<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

グッバイ2009

なんかブログ業界で2009年を振り返るのがブームなので振り返ってみようとする池田ですこんばんは。
とりあえず年越しエロゲーをやらんとクラナドを980円で購入し頑張っているんですが、あーいつも薄々思ってた事だけど
Key作品の導入の冗長さは肌に合わないというか、キャラ造型がメルヘン(≒メンヘル)なのにストーリーの重さとして
ナマナマ成分を持ってくる所がダメだなーと痛感する毎日です。天いなとか逆は好きだからそういう属性なんだろうね。

というわけで、2009年最後も大好きな接続詞『というわけで』で締めていますが、今年はRO低空飛行な年でした。
GvSEが導入され、ソローではSE環境は楽しめまいという思いと、GvガツガツするだけではなくROの日常をもう一度
見直してみたいと思った事もあり、中堅上位の暁連に身を寄せ派遣指揮までさせてもらって中間管理職を満喫して
いるんですが、やっぱり狩りをする気力はあまり出て来ず鳥人間コンテストていう所の地面スレスレまでは落ちてるんだけど
地面効果でひよひよ飛んでるというか、そんな感じです。

くりゅ先生なんかと違って密度ちゃんとかそういうのにはあんまり興味が無いので、最近戦術論はあまり書いていません。
何ていうかな、前も書いた事をアルツっぽくワルツのリズムで説明せざるを得ないのですが、結局戦術を適用するためには
右向け右、とギルチャを打ったら、

右向け右をするユニット(指示で動かせる)+右向け右をしないユニット(悪く言えばNPC、追従して行動する)

の総量を戦力と見積もって、指示で動かせる可変部分が所謂『作戦』の適用可能範囲なんですよ。
なもんだから『全員で前に出れば勝てる!』という戦局があっても、指示を聞けるのが20人、残り30人はNPCだとしたら
『全員が前に出る』可能性は0だから、その作戦がいかに机上で可能であっても現実的には出来ない訳です。

だから池田が興味があるのは、20人+NPC30人→30人+NPC20人というようにNPCの割合を減らしていくためには
何が一番いいのかなーという戦術というより戦略というかギルド運営的な部分だったり、まあミクロに考えるならば、
20人+NPC30人で構成可能な戦術を練る事なのです。

なんだけど、入口防衛・バリケ戦のような限定戦争ならまだしも、(SEの)平地戦のような明確な起点が無い戦闘では
中々ミクロな戦術が大局に影響を及ぼす事が無いというか、結局ギルドとしての地力が一番大切だなーという観点以上に
重要なものが見つからないので、取り立て書く事無いんですよねホント。

作戦書は概略だけでもいいから先に上げましょうとか、生体でレべリングって素敵ですよね、とか偉い人をつついたりは
しましたが、当面の池田最重要課題はギルチャが賑やかになる事、という事であり、しかしライトユーザーの集団であり
GvGを頑張らない(言い切ったー!)連合に対して頑張ってチャットしろよ!というのはそもそもお門違いなんじゃないかと
そんな時点から行き詰まりを感じている訳なんですよ。

チャットの楽しさとアクションゲームとしての楽しさは違うものなので、ライトユーザーがチャットを打つという労力を払った
対価として『チャットを打つと楽しい!』と思えるだけの楽しさを提供(悪く言うなら条件付け)できないとイカンとは思うのですが、
新暁って羊の群れを一人の羊飼いが統率している形の命令系統なんで、羊同士は別にコミニケーションしなくてもいいメェ。
という条件付けが成立している側面もあるので無理にそれを地殻変動させる必要はあるのかなあ、と思ってみたり、
それを突き詰めると池田は新暁にはいらない子という事になったりする訳で、まあそう短絡的に結論を出さずに気楽に
やろうぜーがモットーなのは承知の上で、ROの寿命が薄々見えてきた昨今、終わる前にやりたい事があるのならば、
それが可能な環境に行くべきだという発想もまた真なわけで、難しいのです。

