<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

蒙古タンメン中本@新宿・目黒・亀戸他

蒙古タンメン中本@新宿・目黒・亀戸 ★★★★

激辛でウリのラーメン屋さん。多店舗展開されてるけど表記は池田が行った事あるところのみ。
店舗によってスープの濃さが違う気がするとか、日によって当たり外れがあるとは若干感じますが、基本的には誤差の範囲なので
あんま気にしないでいいと思います。しかし当たりの冷やし味噌の旨さはガチ。

辛さってジャンルによっても質が違うんで表現が難しいんだけど、池田の辛さ耐性は一般人の中では上位陣だけど辛い物
マニアですって言うには落第寸前ってトコだと思います。ココイチの5辛くらいまでは美味しく食べられる、10辛は辛くて
死にそうだけどボーダーラインギリギリか三歩超えてるなーって思いながら食った事がある程度。

また、コンビニ(セブン系)なんかで売ってる中本カップを使って比較すると、
 北極>冷やし味噌(激辛冷やしつけ)>味噌卵麺>>蒙古タンメン>コンビニの=味噌タンメン
ってレベルで翌日の(´・*・`)へのダメージを覚悟しておけば良いんじゃないかと思いますよ。


湯麺★★★
透明スープで辛味は全く入っていない塩タンメン。中本メニューの常として通常で他店の大盛り(多め、位かな)サイズ。
中本まで来て辛くないメニューって馬鹿なの? と思ったりするかもしれないけど中本の中太麺と野菜とスープのマッチは
悪く無くっていうか実はかなり美味しい。うまみ的に化学の力というかセントラルキッチンパワーを感じなくもないけど難しい事
考えなければ全然おっけー、星4つと悩む位。
まあ中本目指して足を進めるならメインでは辛い物食べるよねっていうのは王道としても、辛い物がダメな友達を連れて行っても
コレで満足!っていう戦略的要件を満たす旨さだと思います。


味噌タンメン★★
辛口味噌味の野菜ラーメン。中本にある辛いラーメンはどれも死ぬほど辛そうなPRしてるけど、これなんかは野菜の甘さも
あるしピリ辛~辛口って感じで辛いのを目当てに食べに行く人にとっては大した事のない刺激だと思いますのでビビらずもっと
上の辛さのものを頼みましょう。
激辛まではちょっとキツいかもしれないけど試してみたいって人はコレと定食(ご飯と激辛マーボー)を頼んでマーボーを自分の
好みの量だけ入れていけば辛さの調節できる蒙古タンメンが自作出来るのでそういう意味では使えるかもしれないけど、これ単品を
食べに来る、って程の価値は無いと思います。


蒙古タンメン★★★
この店の看板メニュー。味噌タンメンの上に激辛マーボーが乗っているもの。辛みは『激辛』を期待するパンピーが期待を
裏切られない程度にアヒ辛いですよー。
野菜はタンメンというより基本煮られてクタクタだし、マーボーはニンニク豆腐激辛餡であってダシはともかく見た目に肉とか
見当たらなかったりB級グルメ感満点ではありますがジャンクに旨し。辛さ旨さのバランスとして一般人が楽しめるギリギリを
追求した名作だと思います。辛さに耐えきれるか不安な人はゆで卵(スライスがお勧め)をトッピングするとか、半ライスを
付けるとかすると逃げ道があって良いのではないでしょうか。


味噌卵麺★★★
味噌タンメン→蒙古タンメンと乗せもので辛さを増したのに対し、これはスープの時点からレベルアップしたもの。
蒙古タンメンならマーボー部分を避けるとかすれば少しは辛さを調整出来た感じですが、こちらは汁からして全部辛いので
逃げ場が無いのが特徴です。
といっても北極(※熱いラーメンで一番辛いもの、池田未食)ほどスープは辛くないし(多分・・・同じじゃないよね?)、上に乗っている
スライスゆで卵が箸休めとして機能する分救いはある、というのが一般的見解です。1回しか食べてないから覚えてないよ!


冷やし味噌★★★★
中本の中でも一番辛いとされている冷やしつけ麺形式のメニュー。シャア専用も3倍のスピードで逃げ出す赤さのつけ汁は、
見た瞬間本当にこれ頼んで良かったのか、と後悔する事間違いなしの一品です。ただマニアによってはつけ具合によって
辛さを調節出来るし、熱さが無い分辛味は和らぐから味噌卵麺並じゃない?とかNO1は北極じゃない?という異説もアリ。
食べ方の注意として、ビギナーは普通のつけ麺のつもりで勢いよくすすらない! というのを挙げときます。勢い良くすすると
喉の奥に一気に唐辛子粘液が直撃して逆噴射するハメになり、隣のマニアから『フフ、ウブなねんねちゃんが居やがるぜ』
みたいなオーラを浴びせられるハメになるので、素人は大口あけて噛みしめて食べる事をお勧めします。

