<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ペロリーヌ

●池田です。全身一分の隙も無くビジョーンな美女にも当然おっきっきしますが、キメキメの恰好してるのに
ちょっと下腹ぽこっとベルトオンザお肉とかしちゃってるとか、そーいう隙のある女の子も結構スキです。

要するに女の子はすべからくステキです。クンカクンカ。


●というわけで(※挨拶)、対人板の話の細かいトコについてはとりたてコメントはありません。
何かに対してレス的な発言をする事に意味が見出せなくてアレだなー平行線だなーホライゾンだなーとか思って
いたのですが、くりゅ先生がブログで良いカットインを見せていて、率直に言って才能にシット! する今日この頃です。

まあ、匿名掲示板の限界かとも思うのですが、感想のタレ流しから世界の流れを確認していくだけならともかく、
健全な議論をするにはやっぱり、相手の意見に正統性があるなら受け入れる姿勢が無いとアカンと思うんですよね。
現状は、っていうか昔から言いたい事言うだけのヤツと煽りたいヤツがわめいてるだけで、これを健全な流れに
還元するには、やっぱりギルド内部みたいな顔が見える範囲で話し合うしかないというか、難しそうに書いておいて
くりゅ先生と同じオチってどーいう事よって感じだと思います。

がまあ、強いて言うなら板で出たテーマを内部だけで消費してアウトプットは無いまま終わるのは風通しが悪くて
ダルいなーと思ったので、池田はこーやって余計なお世話的に思った事をブログで世界している訳です。


●うーん、しかしこういう匿名カッコワルイ的な意見も前時代的かもしれない。
もっとこー匿名板に夢と希望を充ち溢れさせてる人がいたら意見下さい、割と参考にします。


●池田は『大局的にはこっちが悪かったがテメーの態度は気に入らない』と言い切れる人を応援しています。
[PR]
by mavchizawa | 2010-09-30 18:43

【Gv】(・x・)(・x・)ムリダナ(・x・)(・x・)【ぱんつ】

神門ちゃんが何か頑張っちゃってますがそんなことよりスト2(※ストライクウィッチーズ2期)終わっちゃったなあ、と切ない池田です。

ストパンは外形的に萌え豚御用達アニメなので、いろいろ今後も商業展開するんだろーなーとは思うのですが、うーん、
1期からちょこっと見返したりしてたんですが、脚本にセンスがあんまり無い気がして、3期より劇場版が来るんじゃないかと
読んではいるものの仮に劇場版とかあったとしても外れがちょっと怖いですね。1期よりもホンはマシになったかなーと
エイラーニャ回を見て思ったんですが、そこから先の構成がマキマキな感じで、はい、あの回のDVDだけ買おうと思っています。


●やー、これを前フリにして少しGv現状へのにゃららでも書こうかと思ったのですが、ざかざかっと眺めて卯月氏白花氏志菜氏と
レスポンス返している人の傾向が皆俺と同じ、墓場に片足もしくは両足突っ込んでるロートルのご意見だったので、同じような
スタンスからどーこー言ってもしょうがないかなーって事で、最低限そんなネタがあがったんだよーって広報をまず優先して
エントリー更新なのです。


●考えがまとまらない時は箇条書きに限るでござる。


●6砦とか7砦は参加連合数の母数と勢力格差的に当然だと思うから問題ではなっしん。
と見せかけて零細が絶滅したり、ただでさえ少ないパンピーのモチベーションを刈り取る簡単なお仕事です、になりかねないので
ルール制(池田は自主規制って最高につまらないと思う派だけどね! 日光さん仕事しないでくださいパンツ見えない!)にするなら
最大同時確保砦数を5つなりなんなりにすれば良いと思います。まあ、ムリダナ(・x・)


●しかし旧SEでうんこ化しても腐らず騎兵を囲い込んで1年半(だっけ?)永遠のBクラスでありながらユニットと連合を
維持し続けた鷹連なんかに、R化してあんたら無双になったからルール設定な、っていうのも一面から見たらアレですな。