一言でまとめると、外から見る所の『Alice』になっていければ池田は新暁に満足感を覚えると思います。
勿論アリスの評価は外部からの観測であって内部では色々あるのかもしれませんが、ライトユーザーがライトユーザーという
ポジションを維持しつつGvで向上しようとした場合の理想形は、アリスの方がほど近いなあ、と。
ただ半年後、一年スパンでアリスが現行のスタンスから良くも悪くも変わる可能性はあると思いますが、新暁連が現行の
スタンスからは良くも悪くも変わらない気がするので、その恒常性こそが新暁連かなーとも思っています。


何がなんだか良くわからなくなってきましたが、ここ2年くらいいつも思っていますが、幕引きが近い事を常に意識しつつ
Gvを楽しむ池田は来年も出来る限りはRO楽しんで行きたいと思います。では皆様良いお年をー。
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-31 19:57

12/27GvG

仕事が年末進行過ぎて書いてる暇がありませーん!


<道中>
人数が少ないのでFEへ。
L2でIYのイナバ相手にチョメチョメしてMADやボス連と平地になって死んで戻って死んで戻って転進。
V3で輪NEを攻めようとして後ろからMADが攻めてきて以下省略して転進。


<SE>
無人のN2を制圧。
無人のN5と無人のA5を空き巣しようとするもポタ子1制だったのでポタが取れなかったり、指示と現場の間にタイムラグが
あったというか、まあいつも通りの一部しか話聞いてません的な感じも混ざりライン構築できずにょろにょろ。20分くらい
にょろった結果、N5を放棄してA5専念しようとした所でAZが襲って来て、構築できた第三バリケで抵抗するもドドドドド。


<FE>
ラスト15分くらいで派遣L3。
無人だー → 行ったらゴディバ先着だー → カウンターだー → 武将に取られたー →メコッ、といった感じで無人砦を
取ろうとしたのに58分までもつれ込んだりしたけど何とかブレイク、2砦確保となりましたー。


<感想>
スカウター値通りの結果だったと思います。
池田が想像していた以上にL2でブラギリカバが飛んでいるなーとか良かった点も数多くありました、SEでバリケがある
とはいえ防衛が可能な勢力として認知されているのは、多分こういった縁の下の人のパワーのおかげなのでしょう。

しかしまあ、足並みを揃えての突撃が中々出来てないので、ラインの上げ下げをEMCに頼れないL2イナバ攻略のような
状況ではその欠点が浮き彫りになるというか、後からの妨害が無かったとしても1時間以内に勝てたのかなーと思います。
新暁はライト層も何もかも参加する事に意義があるって部分のある連合なので、あまり進歩進歩とビキビキするような
やり方はまた違っていると思うんですが、うーん、楽しむなら無理せず専守防衛で誘い受けするのが一番なのかもですねー。

将来、過疎傾向が続いた場合FE規模への都落ちというのも選択肢に上がるのではないかと思いますが、現状の錬度で
FEの道中楽しめるゲームが出来るのか、その辺ひっかからない事もないGvでしたとさ。


<余談>
3日のGvどーなるんでしょうね世界。


<えろげ>
天使のいない12月、なんでこんなに楽しいんだろう、あ、池田はハッピーエンドだと思ってる派です。
そのうちレビュろうかと思いつつ考えがまとまらないというか確かにコレ、スカウターを通してみると一般的には程々の評価で
あるっていうのは理解できるんです。煮え切らないオチ・自己陶酔が鼻につく主人公・メンヘル紙一重のヒロインども・まあ
絵が可愛いのが救いだよね、みたいな。

しかしうーん、前から池田が書いている『ナマグサ系リアルをメルヘンチックなトッピングで仕上げたストーリー』としては
他に類を見ない程秀逸というか、シナリオライターのレベル云々以前に全体の構成(キャラ配置)みたいなものが良いから
一段階上の完成度に感じるというか、うーん例えば明日菜さんがアレよ、『そして明日の世界より』で言う所のジジイの
ポジションでありながらそれ自体が虚像っていうかペルソナであるみたいな感じで、ほぼ全員が秘められた脆い部分が
あるというか、陰陽でいうと陰のヒロインばっかりだからまーそれが大衆ウケしない絶対的な要因でもあるんだろうけども
フックが効いててなんでもレイポされたり死別したりすれば泣けると思ってる鬱ゲーより上質だと池田は思っています。

