<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おっぱいポローニャ風

●えろげー、『この大空に翼をひろげて』購入。
まほよ→WH2→コレとココ1年くらいエロゲー購入0だった反動か、バリバリソフマップしております。
まだ初回プレイ中なので第一印象でしか語れませんが、キャラ立ってるしボリュームあるみたいだし、佳作以上のオーラはヒシヒシ感じます。

そーいえば演出がまほよと似たような感じで画面がぐりぐり動くので、素人目には同じようなスクリプト(っていうの?)を使ってるような気がしなくもありません。
コレが現代の標準なのかニューモードなのか、浦島太郎な自分にはわかりませんが時代は進歩するもんですねえ、とジジ臭く。


●ROはスナイポーを地味に育てています。
90転職でETお金稼ぎ用レンジャーを作ろうというエロい目算ですが、叶いますやら。



最近はストレス解消に、ヤケ食い的な意味で日曜の都内をウロウロしていますが、日曜は個人経営の店がやってない事が多いわ人が多いので
必要以上に並んだりするわで、中々新規開拓は難しい。
亀戸のホルモン屋なんかで日曜だけは昼間から営業してるー! とか日曜日に商売っ気を出す店もありますので、そーいうトコから攻めてみようと
思ったり思わなかったりしつつ、散財の毎日です。
[PR]
by mavchizawa | 2012-06-30 19:19

夏ちゅるちゅる

●ラノベで『はがない』が評判だったので1巻だけは買ったんですが、どーにも文体が合わなくて以降買ってない池田です。
どちらかというと劣化量産型として類似性を指摘される事が多い『はまち』(『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』)は、文体がちょっと西尾維新臭いなー
とか思いつつも結構気に入っていて、1巻を春くらいに買った直後にサクサクっと4巻まで揃えたくらい好きなのですが、我ながらこの差は意味不明です。

この夏は7月から8月にかけて、文学少女の人のアレ、はまち、ホライゾン新刊と定点観測本に加えてSAO・山猫姫・ブラックブレッドとか、準お気に入り本も
結構出るので、ここ2ヶ月くらい池田的に割と不作だったのを取り戻す勢いで嬉しいです。


●ROはとりあえずスナイパーへ。
しかし段々ダレてきたよルートなので、まあのんびり流そうと思います。


●最近お休みのメインが土曜から日曜に移動したので、日曜開催のイベントものに顔が出せるようになったのは、まあ実際には出不精ですが嬉しいとしても、
築地の市場空いてる時に飯を食いにいくとか出来なくなったのはちょっと寂しい所であります。
[PR]
by mavchizawa | 2012-06-25 18:17

アフリおいしいです^p^

●面白いブログエントリってーのはどんなものなんだろう、と中学生みたいな自意識過剰問答中の池田です。
例えば故れもたんとか面白い人は存在自体が面白い気がするんだけど、池田にはそういう固有人間性能は付いてない気がして、
かといって常識人っぽく頑張るには、くりゅ先生が既にそっちの方向に生態的進化を遂げているのでどーすんべー、みたいな。

いやーブログっつーのは一度整理を始めると拘りたくなるもんで、かといって今から全部のエントリをRO・読書・飯・エロゲーに分けて
再構築するくらいなら、いっそ広告がジャマーなエキサイトからfc2かどっかに移転するのもアリだなーみたいな気分になったのですが、
そこまで頑張るだけの更新率が確保出来るのかっつー問題がある訳なんですよ。


ブログなんて自己満足、ってのは前提としても、一応池田のポリシーとしては、ブログ立てるとかギルド作るとかソローやるとか、
自分以外の第三者にエンターテイメントを提供する場合は『半年は続けられる自信があるならやる』というのが自分なりの基準なもので、
そこでお悩み中なのです。

ちょーおもしれーブログが出来たとかちょーおもしれーギルドが出来たのに三日坊主で終わっちゃったら切ないですやん?
期待させたら期待には応える、それが出来無さそうならやらない、それがポリシー。


●というわけでROはハンタ―97レベル。
たまらんが誘ってくれるたこ足ぬくもりおいしいです^p^


●本はちょろちょろ読んでいますが、取り立てズバー!みたいなものは無く。
早見和真の『ひゃくはち』は、今になってタイトル見ると『けいおん!』系の名付けに見えてアレですが2008年刊行の野球青春小説で、
野球+青春という二大たのしいね要素が盛り込まれていて、まあ買ったのが古本屋100円コーナーだった事もあって、期待値以上には
楽しめたので、ちょっと作者買いしてみようかと思います。
[PR]
by mavchizawa | 2012-06-20 18:07

タイトルからほとばしらない才能!