具は薄切りの肉ともやしだけとシンプルですが、自分的にはシンプルイズベストって感じで嫌いではありません。
定食のマーボーをぶち込んでみたり備え付けの唐辛子を大さじ2杯くらい入れても、辛みはカンストしてるのか変わったように
感じないのが暴力的でナンセンスです、だがそれがいい。

味に関してはまあ味覚の大半が辛みで馬鹿になるので大した事は言えませんが、ベースがしっかりしているなーという時は
後口がどっしりした感じがするし、イマイチだなーと思う時は後口がスカスカなので、やっぱり辛いだけじゃなくて旨味みたいなものも
構成要素として重要なんだなーと思ったりする冷やし味噌でした。最初は辛いだけでそれどころじゃないけどね!
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-29 13:04 | メシ

マヴラヴオルタ@age ★★★★

試験的えろげーレビュー#1。 ネタバレも気にせず書くので要注意。


マヴラヴオルタネイティブ@age  ★★★★

学園ラブコメもの、と見せかけてアンリミ編でBETAなる異星生物によって滅亡寸前の人類を助けるーという仮想戦記というか
軍事もの的展開にすっ飛んだ『マヴラヴ』の完結編として発売された自称『あいとゆうきのおとぎばなし』。

傑作と名高く、星5つをつける人も恐らく多いと思うけど池田は敢えて星3つ。少なくても凡作では無いので星4つとしても
良いんだよなあと散々悩んだんだけど、減点法で考えるとこーなるしかない池田な訳で素直にレビュー。

まず、マイナス点の最大要因として製作サイドの『悪意(悪趣味)』が透けて見える点があります。
受け手というのは基本的に保守派だから、送り手はストライクゾーンを広げるようなコースギリギリを攻める、というのが
クリエイティブな態度であるというのは理解出来ますが、前作君が望む永遠でもあった導入部分(体験版)、あるいは販促で
匂わせたスタイルに反して何かしら『気分が悪くなるような要素を盛り込んでくる』事は池田はやり過ぎだと思うのです。
佐藤御大の『皇国の守護者』(※仮想戦記小説、名作)でグロ描写があるのはわかります、『螺旋回廊』(※ダークえろげ、開発age
でオルタを上回るエログロ描写があったって、それはそういうニッチな作品である事が前提だと思うので文句は無いんですが、 
マヴラヴオルタで一部にある過剰なグロ描写、エログロ描写は作品志向として行き過ぎではないか、と。

だから、一部の(耐性ある)人がそういうエログロ不条理こそ今までヌルいエロゲーで描かれなかったリアルだろ、なんて感じに
『そこまでやった事』を名作の要件として評価する気持ちもわかるんですが、池田としてはその部分が薄まった全年齢版オルタなら
星4つとして評価出来るけど、無印オルタはその悪趣味さをマイナスして星3つな訳です。


で、もう一つの減点に関しては演出面での不備。
オルタはウィンドウ形式のゲームなんですが、ボリュームのあるストーリーなのに2~3行くらいしか表示できないウィンドウ形式
(しかも何をトチ狂ったのか中央寄せ書式)ってのはテンポも見栄えも悪いなあとか、絵をぐりぐり動かす演出ってのは
恐らくスクリプト的には手間だったりエロゲ業界的には革新的努力だったりするんでしょうが、無知な池田からするとコレは
紙芝居でこー下に割り箸ついてる月光仮面と敵が『月光仮面参上びゅーん』『バババババぎゃーやられた』ってやってるみたいで
げんなりだなあ、とか、のめりこませるのに不満が各所で散見されたのです。正直止め絵と想像力で補完した方がマシではないかと。
途中で挿入される動画や挿入歌等、恐らくウィンドウ形式のゲームの進化の方向性として映画的演出を目指したんだと思うのですが、
現時点では力不足でそれがマイナスに作用していたと判断したのが減点二つ目の理由だったりします。


内容的には世界観の厚み・マニアックとも取れるミリタリー描写もありーの笑いちょっとあり燃えあり泣かせるシーンアリと、
名作と呼ばれて不足の無い構成が展開されていると思います。絶望的な世界での愛国心的うんちゃらーみたいな滅びの美学は
日本人大好きシチュエーションーだしなーとか、にしてもちょっと右寄りの政治臭が過剰じゃないかなーって部分は気になるものの
やって楽しかったーと満足するのに不足は無い内容だと思いますね。未プレイの人はまた微妙に毛色が違う前作マヴラヴ
(学園編とアンリミ編)をやってからじゃないと十分にその楽しさが理解できないってのがネックかもしれませんが。
(池田は前作マヴラヴ自体は正直取立て評価する程でもないと思うので個別レビューはしないと思います。星1~2相当かなと)


