<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フララゲさん

『花物語』を29日に無難にフララゲさんして読了。
『傾物語』をしょんぼり作と評した気がする池田ですが、それよりは大分アップテンポだし主役はきちっと神原さんだしで、
当番キャラ買いした人が壁にぶん投げるようなハズレ感は無かったと思います。


しかし、特に大当たりーとか今期最高傑作キター! みたいなエクスタシー感は無かったのは、俺が神原さんに
思い入れがあんまり無いからなのか、アララギ人称では無いからなのか、はたまた主役級のキャラとの絡みが
薄い、外伝的一冊だったからなのか、自分のテンションが低空飛行なだけなのかようわかりませんが、無難に
おもろかったに留まる一冊でした。


4月から電撃文庫のフラゲが一律禁止になるかもみたいな書店情報が流れていますが、果たしてどうなる事やら。
個人的に動向を注視していきたい池田がお送りしました。
[PR]
by mavchizawa | 2011-03-30 18:33

姑息マン

ネタが無いけどヒマはあるので姑息にもくりゅ先生の構成をパクってたまらんへのコメントレスをとっかかりとして
エントリ化してみるテスト。


>たまらん
●ジオブリーダーズは未読なので読んで・・・みようか展開がアレらしいのでどうしようか悩む池田です。

ゴールデンタイムの2巻は主人公が吹っ切れており、萌えラノベのテンプレ的なニブチングダグダ展開ではなく、
2巻目にして話が加速しているのでかなり好印象です。しかしどっかのエントリでも書いたけど、この人の文体って
特に盛り上がりの所なんかがやっぱり秋山瑞人にそっくりだと思います。上野遊の『彼女は帰星子女』(だっけ)に感じた
あざとい模倣感はないけど、物語にのめりこむ前に秋山瑞人を想って切なくなってしまうという信者。

しかし秋山瑞人の文体って特徴的特徴的って書かれるけど、文法的に何がどう特徴的なのか説明出来る文系プロは
どこかにおらんもんですかね。池田的にはAAでいう所のカタカタカタカタッ、ターン! みたいな長文でタメて
短文で撃つみたいなモンではないかと漠然としたイメージはあるんですが、はっきり言語化出来るプロを募集しています。


●メディアワークス文庫の購入幅を拡大してみたのですが、軒並みラリホーマで中々ファックでした。
いくら対象年齢が学生↑だからって、社会人設定+突拍子もない能力が突然身についてフシギ日常系。みたいな
設定のお話は食傷気味でござる。けど売れ筋に敏感っぽい電撃系列の派生文庫がコレっていう事は、世のニーズが
コレって事なのかもしれません。


●『高杉さん家のおべんとう』は友人宅で丸読みしましたが、うーん、面白い面白くないでいえば面白めなんだけど
自分はまだそこまでハマりませんでした。完結してから一気に読んでみたい本なイメージ。『3月のライオン』なんかは
連載を追いかけたいイメージ。
個人的には柳原望の初期作品、お伽話シリーズが(思春期に読んだ思い入れもあってか)好きです。少女漫画だけど。



最近えろげーがちょっとやりたいのですがハズレはやりたくないというブヒっぷりなので手が伸びません。
もろびとこぞりてだったら、シナリオが当たりだろうが外れだろうがエイラさんブヒブヒ出来る自身があるので、
それだけ購入しようかと池田は悩んでいますブヒ。
やー、リライトはKey展開だったらノーサンキューだし、アリスソフト的充実のゲームシステムにはあんま興味無いので
後は風評待ちで良いかなー、みたいな。
[PR]
by mavchizawa | 2011-03-27 13:51

池田っぱい

色々不謹慎厨的な言い分もあると思いますが、余りに切迫したトップエントリーを残し続けるのもアレなので
アレっぽく更新したいと思います。


<ざつだん>
準被災地として情報が色々流れて来る中思った事は、

「早い情報にはデマが多い」

悪意があるわけでなく、人間Aが自分の視界内だけを見て主観だけであーもうコレ●●じゃね? みたいなダウン寄りの
判断をして、それが伝言ゲームしていくとロクな事にならないっつーのが良くわかりました。
まあ、信頼性の高い情報なんてそもそも公的放送は現状把握中! しか言わないので存在しない訳なのですが、
とりあえず携帯は大災害直後はかなり役立たずというのは良くわかりましたとさ。


<まどか>
いつも書いてますが池田はグロビチューは好きではありません。沙耶の唄とか最高の純愛だーとか言う人いるけど、
最高に趣味が悪い純愛の間違いなんじゃないかと思います。勿論物語として意欲作である事は否定しませんが、
虚淵シナリオとかSCA-自シナリオみたいな趣味の悪さは好みとしてはナッシングなのです。

そんなわけでまどかも敬遠気味に様子を見ており、マミったー! とかいうのを聞いてああやっぱりなーとか思って
いたんですが、周りの皆がうわごとのように「僕と契約して魔法少女になってよ」と布教しはじめやがったので、
とりあえず流れを知った上で8話くらいからちょこちょこ見ています。10話面白かった。

