ぷりんすこん

・ぷりーすこ、辻支援のおかげで無事にジョブ47転職して、ベース68くらいで飽きましたオワァァァァ。

アカデミーと討伐クエ(※到達せず)なんぞという効率マシーンがありますし、フェン3減レイド程度の初級資産でもあれば、
転生くらいまでは割とインスタントにいけるよーになってるのかなーとも思いますが、老害としましては『73±プリさんニブル^^』
みたいな時代はもう来ないんだなあ、みたいな部分がちょっと切なかったり。

まあタマゴニワトリ論(※卵が先かニワトリが先かと言いたい)みたいなもんで、お気楽初心者PTが自然発生する程
まとまった新規がいないから、それを救済するためにソロでもある程度レベリング出来るようなシステムを作ったのか、
ソロでもレベリング出来ちゃうシステムがあるから、なおさらお気楽PTが発生しないのかはどっちもどっちだと思うのですが、
ぶっちゃけ素プリとかマジ行く所ありません。もっとちやほやされるものだとばかり!


・というわけで、まほよ(※魔法使いの夜)も買っちゃったしオフラインの国に戻る予定です。
やー過去に『マブラヴやフェイトのうんこ紙芝居演出なんか邪魔』と言い切ったテキスト偏重派の池田ですが、まほよの背景の
書き込みが物凄くって、それが動くのが面白い面白い。今までだったら演出全切りでノーウェイトのテキストクリック派だったんですが、
今回ばかりは演出見ながらやってます。

いやー、ここ最近はあゆるのアレしかエロゲーやってなかったんだけど、最先端のギャルゲってこんなに凄いもんに
なってたんですね。故リトルウィッチのFFDシステムを初体験した時と同じくらいの衝撃を受けています。
後は18禁要素とぱんつがあれば文句無かったんや・・・・・・。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-04-14 19:07

ω・))

一年ぶりにこんばんわ、誰も見ていないと思いつつ池田ですようこそ廃墟ブログへ。

さて、私生活も色々アレして落ち着いてきたので、ROをここ3日ほど再開してみました。
といっても夜半から深夜に30分~2時間弱断続的に繋ぐ程度ですし、お金使うのも勿体ないし、心機一転直結するのもアリかなという理屈で、
今はウェルカム鯖でノート1PCにてソローに遊んでいます。

時給スーパーウルトラメガ出して1日で転生したりしている人の傍らで、3日でレベル30達成して今は店売りソードメイスを
買うために必死というウルトラ地道オンラインですが、夢の廃プリ(※容姿的な意味で)を目指してがんばれたらなーと思っています。

誰かプリ(※ぼっち)の育て方教えて下さい。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-04-04 16:18

【求】池沼

ファミコン版ドラクエ3で、

バラモスを倒した後、アリアハンに戻って王様に話す・・・前に実家のかーちゃんに話しかけて一泊しちゃうと、
王様の所で勝利の宴が終わった事になった挙句ラーミアが消失しちゃって一生地下に行けない


ってバグがあったと思うんですが、ネットでちらっと調べた限り出てこない次第です。
心当たりの人は教えてplz!
[PR]
# by mavchizawa | 2011-09-11 22:47

ラーメン紬麦@秋葉原

まだまだ見てくれてる奇特な方こんにちは池田です。
最近の新刊、フルメタルパニックアナザーは思ったよりフルメタフルメタしていて、自分的には全然OK。

さて、そんな池田ですが最近、秋葉原にある紬麦(つむぎ)というラーメン屋に行ってきました。
場所はググればわかるなんですが、JR秋葉原昭和通り口を出て高架下の横断歩道をわたって高架沿いに右折して徒歩2分。
くりゅ先生にわかりやすいように書くとバーガーキングの大通りの反対側のビル地下1Fといった所でしょうか。

さぬきうどん用の小麦粉を使ってるというふれこみなんですが、確かにそんな感じのコシが強いのか堅いのか
微妙にわからない感じのKIAI入ってる麺で、夏季限定のぶっかけを食べたんですが、まさにさぬきうどん、って感じで、
『量産型豚骨醤油魚介系自家製麺ー』みたいな流行り要素をとりあえずやってます、みたいなのとはちょっと
毛色が違う感じで、割と気に入りました。

まー正直、場所代か麦代か無化調の代償か、やや割高に感じる値段設定なので、美味い物は高い、と許せるか、
コレならちょっと足伸ばしてはなまるうどん行くぜーってなるかはまあ、個人の財力次第とは思いますが、
量より質を求める人には割とオススメしてもいいかもしれないラーメン屋だと思います。
次はつけ麺か塩ラーメンでも食べてみようと思いましたとさ。


そんな久しぶりの飲食店レポもどきでありました、
あーあと、ガツンとしょっぱいとか油ギッシュみたいなインパクト系のお店ではないので、インパクトが無いと
美味いと思えない主に高校・大学生前後くらいの舌年齢の人は、大人しくすた丼行った方が満足できると思います。
もーちょいしみじみ系というか、神保町二郎よりさぶちゃんを愛してしまうような人が行く店というか、そんな感じ。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-08-23 21:12 | メシ

あちぃ

生きてます。


撫子ゴッドでズコーしたり、『とある飛空士への~ 』の最新刊を読んだ後、リンクしている一作目を読み返してみたら、
名作名作と洗脳されたせいかもしれませんが、昔はフツーの良作とか書いたけど確かにあーちょっとイイかも、と思ったり
そんな日々です。

けどやっぱりこの作者の人は『リヴァイアタンの~』の方がアクが強くて、万人向けでは無いかもしれないけど面白いと
池田は思いますね。


というわけで7月分の更新終了です。
ビリビリ来るような面白いテキストを探し求めていますが、どーにも最近そういうものに巡り合いません。ふぁっくふぁっく。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-07-21 14:36

人生100円

24日はえろげーらっしゅ!
だったみたいですが、特に何も買って無い池田です。

やー気づいたら『俺つばR』とか出てるみたいですがエロゲーではないエロゲーをやる気は無いのでパス1。まあ、更に逆移植で
18禁バージョンを出してくれると期待していなくもないですが、あまりのあざとい商業展開っぷりに出ても買うか微妙な気がしてきました。

で、リライトですがこれまたエロゲーではない以下省略なのでパス2。
コレはライトノベル、コレはライトノベル、と100回唱えれば楽しめるのかなーとも思ったりしていますが、どーにもPCでやるゲームは
エロくないとげんなりしてしまうグルメっ子なのです。リトバスも買ってないしクラナドは中古100円で買っただけだしなあ。


最近ホント無趣味度数が加速していて、経済的ではあるんですが、あまり宜しくないです。
ROなんぞもたまーに、たまーにやりたくなるんですが、だってソロ+過疎なんでしょう? と思うと中々リスタート出来ないんですよね。
そのうち新天地で誰にも知られず直結プレイをしているかもしれませんので、その時は仲良くしてくださいね!