結論としては、大衆向けっぽいラッピングを施されているけれどもage的なエログロ何でもアリの生臭いゲーム。
その本性を覚悟してやる限りは完成度の高い、極めて18禁度数の高いニッチなゲーム(エログロ的な意味で)ではないでしょうか。
二次創作小説なんかを読んでふと思ったんですが、池田この『仮想オルタ世界観』には惚れたけど、作品としての『マヴラヴ』
にはあんまり愛が無いし、ブランドとしての『age』はむしろ嫌いなのかもしれません。


うーん、変に構造がどーのとか理屈っぽい事突っ込んだら良いレビュー、って訳じゃないと思うんだけど理屈に走るなあ俺。
自分がそれなりに敬意を表する同人屋の人が、『自分の感想』を提示してそれと受け手との視点の違いとか受け取り方の違いが
面白さじゃないかーって言ってたりするんですが、あ号標的サイコーいけいけ触手ううううううとか書くだけじゃ作家性が無いし、
どこにどう落とし所を見つけるか、というのはレビューの永遠の課題かもしれません。
構造とか概要の説明で行埋めるばっかりのレビューじゃ前例が1つ出ちゃうと次のレビューが欠けなくなって超先細るし、
外から切るんじゃなくて中から出すというか、そういう苦労が必要なのかもしれません。まさに産みの苦しみ。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-28 00:48 | えろげー

10/25GvG

頭痛が微痛に痛い池田です。屋上屋を重ねるって言うと、ビルの上のプレハブに住んでた山岡さん(c)美味しんぼを思い出すのは
きっと自分だけでは無い気がしますが、自分以外にそう思う可愛い女の子がいたら迷わずプロポーズした方が良さそうな位には
マイノリティな気がしなくもありません。集中できないと乱文度数が上がってふぁっくです。


<Gv開幕>
防衛スタート。誰か来ないかなーと思ったら砦前にアリス+ケットスー、お礼参りの予感です。
フェアプレイ精神(汁)なのか手配が間に合わなかったのかわかりませんが、スタダスタダしたスタダは無し。
入口ロキで迎え討ちます。

開始~20時半くらいまでは手配が間に合ったガディ様無双でずんどこしょ。
重力下で刻まれながらもWP周りにガディ様を誘導してくれた罠師プロとプランター(※プラント置く人、造語)の人のおかげで
守れたようなものだと思います、MVPMVP。

そこから先は思い出が億千万。最初の方は単発突撃だったのでガディでシャットアウト余裕ムードだったんですが、そこで
諦めてくれず、途中から即復帰即突入リンゴもあるよにスタイルが変わったっぽく5分間とか波状突入が続いてウヴォアー。
21時くらいの突入(うろ覚え)でLP展開→雷鳥アーッ→押し込まれて入口防衛を突破されます。ガディは増えてるから入口強度は
上がっている筈なのに、奥にガディを持っていかれたりWP周りで滞留するペコに抱え切られてフリーになった教授が動いたーって
感じでしたね。実にお見事、新暁も攻めではこの真似をする必要があると痛感した一幕でした。


<守護石戦>
守護1にET+Kor、2にRbcと戦力的に3:1くらいの割り振りで1メインの2遅延防衛を行う・・・という目算だったのですが、
1にケット、2にアリスと(多分)1:1くらいに分けた筈の敵に両側で押されるという微妙進行。2がアリスに圧殺され、1も
イナバで粘ろうとはするんですが、理屈的にどこかで押し上げるか、あるいは戦力を割いてバックアタックして敵の陣地を
崩壊させないと連続EMCで詰むのは世界のルール、粘りきれず石1を破壊された挙句にバリケへのアリス先着を許します。

正直、敵が同数~格上程度の規模だったらバリケ前を先着確保されたまま一気に抜かれてもおかしくない形だったと思います。
守護石戦はWP防衛ーとかバリケ防衛ーみたいな明確な定点が無いせいで茫洋としているというか、ライト層がどこで何を
しないと負けるぞーっていう意識の共有がまだ甘いんんじゃないかなあ、と少し思ったりもしました。


<バリケ戦>
先着を許しましたが、人数差もあってか遊撃が打撃力として十分機能します。敵の逆封鎖が甘かった事もあって、左右の
復帰部屋でEMCを回せたりしたので、バリケ前を排除して安定、みたいな。

何度か敵のバリケ前へのライン上げが早くヒヤッとする場面もあったんですが、バリケを1本も壊すことなく(・・・・・・だよね?)
21時30分まで守りきれたのは想定していた中で一番マトモな未来だったと思います。