まあまだン年ぶりに1キャラルートやってるだけなんですが、色褪せない名作って感じで嬉しいですね。
多分痕とかは今やったら昔ほどは面白がれないんだろーなーと思うだけに、尚更です。
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-28 12:41 | えろげー

クリスマス戦線異状なし 2009

●どうも、脳内童貞です。今年のクリスマスは撫子たんと一緒だから寂しくないもん!と比較的心の底から思って
いたのですが、割と目がマジだったのですが、撫子たんが待ち合わせに1か月遅れるとの事で、クリスマス終了ッ!

といった感じでブルーなんでクリスマスネタ更新はありません。自分へのプレゼントは秋葉で買った中古クラナド980円。
実はちょっとだけメランコリックに技巧を凝らして、けど池田はみんなの事が大好きです♪ で心なしかほんわか締めようと
思ったのですが、文才枯渇につきふみさんの出番はありませんでした。


そんなこんなで、最近はROで古い友達様に再会したり、仕事が忙しいかったり人生一進一退って感じですが、うーん、
皆さんの幸せが長続きして、不幸せが長続きしませんように。

それでは、せーのっ!
メリークリスマスですよー!
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-23 12:30

12/20GvG

どうも、友達あんまいない割にここ2週間で5回くらい飲みに行っていて、何この確変とか思っている池田です。体重ぴんち!


<GvG>
年内マトモな最終Gv風味だしうんちゃらーと書いていたその頃、偉い人は祭り連への参加を決定してたみたいですおっふwww。
作戦目標はLグランドスラム(5砦確保)という事で、正直ビミョーと一兵卒として思ったりもしたんですが、他ギルドと一緒に
遊ぶのもそれはそれで楽しかろうということで、まったり風味でゲームに臨みます。


<開幕>
開始1時間はFE攻めだーという事で総指揮ケットの偉い人の指示でDSR・EP蹂躙→SNKと守護石戦をして撤退。
防衛開始している連合がそこしか目につかなかったとか堅守レイポとか判断基準は色々あったんでしょうが、新暁だけで
同格戦すべき所にMADとケットがいる訳で、MEペコ・SNK・鷹以外にはちょっと過剰戦力すぎたなあとは思います。

ただ、『人でなし』とかわざわざチャット立てて批難してくる人はどーなんですかねアレ。まあ俺も堅守していて鷹ケットMAD
とか来たらファーック!と思うのは間違いないんで気持ちはわかるんですが、その行動には同意しません。(※連合の総意なら別)


<後半>
21時20分くらいからL砦制圧に。

L1→新暁(EJ)
L2→ケットa
L3→MAD
L4→新暁(Rbc)
L5→ケットb

という構成で挑んだのですが、チラ猫、IY連、輪NE連、FP、レジ、武将、Roc、ボス連、Kon武辺りがLで戦闘を求めていて
各地で必死ゲー。池田はL1確保後L4に歩いて行ったら武将と目が合ってしまい、

♀ぷりたん:「えこだたん!」

池田:「おっぱい!」

と礼儀正しくタイピングして足が止まった所に*から寄って来たトレWSのCTCTCTアーッ!
ささやき戦術にやられた一幕であり、後で武将のたまり場に遊びに行ったら謝られてしまいました。そんなの謝らなくて
(そのぷりたんを嫁にくれるなら)全然いいのにと思います。チャット&バトルこそが小規模の醍醐味だと思うんだ!