というわけで、あと少しで発売の囮物語に期待する池田がお送りしました。
期待しすぎてズコーするという事態がちょこちょこ発生してきて予断を許さない最近の西尾維新作品ですが、どうなる事やらなでこ。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-06-26 17:44

^p^

池田です。元気にやってますが更新欲が控えめです。

電撃であー七姫終わったなーとか、アクセルワールドは少し面白くなってk・・・普通? とか、後は歴史料理物(池波風のヤツ)で
みをつくし料理帳(時代小説文庫)が割と面白かったりとか、大学の頃親父が買ってたのをちょこっと読んだだけの大沢在昌『新宿鮫』を
読みなおそうと思ったけど新刊でシリーズを揃えるのはダルいなー105円である程度無いもんかなーとか、そんな感じで。

川上稔本が、アニメ連動の都合で止められてるのか原稿があがって無いのかわかりませんが、8月予定の新刊にも無いとか
それだけががっかりの池田でした。後、漫画版『紅』で原作片山憲太郎なのに脚本に別人の名前がクレジットされてたりして、(前から?)
片山さんはオワコンになってしまわれたのかーとか涙がちょちょぎれてみたり。


うーん、昔は川上稔・秋山瑞人・片山憲太郎・西尾みたいな、出るのを指折り楽しみにして、出たらうれションジョバーで正座して読む
みたいな『S級読みたい区分』の作家さんってのが池田にも多数いたんですが、今となっては川上稔と、西尾維新の化物語シリーズ
くらいでしょうか、年をとってストライクゾーンがずれていくってのはニンとも切ないものであります。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-06-16 14:20

タイトル決めるのめんどくさい

池田です。やはりというかなんというかブログ更新頻度が落ちています。サーセン。

●小川一水氏の本にのめりこんで以来、全巻購入の勢いで読んでいますが、ビリビリ失禁系でこそないものの、どれも大外れが
無いというか、あまりブレが無いのは非常に有難いですな。今は『風の邦、星の渚』を読んでいますが架空歴史ものって感じで
コレはコレで非常におもろいです。

●ただ、池田は基本完結した後この人の本を読んでいるので、続刊を待たされる形で読んでいたら、刊行ペースにもよりますが、
途中で飽きてる可能性もあるかなあ、とは少し思います。さらっと通して完結まで読めているからこそ読後感がさわやかなのかもなあ、とか。
なもんだから導きの星シリーズだっけな、完結してないヤツは池田まだ買っていません。

●野村美月の新作は買って来ましたが、まあ今日明日中くらいに読む予定です。
文学少女シリーズにはベタはまりした池田ですが、それ以前の作品を一作で切った過去もあるので、それこそ小川一水氏のような
未読でも安心という感じでは無く、ドキドキした感じで積んでいる今日この頃でありますの事よ。

●後はルルル文庫の桜姫の締めの番外編を購入して、まあ予定通りの満足感を得たり、ちょろちょろ家にある本を読み返したりしています。
やっぱり『皇国の守護者』は楽しいなあ。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-05-29 17:35

閉ざされた君の心をアバカム

●池田です。模型ブログの話はダルいので一端消去。

●最近は文学少女シリーズ最終巻を読んだりグネグネしたりしています。
オマケとして非常に良くまとまっていると思いましたが、どうせだったら最後の1章くらい第三者視点では無く、物書きと編集者としての
心葉くんと遠子さんの生き様が見てみたかったような、うーん、けどそうなってたらなってたで、大人になった二人なんて蛇足なものを
描写するなふぁっくふぁっくとか感想を書いてる自分も目に浮かぶので、ちょっと物足りないぐらいが程良いの法則かもしれません。
まあ何にしろ、綺麗にまとまっていて読みやすい一冊でした。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-05-11 13:08

モロ人

もろびとこぞりて、まいた(紫)ルートクリア。

金髪あゆた(歌乃)がメインヒロインと見せかけて、設定的にはむしろこちらの方が因果の糸が絡まっている感じなので、話の盛り上がりとしては
主役を食う感じに面白かったです。もしかしたらこーいうキャラ設定が好み、って嗜好の問題なのかもしれんけど。

まー月姫のアルクは因果関係は薄いけどメインヒロインで、琥珀翡翠秋葉は因果関係は濃いけど単なるヒロインみたいなスタンスなので、
月姫のように過去の因果がどーこーではなく、新しい関係だからこそしがらみを断ち切れてイエア! みたいな書き方が上手だったら
歌乃メインヒロイン像が引き立ったのでしょうが、そこまで上手く書けて無かったですからのー。


尚、池田はあんまりシステムの良し悪しを気にせず、まあクリックして進んでctrlで加速すればいっかーってタイプの人なのですが、
もろびとこぞりてゲーム中で結構な頻度で発生する、クリック読み飛ばし不可のモノローグは正直ちょっと邪魔くさかったです。
ドラマチック演出を強調したいのはわかるし、ctrlで飛ばせはするので最低限の利便性は確保できているんですが、こーいうのは
エンディングのキメのシーンだけとか、もう少し抑えて使って欲しかったなーというのが個人的意見。

うーん、なんというかもろびとこぞりて、企業背景を知らないんですが所々ちょっと古いというか流行を外したセンスが散見されます。
グラフィックとかエロテキストとかヒロインのキャラメイクとか、今風にしようとしてなりきれていないというか、そんな感じ。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-05-01 19:28 | えろげー

ハイソ!

どうも、敗訴の池田です。28日は休日出勤残業マシマシカラメのワルプルギスコンボを食らってしまい引取り出来ませんでした。
まあ、あゆたピロートークCDは貰えたのでミッションはクリアなのですが、当日の発売記念イベントとやらには参加
出来ませんでした。ふぁっく。


で、あゆたルートをサクっとクリア。
ボリュームは共通3+ルート2の5時間ってトコでしょうか。ボリューム不足は感じませんが、とりたて大作とは感じ無い、一般的ウィンドウ式の
ギャルゲーとして充分な物量だと思いました。コレ以上長いとダレるかな。

シナリオは並!
メインヒロインルートに関しては、思考の飛躍型主人公でノリツッコミ系の掛け合いが日常的にある辺り、今風のライターさんだなーと
思うんですが、なんつーか展開がワンパターンなので、所々クスっとはするのですが段々イライラして来る感じでした、池田は。
メインヒロインが『強い女』で、良い男にならないと落とせない、という造形はちょっと面白いですが、一世代前のゴージャス系
ヒロインの系譜にあるキャラ(『同級生』とかにいたようなアレ)の延長線上にいるタイプだと思うので、人気の出方としては、
『ツン、けど主人公に憧れ、メイドモード有り』と3拍子揃った紫の方がレベル高そうな気がします。