<派遣スタート>
21時30分、SNK城主のA2がお留守でA1(?)でEUと盛り上がっている、という偵察結果だったのでそっちメインで動いてくれて
A2捨ててくれないかなーと空き巣狙いにレッツゴー。
FEに行くという選択肢もあったんですが、池田的にはFEが派遣利害の食い合い含めて確保に盛り上がるのは50~55分以降であって、
それ以前は30分に動き始めても45分に動き始めてもやれる事に大差が無いと思っている派です。2.5砦ベースにするんじゃ
なくて4砦ベースで考えるならまた別だと思いますが、今のやり方なら遊び心を入れていきたいかなーと。

といった感じで守護石~第一バリケまでメコっと突破したんですが、城主AZ他SNK全軍が残念ながらお戻りになったので
抵抗しつつ撤退撤退ー。欲を言えば第二までは力ずくで壊してみたかった所ですが、前もこんな事を書いた気がするので
そういう前提でスカウターを再設定した方が良いんだろうなーと思いました。SNK様のおいしいトコを邪魔してしまったので
来週怒られるかなーと思ったりするヤブヘビプレイではありましたが、空き家最速伝説の練習はしておきたいんですよねー。


<ラスト10分>
情報が錯綜したりはしましたがモニューンとL3へ。
出遅れたかなーと不安にもなりましたがETマスターが気合入れてEMC先着してくれたのでそこままぼっこりブレイク。

そのままWP捨ててイナバ徹底の指示して安定ーと思ったら、ER池田が覗いた時には皆WP防衛しててちょっと想定外だったり
しましたが、裏対策にマスターがエンペの横に居たし人口密度も高かったし、この形の防衛力が池田脳内の閾値を越えては
いたのでそのまま現場尊重で防衛続行してゲームセット。本日は2砦となりましたとさー!


<雑感>
安定して2.5砦を取るにはFE空き巣定住防衛も必要かなーと思った一幕ではありました。
ラスト10分からの駆け込み2砦を狙うと実質期待値は1.5砦になっちゃうなーというリスクを感じたというか、せめて45分には
FEに移動しておいたほうがベターかなーというか、そんな感じで。

後は、Aという砦を攻めながら一部がBを偵察する、といったマルチタスク指示を何度か出してみてあまり手応えが宜しくなくて
シングルタスクに戻すーという感じで運用してるんですが、コレをもーちょい上手く自分が指示コントロール出来る様になれば
少ない残りタイムでも、もっと砦数を伸ばせると思うので指名制とかも上手く使って徐々に頑張っていこうかと思います。


<雑B>
ひーろさんも守護石戦でバックアタックが必要だったなーとかバリケ戦後手はまずいなーとか感想がカブってたので追記。

バリケ戦後手の件は自分が『まだイナバ粘れてるから待って修理班をあっちにアーッ』とミス発言をしたっていうか、内心バリケ戦で
後手になっても残りタイム的に間に合うだろうから、守護石戦の限界強度を一度試したかったというかそういう腹黒算段もあったので
戦犯担当としてはあまり強い事を言えないので華麗にスルー。
バリケ強度を最優先するなら、総指揮から初期崩壊時点(イナバ移行前)の時点でバリケに移動するかーという相談もあったんで
それで移動しておけば良かったんですが、最近バリケで後手に回らぬよう守護石で稼ぐべきタイムを稼がず早期に下がりすぎて
いるという懸念があったので、今回はこんなものかな、と。

バックアタックに関しては、バリケ戦であそこまでバックアタックが決まる恐らく数的有利の環境があったんだから、守護石戦でも
同じようにやっていれば相手の一方的侵攻をストップさせるだけの戦力期待値は十分あった筈なのに上手くいかなかったのは
今後の重点課題だと思いますが、どーしたものか。
『全員が同じラインを維持しようとする』事に8割の戦力を使いすぎて、アクティブに敵のラインを食わないといけない時に動けないとか
(入口ロキ防衛中押し込まれた時のライン上げてーというのも上手くなかったですし)そこら辺が問題かなと思います。
ギルド能力ごと、あるいはPTごとに、お前のトコはライン死守、お前のトコはチャンスと思ったら前に出ていいよ、みたいな
役割分担をより密にする必要もあるかもしれません。ムズカシー。


<雑C>
来週は防衛スタートかもしれませんが、入口ロキ攻めをする場合には今回のアリスケットの波状突撃を真似っこしたいですね。
ある程度の統率は必要不可欠でしょうし、10分連続突撃させたら1回補給修理で停止看板のターンとかは指示すべきでしょうが
一回一回十分支援回して5分間隔でゆっくり行くぞーってのは時代遅れであると痛感しました。

新暁というシステムの問題にもなるんで難しいトコですが、ベースで座ってサンク貰って、WP前で支援もらえるまで待って、
最後にリンゴ踏んで上がった分のHPをサンク踏んで回復してから突撃ー!とか時間の無駄すぎるのでベースはサンク支援無しで
さっさと砦前に移動させ、砦前をベース化するのが最善なんじゃないかなーと思ったりもします。