<後半B>
そんなこんなで5砦中3砦くらいが五分の戦闘になってしまい、勝敗不透明になったのでヒマだったL1のEJが高飛びマスターの
利点を生かして各砦にEJ全軍移動→制圧→帰還という物量作戦に入ります。作戦書書いた人としては空き巣気味に5砦を
専守防衛の予定だったと思うんですが、この対応は果断であったと思います。これによりL4鎮圧、池田はL4Rbcギルド移動。

そんな感じの21時45分、L1にEJが帰還した後にチラ猫の猫の方だけかな、が10名前後突撃してきてペコペコドドドド。
一気に攻め込まれ全滅、エンペ横は池田ひとりぼっちになり敵6人くらいに脱衣含めてふるぼっこにされますが、敵が
遊んでくれたのか制圧するのにエンペSWを置かないでくれたおかげで左手錐だけ使ってボコボコボコ、一人ぼっちで
制圧解除に成功します。カウンター来たらowa-だったんですが諦めてくれたようで、落城と勘違いして取り返しに来た
EJのEMCとRbcの出戻りEMCで残敵を掃討してL4非制圧で安定防衛に戻ります。


<後半C>
21時50分代、EJがL4からL1に戻ろうとした頃には制圧輪NE連。
L4の残敵掃討の時に時間をかけすぎたというか、先に献身+マスターorブレイカーだけでもL1に戻しておかなかったのが
勿体ない所だと思います。戦力的に五分前後のスカウターなので助けを呼びたい所でしたが、

L1:輪NE制圧
L2:ケットaが激しい戦闘中
L3:MAD防衛にEP攻めで大ピンチ
L4:Rbc制圧ではないので戦力割けず
L5:ケットb確保中

といった感じで追加オーダー出来る状態ではありません。
高飛び高回転で単体での勝負をかけたのですが、57分に対応ポタ子様がまさかの鯖キャン。2回転後制圧解除の
タイミングが近かろうとベースに戻っていたEJマスタと徒歩Rbc池田が封じ込められL3から徒歩してたらタイムアウトー。
L3は必死防衛に成功したようですがL2は取り切れず、結局L3砦で終了となりました。

まあ、L1制圧解除に高飛びでカウンターかけても残り秒数的に1.5ターンで勝率30%って所だったとは思いますが、
システム上の不備で攻めきれないのは切ないですのう。ただポタ子さんも人の子なんでトラブルは仕方ない部分が
あるわけで、本城ポタの予備を自前で用意しておくのが重要って事でしょうね。


<感想>
単純な5砦なら新暁2.5、ケット2、MAD1という期待値でどーとでもなると思うんですがL5砦ーとか条件を絞ってやると
これはこれで難しいもんなんだなーと痛感しました。SNK・MEが来るV・しるさんちのBを捨てて比較的過疎地方であるLで
コレなんだからもー1連合で5砦とか取る鷹連は何食えばそんなに大きくなれるんだ、って感じですねー。
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-21 13:04

!ダー・マヒマヒ

●密度差ちゃんその後

>そのまま彼方へ消えてくれるとありがたい。(c)くりゅ
b0078381_12184643.jpg

それはつまり、こういう事ですねーッ!


●毎日更新するといいらしいと啓示を受けたのですがやばいです、ヤル気が0です。
菊先生の真似っこをしてなぜ自分はROを始めたのかを簡潔にまとめてテキスト数稼ぎをしようとしてみんとします、チキンチキン。

<導入>
ふみ(仮名、♀)からROに誘われたのでログイーン。
ふみは典型的なライトユーザーで、この漫画面白いよーって言えば3巻で飽きるしこのゲーム面白いよーって言えば
3日で飽きるような萌えっこなので結末はわかってたんだけど、おにゃのこの誘いはジャスティス。

数日後、ひとりぼっち人生開始。多分亀島以降ニブル前だと思うけどそんな外の世界のこたー知りません。


<開始>
同鯖にあかねさん(仮名、♀)がいる事を知ったので強くなって会いに行く! という目的発生。
これまた同鯖に来たヒノト先生から属性剣とか貰ってなかじまゆかの同人誌を貰って、行きつく先が黒髪♀剣士になるのは
自然な流れと言えましょう。

