<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ハイソ!

どうも、敗訴の池田です。28日は休日出勤残業マシマシカラメのワルプルギスコンボを食らってしまい引取り出来ませんでした。
まあ、あゆたピロートークCDは貰えたのでミッションはクリアなのですが、当日の発売記念イベントとやらには参加
出来ませんでした。ふぁっく。


で、あゆたルートをサクっとクリア。
ボリュームは共通3+ルート2の5時間ってトコでしょうか。ボリューム不足は感じませんが、とりたて大作とは感じ無い、一般的ウィンドウ式の
ギャルゲーとして充分な物量だと思いました。コレ以上長いとダレるかな。

シナリオは並!
メインヒロインルートに関しては、思考の飛躍型主人公でノリツッコミ系の掛け合いが日常的にある辺り、今風のライターさんだなーと
思うんですが、なんつーか展開がワンパターンなので、所々クスっとはするのですが段々イライラして来る感じでした、池田は。
メインヒロインが『強い女』で、良い男にならないと落とせない、という造形はちょっと面白いですが、一世代前のゴージャス系
ヒロインの系譜にあるキャラ(『同級生』とかにいたようなアレ)の延長線上にいるタイプだと思うので、人気の出方としては、
『ツン、けど主人公に憧れ、メイドモード有り』と3拍子揃った紫の方がレベル高そうな気がします。

結論として、あゆた萌えゲーとして買って失望しない程度には標準レベルの出来だと思いますが、あゆたやまいたに興味が無い人には
オススメする必要性は特に感じない、そんなゲームだと思います。

けど池田はあゆたのエロシーンがまだ直視出来ずにスキップ中のチキンです。ギギギギ。
[PR]
by mavchizawa | 2011-04-30 12:34 | えろげー

エイラーニャ概論

●池田です。エロゲー『もろびとこぞりて』の発売日28日は仕事休みにしてあったのですが、GW前に混雑していない築地寿司を
食っておきたくて取った休みだったのに、朝1エロゲー~引篭りルートに転向すべきかどうしようか悩んでおりました。

→で、公式ページとか見てたらヒロインのピロートークCDが特典で付いてくるのがソフマップだけで、今更慌ててネット予約を
しようとしたら完売で、けど電凸してみたら店頭予約はまだ残っているらしいので、

仕事帰りに電車で秋葉原ダッシュをして、閉店(20:00)までに予約する

という益荒男っぷりを披露して、当日は朝にっこり築地メシ→ソフマップ開店頃に秋葉原→ブヒヒという形が我ながらベストでは
無いかと思ってみる次第であります。こんなに頑張るの久しぶりだわぁ。


●しかし池田はエイラ厨なのであって、歩夕(※エイラの声優様)厨というわけでは必ずしもありません。
ふぁんたぢっく! は嗜みとして買いましたが、リーディングがこっぱずかしくて環境BGMとして流しっぱに出来ないので、
多分ろまんちっくは買わないんじゃないかうーん買うかも買おうかなあ、という程度にはファン度が薄い男です。
つーか、あのCDって歌を売ってるというより、歩夕キャラを売ってる感じで、メイン購買層は希望に溢れた高校・大学生とか
そこら辺じゃないんすかねえ、ちっとおいちゃんには眩しすぎてキッツいわあ、と思いましたとさ。


●しかし、エイラは棒だ棒だ思っていたのでそれ以外の事あんまり気にしていなかったんですが、アレって一応男の子声というか、
そういうキャラ付けだったんダナ。ぶっちゃけただの百合だと思っていました。


●サーニャーサーニャー。
[PR]
by mavchizawa | 2011-04-24 14:05

マギったーっ!

仕事があってもまど☆マギを早起きして見た男、池田です。

で、まど☆マギ最終話雑感なんですが、うーん。
昔模型雑誌で読んで感心した比喩の丸パクリなんですが、『伝説のライブ』みたいな記憶に残るモノって
雨が降ったーとか高熱出したーとか、予定外のハプニングがあってこそ伝説になった部分があると思う訳です。
その点まど☆マギは震災で配信ストップしてみたり、通常編成ではなくいかにも特番って感じの2話(あるいは3話)
連続放送でシメてみたり、ストップ前の10話が神回だったりと、なんつーか、『伝説の最終回』が出来る
お膳立てはホント奇跡のように整っていたと思うんですよ。

けど、そんなデートで良いムードのお店に連れていかれて軽く酔わされてもー何されても構わないー>w<って
感じのトコまで来ていて尚、最後の最後でクるものが足りなかった、というのが池田の感想です。
良回だったとは思うけど神回では無いというか、10話が上げたハードルの上を軽々越えて行った回だと
するなら、最終回は非常に美しいフォームで普通のハードルを越えただけで、アレ? これで終わり? と。