それ以外にもヤル気(能力)のあるメインユニットには身内に優先ヒールを飛ばすよう指示したり、燃費の良いウァーアイスの
砦前連打許可を出すとかスリム白PP使わせるとかして、高回転中の高回転ユニットだー!みたいな人を10人も作れれば、
より良い攻めが出来ると思います。アリスケットでも短詠唱WIZ・教授・デコイペコなどで名前を覚えちゃうくらい回転率が高い
キーマンがいたと思うんですが、低HPだから回りやすい、って以外にも工夫してる人はいたんじゃないかなあと。


<雑D>
あ、たまらんのレポ見てコレは書いておいたほうが良かったかと思ったので追記3回目。
自分が派遣時L3でイナバ@@@@@@@@@と繰り返した理由は瞬間強度の問題もさる事ながら、

『ラスト1ターンで攻め手が居る中KorかETマスターがドリームEMCを別砦でした場合、WPラインが人数1/2になると
レーサーの強引なドリブルにすら食われる危険があるけど、イナバだったらその程度は粘れるから』


という3砦目へのチャレンジが次の一手として考慮にあったからです。
成功率10%の3砦目チャレンジより、競り勝った2砦を堅く守るためのWPとエンペ横の二重布陣を成功させる方がエンターテイメント
として上位であると納得したのでイナバ強要はしませんでしたが、偉い人だけでいいので残りタイムが2分30秒あれば、マスターのみ
次の砦でドリームEMCに走るのも芸のうち、と頭の片隅に留めておいて欲しいかな、と思います。
ソレやるには多分2PC地力ポタとか、独力で輸送出来る体制が無いとレスポンス的に厳しいですけどね。

ラスト1ターンの選定基準としては、
 ・道とERが短いV地方。
 ・高飛びがあるならVより所要時間が短いB地方。ERもそれなりに短い。
 ・高飛びに向いてないけどERが脆くレース化しやすいC地方。ERは長いので制圧割込みには不向き。
 ・高飛びがあるならVより所要時間が短いL地方。ERは長いので制圧割込みには不向き。
徒歩ならV>B=C>L。 高飛びならB=L≧V>Cってトコかなあ。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-26 17:43

10/18GvG 雑感

しーなさんトコとかであまりに真面目に反省されているので18日GvGの反省追加メモ。
守護石戦で潜ってた時はハイドだから動けないというか、味方が周りに居なかったので状況報告だけして死んだ有様でしたよ。


<図示>
b0078381_17153931.jpg


しーなさんトコの転載加工であり、これはLPの位置からしてまだ遠間なので集団の立ち位置はこんなもんだとも思うんですが、
このままだと100人中90人くらいは、『ああ、左側のが優勢だね』って言うと思います。バリケアウトレンジ法に特化する
なら別ですが、こんな腰が引けてる(赤丸内に味方アタッカーが居ない)状態で何を倒すんだ、っていう。
実際転進を指揮が考え出してから転進決定寸前まで陣形は概してこんなものであり、最後のEMCからの全軍前に出ろーっていう
単純な指示が流れにハマったおかげでギリギリパワープレイの陣形が成立したというか、正直なところ、

・遊撃のLK(大分死ななかった)がバリケ仁王立ちに入った所でサイト回してAXを掘り起こし続けたら?
・バリケ裏のディディクorHD・ADSがグリムを掘り起こし→キルの頻度が高かったら?

という二点のみがしるさんち(まあ、あっちはマヤPがいるんですが)と比べてあった数少ないつけいるスキであって、もちろんソレは
味方のスクリームによる敵中VIT以下の無力化とかプレスによる打撃とか、敵が下手だったってだけではなく味方が頑張ったおかげで
そういう状況が作れていた(敵がそこまで手が回らなくした)という部分があったんだと思いますが、運が良かっただけだなあ、と
思わなくもありません。次同じように腰が引けた所から戦ったら、こちらが正しいパワープレイの形になる前に相手の抵抗策が
確立してしまってこちらの士気が先に折れる気がします。

至近に同盟を増やす予定が無いのならば、今一度バリケ戦に対する新暁の基本スタンスをパワープレイに置くのか、Mbrに置くのか
プレスに置くのかアウトレンジに置くのか再度固定して(※防衛→落城→転進攻めする立場なので、防衛攻城で両立出来る構成が必要)
少なくても上位陣が勝利条件(=8割をバリケ前に詰めさせる)を周知して、パンピーがそう動くように徹底していかないと、
同格級(DSRくらい?)相手に立ち遅れる事になりそうだと危惧したりもしちゃいますね。