昔の転生実装→生体実装みたいに、一部廃人は廃レベリングしてパンピーがブーたれ出すくらい搾取した後で高効率Dを
実装してレベルの均一化(まあオーラなんですが)を取るという手法は今後も変わらず癌ばってくれると思うので、それこそ
外に文句言ってないで1年内政頑張って下積みしてろよって意見もそれはそれ。しかし転生実装やSE実装の時と比べて
新システム実装直後なのに止まらないGv過疎化の流れがヤバいんだ! 全体見ろよ! って意見もまた然りだと思います。


●まあ、ヤル気ある人がギルマスサミットでも開催した方が実効性のあるプランが出る、もしくはわかりあえない世界が
きっぱりはっきり見える可能性は高いんじゃないかなー。
池田としては、ワシがあと10歳若かったら放っておかなかったんじゃがのう、って感じなのですが、それこそそういう会でもあれば
1枚2枚残ってるワンデイでも削って遊びにいこうかと思わなくもありません。わかり合えないなら合えないで主張を
ぶつけ合う事、そのログ公開して燃料にする事は悪い事ではないと思います。

ニコ生使ってリアルタイム会合実況とか、解像度や回線や30分の壁をどーするかとか問題は山積みにしてもネタとしては
結構面白いチャレンジなのではないかと思った事もあるんですが、家の回線スペックでは無理だったというしょんぼりさ。
誰かそーいう楽しそうな事やってください。
[PR]
by mavchizawa | 2010-09-24 00:15

9/18@ガンダム00劇場版感想その一

●池田です。ガンダム00劇場版公開という事で、なんだかんだで1期2期をバンダイチャンネルなんかで追いかけていた池田としては
見ざるを得まいという事で見に行って来ました。以下若干のネタバレ注意です。







●とりあえず仕事抜け出して昼休みにレイトショーのチケットを買いに行ったら売り切れアーッとか悲劇にも見舞われましたが、
そこはあれですよあれ、文明の利器DENSYAを駆使してどんぶらこして無事に見てきたわけですが、しかし上映映画館数を
調べてみるとなんつーか、ハリポタみたいにどこいってもやってるみたいなものとは全然違って、それこそ都市圏でも1市に
1つ2つみたいな配給数で、アニメの帝王ガンダム様であってもこの程度のパイしか回収出来ないんだなーと思うとなんか
微妙な気分になったりしますね。で、感想なんですがあー、うん、そうね。

味方の大ピンチに意識不明になっていた刹那がフェルトたんちゅっちゅの祈りのおかげで
ご都合に復活して新型ガンダムクワンタで飛び立ち敵の中枢へうおおおおおおおお!


って所まではパニックムービーあり、数的多数の敵に立ち向かう絶望的な地球連邦の奮戦ありでまー突っ込みどころは
さておき中々燃える展開だったと思うのです。が、ガンダムのターンここまでって感じで、ここからの超展開はうーん、
確かに敵の性質と刹那の性能を考えると落とし所はこんなもんだろーと許せる範疇というか、エヴァ的な観念世界に逃げる
でもなく一定のオチはつけてるなーとは思うんですけど、002期辺りから顕著に皆が感じていた、

おい水島どうしてそうなった節

は健在だったというか、安易に宇宙世紀的文法の再生産をするだけでなく、なんだかんだ監督として『自分のやりたかったガンダム』
にしっかり幕を引こうとしてんなーって感じは伝わってくるので、言いたい事はわかった! だがこのオチは気に入らない!
としか言いようが無い感じの終わり方になっています。色々な人がネタバレスレで書いてるけど宇宙世紀ガンダム原理主義者
には基本的にオススメできないけど、逆に原理主義者じゃない人からは十分名作と言われうる一作だったと思わなくもありません。