最後のほむほむが夜景の中骨組みに座ってるシーンの書き込みと光の具合がGYAAAAAAAAだったりとか、
(これはニコ動とかじゃなく、テレビの大画面の良画質な状態で見た方が絶対にクると思います。録画最強)
声優の演技とか、まど×ほむが全裸で語り合ってた時、繭? が徐々に割れて新しい宇宙が生まれていくという
概念的な演出が説明無しで伝わってくる所とか、完成度は高いんですが、ホンの段階で盛りあがりに欠ける
構成だったというか、最後の最後でゴリっと何らかの飛ばしが来ると思ったのに、比較的ストレートに進んでしまった
ところが自分的には引っかかったんだと思います。虚淵ならもーちょい『何か』してくれると思ったのに……みたいな。
あと声優の演技凄いと書いたけど、ラストでピンになってからのほむほむはひたぎボイスにしか聞こえないw


あーもう最近ラストがすっげえ楽しいいいいいいいいいいって思ったアニメが少ない少ない!
DVDは何かしら補完があったら買う気がしますが、このままだったら多分買わない池田がお送りしましたーっ!


●来週は『もろびとこぞりて』の発売日です。
エロげー買うの超久しぶりですが、内容どーでも良くてエイラボイスがメインヒロインだから買います。
あー、いつもシナリオーガシナリオガー言ってるけど、声優萌え豚志向になると、お目当ての声優さんさえ
出てりゃ最低限満足出来ちゃうから期待値低くて気楽だわあ。
[PR]
by mavchizawa | 2011-04-23 01:17

まどかー!

まどマギアニメ残り全放送おめでとうございます、見るのド忘れしそうな池田です。


<本日の雑談>
●池田のおうちの近所の本屋は、漫画・ラノベのフラゲ率が高く新作購入には非常に都合が良い本屋なのですが、その反面
大人ノベルの品揃えは非常に保守的というか、メディアで紹介された売れ線をちょいちょいっと置いている感じなので、例えば
メディアワークス文庫なんぞは新刊すら入らなかったりしている訳です。(正直売れてないんだろーなあと思います)

なもんで池田はたまに神保町の書泉に行く訳ですが、というか池田が二郎食ったとかさぶちゃん食ったとか言ってる時はほぼ
書泉と三省堂巡回がセットで付いて来ている訳ですが、そーすると特にハヤカワ文庫なんかの在庫の豊富さというか、
ジャンルとしてSFが平積みされてると改めて興味を引かれるものがあるなーと痛感する次第であり、前置き長いんですが
何が言いたいかというと、小川一水氏の本に初めて触れてみましたとさ。


●池田が買ったのは『老ヴォールの惑星』だったんですが、萌えーとか燃ええええええ!とかいう感じの押しつけがましさのない、
笹本・野尻・秋山完作品なんかが好きな人にはしっくり来る感じの、なんつーか王道SFというか、ハヤカワブランドって感じの
面白さだったので、慌てて『時砂の王』と『青い星まで飛んでいけ』も近所で購入したのですが、これまた期待を外さぬ面白さでした。

長編シリーズ、他レーベルからも幾つか出ているようなので、今後はそっちにも手を伸ばしてみようかなーと思います。
味付けが濃すぎるラノベと比べると、萌え分や厨二分控えめなのでインパクトを求める方にはオススメ出来ませんが、
今時のラノベが食傷気味で昔は良かったなあとか言っちゃう懐古厨の人には割と良いんじゃないでしょーか。


●そんな感じで温故知新温故知新と、久しぶりに富士見レーベルの『ごめんねツーちゃん』とやらを買ってみたのですが、開幕で
投げ出してしまいました。読み終わって無い作品を批評するのもアレですし、頑張ってどっかの行列に連れて行ってそのうち
読む予定ではありますが、うーん、なんとか賞受賞作って大抵性に合わないの法則は健在でしたとさorz


●俺つばアニメ、録画してちょこちょこ見ています。
ゲームと声同じ(だよね?)、BGM同じ、って感じでファンディスク2として違和感が無いというか、うおおホーメイが動いてる喋ってるー!
って感じで感慨は深いのですが、原作知らない人には全く訳がわからなそうなノリツッコミお色気マシマシ風味のこの構成は、うーん、
囲い込んでいる層をがっちりフィッシュオンしておいて、後はパンツで漁獲を伸ばしていく展開なのでしょうか何なのでしょーか。
信者じゃ無かったら継続視聴は厳しい気がしますが、信者なので見ます。暫くは。
[PR]
by mavchizawa | 2011-04-17 17:31