逆に言うなら選抜PTみたいなLP・献身ADSプレス大魔法なんちゃらーみたいな必須技能チームを作ってその辺が能動的に
バリケ裏を駆逐して味方を呼び寄せられれば今の戦力でも相応のパワープレイくらいは出来ると思うので、今後の新暁の動向に
注目…してないでだったら要職作れよって言われる感じの池田でした。いやまあ、そもそも入口防衛をまずどーするのかを
考えないとイカン気もするんですけど、スタダか強襲前提の突破EMC頼み、という古式ゆかしい形から先に進むには割と
ユニットが足りない気がするですね、ううむ。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-21 17:26

メシ@米花(築地市場内) ★★★

試験的メシリポート#1。


米花(築地市場内) ★★★

というわけで築地で生いくらが食べたいなーと思ってたんだけど大和寿司も寿司大も予定通り大行列。
一応行列装備(文庫本×4)は持って行ってたんだけど並ぶのだるいなーという気分になったので、うなぎ米花(よねはな)にれっつごー。
先客一人でノー行列余裕でした。鰻丼より海鮮丼のが有名なのと、生いくらが食いたかった事により海鮮丼を注文。


●海鮮丼(¥1500)
具は(ブログとか見て来たって言ったら、サービスするよーって言われたのでアレですが)、赤身・中落ち・寿司エビ・煮あわび一切れ・
ホタテ・生いくらだと思ういくらそれなり・刻み海苔・わさび。
やや小ぶりだけど深さがある丼に山盛りーといった感じで、付いてきた野菜のすまし汁と合わせてそれなりに腹がいっぱいになる感じは
さすが市場メシって事にしておきましょうか。寿司屋でお任せ10カン食べるよりも満足感はあると思います。

味の感想より先に、とりあえず店主の人がアクが強いなーって感じでした、ハーフなのかニューハーフなのか疑わしくなるオーラが
アレだったり、割とフリーダムに自分の価値観を披露してくるのでそこら辺は好みが分かれるでしょう。
池田はデートで行く(相手が・・・)とか、友達集団と行くーみたいな場合はさておき、ソローで動き回る場合は店のホスポタリティは
あんま気にしない、汚い店でもキテレツな店主でもそれはそれで芸のうち、というタイプなのでそういうアトラクションだと思えば
別に可不可は感じませんでしたが、ダメな人はダメかもしれないし、友人集団と我が物顔で行く店ではなく、あくまで店の雰囲気に
入っていくお店だなーと思いました。常連になったら居心地いいんだろうね。

で、味は……かなり満足出来るんじゃないかと思いますココ。
アホ舌池田は一定以上高級なものは全部まとめて『おいしい』としか分類出来ない人間なのでテキトーですが、赤身や中落ちは
それが天然か畜養か、冷凍か生か、バチじゃないだろうけど本マかインドかなんてトコまではわからんですけれども、そこらのスーパー
に転がってる安物とは一線を画するしっかりしたマグロの味が楽しめます。他の具にしても、築地で良い魚を食ったーと思うのに
不足の無い鮮度ですな。
そしてコストパフォーマンスがマトモ。築地ってモノは良いにしても相場の1.5倍位取ってねコレ、と思うような値付けの店が
割と多いというかぶっちゃけ標準な気がするんですが、ココに関しては売価として概ね納得出来ちゃう程度の値付けであると感じました。


以上を踏まえると米花は、それなりに高品質で美味しいものを、妥当げな値付けで出している店だ、という結論になります。
築地行ったら寿司食わないとーって人はアレでしょうが、刺身でもいいやー店員さんアクあってもいいやーって思う人、メニューは
店員さんのオススメ選ぶのが一番だよね!って思える人なら(海鮮丼は中身日替わりだし、後安定してあるメニューって多分
焼き鳥丼と鰻丼くらいじゃないかと思います)築地での選択肢の一つに入れて損はないんじゃないでしょうか。


追記:鳥モモ串(¥200)とつくね串(¥350)も食べたけど、これはデカくてジュージーだけどまあフツーにフツー(★2相当)って
感じで築地まで足を伸ばした際の一食としては取り立て取り上げる必要はない感じでした。普段使いの食べ物ですね。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-21 12:33 | メシ

10/18GvG

2週間ぶりのGvレポのお時間ですこんばんは、明日の休みには築地辺りで新いくら(生)でも食べてこようかと悩む池田です。
しかし、築地周辺の食堂は市場人からすれば夕食だから高くて当然!とか銀座で三万取られるレベルの寿司を三千円で
食えるんだから安いもんじゃん!とか『築地を商売にしようとする人及び信者』があーだこーだ根付けが高い理屈付けてるけど、
確かにそれは一面の真実でもあるんですが、観光地料金である事もまた事実だと思うんですよ。

確かに旨い店を探せば旨い店があるとは思うのですが、アホみたいに並んで観光地料金払って食べる程の価値があるのかと
考えると、正直そーでもないというか、実は皆ノスタルジックな『食堂』とか『市場メシ』みたいな幻想に踊らされてない? と思ったりは
しちゃう訳なんですよだったら行くなって話ですけど、生いくらとか釣りアジとかピーキーな食材はさすがに築地が強いんですよ!


