5分弱の消費時間でバリケ戦に移行します。


<バリケ戦>
攻め共闘無しという事で潰し合いタイム。
大雑把にMEペコ(偵察のみ)>SNK(石破壊後少し)という順番で撤退が行われ、残るはありすvs鷹連。さすがの鷹連も
ありすを駆逐しながらバリケ戦を優位に進める事は出来ず、アリス撤退までのうーん20分くらい? バリケ前の非城主陣地も
維持され、比較的平穏な時間が流れます。

ありす撤退後、本格的なバリケ戦開始。
数ターンで非城主が確保していた陣地が奪われ、鷹連(というか大手)のお家芸たる陣地構築+封鎖であっというまに
非城主が空気になるオーラ。しかし今回は非城主がチェイス2制を取っていた事と、人数差(体感そうでもない)のおかげか
はたまたまとまっていこうとした意識のおかげか、数ターンに一度くらいは陣地の侵食・奪取に成功するシーンもあり、
1バリケ戦は長期化します。

中々統制を取って前に出れない状況に焦れたのか、中盤以降鷹連はバリケ埋まりEMCを絡めた強硬策を展開。
バリケ埋まりEMCをすれば当然バリケ越えEMCも発生する可能性が高いわけで、裏抜けBBで陣地が半壊したりします。
昨今、板が大人しくなったせいか風潮がフリーダムですが、先々週のMEペコV4のラストEva同盟回しといい、今回の
バリケ越えEMCといい、それが主目的だったのかは別としても何でもアリ化が顕著ですね。俺はそういうの好きですけど。

まあ、分析的にはバリケ越えBBは決定要因ではありません。バリケ埋まりEMCによって鷹連騎兵の志向性が統一されて
前に向いた事、それを排除する間に寄ってくる後ろのADSが要職スナイプを徹底してきた事によりバリケ裏では常時献身と
ブラギと教授がリレーするような体制になってしまい、全壊こそ防ぎますが徐々にバリケを削られ、守護石復帰からの
ガディを絡めた小攻撃を行おうと変に戦力を配分したのが仇となり、21時前後に第一バリケを突破されます。


<第二バリケ>
第二も同着程度に城主EMC。
しかし第二はうーん、他の連合同士の動画を見ていても大体そうなんですが、A共通の第二バリケって構造が脆いかなあ。
鷹連が勢いに乗っていた事と非城主が機能しずらかった事もあり、抵抗はするのですがADSで要職がバタバタ倒れて
前に詰めてる鷹連の超火力で汚物は消毒だー! 10分弱しか稼げず第三バリケに撤退だったと思います。


<第三バリケ>
第三は先着EMC。
というか今回ETマスターのバリケ裏移動EMCが超早くて完璧すぎました。今回の勝因の半分くらいはこのEMCによる
移動成功だと思います、バリケが減ったら先に移動しておいて2PCで戦闘参加とかしてたのかな、何にしろマーベラス!

第三バリケも押され気味にスタートしますが、補給と要職追加が間に合って内部強化。非城主の陣地形成も間に合って、
というか鷹連がバリケ前に詰めるのに埋まりEMCを多用しだした結果、封鎖がユルくなった訳ですな。鷹連としては
封鎖を甘くしてでもEMCから1ターンの集中攻撃で押し切る目算だったんでしょうが、それには何とか抵抗に成功。
結局50分過ぎまで鷹連が攻めてきたのですが、バリケ残り1本を堅守する事に成功します。


<派遣>
鷹連が万が一潜伏してて落とされたら笑えないのでとにかく本城重視のシフト。
最終的には非城主を一部飛ばし、エンペ横までいったりしてたみたいですが時間切れで終了となりました。今回は堅守1砦ー。


<雑感>
鷹連のバリケ埋まりEMCは脅威ではあったんですが、逆にそこまでしないと統制が取れないのかなーというオーラも
感じられたので何とか凌ぎ切れた感じですね。入口ロキがあればもっと守れたかもしれないし、逆に攻め手が鷹単体なら
バリケ戦がもっと早く進んだのかもしれないというIFの多いだったのでまた試合う機会があったらいいなーと思います。
目標だったバリケ戦の練習が出来て池田はご満悦なGvGでした。
[PR]
# by mavchizawa | 2009-11-16 11:58