しかし、ガンダム00は1期最終回で2期へのヒキ無しで打ち切りENDになってれば、儚いし消化不良ではあるけど、ある意味
一番美しく終われた気がする今更な池田でした。まあ、金を払って損をしたとは思わなかったので、うん、見て良かった! かな。

池田はフェルトが刹那に『おかえり!』してちゅっちゅして終わる同人誌もしくはMADを熱望しています。フェルトちゃんマジ天使。
[PR]
by mavchizawa | 2010-09-19 00:41 | 映画

ブルマの竪琴@ガンダム00劇場版感想

●おっすネタバレ注意だぞな池田です。このブログでガンダムネタを扱ってもあんまり食い付きが無いので、
(ses)ROブログ業界に公言する人ほどガンダムジャンキーな人はあんま多くないみたいだなーと前から
思っていますが気にせず00劇場版の話です。



以下前回より更にネタバレ。



フェルトがメインヒロイン的活躍を劇中でしてるのに、ラストはマリナババアの元でフィニッシュするのは許せない!
というかまー、何かしらの解釈をしないと落ち着かないというのが自分の中にもあるのですが、冷静に考えてみてですな、
ラストでフェルトババアが出てきたらそれはそれでブラクラじゃねーですか。そう考えるとまあ、

家族担当→マリナ→家族だからババアでも恥ずかしくないもん!

恋愛担当→フェルトたん→しかし刹那はよくわかっていなかった!

といった感じで、一番最後には家族の所に戻ったんだよENDだったんだと思えば納得できない事もないと思います。



●つーかさ、フェルトたんちゅっちゅ主義者の池田としてはBADルートなんだけど、話を綺麗にまとめるんだったら
フェルトは今回の大戦でチンした方が良かったんじゃないかと思わなくもありません。

例えば『刹那の傍にいて良かったのに』をフラグとして、ラスボス前のトランザム使わないとヤベー! ってトコ、
ハム殉職の直前辺りで、本来パイロットじゃないからフラフラ操縦しか出来ないのに強引にデュナメスリペア駆って
『ロックオン刹那を守って』→どーん刹那庇って死亡、みたいな流れにすれば、CB側から1人も死者が出ない不自然さも
消えるし、粒子残量のリスクを無視してトランザムする事に感情移入も出来るし、ラストでマリナのトコに帰る事への
対立軸が消せるし、デュナメスリペアの使い道が増えるしで言う事ナシだったんじゃないかなー、みたいな。

ただ、ヒロインを殺して導き手的存在に昇華させて良しとするってのもそれこそ冨野節溢れる旧ガンダム的演出なので、
水島監督がそこまで考えてたかはさておき、意図的にそういう展開を避けた結果がコレなのかもしれません。



●そーいやどっかのあらすじ説明で「地球外生物がうんたんしてきても人類は争う事を止めなかった」みたいに
あった気がして、てっきりELSをCBが止めようとするのに、そのCBを政治的意図から邪魔しようとする連邦軍、
みたいなもっと泥沼の流れになるのかと思ってたんだけど、地球外生物vs人類で何も問題なくまとまってたので
ちょっと拍子抜けでしたが、これは事前情報にマブラブとかイリアが混ざった俺の勘違いかな。
[PR]
by mavchizawa | 2010-09-18 16:36 | 映画

9/15雑談

●どうも、台風の日に水没にも負けず本屋に電撃の新刊を買いに走った池田です。


●ROは可愛い女の子とちゅっちゅぱぺろんぺろん出来る日まで休止です。


●今月の電撃の新刊はなんか沢山買ってしまいました。


●ホライゾン新刊はうーん、信者として納得のプライスではあるんですが、絶頂キまっちゃうぜーって感じの盛り上がりが
少し足りないというか、クロニクルや都市シリーズ後半のが勢いがあったように思わなくもありません。好きだけど。