結論として、あゆた萌えゲーとして買って失望しない程度には標準レベルの出来だと思いますが、あゆたやまいたに興味が無い人には
オススメする必要性は特に感じない、そんなゲームだと思います。

けど池田はあゆたのエロシーンがまだ直視出来ずにスキップ中のチキンです。ギギギギ。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-04-30 12:34 | えろげー

エイラーニャ概論

●池田です。エロゲー『もろびとこぞりて』の発売日28日は仕事休みにしてあったのですが、GW前に混雑していない築地寿司を
食っておきたくて取った休みだったのに、朝1エロゲー~引篭りルートに転向すべきかどうしようか悩んでおりました。

→で、公式ページとか見てたらヒロインのピロートークCDが特典で付いてくるのがソフマップだけで、今更慌ててネット予約を
しようとしたら完売で、けど電凸してみたら店頭予約はまだ残っているらしいので、

仕事帰りに電車で秋葉原ダッシュをして、閉店(20:00)までに予約する

という益荒男っぷりを披露して、当日は朝にっこり築地メシ→ソフマップ開店頃に秋葉原→ブヒヒという形が我ながらベストでは
無いかと思ってみる次第であります。こんなに頑張るの久しぶりだわぁ。


●しかし池田はエイラ厨なのであって、歩夕(※エイラの声優様)厨というわけでは必ずしもありません。
ふぁんたぢっく! は嗜みとして買いましたが、リーディングがこっぱずかしくて環境BGMとして流しっぱに出来ないので、
多分ろまんちっくは買わないんじゃないかうーん買うかも買おうかなあ、という程度にはファン度が薄い男です。
つーか、あのCDって歌を売ってるというより、歩夕キャラを売ってる感じで、メイン購買層は希望に溢れた高校・大学生とか
そこら辺じゃないんすかねえ、ちっとおいちゃんには眩しすぎてキッツいわあ、と思いましたとさ。


●しかし、エイラは棒だ棒だ思っていたのでそれ以外の事あんまり気にしていなかったんですが、アレって一応男の子声というか、
そういうキャラ付けだったんダナ。ぶっちゃけただの百合だと思っていました。


●サーニャーサーニャー。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-04-24 14:05

マギったーっ!

仕事があってもまど☆マギを早起きして見た男、池田です。

で、まど☆マギ最終話雑感なんですが、うーん。
昔模型雑誌で読んで感心した比喩の丸パクリなんですが、『伝説のライブ』みたいな記憶に残るモノって
雨が降ったーとか高熱出したーとか、予定外のハプニングがあってこそ伝説になった部分があると思う訳です。
その点まど☆マギは震災で配信ストップしてみたり、通常編成ではなくいかにも特番って感じの2話(あるいは3話)
連続放送でシメてみたり、ストップ前の10話が神回だったりと、なんつーか、『伝説の最終回』が出来る
お膳立てはホント奇跡のように整っていたと思うんですよ。

けど、そんなデートで良いムードのお店に連れていかれて軽く酔わされてもー何されても構わないー>w<って
感じのトコまで来ていて尚、最後の最後でクるものが足りなかった、というのが池田の感想です。
良回だったとは思うけど神回では無いというか、10話が上げたハードルの上を軽々越えて行った回だと
するなら、最終回は非常に美しいフォームで普通のハードルを越えただけで、アレ? これで終わり? と。

最後のほむほむが夜景の中骨組みに座ってるシーンの書き込みと光の具合がGYAAAAAAAAだったりとか、
(これはニコ動とかじゃなく、テレビの大画面の良画質な状態で見た方が絶対にクると思います。録画最強)
声優の演技とか、まど×ほむが全裸で語り合ってた時、繭? が徐々に割れて新しい宇宙が生まれていくという
概念的な演出が説明無しで伝わってくる所とか、完成度は高いんですが、ホンの段階で盛りあがりに欠ける
構成だったというか、最後の最後でゴリっと何らかの飛ばしが来ると思ったのに、比較的ストレートに進んでしまった
ところが自分的には引っかかったんだと思います。虚淵ならもーちょい『何か』してくれると思ったのに……みたいな。
あと声優の演技凄いと書いたけど、ラストでピンになってからのほむほむはひたぎボイスにしか聞こえないw


あーもう最近ラストがすっげえ楽しいいいいいいいいいいって思ったアニメが少ない少ない!
DVDは何かしら補完があったら買う気がしますが、このままだったら多分買わない池田がお送りしましたーっ!


●来週は『もろびとこぞりて』の発売日です。
エロげー買うの超久しぶりですが、内容どーでも良くてエイラボイスがメインヒロインだから買います。
あー、いつもシナリオーガシナリオガー言ってるけど、声優萌え豚志向になると、お目当ての声優さんさえ
出てりゃ最低限満足出来ちゃうから期待値低くて気楽だわあ。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-04-23 01:17

まどかー!

まどマギアニメ残り全放送おめでとうございます、見るのド忘れしそうな池田です。


<本日の雑談>
●池田のおうちの近所の本屋は、漫画・ラノベのフラゲ率が高く新作購入には非常に都合が良い本屋なのですが、その反面
大人ノベルの品揃えは非常に保守的というか、メディアで紹介された売れ線をちょいちょいっと置いている感じなので、例えば
メディアワークス文庫なんぞは新刊すら入らなかったりしている訳です。(正直売れてないんだろーなあと思います)

なもんで池田はたまに神保町の書泉に行く訳ですが、というか池田が二郎食ったとかさぶちゃん食ったとか言ってる時はほぼ
書泉と三省堂巡回がセットで付いて来ている訳ですが、そーすると特にハヤカワ文庫なんかの在庫の豊富さというか、
ジャンルとしてSFが平積みされてると改めて興味を引かれるものがあるなーと痛感する次第であり、前置き長いんですが
何が言いたいかというと、小川一水氏の本に初めて触れてみましたとさ。


●池田が買ったのは『老ヴォールの惑星』だったんですが、萌えーとか燃ええええええ!とかいう感じの押しつけがましさのない、
笹本・野尻・秋山完作品なんかが好きな人にはしっくり来る感じの、なんつーか王道SFというか、ハヤカワブランドって感じの
面白さだったので、慌てて『時砂の王』と『青い星まで飛んでいけ』も近所で購入したのですが、これまた期待を外さぬ面白さでした。

長編シリーズ、他レーベルからも幾つか出ているようなので、今後はそっちにも手を伸ばしてみようかなーと思います。
味付けが濃すぎるラノベと比べると、萌え分や厨二分控えめなのでインパクトを求める方にはオススメ出来ませんが、
今時のラノベが食傷気味で昔は良かったなあとか言っちゃう懐古厨の人には割と良いんじゃないでしょーか。