池田です。
旧来のこのブログのコンセプトは『面白いエントリ読みたきゃ全部読め』というストイック仕様だったので、カテゴリタグ分けもしてませんでしたし、
割と意識的に1エントリ内にROと雑談とエロゲーと考察を併記して、カテゴリ分類の無い混沌としたブログを生成してたのです。

しかし、何だかんだ5年近く更新を続けてきて、さすがに過去記事をページめくって探すのも難しくなったっていうのと、今更ですがROで
みーみる統合鯖になって、sesの風土を知りたいって奇特な人がブログ巡回した際とか、OBの人が昔を懐かしんででこのブログに来た時、
座談会とかインタビューみたいな美味しい、懐かしいデータをぽんっと探せないのはよろしくないなあと思ったので、5年越しでブログコンセプトを転向して
一部カテゴリ分けをしてみましたの事よ。


過去ログ今読み返しても、昔の自分が自分なりに頑張っていて中々宜しい事でした。
ネトゲに費やした5年間は全くの無駄でしたむしろ害でしたみたいに、過去の趣味に悲観的な事を言う人もいるけど、どんな事であっても
本気で物事に打ち込んだ経験は、それなりの財産であると池田は思う派です。
とはいえ、、『ネトゲ廃人した結果高校中退しちゃったミ☆』みたいに、一般常識から思いっきり逸脱するレベルで打ちこむ場合は何卒自己責任でお願いしますぜ。
[PR]
by mavchizawa | 2012-06-17 00:47

ホワイトアルバム2@Leaf ★★★★

<ネタバレ注意>
前言撤回サーセーンwwwwwホワイトアルバム2は確かに名作でしたと申し上げる次第の池田です。

やーてっきり共通ルート2/3の個別ルート1/3くらいのボリュームを妄想していたんですが、個別ルートに十分お腹一杯になれるボリュームがあったし、
安易に(物理的に)傷つけたり殺してオチをつけないのに、しっかり感動ゲーなのは筆力高いというか構成力が高いというか。
11年の覇権クラスといっていーもんか悪いもんかまでは今更言及しませんが、中古でほぼ定価なだけはある作品だと思います。
やって後悔する事はない、割としっかりオススメ出来る作品ですホント。


なお、池田が一番好きなのはダントツで和泉千晶シナリオな模様。
白バム2はメインヒロイン2名の対比構造がキモかと思いますが、そのメイン構造と関係ない、それこそ凡庸なシナリオだとおざなりに
セックル出来るだけ(俺つばの山科ルートみたいな!)になりかねないサブヒロインに対しても、主人公好き好きであり因縁があるが故に
主人公から遠ざけられるメインヒロインに対比して、実は主人公の事を本質的に愛してないのに主人公から追いかけられるヒロインという
対比構造が組み込まれてる感がぎゃーすてきー! みたいな。

まあ、単純に『女を意識させないズボラ娘』っていう初期造形が、好みに合致したっつーだけかもしれませんがねw


その他、全体的に見てせっくるがやらしいのは池田的にはとても喜ばしい事でした。
雰囲気が近しい初代白バムも天使のいない12月も、痛々しいせっくる(ハードSM的な意味でなく傷を舐め合う的な)ばかり描写していて、
演出上それはそれでキレイではあるんですが、やっぱりせっくるはエロスの悦びがあってなんぼじゃのう、と。


そして、池田には珍しい事に気に入らなかった点が多め。
立ち絵がデッサンも塗りもしょぼい事、システムで大した事ねー演出のために強制スキップ停止されるのがダルい事は割と万人に共感して
貰えそうなマイナス点だと思います。