●電波女は割といー感じに盛り上がってたんじゃないかと思います。
人間作品の中でもオススメ度の高いシリーズですが、自分の中で2巻だけが無駄に飛びぬけて高評価なので、それを期待したら
そこまではいかなかったよーにも思います。しかし今回はエリオ大活躍だから爽快感は随一かも。
本来の対象層である若人的には2巻よりこっちのが面白いんじゃないかなあ。


●狼と香辛料はうーん、自分的にはいつも通りです。終わりが見えて来た感はちょっと楽しい。
文章力等から良作と評される理由はわからんでも無いのですが、自分はどーにもこの本は佳作以上の思い入れがありません。
まあ、何だかんだ途中で切ろうとしながら最後まで買っちゃいそうな辺り良い本なのだろうとは思いますが、とりたて
人にオススメする気は無いのです。1巻終了でこれからも続く二人の物語を想って終わっておくのが自分にとっての
ベターな狼と香辛料だったんでしょう。


●小さな魔女と空飛ぶ狐はまー絵が大槍葦人だから買ってしまった感が無きにしもあらず。
ヌルい萌えは控えめで程々にシリアスという、最近(とある飛空士以降?)こういう空戦ラノベ増えたよねって範疇に
留まる気がしなくもない一作。ゴミ箱にポイしたくなる程ハズレではありませんが良作かといわれるとシリアスさと
中途半端なコメディシーンが微妙に噛み合ってなかったようにも思います。


●月光とゴールデンタイムは読書中ナリ。
[PR]
by mavchizawa | 2010-09-15 13:35

5W1H

池田です。ブログは更新していませんが元気です。
今日台風だなんだでアレだけどそろそろ電撃のフラゲ日だから本屋行ってくるんだ……。


●えろげー版JINKI
くりゅ先生が興味を示しているようですが、漫画原作はけっこーアツくてオモロいメカ有り青春ものです。超ウルトラ大雑把に
翻訳するとラインバレルに似ているような似ていないようなー。

えろげー版は世界観流用のオリジナル主人公らしいので、うーん、そうなると世界観の根本に関わるようなアレコレでは
ないと思うので、まあ凡庸なシナリオの絵は原作者だね良かったねゲーで終わりそうな予感70%といった気がします。
残り5%くらいの可能性で神ゲーになるか、25%くらいの確率でギガマインなんじゃないでしょーか。

恋と戦争とチョコレートはくりゅ先生のレポに期待だなあ。



●ハヤカワ文庫版『大久保町の~』
今更ですが、追加改訂アリが気になって全巻買ってきてしまいました。
B級映画っぽい演出はきっちり引き継いでくれてたので昔誤解を招くような事書いてスンマセン、充分あのテイストは
ハヤカワ版でも味わえる模様です。

まだ流し読みの途中ですが、(書き下ろし部分以外も)改訂によってテキスト量が若干増えている感じ。
それを是とする人もいるだろうし、言葉足らずなくらいぽんぽん畳みかけてくる味が失われたんじゃないかとか思う
旧作原理主義者もいるだろうし、結局は好き嫌いの問題になっちゃうと思うのでそこに関してはノーコメントの原理主義者です。

あー、やみなべの陰謀のハヤカワ版探し忘れたから今度買ってこなきゃ。


●ラーメン二郎
松戸目黒亀戸池袋小滝橋大久保品川と食ってきて(※傍流が多いとか言わない!)、一応小系列だったらヤサイマシで
フツーに食えるんだなーと大学生ごろから食ってきたのですが、ここ最近三田本店に初めて行ったら小ブタを残すハメになり、
三田が多いのか俺が年食ったのか、と思ったら三田に近いと評判の神保町でも小ブタを残すハメになり割とショックな池田です。
上記二店では普通の小の麺少なめ野菜ノ―コールにしないといけないお年頃なのかもしれません。

しかし三田と神保町の麺量はその辺の二郎の大かそれ以上の麺量があるっていう噂は本当だったんですな。
インスパイア店の無限大なんぞの野菜タワーなんかも頼んだ事ありますが、ぶっちゃけあれは小さい器に野菜を高く盛ってるだけで
麺量は大した事無いので、見た目はすごいけど三田の小なんかよりずっと簡単に完食出来るメニューでした。