●そんな感じで温故知新温故知新と、久しぶりに富士見レーベルの『ごめんねツーちゃん』とやらを買ってみたのですが、開幕で
投げ出してしまいました。読み終わって無い作品を批評するのもアレですし、頑張ってどっかの行列に連れて行ってそのうち
読む予定ではありますが、うーん、なんとか賞受賞作って大抵性に合わないの法則は健在でしたとさorz


●俺つばアニメ、録画してちょこちょこ見ています。
ゲームと声同じ(だよね?)、BGM同じ、って感じでファンディスク2として違和感が無いというか、うおおホーメイが動いてる喋ってるー!
って感じで感慨は深いのですが、原作知らない人には全く訳がわからなそうなノリツッコミお色気マシマシ風味のこの構成は、うーん、
囲い込んでいる層をがっちりフィッシュオンしておいて、後はパンツで漁獲を伸ばしていく展開なのでしょうか何なのでしょーか。
信者じゃ無かったら継続視聴は厳しい気がしますが、信者なので見ます。暫くは。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-04-17 17:31

ムッツリーニ

池田です。電撃新刊は配本指定の噂もなんのその、8日には無事にフララゲさん出来ていたので現在読書中です。


●SAO最新刊は、メインルートからすれば余談になるので冗長っぷりが鼻に付かないかがやや不安だったのですが、
読んでみたらアラこれ面白いわ、って感じ。ファントムバレットが、カサ増しするためにエピソードを盛ったりちょこちょこ改訂した事で
リズムが悪くなって微妙になってた(気がした)のと逆に、改訂がハマってリズムが良くなってる感があって好印象でした。
後、筆者自らが後書きでご都合主義宣言をしていたので、これ以上ご都合だご都合だ言うのはなんつーか、
二郎相手にこのラーメンはこってりだこってりだ批判する人と同じになっちゃうから避けようと心に誓ってみたり。


●電波女⑧とSFは、あー、⑧は最終巻と明記せず気分でひょこっと再開できる余地を残しつつ最終回ムード。
まあ電波女は元々次の巻に何か引いて終わった事は少ないし、「――なんて終わりとみせかけて日常は続くのだった」って感じで
シレっと続ける作風の人だと思うから、正直どこまで釣りなのかよくわからんクマー。
まあ、アニメ化直前で最終回! っていうのはネタにしても本気にしても、思い切りが良くて面白いと思います。
SFは、作者言う所のエヴァ序、プラモで言うところの「ver1.5」なのですが、1巻の焼き直しというこれまたトンデモ企画。
電撃はラノベ業界最大手なのに、ケレン味担当の作家にはきちっとケレン味を提供させる余地がある所が好きです。

しかしn巻の焼き直し、みたいなコレが順調なセールス出しちゃったらどーなるんでしょうね業界。
漫画業界や模型業界では、過去のアレをリニューアルしたり焼き直ししてご提供ーってのは今や手垢のついたパターンなのですが、
ラノベ業界でもリニューアル版スレイヤーズとか出ちゃう時代になっていくのかもしれませんね。まあ今でも表紙リニューアルとか
移籍復刊とか、ネットで評判のアレ書籍化(SAOの事かーッ!)なんかは幾つかのレーベルでやってますけどさ。


●ホライゾンのアニメPvが出ていて、げにすさまじ。
このままのクォリティでアニメが動くってことはさすがに無いだろうとも思うのですが、好みの問題こそあれ
このPv見れただけでもアニメ展開を許せる気がした池田でした。
しかしこのPvが数日で5万、電波女のOPが数日でン10万と考えると、PvとOpの差とかキャッチーさの
差はあるにしろ、やはり知名度に差があるのだろうかとか思わなくもありません。原作知ってるからあのPv
超楽しいけど、知らない人にはよくわからん群像映像にしか見えないかもしれんですしなあ。


●昨日は築地に行こうかと思ったのですがダルくなったので、神保町二郎~神保町丸香(さぬきうどん)~亀戸餃子~亀戸かつサンド(佐藤)
という食べ歩き生活を朝から晩まで送っていました。もう年だから神保町二郎は麺半分くらいにしておいた方が良さそうです。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-04-12 09:17

まど☆まぎ

まどか☆マギカにハマって11話以降の中止にファビョーン! している池田が次回予告のまどかさん説教を何度も聞いてて
ふと思ったのですが、大どんでん返しルートとしてまどかの願いで、

「QBに人間らしい感情を持って欲しい」

なんて事になったらどーだろうと妄想してみた。
単純にほむほむの意地でルート開拓して気合のワルプルギルSATU★GAI大団円エンド、とかそーいう感じの、
提供している条件から簡単に思いつく流れで終わらせるタイプの作品ではないと思うから、どこかで飛躍させて
盛り上げて来るだろうとは思うのですが、まあコレはただの妄想です。

グロリアル描写出せばオタが『こ、これは人生ブヒ』とか言って寄って来るんだろ、って風潮は好きじゃないし、
あざとい飛躍は鼻につくこともあると知っていますが、やっぱり良質な作品には受け手の想像を良い方にどこかで
裏切るというか、抑揚が付いてるんだよなーと思いましたとさ。
言語化出来るってことはテクニック化出来るって事なのでしょうが、こーいうのって訓練で出来るようになるもん
ですかね? 出来ればそれこそラノベ書きにでもなれそうな気がしますが。


●あ、全く関係ない話ですが、漫画の『Landreaall』と『ハツキアイ』は片方ファンタジー・片方恋愛物ですが
割とオススメなのでヒマな人は是非。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-04-03 17:55

フララゲさん

『花物語』を29日に無難にフララゲさんして読了。
『傾物語』をしょんぼり作と評した気がする池田ですが、それよりは大分アップテンポだし主役はきちっと神原さんだしで、
当番キャラ買いした人が壁にぶん投げるようなハズレ感は無かったと思います。


しかし、特に大当たりーとか今期最高傑作キター! みたいなエクスタシー感は無かったのは、俺が神原さんに
思い入れがあんまり無いからなのか、アララギ人称では無いからなのか、はたまた主役級のキャラとの絡みが
薄い、外伝的一冊だったからなのか、自分のテンションが低空飛行なだけなのかようわかりませんが、無難に
おもろかったに留まる一冊でした。


4月から電撃文庫のフラゲが一律禁止になるかもみたいな書店情報が流れていますが、果たしてどうなる事やら。
個人的に動向を注視していきたい池田がお送りしました。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-03-30 18:33