狩り場とかよく知らないのでFDでソルスケと戯れ続ける日々。ジョブ50になった頃にはベース75とかだったような・・・・・・。


<展開>
ゲームバランスはうんこ、対人ゲーとしてもうんこ、という話は事前にヒノト先生から聞いていたのでネタに生きようと
そのままエタ剣士になる事に。狂気飲んだ辺りであかねさん(仮名)に顔見せにいったらギルドに入れられたので、そのまま
Gv無しまったりギルドにて生活する事に。

そこで半ネタステのぷりたん(♀、ナース)と仲良くなる。(ネット上的な意味で)
本人がオーラを吹きたいけど臨時行けないーと悩んでいたので、効率を出せる職で遊んでくれた恩返しをする事に。
1月くらいハイオク臨時をハシゴし90代WIZを作成。


<Gv>
またりGのマスターがDS連の構成要員だったそーでお手伝いwizでGvに初参加。
ラグの酷さはさておき、大規模戦としてこれはこれで楽しいという事に気付く。その後またりGが半休眠状態になった事と、臨時で
DS連のぷりたん(♀)と仲良くなった事であなたを殺し隊に移籍する。


<マッハ>
KRで鷹連として栄華を極めるも若かりし頃の自分は急進派だったので、気長に上手くなっていけばいいという長期展望論と
現実のライトっぷりにプロゲーマーとしての本性が耐えられず脱退。今考えると若気、至りすぎ。

フリーになった時点でblog業界的になにをやっても自己責任という立場になれたので、当時は珍しかった個人傭兵として
レポの無い連合に潜り込んでレポを上げ、sesの風通しを良くしようと(そしてやがてギルド作った時の知名度を高めようと)
行動開始。あの頃のレポと傭兵時の復唱プレイの気の遣いようはガチでした。


<ハネムーンサラダ>
一通り連合を回り中だるみの危険を感じた辺りで高飛びという新システムを知り、sesのケツの重さを考えるにスタダで
高飛びEMC取っとけば後発の不利をある程度覆せるかも、とヒノト先生と独立を決意しノビを養子公平で超お座り。

約半年だっけ、最低限場を荒らした(と思いたい)後、ヒノト先生引退につきギルド解散。
祭連vsNNTT(懐ッ)もマッチメイク出来たし、短かったなりに密度の高い楽しみ方が出来たと思います。


<ゴロゴロピー>
傭兵がメジャーとなり、ぶっちゃけ流動層の増加が旧来のギルド運営に悪影響を出している状態で傭兵(流動)するのも
ダルいなーってのと、過疎化に伴う人数減少に対応できる楽しさの提示、って事でソロプレイを開始。

ソロでケットを雇ってみたり、まがいなりとも砦を取ってみたり、1年間くらいだるだると余生を過ごしました。


<隠居>
ソローも飽きてきたけど、ギルドに文句を言うなら半年はおらにゃいけん、というポリシーのもと暁連に入りんぐ。
以降1年弱、暁連のワンデイプレイヤーとして在籍中。

たのしいこともめんどいこともあるけど、池田は今日も元気です。
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-18 12:19

!ダー・マヒ

b0078381_1234248.jpg
>▼戦力の密度差ちゃん
>これだけこのブログで話題出してるんだから、そろそろマスコットキャラ誰か描いて!


●くりゅ先生はきっと望月画伯とかにスタブしたかったんだと思うんだ、わかってるんだけどわかっているからこそ読めない空気も
またあるという事をくりゅ先生は思いしるといい、さあ使うんだこの萌えキャラを!



●という訳で池田はクリ先生の密度差講座を楽しく読んでいます。本人が平易に書こう書こうとしているだけあって大分
猿でもわかりやすくなっていると思うというか、対価を求めずハイエンドな仕事をしてるなーって感じが如実であって
池田は池田はROにそこまでリソースが割ける事にある種の敬意を表してみたり!
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-17 12:21

12/13GvG 欠席

●GvGは欠席でした。故人かのえ先生ぐらたん先生を含む演劇サークル時代の友人と忘年会的に騒いで終了。
酒に弱い池田は半分くらいの時間潰れて寝ていた気がしますが問題ありませんでしたzzzzzzzz。


●というわけでGvレポはひーろさんとこを見ると宜しいかと思いますよ!
レポを脳内で補完する限りSE2砦でペイ出来る事から、前節のように足元をすくわれないようにそっち重視で派遣をして
失敗したように思われるので、新暁らしい行動とそれに見合った砦数だったんじゃないかと思います。お疲れでした!