後、高校編やってないのに好き勝手書いてる自覚があるし、個人的好き嫌いの範疇になるんだけど、主人公が泣かせたくない泣かせたくないと
ヌルい事言ってメインヒロイン2人を行ったり来たりぺろぺろする様は、形こそ違えど某士郎さん的独善さを思い起こさせるというか、
b0078381_036436.jpg

こんな気分になってしまって、生理的に苦手だった正ヒロイン雪菜さんのキャラ造形も相俟って、正直雪菜ルートの道中はやや苦行でした。



というわけで、年1くらいでしかエロげーやらぬ男が今更★も何も無いとは思うのですが、はるか昔にオルタを減点法で3、俺つばを4にしてたなら、まあ3しかない
だろうなーという事で、とりあえず暫定記入。
※★数修正。

★0:フリスビー、よっぽど必要がなければレビューしない
★1:凡庸、セール品なら買えば?
★2:佳作、まあやって損はしない
★3:良作、人に勧めはじめる
★4:名作、布教しはじめる
★5:神作、神棚に飾り始める

一応、このくらいのレンジでイメージしといてもらえればーって感じですが、やった時の該当年齢とか思い入れにもよるから、今更過去ゲーの
レビューとかするのもアレだし、エントリを増やすのが難しい予感ですな。
[PR]
by mavchizawa | 2012-06-15 01:05 | えろげー

カンチョー!

いつまでも浣腸記事がTOPもどうかと思って更新の池田ですこんばんわ。


<RO>
今更RoSNSにも書いていますが、無事にME廃プリになりましたので観賞中です。
90転職で観賞用ABになっちゃおうかと思ったり思わなかったりするんですが、廃プリの方がABよりも可愛いんじゃないか疑惑が
拭いきれない上にに飽きたので、にゃんにゃんで討伐1セットだけやって放置なりけり。
んでんで、金策にはレンジャーETがいいんじゃね? と育成コスト考えるとダマされてる気がしますがたまらん様から教えて貰ったので、
ワンデイでハンターしています。


しかしアレですね、『3次転職まではチュートリアル』とか揶揄されたりしてる超効率化ですが、三次職の経験値テーブルを考えても
ちょっと超効率にすぎるきらいがある訳で、なんつーか、R化以前のいつまでも続けるつもりのゲームシステムから、サービス終了を見据えて、
そこまでの期間(3年、延命して5年と身勝手予想)の間に、短期的に利益を確保しようとしている感じのオーラが見える気がして世知辛いです。


<えろげー>
世間さまからあんまり評価されてないまほよが面白かったんだから、世間様が評価したホワイトアルバム2はきっとプラチナ面白いに違いない!
とホワイトアルバム2を購入してみました。

ウィンドウ形式は、池田の好みに基本合わないという前提を忘れてたorz

というわけで微妙な気分を味わいつつ、一日10分くらいずつ進めています。立ち絵がもーちょいマシならもーちょい感情移入度が高かったに
違いないと思いつつ、とりあえず丁寧なシナリオなのは理解出来るので、現状佳作イメージを受けつつ進行中です。
まあ、池田鬱展開で心ふるわせるお年頃は過ぎているので、買うもの間違えた気もしますが程々に楽しめればいいかなーっと。

というか、『closing chapter』を買ったたんですがネットで調べたら序章があるとかなんとか^p^
まあ、池田はそもそも漫画や小説を途中から読んでも割と平気なタイプなのでこのまま進める予定ではあるんですが、なんというか
エロゲー業界はもーちょっとユーザーフレンドリーであるべきだと責任転嫁してみる次第です。



<ほん>
相変わらずラノベ主体で、普通の文庫新書をちょこちょこつまみ食いする感じに色々読んでますが、さほどクリーンヒットも大ハズレも無く。
電撃文庫の『ブラック・ブレット』は『ディバイデッドフロント』とかそれ系にやや雰囲気が近い終末系の異能ものなので、ここ最近では久しぶりの
シリーズ買い対象商品となりましたの事よ。
[PR]
by mavchizawa | 2012-06-09 18:58