姑息マン

ネタが無いけどヒマはあるので姑息にもくりゅ先生の構成をパクってたまらんへのコメントレスをとっかかりとして
エントリ化してみるテスト。


>たまらん
●ジオブリーダーズは未読なので読んで・・・みようか展開がアレらしいのでどうしようか悩む池田です。

ゴールデンタイムの2巻は主人公が吹っ切れており、萌えラノベのテンプレ的なニブチングダグダ展開ではなく、
2巻目にして話が加速しているのでかなり好印象です。しかしどっかのエントリでも書いたけど、この人の文体って
特に盛り上がりの所なんかがやっぱり秋山瑞人にそっくりだと思います。上野遊の『彼女は帰星子女』(だっけ)に感じた
あざとい模倣感はないけど、物語にのめりこむ前に秋山瑞人を想って切なくなってしまうという信者。

しかし秋山瑞人の文体って特徴的特徴的って書かれるけど、文法的に何がどう特徴的なのか説明出来る文系プロは
どこかにおらんもんですかね。池田的にはAAでいう所のカタカタカタカタッ、ターン! みたいな長文でタメて
短文で撃つみたいなモンではないかと漠然としたイメージはあるんですが、はっきり言語化出来るプロを募集しています。


●メディアワークス文庫の購入幅を拡大してみたのですが、軒並みラリホーマで中々ファックでした。
いくら対象年齢が学生↑だからって、社会人設定+突拍子もない能力が突然身についてフシギ日常系。みたいな
設定のお話は食傷気味でござる。けど売れ筋に敏感っぽい電撃系列の派生文庫がコレっていう事は、世のニーズが
コレって事なのかもしれません。


●『高杉さん家のおべんとう』は友人宅で丸読みしましたが、うーん、面白い面白くないでいえば面白めなんだけど
自分はまだそこまでハマりませんでした。完結してから一気に読んでみたい本なイメージ。『3月のライオン』なんかは
連載を追いかけたいイメージ。
個人的には柳原望の初期作品、お伽話シリーズが(思春期に読んだ思い入れもあってか)好きです。少女漫画だけど。



最近えろげーがちょっとやりたいのですがハズレはやりたくないというブヒっぷりなので手が伸びません。
もろびとこぞりてだったら、シナリオが当たりだろうが外れだろうがエイラさんブヒブヒ出来る自身があるので、
それだけ購入しようかと池田は悩んでいますブヒ。
やー、リライトはKey展開だったらノーサンキューだし、アリスソフト的充実のゲームシステムにはあんま興味無いので
後は風評待ちで良いかなー、みたいな。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-03-27 13:51

池田っぱい

色々不謹慎厨的な言い分もあると思いますが、余りに切迫したトップエントリーを残し続けるのもアレなので
アレっぽく更新したいと思います。


<ざつだん>
準被災地として情報が色々流れて来る中思った事は、

「早い情報にはデマが多い」

悪意があるわけでなく、人間Aが自分の視界内だけを見て主観だけであーもうコレ●●じゃね? みたいなダウン寄りの
判断をして、それが伝言ゲームしていくとロクな事にならないっつーのが良くわかりました。
まあ、信頼性の高い情報なんてそもそも公的放送は現状把握中! しか言わないので存在しない訳なのですが、
とりあえず携帯は大災害直後はかなり役立たずというのは良くわかりましたとさ。


<まどか>
いつも書いてますが池田はグロビチューは好きではありません。沙耶の唄とか最高の純愛だーとか言う人いるけど、
最高に趣味が悪い純愛の間違いなんじゃないかと思います。勿論物語として意欲作である事は否定しませんが、
虚淵シナリオとかSCA-自シナリオみたいな趣味の悪さは好みとしてはナッシングなのです。

そんなわけでまどかも敬遠気味に様子を見ており、マミったー! とかいうのを聞いてああやっぱりなーとか思って
いたんですが、周りの皆がうわごとのように「僕と契約して魔法少女になってよ」と布教しはじめやがったので、
とりあえず流れを知った上で8話くらいからちょこちょこ見ています。10話面白かった。

別に人にオススメしようとは思いませんが、最終話は見たいかなーと思った池田でした。


後は例によってちょこちょこラノベは読んでいますが、あまりヒットしません。
サークリットガール終わったなーとか(読んだのに内容ろくに覚えてない)、鋼殻のレギウスが何だかんだと
グダグダしてたけど、やっと恋愛話が転がり出して幼馴染ルートが定石と思わせつつ人気1位と推定される
毒舌系無表情ロリルートに進みそうな含みが示唆されていてAYHWWWWWWWとか、その程度です。

うーん、フルメタ終わって富士見ファンタジア買わなくなったし、スニーカーもご無沙汰だし、富士見ミステリ
とかまだ出てるの?って勢いだし、どんどん住処が失われていくでござるござる。
そんな池田ですが化物語系の新刊が31日に出る予定なのでそいつを楽しみにしています。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-03-20 17:58

あーすくえいく

池田です。千葉県民なので大通りの信号が停電してて空気読んで車が通ってる中横断ミッションとか、海側の液状化現象で
道路に泥が湧いてたり地面にヒビが入りまくってる所を歩いて帰ったり不具合は起こっていますが、ライフラインは
うちの周りは止まりませんでしたので、被災者というレベルでの被害は受けていません、元気です。

湾岸の方(自分の知ってる限り幕張~習志野周辺の海沿いがヒドい)やコンビナート火災現場付近は別でしょうが、
一般的な千葉市街~都会方面のラインは電車高速も繋がって道路も昨日夕方くらいまでの全く動かない状況からは
脱し、電話もそれなりに繋がるので(※固定電話・公衆電話発のが圧倒的に繋がるので困ってる人は家電を!)
マクロ視点での物流はぼちぼちに平常営業に近づいていっていると思われます。
輪番停電告知→鉄道オワタ→道路大混雑→電話パンク・渋滞URYYYYYYのコンボが発生しており、物流は止まりこそ
しませんが、sage進行になりそうな予感です。深夜の流通網はまあそれなりに混雑も解消されると思うのですが、日中に
店(納品先)が機能するのかっつー問題がありますからの。まあ、千葉市街周辺なら飢える程のこたーないと思いますが、
15日以降日中に計画停電が始まったら生活のレベルは不自由モードになると思われます。その時に過剰に非常事態と
勘違いして、開いてるスーパーに大行列したりトイレットペーパー買占め(笑)とかしなければ数日でペースは安定すると
思いますがぬー。


そして業務連絡、仙台の生主Roer(※元)てまさんからは無事の一報レスが貰えました。
ので、知人の方で心配しつつ連絡が取れてない方いらっしゃったら伝えてあげてくだせ。電池節約のためあまり
携帯を点けていられないそうです。
池田も震災直後は(PC繋がってるので)余裕でそんなネットとかしてたのですが、その後深夜に携帯を持って
家族を迎えに遠出したら、コンビニの充電器は全滅してて残メモリ1になってから補給できないわ、メールも電話も
滅多に通じないわで僅かながら被災時の携帯を維持する際のリスクを体感したので、ホント安否確認なんかは
したくなる気持ちはわかりますが、公式の安否確認を利用するに留め、安全地帯にいる人は落ち着くまでは待ちの
一手が最善であると思います。

しかし、もう一人の仙台住みの友人とまだ連絡が付かず、かなり不安な日々を過ごしています。
住処が仙台空港付近だし、ホント無事を祈っています。

無事との情報頂きやした。いえす!