ひーろさんも書いてるように年末年始は出欠がバラつくため、来週のGvが今年最後のGvアナリスト認定試合になる
可能性が高いと思うので、攻めてみる、堅守する、多砦目指す、なんでもいいので今年の決算としてのGvGをやるって
気分で少しはテンション上げていってもいいかなーと池田は考えています。
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-14 12:37

21年年末sesGv事情雑感(`ェ´)ピャー

最近ブログ界が寂しくなっていく気配を感じる池田です。まあ、なるようになるでしょうがサミシヒー。


●sesGvG
今後は緩やかに防衛有利の風潮が再燃してくるのではないかと思いますというか、そうなりかけてる結果に後付けで解説です。

なぜかというと、『過疎化により、攻めに必要な閾値を達成出来なくなっていっているから』
まあ防衛に必要な閾値も過疎化によって達成が難しくなるんで、大きな地殻変動が起こるとは思っていないんですが。

こっからは理屈じゃないんだけどSNKって割と空気を吸うように攻めという行為を選択している感じがしませんかね?
攻めだから血走るぞーとかそういうわけでなく、防衛と攻めを等価でこなしているというか。鷹連や故EA連が非常に
わかりやすく経費を溜めて半年に一度の贅沢だーって感じで攻めて来たのと比べて(勿論SNKにも堅守時代がありますが)
気負わない構成で当たり前のように攻めという行為を選択しているように外からは見えます。まあなぎさんのブログで
ME攻めは1月に一度のチャレンジとか書いてあったりもするんですが、にしてもスパンはケツが重い他大手よりは
短いんじゃないかな。

妄想に論を重ねるのもアレですが、なんていうかもう攻めは3か月/半年に一度の贅沢、っていう時代ではないのでは
ないかとと池田は思うんですよ。今そのスパンで準備しようとしても、3か月後/半年後に保有している戦力の見通しが偉い人にも
ぶっちゃけ立たないんじゃないかと。そのレベルで人口は減少傾向にあるような気がします。

なので、今のうちから日常風景に攻城を定着させたSNKのようなギルドは、そのノウハウを活かしてだましだまし人数が
減っても攻めを可能と出来るのではないかと思うのですが、人数が減少していく中で攻城のノウハウを確立していく
うのは簡単ではないのではないか、つまり今後は同盟規模を増やす、というわかりやすい戦力増強を行わない限り、
SNKの1強化の傾向に歯止めがかかることはないのではないか、と考える訳です。


そういう結論ありきで観測すると、MEペコは旧大手的なn回に1度のチャレンジでSNKを倒しはしたのですが、そこから
攻めノウハウの確立と円熟、という流れには乗れず、攻城成功でモチベーションを消滅させてしまったという観測になるわけで、
同格戦に成功した事のあるses鯖無二(※造語的用法)の連合の対照的な姿、と池田は捉えてしまいます。

現実にはそこまでMEペコは悲観するほどの事も無いパワーを持ってるのかもしれませんが、新暁ケットで対戦した時、
入口ロキへの攻城ノウハウが正直その前に戦っていた旧EA連系列よりもかなり低く感じられたので大分色眼鏡が
利いてしまってるのかもしれません。違うと思い直したらまたエントリを割く事もあるでしょう。


といった感じで、締めがうまく決まらない21年年末sesGv事情雑感でしたー。
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-12 18:07

12月上旬ses鯖GvG雑感

●池田のマッチメイクスカウター的には、

SNK>MEペコ>(超えずらい壁)>鷹>>新暁・DSR・EP≧汁>他


砦数的には、

鷹>>DSR・汁・EP>新暁・MEペコ・SNK

ってイメージ。難攻不落の砦を正面決戦で落とすノウハウと、保有する戦力を分配して多砦を取るノウハウは全く別であって、
砦数と正面決選能力は合致しない、という事がここ1年くらいで如実になったんじゃないかと池田は思っています。