<このブログ見る人に需要あるのか二郎店舗別雑感>
三田:マジ本店。丼の中に渦を巻く麺の量は食っても食っても減らない感じ。
味はブレが多いと評判だけどブタは基本肉塊だし、スープは濃いし油は層になっていて致命傷な感じに旨い。


神保町:比較的新しい支店。本家に似てる似てると評判だったので話半分に行ってみたら麺量からブタまで本当に
本家にそっくりだという。いつも超行列してるけど、その分列を捌くスピードも速いので見ためより待たない店だと思います。
道路の反対側に二郎インスパイア店が出来てるので行列がダメな人はそっちでどうよ! まあ俺はさぶちゃん行くけど!


目黒:直弟子イメージ。麺量は少なく(※普通のラーメン屋の大盛りくらい)、ブタはモモ肉なんじゃねーかと思った位
脂身少なめでパサっとした所多めの薄切り、スープは乳化させるより醤油味で持って行ってる感じで本店よりかなりライトな感じ。
だがこれもまた二郎。


松戸:本家に近いイメージと過去に謳われてた気がしますが、ボリュームは多めではあるけど三田には遠く及ばず、
ブタも目黒系の脂身少なめの感じだったと思います。スープのブレが結構あって乳化してるとウメーって思った記憶が
ありますが、乳化厨とカネシ醤油が効いてるのが旨いんだよ厨はきのこたけのこ並みに仲が悪いので好みの問題だと思います。


亀戸:二郎直系の中では異端な感じにスープが甘いので、ジロリアン的には冷遇されてますが普通のラーメンとして
旨いと思います。ボリュームは目黒並み(※だから普通のラーメン大盛りだって)だけどブタの出来が良い時は
甘いスープと相俟って中毒性のあるハマり方をするので危険な二郎だと思います。一番良く行く二郎かも。


品川:フーズ系とか一時は言われてた気がするけどそーでもないらしい?
麺量は二郎の中で普通くらい。ヤサイトリプルとかヤサイタワーみたいな野菜増量の呪文の融通が効くので野菜が食いたいなら
ここに行けば良いってイメージがあります。ブタとスープ乳化度数はブレがあるけど当たりもあるイメージ。
駅からは結構遠いです。


池袋:アトラクション化してる感のある二郎。
味は歌舞伎町や小滝橋に近い気がするけど、それら2店と違い盛りはかなり景気が良いのでオフ会ついでに二郎でも
行くかーっていうなら新宿行かないでこっち行った方が本物っぽいぜって感じの二郎。
昼夜通し営業してるから入りやすいのはメリットだと思います。


京成大久保:一時期閉めてたけどまたやってるんだっけ? 千葉の僻地二郎。
ブタがパサっとしてる感じなのを除けばボリューム、乳化度数ともに平均ちょい多めくらいでバランスが良かったような
記憶があります。がまあ正直二郎コレクターとか千葉県民(近所に結構学校は多い)でもなければ、わざわざ大久保まで
足を伸ばして食う程の二郎ではないと俺は思いますよ。


小滝橋:歌舞伎町もそうだけど新宿の二郎は非常にライトで、麺量は目黒並み野菜は貧相、乳化はさせないしょっぱいスープに
薄めのブタと、二郎の中でも最底辺なヒエラルキーなので、まあ野菜マシマシとかにすれば二郎の雰囲気は味わえますが、
ジロリアンからはナめられてる感じのお店です。


なんだかんだ書いたけど二郎最大のポイントはコレ↓

ゴタクぬかすのは3回食ってから!

池田も先達にそう言われ、最初クソまずいじゃんブタのエサだよーとか言いながら食ってたんですが3回行ったらこの有様ブヒ!
[PR]
by mavchizawa | 2010-09-08 13:40