震源付近にいる方は大変、という言葉で言い尽くせないほど大変だと思いますが、うーん頑張ってと言うのも安い
言葉だと思ってしまいますが、こちら側で出来る手助けには極力協力していくつもりなので、どうか無事であって
下さいますようマジ願います。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-03-13 12:45

すてきなsomething

somethingorange等書評サイトなんかで『ダイナミックフィギュア』なるSFものを認知したので購入してみました。

結果、あーうーん、自分にわからんものをあしざまに罵るのもどーかと思うので多くは語りませんが自分には
全く楽しめませんでした。照り焼きトリモモ肉を期待して食べたら梅ササミだった位の期待外れ感です。


なんつーか、太陽系外からの侵略者、封じ込め、徐々に知恵をつけていく敵、対話、メカ間引き戦、という
宣伝エッセンスからマブラブオルタ的というか、EGコンバット的な泥臭系ぐちょゲロ政治理不尽な中での
燃えストーリーをハヤカワレーベルっぽく萌え控えめで大人っぽくお届けしてくれるんじゃないかーって期待を
したんですが、非常に淡白に『敵の記憶炉を破壊した、次の敵が盾を構えていた。知恵をつけてきたのを感じた』
みたいな感じで終始しており、カタルシスを感じるような危機感のアオリとかそーいった抑揚が自分には全く
感じられませんでした。大人になればまた何か違う捉え方が出来るのでしょうか、ううむ。


その他ラノベもちょこちょこ買ったり積んだりしているので、そのうちまた感想でも上げようかと思います。
しかし2月が自分にとってのハズレ月間で電撃文庫系を一冊も買わなかったりした反動か、旅行から3月まで
なんかやたらと文庫本を買っていますな。その割にタイトルすらロクに覚えていない辺りがニンとも寂しい所です。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-03-06 11:51

ピチピチ取れたて

生きてます。ネタが無いだけです。
杉井光の本ラッシュを買い漁りつつ、久しぶりに『さよならピアノソナタ』を読み返したらうーんなんというか、
他のシリーズより圧倒的に面白いなーと思ってしまったりする毎日ですの事よ。

ピアノソナタは外形が萌え豚御用達のハーレム物にも関わらず中身がこー、なんつーか青春エンタとして随所に
ガリガリっと盛り上がる場面がある所が非常に俺好みなのです。杉井光本は全シリーズ買っていますが、うーん正直言って
ピアノソナタ(完結しちゃったけど)>(越えられない壁)>神メモ>(名作の壁)>その他
といった感じで、自分にとってはピアノソナタと神メモ以外は並面白いの範疇を大幅にぶっちぎるようなものでは
無いっつーのが正直な所であります。新刊の『花咲ける~』はキャッチーさ的にK点越え来るかーと期待したんですが、
うーん、まあ、普通。

今月は期待値の高い本が多かったり、旅行に行くために本を買い込んだりしたせいで割と活字三昧の日々だったの
ですが、思いの外ベストな面白さの本には出会えなかった感じがちょっとしょんぼりです。家の近くの最大手書店で
あまりメディアワークス文庫が置かれていないため、取りこぼしが結構あったのを旅行先で回収出来たのは収穫でしたが、
良質な青春エンタに出会いたいものです。というか結局、自分が年とって嗜好が一般的ラノベのストライクゾーンを
外して来てるのが問題なんだろうなあとは思うのですが、一般向け青春エンタを掘り当てるのに難儀している昨今です。
『武士道シックスティーン』シリーズはスマッシュヒットだったと思うんですが、うーん。
[PR]
# by mavchizawa | 2011-02-26 17:59 | 活字

サーニャーサーニャー

今更ながらストパン大好き池田です。今更になって狂ったようにニコ動に落ちてるスターライトストリームを
一日5話くらいずつ聞きっぱなしていたりするんだな(・x・)

今月は超久しぶりに電撃文庫の新刊で買うものが無い有様だったのでダルっこでした。なんだかんだで
自分電撃文庫を良く買ってるんだなーというか、今や他レーベルほとんど買ってないんだなあと思いましたとさ。
昔は富士見ファンタジアが強かった気がすんだけどなあ。


・傾物語の一言はダルくて書かなかったんだっけ?
まよいキョンシーという副題だったのでまよい巻を期待させつつ実質忍巻だったのは、まー自分まよいは
そこまでZOKKONでは無いので、これはこれで読めるなーって程度に流せたのですが、これが撫子巻だったり
したらきっとゴミ箱にブン投げていたと思います。こーいうファンサービスの裏切り方はあんまり今までの
西尾ルールでは無かった気がするんですが、刊行ペース的にやっつけになっているのか否か。化シリーズでは
今までで一番ショボーンというか、自分の好みには一番合わない一冊でした。


・フェイトゼロの一般文庫版を買いました。新書版は揃ってるのですが加筆修正に期待して。
特に並べて読んだ訳じゃないのでどこがどー変わったとまでわからんかったのですが、久しぶりに読んでも
やっぱり傑作だと思えたのでニンとも満足です。ノベライズを毛嫌いしてる人でもこいつは割とオススメ。


・亀戸では二郎か亀戸餃子か稀に中本亀戸店に行くのが基本スタンスの池田なのですが、年末に縄張りを
広げるべくホルモン青木(だったと思う)へ行ってきました。
わたりがにのケジャン、ホルモン、ロースかなんかを食ったのですが、ケジャンは本場っぽい味でしたが
微妙に生食が不安な感じのオーラだったり、ホルモンの脂がヘビーすぎたりと、がっつりパワーは感じましたが
これは若いモンにしか美味しく楽しめない店なんじゃねーかなーと思いました。

まあ他の肉も高くなく、ウルトラ良いとは思わなかったけど悪いわけではないので、次があったなら、
ホルモンは回避してミノとか豚のチチャ包みセットとか正肉系のなんかとか、そんな感じで行ってみようかと
思ったり思わなくなったりする程度には悪くないお店だと思います。まあ並んでたら行かないんダナ(・x・)
[PR]
# by mavchizawa | 2011-01-25 02:39