<各連合雑感>
●SNK→
MEペコの衰退(主として攻め能力の低下)により暫定NO1というイメージ。
派遣は下手。ホームはA1・V1・4。

●MEペコ↓
人数(要職)が減少したのかな。最小限の人数で最適化されていた歯車が欠けて埋めきれていないイメージ。
旧3強以下にはある程度勝てると思うけど、同格戦はもうしないんじゃないかな。旧ホームはN共通・V3。

●鷹→
多砦を取るノウハウは随一。
FE時代と違い攻めで結果が残せていない。防衛の優秀さからも拠点確保と封鎖、というSEルールの浸透は伺えるが、
『バリケード折り』という一点においてノウハウが確立していないか、何かが足りないと思われる。ホームはN3・V2も少なくない。

●新暁↓
人数減少中。中堅層相手に攻城を成功させる事が難しくなっている。
防衛は体裁を成しているが、ここからどう立て直していくのかがポイントか。ホームはA共通・L1。

●DSR→
絶対数が多くないが故の脆さはあるが、最適化された強力ユニットを多数有し、マスターのEMC能力の高さもあって型に
ハマると防衛は非常に強い。反面機動力が高く攻めが弱い、縮小版鷹連といったイメージ。旧ホームはA2。現ホームはA共通。

●しるさんち→
人数減少による弱体化が懸念されたけど十分数は確保している模様。
最近はお家芸の高火力を活かしたラスト数分からの奇襲・強襲を使って砦数を増やしてくる。そのため後半戦に入ってからも
SE砦の偵察に余念がない。ホームはN2・B3。
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-10 16:14

ses鯖blogGvG雑感

● 『天使のいない12月』を秋葉行って買ってきた池田です。
何分古い作品ですし、若気の至りで楽しんでいただけで今の目でみると幻滅ーって事にならんかどーなのか実は不安も
あったんですが、ささっと流してみた感じ違和感無く楽しいので良かった良かった。

あ、古いゲーム繋がりでついでに挙げると池田は『顔の無い月』も大好きです。ねりあん絵のパワーもさることながら、
あのライターさん(といっても2人のどっちか分からないけど)の筆力に惚れていたんですが、今はどこで何する人ぞ。


●遅ればせながら鈴木さんが対外更新停止との事で。
池田をリスペクトしてくれていたという事で嬉しい限りであり、池田としては鈴木さんの切れ味の良さはアルトリア菊系の
マルチタスクな将才だなーと思っていただけにそういう人からのアウトプットの減少は非常にくやしいのうwwwww

sesネットGvG史的にも、鈴木さんが始めた自連合以外の勢力雑感はROMってるだけの人にはフツーのエントリに
しか見えてないと思うんですが、あんなの書くだけでも『他連合の気分害するとメンドイから以下略』みたいな下らない
自粛傾向が一部ではある(あった)わけで、アレを一番最初に書いた事の価値は大きいと思っています。
ゆっくりやすんでまたかいてね!


●くりゅ先生がこまけーこたーいーんだよ!という方針へという事で雑感。
丁寧な接客の飲食店にはクレーマーが得てして来やすいですが、頑固親父が包丁振り回してうるせー出てけ! って
MAJI★GIREしちゃう店にはクレーマーは比較的寄り付かなかったりする訳で。池田ブログ見ればわかるよね!

そんな池田は一定量の努力は惜しみませんが、一線を越えて通じ合えなかったらすっぱり諦める派です。
顔を知っていてある程度の利益共同体である筈のギルメンだってGv作戦書読む人3割、理解する人その中の5割って
感じなのに、不特定多数に発信しているブログが万能な筈はないんだから酔わずクサらず続けるのが大事だと思うじゃふー。
[PR]
by mavchizawa | 2009-12-09 11:50