別に人にオススメしようとは思いませんが、最終話は見たいかなーと思った池田でした。


後は例によってちょこちょこラノベは読んでいますが、あまりヒットしません。
サークリットガール終わったなーとか(読んだのに内容ろくに覚えてない)、鋼殻のレギウスが何だかんだと
グダグダしてたけど、やっと恋愛話が転がり出して幼馴染ルートが定石と思わせつつ人気1位と推定される
毒舌系無表情ロリルートに進みそうな含みが示唆されていてAYHWWWWWWWとか、その程度です。

うーん、フルメタ終わって富士見ファンタジア買わなくなったし、スニーカーもご無沙汰だし、富士見ミステリ
とかまだ出てるの?って勢いだし、どんどん住処が失われていくでござるござる。
そんな池田ですが化物語系の新刊が31日に出る予定なのでそいつを楽しみにしています。
[PR]
by mavchizawa | 2011-03-20 17:58

あーすくえいく

池田です。千葉県民なので大通りの信号が停電してて空気読んで車が通ってる中横断ミッションとか、海側の液状化現象で
道路に泥が湧いてたり地面にヒビが入りまくってる所を歩いて帰ったり不具合は起こっていますが、ライフラインは
うちの周りは止まりませんでしたので、被災者というレベルでの被害は受けていません、元気です。

湾岸の方(自分の知ってる限り幕張~習志野周辺の海沿いがヒドい)やコンビナート火災現場付近は別でしょうが、
一般的な千葉市街~都会方面のラインは電車高速も繋がって道路も昨日夕方くらいまでの全く動かない状況からは
脱し、電話もそれなりに繋がるので(※固定電話・公衆電話発のが圧倒的に繋がるので困ってる人は家電を!)
マクロ視点での物流はぼちぼちに平常営業に近づいていっていると思われます。
輪番停電告知→鉄道オワタ→道路大混雑→電話パンク・渋滞URYYYYYYのコンボが発生しており、物流は止まりこそ
しませんが、sage進行になりそうな予感です。深夜の流通網はまあそれなりに混雑も解消されると思うのですが、日中に
店(納品先)が機能するのかっつー問題がありますからの。まあ、千葉市街周辺なら飢える程のこたーないと思いますが、
15日以降日中に計画停電が始まったら生活のレベルは不自由モードになると思われます。その時に過剰に非常事態と
勘違いして、開いてるスーパーに大行列したりトイレットペーパー買占め(笑)とかしなければ数日でペースは安定すると
思いますがぬー。


そして業務連絡、仙台の生主Roer(※元)てまさんからは無事の一報レスが貰えました。
ので、知人の方で心配しつつ連絡が取れてない方いらっしゃったら伝えてあげてくだせ。電池節約のためあまり
携帯を点けていられないそうです。
池田も震災直後は(PC繋がってるので)余裕でそんなネットとかしてたのですが、その後深夜に携帯を持って
家族を迎えに遠出したら、コンビニの充電器は全滅してて残メモリ1になってから補給できないわ、メールも電話も
滅多に通じないわで僅かながら被災時の携帯を維持する際のリスクを体感したので、ホント安否確認なんかは
したくなる気持ちはわかりますが、公式の安否確認を利用するに留め、安全地帯にいる人は落ち着くまでは待ちの
一手が最善であると思います。

しかし、もう一人の仙台住みの友人とまだ連絡が付かず、かなり不安な日々を過ごしています。
住処が仙台空港付近だし、ホント無事を祈っています。

無事との情報頂きやした。いえす!

震源付近にいる方は大変、という言葉で言い尽くせないほど大変だと思いますが、うーん頑張ってと言うのも安い
言葉だと思ってしまいますが、こちら側で出来る手助けには極力協力していくつもりなので、どうか無事であって
下さいますようマジ願います。
[PR]
by mavchizawa | 2011-03-13 12:45

すてきなsomething

somethingorange等書評サイトなんかで『ダイナミックフィギュア』なるSFものを認知したので購入してみました。

結果、あーうーん、自分にわからんものをあしざまに罵るのもどーかと思うので多くは語りませんが自分には
全く楽しめませんでした。照り焼きトリモモ肉を期待して食べたら梅ササミだった位の期待外れ感です。


なんつーか、太陽系外からの侵略者、封じ込め、徐々に知恵をつけていく敵、対話、メカ間引き戦、という
宣伝エッセンスからマブラブオルタ的というか、EGコンバット的な泥臭系ぐちょゲロ政治理不尽な中での
燃えストーリーをハヤカワレーベルっぽく萌え控えめで大人っぽくお届けしてくれるんじゃないかーって期待を
したんですが、非常に淡白に『敵の記憶炉を破壊した、次の敵が盾を構えていた。知恵をつけてきたのを感じた』
みたいな感じで終始しており、カタルシスを感じるような危機感のアオリとかそーいった抑揚が自分には全く
感じられませんでした。大人になればまた何か違う捉え方が出来るのでしょうか、ううむ。


その他ラノベもちょこちょこ買ったり積んだりしているので、そのうちまた感想でも上げようかと思います。
しかし2月が自分にとってのハズレ月間で電撃文庫系を一冊も買わなかったりした反動か、旅行から3月まで
なんかやたらと文庫本を買っていますな。その割にタイトルすらロクに覚えていない辺りがニンとも寂しい所です。
[PR]
by mavchizawa | 2011-03-06 11:51