<GvG開幕>
砦前にMEぺこん+鷹連、試合終了のお知らせ。
消極的共闘って感じでしたが一瞬第二守護石で粘った程度で押しつぶされて第一バリケまでペコペコペコ。

バリケ破壊時点で鷹が居なくなってた気もしますが、N共通のウリである第一バリケ←→守護石スイッチを崩壊させられた時点で
勝ち目は無いと判断して敗走でございます。第二・第三が構造的にはそこまでアレじゃない筈なのに脆い気がする、という
部分がちょっと気になるのでバリケ戦全部やってみるのも良かったと思わなくもないですが、まあマッチメイクの関係上、早期の
放棄も大切なので問題ない判断だったと思います。


<中盤>
砦探し→N3の庭(半無人)に攻め→石は若干の抵抗があったけど破壊、バリケ戦でシャットアウト負け。

N3の入口ロキ抜きでのハンディキャップマッチでしたが率直に言って相手になりませんでしたね!
勝機は鷹連全軍が完全に戻る前にバリケ裏城主(箱庭?)だけが先着していて庭vs新暁となってから増援が来るまでのターン
にしか無かったと思うんですが、そこでバリケ裏を制圧したり強引にバリケを折ったり出来なかった時点で無理ゲーだと思います。
現状の戦力差で落とせないのは正直仕方ないとしても、第一バリケ残り2本くらいまで削ったけど増援で詰んだーとか、
第一抜いたけど第二でシャットアウトされたーとか、その辺までは出来るようになりたいもんですね。


<終盤>
SE砦からあぶれないよう各地を必死偵察します。
21時30分くらいの時点でアリスの守るA共通を見つけ、入口ロキをパワー(人数)で押し込みバリケ戦へ。

アリスがバリケ戦でかなり粘り強く、正直あと1ターン粘られたら転進ー!という箇所が2か所くらいあったんですが、指揮判断寸前に
なんとかアリス陣地を崩壊させて強引にドドドド。池田は常時EDPで献身があったって献身ごと殺してやるぜーと狂ったように
ADSと教授をグリグリしていました。体感的にはFARなんかが無いと単体火力では要職を落とすのは難しかったですね。
ADSは耐性装備でなく攻撃装備を付けてる人が多いのかやや落としやすかったですが、教授なんかは3グリム以上の火力が
集中しないとジリ貧という感じもありました。対教授に関しては一人JT連打専任も火力に欲しい気がしなくもないんですけれども、
普通に対人装備やMDEF装備がカタいと無意味かもしれないし大魔法重要だしなんで、まあ単なる妄想です。

そんなこんなで経費も凄い事になったけど、バリケ裏の教授ADSを落とす→前に詰めた人が死なない→パワープレイ成立、という
一連の流れ作りに参加が出来たのは収穫だったと思います。第三にアリスが出遅れた事もあって、結局は10数分残して
SE砦を確保する事に成功しました。


<派遣>
10数分あって取れなかったのは痛恨だなあ、の取得ナシ。
L1NEROの制圧解除に食われて終了でした。うーん、高跳び無いならL1はERの道が長すぎて制圧解除に抵抗するのが
難しくてダメでしたね、強引にでもL2かL3行ってた方が良かったと思いました、むしろERが長いL以外が良かったかな、反省。

そんなこんなで、偉い人的には1砦はアレかもしれませんが戦闘的には盛り上がって勝ち取った感のある砦取得だったので
面白いGvではあったと思われます以上ー。

次回はパワープレイの定着を試みるのが良いかもしれない、なんて思いますね。Euorしるさんちorやや上位のDSRという
感じのマッチメイクが妥当でしょうか、しかし本城出来ましたし防衛も楽しいし、難しい所です。
あと踊はやっぱ超要職ですな。今日攻めがハマらなかった理由の一つに踊の欠席の多さがあったと思います。
あんま良くないけど2PCでいいから踊は優先配備した方が良いなーと思う一幕でしたとさ。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-19 12:49

どりかむ!(※タイトルに意味は全くありません)

sesブログ文化はワシが育てた。
どうも皆さんこんばんは、決定力のない男池田でした。

最近ホントエントリにヤル気がなくて困ってしまいます。
いや、困るのはいるかもしれないしいないかもしれない愛読者さんがであって、俺は全然困らないんですが。
あーいやそれもまた反語対象だな、良い文章が書けた、という達成感を得て脳内ヤクがどぱーっていうカタルシスは割と大事というか、
人生に於いて合った方が良いかもね項目の中に入りうるものだと思います。

