<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

覇権の品格#2012初夏アニメ

今期の覇権アニメは、出来の良さ+大衆ウケという観点から見るにつけ『SAO』じゃないかなーと思う池田ですが、今期の池田的ベストは、『SAO』でも
『ホライゾン二期』でもなく『人類は衰退しました』なので、地道に布教する次第であります。

頑張って魅力を言語化してみんとすなんですが、なんつーか『SAO』にしても『ホラ2期』にしても原作の雰囲気をそのままアニメに変換したような
クオリティの高さは有ると思います。MMO的表現の映像化だとか、難易度高そうなカワカミン世界観の映像化が違和感なく出来てる時点で高レベル。

なんですが、天の邪鬼な事を言うと、原作のムードそのままにアニメ化しているー・・・・・・んだったら別にアニメで見なくても原作読めばいいよねというか、
動いて声が当たってるだけで幸せーっていうミーハー要素をヌキにして考えると、アニメ媒体ならでは!っていう要素が薄くも感じる訳です。個人的感想ですよ!
それに、原作=アニメと同一化しちゃうと、重要(だと自分が思い入れた)シーンが無いとか、詰め込み過ぎだーとかいうオリジナルと違う部分を減点対象として
勘定してしまう傾向が(少なくても池田には)出てきちゃう訳で。

といった観点から見ると、『ホラ2期』はまあ1期からそうだったんですが、池田の目には既読組専用アニメ的な傾向が非常に強く見えるので、それでも初見さんは
楽しい要素だけ抜き出して楽しく見ているのかもしれないし、難解な原作だから割り切ったターゲットの取捨選択として妥当な志向性だとも思うんですが、どーしても
アニメってのは初見殺しではあって欲しくないという池田の嗜好性には合致しないのです。
『SAO』は、まだ数話しかやってないので断定は避けますが、似たような傾向を感じるという事で。


まー過去ブログを見ればわかる通り、原作物を池田が絶賛してるモノは、シャフト演出とか『人類は衰退しました』みたいな、『原作のムードの再現』に留まらない
『原作を咀嚼して再構成』している、賛否分かれるような偏った演出モノって事なんでしょうね。
かといって古来のアニメ『真月譚 月姫』みたいに、一時期流行ったアニメ製作側が好き勝手に原作をチョメチョメしたものは大嫌いでございます。あくまで原作への
リスペクトが無いとアカンというか、原作と違うけどアニメとしてはコレで正解だよね! くらいの事はやって欲しいなーというか。


そんなもんだから、まあニコ動でも衰退やってるし、消極的興味を持ってくれた人は、ヒマな時にぼへーっと見てみれば良いと思います!
ここまでの話をぶっちぎってミーハーな事言うと、エンディングがウィスパーボイス系で、それだけでもう全肯定の池田ですの事よ。


しかしSAOはやっぱり、作者の『整合性がアレだけど燃えればいいよね』的後付け設定が増えに増えていくのが鼻についてニンとも。
主観バリバリになるけど、アニメ版にしてもキャラを掘り下げるため―とか言って後付け(外伝)のアレとかソレとか詰め込んで回収しないで、元々そんなん無かった
1巻のSAO原本をメインラインにして、尺が余る部分にだけ外伝を埋め込めばええのになあ、みたいな。
既に2期ALO編とかが折り込み済で、外伝エピソード分のキャラを1期で拾っておかないとわけわかめになっちゃうみたいな裏事情でもあるんじゃないかとか、
穿った見方までしてしまいます。まあ、最終的には楽しければ何でもいいんですけどブヒブヒ(逃避)。
[PR]
by mavchizawa | 2012-07-24 19:01

マヴい

●押井守の小説(新書)を何冊か買ったので積ん読。
氏の映画は観念的にすぎて低能な池田はあんまり楽しめませんが、小説のアヴァロンとかMMOもので結構楽しかった記憶があります。


●『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑤』読み終わり。
うーんやっぱり自分の中でどーにも落とし所がわからんというか、コレが楽しいドゥフフ!!!って思えて、はがないがウンコーって思える回路が、
どーなってるのかよくわからんけど納得のプライス。

という訳で、やっとこさ自宅の本の部屋からはがない①(※これだけ持ってた)を掘り出したので、3回目くらいの再読してみたんだけど、
最初の数ページ、思ったよりは読めました。正直表紙の主人公ビジュアルがややチャラ充って部分がマイナスイメージの肝だったのかと
思ったり思わなかったりしています。機会があったら読み返・・・・さない気もするけどするかあ。


●衰退⑦購入。
太古の記憶では2~3巻くらいが楽しさピークでそこから楽しさが衰退していった気分だったんだけど、見返してみたらフツーに各巻おもしろでした。
恋愛脳に毒され傾向がある池田なので、多分助手さん√のあったその辺を偏重したんだと思いますが、今になってみれば、恋愛要素無くてもそれはそれで!

けど衰退さんはなんというか、テキトーに続けてるだけなのかもしれないけど、話の落とし所が見えなくてそこが微妙にもにょいデース。


と、そんなこんなで、これ以外のもまだまだある、山積みの本と戦う日々であります。
[PR]
by mavchizawa | 2012-07-18 20:00

アニオタとジャニオタは響きが似てるよね

池田です。
オタクオタクと言われて久しいですし別に否定はしませんが、何だかんだで社会人化した辺りからはラノベとPC関係の娯楽(エロゲーネトゲー)を
たしなむ程度で、コミケ行かないアニメ何やってるのか知らない、とそこまでオタク濃度が高い生活はしていなかったのです。・・・・・・よね?