今年の抱負:ひめはじめをする

あけましておめでたいらしいですが仕事の池田です。

去年はROも引退(事実上)し、くりゅ先生のようにえろげーぶろぐへと移行する事もできずアクセス数も急降下して
スーパー駄ブログと化していますが、まあ後半年くらいは緩やかに更新していくんじゃないかなーとも思いますので
宜しく出来る人は宜しくお願いします。

RO。正直おととしのクリスマスくらいにはもう潮時かなーと思っていたのですが、(新)暁連に拾われた事と、
仲が良かったおにゃのこの一時復帰のお付き合いしてたらみwなwぎwっwたw事なんかもあって、半年くらい
延命できた事に関してはホント感謝しております。自分は見事にR化でプスンプスンしてしまいましたが、うーん
亀島で直結うはおkwしてた時代は池田の大切な青春の思い出です。ふらっと復帰した時はよろしこ。


最近は本もあまり読めなくなったので模型三昧の日々です。
しかし自分でもわかる造形センスと色彩センスの無さは絶望的というか、頑張っても中の上までしかイケナイネンという
初期能力値がうっすら透けて見えるのはきちー所ですが、まあなるようになるさー。





     \  ヽ     ! |     /
     \    ヽ   ヽ       /    /       /
        サーニャアアアアアアアアアアァァァ!!
        \          |        /   /
                        ,イ
 ̄ --  = _           / |              --'''''''
          ,,,     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ     -  ̄
               ゙l           ゙、_
              .j´ . .ハ_, ,_ハ   (.
    ─   _   ─ {   ( ・×・  )   /─   _     ─
               ).  c/   ,つ   ,l~
              ´y  { ,、 {    <
               ゝ   lノ ヽ,)   ,
[PR]
# by mavchizawa | 2011-01-01 14:13

一人暮らしクリマス

そういえば去年だかおととしだかは釣り動画とか頑張って作ったっけなあと感慨にひたる池田です。
無事一人暮らしをエンジョイ気味にしているんですが、メインだったデスクトップPCは場所を取る関係で
一人用コタツの周辺に設置するのが現状やや厳しいのでサブだったノートPCを使っていたりして、その関係で
ブックマークが無かったりメッセの自動立ち上がりとかの機能を設定するのがダルかったりタイピングが
し辛かったりして、ただでさえサボりがちの更新が滞るっつー次第です。


●ROっぽい話。
レベルは容姿、プレイヤースキルは性格。どんなに性格が良くてもモルボルはちょっと……とかその程度に
考えておきゃいーんじゃね? 

そもそもPSにも好みの問題もあるというか、教科書的に動く事を評価する人もいれば、オリジナルな強さを
評価する人もいるから、一概にあいつは強いとかいや突っ込むだけだ、とか決めつけるのはナンセンスですな。


●小説の話。
SAO6は何だかんだでフラゲ当日読破組で、ネット版と比べて云々とか文句は色々あるんですけども、
最近本を読むのがダルくなってきて積んでばかりの俺が読み切るんだからなんだかんだで期待しちゃってる
作品であって、もう切ろうと思わない程度には楽しんでいるんだなーと思いましたとさ。

まおゆうはネット版を読んでたんだけど、魔王と勇者がややラブロマンスの予感をはらみつつ既成概念を
打破していくという導入部辺りは非常にワクワクだったんだけど、池田好みのラブロマ重視ではなく、群像劇的に
二人が別々に、あるいは別キャラ視点で群像劇的に世界が広がって行きだしたあたりから冗長な感じをどーにも
受けるようになってしまって、結局その辺で投げ出してしまいましたとさ。

自分にとっては、『no-seen flower』サイト内のUnnamed Memoryをはじめとする周辺シリーズが近年の
近年のファンタジーではトップクラスに自分好みだったので、多分自分の好きなのは政治群像劇ではなく、
恋愛ものって事なんだろーなーと今更ながらに思います。



ではでは皆様、メリークリ! クリクリ!
[PR]
# by mavchizawa | 2010-12-25 00:39

クラナド売ったら10円だった。

半月ぶりにこんにちは池田です。
なんとか新居のネットが光でマッハしたのですが、ROもメッセもニコ動もすかいぽもとりたて繋ぐ熱意が無いため
ぶっちゃけかなりただの箱です。ニコ生とか出来るような回線強度になったようにも思うのですが箱です。
文庫その他も相変わらず読んではいますが、劇的オモシロ系の本がHITしたりはしていません。昔は未読の本を
在庫で抱えるとかありえんてぃだったのに、最近はもーだめというか、生まれて初めて本を読むと眠くなるという
体験をしています。あなすさまじ。

といった感じで雑更新でした。
これで今年の更新終わりかなーというか、何かしら引っかかって来るものが無いと緩やかにフェイドアウトして
このままblogオワタの予感すらある今日この頃です。しかし一人暮らしロンリネスで逆に構ってちゃんRO復活とかに
なるのかもしれないので予定は未定としておきましょう。

ではしーゆー。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-12-05 14:16

ギシギシあんあん

池田です。生きていますが引越し準備中です。くりゅ先生のまねっこではありません。

ネット回線を引越し先に通してから移動出来ればと思っている所存ですが、うーん、ホントくりゅ先生では
ありませんが押入れの奥とか棚の中のエロ本(ダンボール換算2-3つ)をどーしようかは悩みどころです。

そして、それ以外の本は模型雑誌を含めると冊数はお察しな感じの分量なので、もー二度と読み返さないだろーと
思った本はすっぱり全部ブックオフ送りにする事にしました。デュラララとか面白くないとは思わないんですけれども、
読み返す事は無いと思うのでぽいぽーいっと。

そんな中以外と捨てられないのが『機械仕掛けの神々』みたいな自分が10年ン年前のラノベを読み始めた
ばっかりの頃の周辺作品だったりします。
値は付かないだろーとか、絶版になってるだろーから再度手に入れるのはめんどいだろーという下心のせい
なのやら、青春時代の思い出補正なのか我ながら微妙な所なのですが、星くず英雄伝とかも捨てられないんだよなあ。


そんな事を考えながら、電撃の新刊を読んだりぐったりしている日々です。
地面平積みから本棚に川上稔作品を移動させたら1シリーズで本棚1列を占拠されてテラワロッシュ。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-11-14 15:27

ストライク! ぱんつ!

●池田です。1月くらい更新してない人のリンクの整理をしようとしたらそれってリンク先の9割でござるーという
事実に今更気づいてしまったので整理が出来ませんでした。ブログというジャンルの衰退も含めての事であり、
RoSNSなんか週1くらいでチラ見すると最低限更新はあるというか禁止パッチの怨嗟の声に溢れていて、
それはそれであれがあれだけど僕は今日も元気です。おっきっき!