ムッツリーニ

池田です。電撃新刊は配本指定の噂もなんのその、8日には無事にフララゲさん出来ていたので現在読書中です。


●SAO最新刊は、メインルートからすれば余談になるので冗長っぷりが鼻に付かないかがやや不安だったのですが、
読んでみたらアラこれ面白いわ、って感じ。ファントムバレットが、カサ増しするためにエピソードを盛ったりちょこちょこ改訂した事で
リズムが悪くなって微妙になってた(気がした)のと逆に、改訂がハマってリズムが良くなってる感があって好印象でした。
後、筆者自らが後書きでご都合主義宣言をしていたので、これ以上ご都合だご都合だ言うのはなんつーか、
二郎相手にこのラーメンはこってりだこってりだ批判する人と同じになっちゃうから避けようと心に誓ってみたり。


●電波女⑧とSFは、あー、⑧は最終巻と明記せず気分でひょこっと再開できる余地を残しつつ最終回ムード。
まあ電波女は元々次の巻に何か引いて終わった事は少ないし、「――なんて終わりとみせかけて日常は続くのだった」って感じで
シレっと続ける作風の人だと思うから、正直どこまで釣りなのかよくわからんクマー。
まあ、アニメ化直前で最終回! っていうのはネタにしても本気にしても、思い切りが良くて面白いと思います。
SFは、作者言う所のエヴァ序、プラモで言うところの「ver1.5」なのですが、1巻の焼き直しというこれまたトンデモ企画。
電撃はラノベ業界最大手なのに、ケレン味担当の作家にはきちっとケレン味を提供させる余地がある所が好きです。

しかしn巻の焼き直し、みたいなコレが順調なセールス出しちゃったらどーなるんでしょうね業界。
漫画業界や模型業界では、過去のアレをリニューアルしたり焼き直ししてご提供ーってのは今や手垢のついたパターンなのですが、
ラノベ業界でもリニューアル版スレイヤーズとか出ちゃう時代になっていくのかもしれませんね。まあ今でも表紙リニューアルとか
移籍復刊とか、ネットで評判のアレ書籍化(SAOの事かーッ!)なんかは幾つかのレーベルでやってますけどさ。


●ホライゾンのアニメPvが出ていて、げにすさまじ。
このままのクォリティでアニメが動くってことはさすがに無いだろうとも思うのですが、好みの問題こそあれ
このPv見れただけでもアニメ展開を許せる気がした池田でした。
しかしこのPvが数日で5万、電波女のOPが数日でン10万と考えると、PvとOpの差とかキャッチーさの
差はあるにしろ、やはり知名度に差があるのだろうかとか思わなくもありません。原作知ってるからあのPv
超楽しいけど、知らない人にはよくわからん群像映像にしか見えないかもしれんですしなあ。


●昨日は築地に行こうかと思ったのですがダルくなったので、神保町二郎~神保町丸香(さぬきうどん)~亀戸餃子~亀戸かつサンド(佐藤)
という食べ歩き生活を朝から晩まで送っていました。もう年だから神保町二郎は麺半分くらいにしておいた方が良さそうです。
[PR]
by mavchizawa | 2011-04-12 09:17

まど☆まぎ

まどか☆マギカにハマって11話以降の中止にファビョーン! している池田が次回予告のまどかさん説教を何度も聞いてて
ふと思ったのですが、大どんでん返しルートとしてまどかの願いで、

「QBに人間らしい感情を持って欲しい」

なんて事になったらどーだろうと妄想してみた。
単純にほむほむの意地でルート開拓して気合のワルプルギルSATU★GAI大団円エンド、とかそーいう感じの、
提供している条件から簡単に思いつく流れで終わらせるタイプの作品ではないと思うから、どこかで飛躍させて
盛り上げて来るだろうとは思うのですが、まあコレはただの妄想です。

グロリアル描写出せばオタが『こ、これは人生ブヒ』とか言って寄って来るんだろ、って風潮は好きじゃないし、
あざとい飛躍は鼻につくこともあると知っていますが、やっぱり良質な作品には受け手の想像を良い方にどこかで
裏切るというか、抑揚が付いてるんだよなーと思いましたとさ。
言語化出来るってことはテクニック化出来るって事なのでしょうが、こーいうのって訓練で出来るようになるもん
ですかね? 出来ればそれこそラノベ書きにでもなれそうな気がしますが。


●あ、全く関係ない話ですが、漫画の『Landreaall』と『ハツキアイ』は片方ファンタジー・片方恋愛物ですが
割とオススメなのでヒマな人は是非。
[PR]
by mavchizawa | 2011-04-03 17:55