なんですが最近はニコ動ですっかり広まったアニメ無料配信に釣られた事と、ラノベからのアニメ化が増殖した事、録画というスキルを覚えた事で、
なんだかんだで1期1作くらいはアニメを見るようになり、なんかアニオタ復帰って感じです。
DVDなんぞはマジ金の無駄じゃんって言ってたクチでもあるんですが、コメンタリーとか原作者書き下ろしみたいな特典パワーに勝てず、ちょろちょろ
購入したりもしているので、見事にマーケティングの餌食にされている感じ。


そんな池田ですが、今期は今までにも増してやたらアニメを見ています。衰退ホラ2期SAOー。
衰退はアニメ化云々の周辺でトラブルでもあったのか、絵師が変わってキャラデザ変更になって池田的にしょぼーんだったので、楽しめないかなーとも思ったんですが、
投げやり気分で一話を見たら、期待値以上に雰囲気良かったので継続継続。正直今期で一番面白いかも。

ホラ2期はまあ、カワカミン信者なので1期より継続して見てこそいますが、今の所好きは好きですが、そこまで温度高くはありません。
特典小説巻だけDVDで揃えるかなーってスタンス変わらず。

で、くりゅ先生絶賛布教中のSAO。1話は大分良かったので継続して見ようかなーと思ってはいるんですが、まだ見ぬ2話でくりゅ先生が絶望してるwww
アニメ本体よりくりゅ先生のリアクションの方が面白いんじゃねえのとか思いつつ、とりあえず継続して見ていく模様です。
個人的には1巻(+外伝)のデスゲームクリアの部分まででカッチリ終わるのがベターだと思っているんですが、どーなる事やら。
[PR]
by mavchizawa | 2012-07-16 12:24

この大空に、翼をひろげて ★★★

この大空に、翼をひろげて ★★★

この大空に、翼をひろげて(※えろげー)終了。
夢に挫折した主人公が、新たに仲間たちと空を目指す青春空モノです。池田的には良作と名作の間くらいの印象。青春空モノ(※多分池田造語)は、
ラノベやエロゲーでマイナージャンルとして散発的に作品が存在してると思うんですが、成立させるべき3大要素、

・設計の能力
・工作の能力
・金の供給源

これをマジリアル志向で描写していたら、少人数制を旨とするラノベ・エロゲーは成立しづらいので、大抵はファンタジーとして
『金持ち・天才』を組み込む事で少人数制の物語を成立させる事になる訳ですが、ソレが便利すぎるせいなのか、あるいは
ガジェット(※今回は舞台装置の意)として空モノを使いたいだけで、リアリティをライターが求めていないからかその能力が無いからか
わかりませんが、大抵は『超天才パワーだうおおおお→3日で飛行機が0から完成』みたいな、荒唐無稽さが萎え要素になる場合が
少なくないと池田は考えています。

んでまあ、この作品でも金持ちと天才は出てくるし、ご都合主義的な部分も色々あるんですが、エンジンを使わないグライダーを主道具に
した所とか、大昔の部の備品を年月かけて改修してきた機体を引き継ぐ、みたいな一番金と技術がかかる部分をフォローする根幹設定の
巧みさであるとか、ご都合主義もあれど、それが極力クサくならないように、誠実に描写を積み重ねていっている感がある(飛行機描写に限らず、
心情描写についても)のが、非常に好印象です。
オーソドックスだけどクォリティの高さを感じる作品だったので、今後シナリオライター買いも検討しようかと。
→『夏ノ雨』等のライターさんなのですな。

後、ボリュームが結構多くて、アレそろそろ終わり? って所までが第一部みたいなもんで、第二部からが本編だぜーってのは
割とびっくりしました。やってませんが体験版はもしかして1部全部なのかなあ、みたいな。
そしてひとつ前の雑感でも書きましたが、演出は全体的に秀逸。まあ、飛行機CGが時折チャチく見える気もしますがマイ許容範囲セーフ。



なお、しょんぼりポイントは2つ。

1:ルートが長く、共通が多く、選択肢が少ないのにスキップが遅い。
2週目以降、既読スキップ押したら裏でネットサーフィンする時間があるっていうのはやや微妙。次の選択肢に移動する、が
あった方がユーザーフレンドリーではありそうです。

2:割と高望みですが、白バム2レビューでサブヒロインにも意味のあるルートがあってすげえええみたいに書きましたが、このゲームだと
実質グランドルートを構成している小鳥と天音先輩以外は一段落ちてサブヒロインって感じがするので、そこがほんの少し残念でした。
あと、人気投票二位に君臨している『ヒロインの妹』がクリア出来そうで出来ないのはロリ婚としては遺憾であると言わざるを得ない
かもしれません。まあ、物語としてはまとまってるから、コレはコレでいーと思うんですけど。



そんなこんなで池田としては『あらすじ、もしくは体験版で悪くないと思ったなら、買っても損はしないと思うソフト』認定です。
順番的にはサクっと小鳥→天音先輩のグランドルートをクリアしてから他ヒロインで良い気がいますが、池田はその逆でやったから
そー思うだけかもしれないので、保証はデキマセーン。


―追伸― エロゲー『向日葵の教会と長い夏休み』は、ショタ小説業界で有名なさいろー氏と、この紺野氏と、藤倉氏がシナリオとの
事だったので、とりあえず問答無用で購入リスト(脳内)した次第でありますの事よ。
[PR]
by mavchizawa | 2012-07-07 13:11 | えろげー