●というわけで豚野郎は一人神保町で二郎を食ってブタブタしていました。
二郎に行かず神保町丸香~秋葉原玄のルートを通っておけば良かった気もしますが二郎は二郎だったのでまあ良しと。
神保町に行ったのは猫物語のフララゲさんも意識していたのですが結局どこにも売っておらず、翌日フツーに地元で
手に入れるハメになりましたとさ。


●猫物語(白)はマララギさん視点ではなく羽川さん視点でした。
西尾維新本は(主としてシリーズによって)当たり外れがあるので、形を変える事で良くない方向に盛り下がるかなーと
ごく序盤では思ったりもしたんですが、読後感は割と爽快で納得のプライスだったのでハッピー。
コンプリートガイドも同時に買ったのですが、うーん、フィルムブック(?)部分が読み辛かったりイマイチ
適切なデザインでは無かったようにも思います。判が小さいから資料としても微妙だし。
おまけの小説は軽妙で撫子たんクンカクンカだったと思うので金ドブとは思いませんが、コンプリートというには
イマイチ完成度の高くない一冊だったように思います。
小説が1冊にまとまってたら残り4冊はポイしてたんじゃねーかって感覚になんとなく覚えがあったのですが、
奈須榎本鶴田の『AMASIA』買った時のあの感覚に近いでござるござる。


●そんなこんなで最近は終わりのクロニクルを読み返しています。
読み終わったらホライゾンを1から読もうと思ってるんだけど、うーんやっぱりこう読み返してみてもクロニクルの方が
集団ではなく個人へのスポットが当たってるせいか感情移入度数が高くて好みですわー。
ホライゾンも読み返せばわかる何かがあるんでしょうか、あるといいなあ。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-10-31 14:19

おそばにまいりましたー!

元気です。がネタがねーです。

一般小説の荻原浩っつー方の小説を一冊たまたま手に取ってみたら思った以上に面白かったので、ヒマがあったら
まとめ買いしてみようかなーと思ったり模型したり模型したり模型している今日このごろです。

久しぶりの平日休みが近いので、築地にでも遊びに行ってこようかしながわ翁で美味いと評判の蕎麦を食べてこようか
悩む毎日ですが、皆さんいかがグルメお過ごしでしょうか? 神田まつやとか神田やぶそばはまー確かに味があると
思うけど、別にうーまーいーぞー!って感涙する程でもなかったので、蕎麦という食べ物のうまさの幅っていうのが
一体どんなものなのか上の方が知りたいのです。
なんでもコスト比で考えるのは幼稚な思考だと思いますが、秋葉原昭和通り口改札横の駅中蕎麦屋の意外な美味さ
(もりは大して美味しく感じなかったのでたぬきぶっかけだったかな、冷やしでてんかすが乗ってるヤツがお勧め)
とか、近所の手打ちがんばってますもりそばの店と比べて劇的なアドバンテージを感じないのが問題なわけで。

まあ蕎麦って枯れたジャンルだと思うので、そんなミクロな美味さの差を楽しむもんなんじゃなかろーかと自分を
納得させてはいますが、そうじゃなければいいなーとも期待しちゃうんですよね。新橋の港屋のラー油肉そばみたいな
良くも悪くもインパクト大な蕎麦屋以外で、なんか無いもんでしょーか。


などと考えながらあー神保町二郎リベンジもいいなあと思っているブタがお送りしました。
そういえば昔駄文を書き散らした天龍菜館@横浜ですが、ジジイ(敬意含む)が引退して別の人が厨房に入って
いるらしく、ランチが始まったとか、皿出しが早くなって雰囲気改善したいやいや昔の味が無くなったとか色々な
噂(ややマイナス方面多め)が聞かれております。
マイナー小説のアニメ化みたいなもんで、大衆的傾向に寄るほど、俺だけがこの店を知ってるんだー的マニアが
離れていくっつーのは仕方がない事だと思うんですが、うーん、どうなんでしょうねえ。

池田は正直味という点ではそんなに感銘を受けなかったので、次中華街に行く機会があったとしても一般的有名店に
行ってみようと思っています。中々行く機会無いけどね。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-10-24 14:56

ピンクぱんつぁー

●池田です。相変わらず電撃の新刊を買っていますがそんなにオモロくないものを評価(って程でもないか)
するのに時間を割くのはダルいのでさらっと流し流し。


・アクセル6
面白い事思いついたから後付けで世界観広げてみたら矛盾臭がしたりするけど燃え展開だから恥ずかしくないもん!
という良く言えば柔軟、悪く言えばいい加減な川原節は健在です。
話のろり構成が自分好みだっただけなのかちょっと上手くまとまってたから分かりませんが、アクセルシリーズの
中では割と盛り上がってまいりましたーって感じのヒキで不足無く面白く読めましたとさ。

しかし後書きで作者自身が『風呂敷畳むのが苦手だからアクセルも僕たちの戦いはこれからだENDだと思う』とか
萎える事書いてたので、かなりゲンナリした今日このごろでした。池田はきちっと幕が引ける作家を応援しています。


・ヴァンプV
読書中。この人の本はなんか途中で投げたくなるんだけど、出たら出たで買いたくなる不思議な感じです。
旅行とか行列用に消費する事が多いのでどっかで並んでこようかと。


●後何冊か買おうか悩んだりもしたんだけど家に古本屋とかで買った本が若干残ってた気がするのでそっちを
読み終えてから買おうかと放置放置。古本屋では『パイロットフィッシュ』(大崎 善生)なんかを100円で
購入した訳ですが、うーんいかにもって感じの大人文庫。100円にしては十分すぎるくらい面白かったです。
村上春樹っぽい? うーん透明感とセックスとやれやれと抽象ENDだとみんなそんな風に感じちゃう池田でした。


●どーでもいい余談なのですが『ぼくらの7日間戦争』なるシリーズがありまして。
要するに生徒が学校の体制やらわからずやの親に対して反旗を翻す痛快エンターテイメント小説……? って
感じのものなんですが、中学時代にたまたまコレを読んで結構面白かった記憶があるんですけんども、最近
投げ売りされてるコレを読み返してみたらむしろ教師側に同情したくなるというか生徒DQNじゃね? みたいな
受け止め方をするようになってしまっている自分がいて、あー大人になっちまったんだなあ、と。

まあ池田の年寄り化なんてのはどーでもいい事でして、コレを書いてる作者の人は結構いい年な筈なんですが、
その年になってまで子供が共感出来る、子供ルールな価値観を持ってたっつーのは凄い事だったんだなあと
大人になってわかる今日この頃でしたの事よ。大人が読み返すのは特にオススメしませんが、高校生くらいまでなら
読んでみて悪くない本だと思います。
[PR]
# by mavchizawa | 2010-10-11 10:47 | 活字