しょっぱなから余談ですが、エントリって得てしてうぉっしゃこれ一年に一度しか書けない類のベストエントリだーって思ったものに
限ってコメントとか全然付かなくて、逆にあーもうダルいから殴り書いちゃえーって思った脳筋エントリがモテモテだったりしますよね。
漫画家さんなんかでも、超気合入れた会の読者の反応が薄くて、テキトーに夏だ水着だ怪談だーなんてありがちネタを書き捨てた会が
大評判でびっくり、なんて話を聞いたりしますんで、ある種の大衆性というのはやはり大事なのだなあと痛感する次第であります。
商売にするなら、ね。


そんな益体も無い事を書き綴る池田でした。
ラノベ雑感とかエロゲ(やってないなあ)雑感とかメシ処雑感とか、埋めエントリの候補はあって脳内で下書きしてたりするんですが、
さよならピアノソナタの外伝は期待通り傑作だったので十分満足しているのですが、(しかし杉井光はピアノソナタと神メモみたいな
青春エンタ風の作品は傑作なのに、他のテンプレ萌えモノだとかシリアスモノは文章力や構成力はさておき池田にはそれほど
訴えかけてくるものが無かったんですが、恐らく一番破壊力があるであろう路線を量産するんではなく多ジャンルに手を伸ばす
この多面性は一体何なんだろうと悩まされたりします。売文屋属性なのかとも考えてみるんだけどそれにしては作品に対する
真摯さがあると思っちゃうのは信者目線なのかなあ、ううむ)えっと何が言いたいんだっけ、そうだ、京都へ行こう!

って感じの今日この頃なんです。
ああ、今は『この本読まないで死んでたら人生の損失だった!』って思えるような活字に出会いてえです。神が足りない。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-18 12:54

業務連絡

いけだです。リア充につき10/11のGvは不参加確率90%、21時半近くからの参戦確率10%といった感じに
なっておりますので
Gvレポートは多分無いんじゃないかなと思います。朝から名古屋さ行って帰りに(店が空いてれば)横浜でメシ食って千葉帰るだ。

最近下手に12時間睡眠するより、3時半くらいまで夜更かしして5時間睡眠で起きる方がすっぱり起きられる事に気づきました。
自分のレムとノンレムのサイクルの一つがそこら辺にあるのかなーと思ったりしていますが、上手く使えば体調を崩さず睡眠時間を
減らせそうな感じではあります。もしかすると今は気が張ってるだけとか、陽気がいいだけとかいう可能性もありますけど。


そんなガーデンパッチを待ち望む池田でしたー。
次のGv辺りどこかしらが攻めては来そうだし、派遣も宿無しの反動でリバウンドしておきたい週なのでもう一週くらい池田スタイルで
機能するのかを確認したいし、RO的には出たい週ではあるんですが、うーん。


<というわけで>
欠席でした。
模型イベントも一段落して、家に帰っても眠くなったら寝ていいし、毎日模型作らなくても誰も怒らないという平常進行に戻ったのですが、
なんかしてないと落ち着かないですぞコレ・・・・・・。

ROは即物的には楽しいのですが、EMCとか狙いたいのですがだるいので、模型の人寄りの優先順位でリア充していこうかと
思っています。ROは1アクションに要する消費時間が大きいので(さすが仮想現実)リア充しようとすると両立はだるいですねー。


<雑談>
エル猫連とSNKのアレについて、Gv出てないし完全に傍観者ですがちこっと。

・エル猫連→リスクを承知でSNKに奇襲挑むぞー!

・SNK→砦数を優先して奇襲食らった…その砦は捨てるぞー!

という主観差の問題であって、奇襲したらSNKは放棄してくれる! なんてわかるはずもないエル猫連がリスクを覚悟の上で、
他の旧砦を潰すのではなく大手の砦にチャレンジをした、という志向性が評価されるべきだと思います。
複数砦を持っている大手は、極論宿無しにでもしない限り『●●砦は計算上放棄』と言える立場にありますので、というか
そういうリスクヘッジが出来る力があるから大手って言うんだよ! って事でおめでとうございましたー!


<くりゅ談>
Gvに不満を持つプレイヤーへのエントリはおもしろかったです、この程度の本音漏れトークはされてしかるべき所かと。

池田が傭兵をせず新暁連に半年いるのも何ていうか、一つの連合に対して意味のある意見を吐くには、中途半端な立場で
喋っても仕方なかろう、というのがあります。ぶっちゃけ3か月居ない新参が『こうすべきだ!』とかアレコレ騒いだとして、
自分がマスターならはいはいそーだねって意見はそりゃ大切にしますがが、優先順位としてはノイズですよ。


なんていうか、V5の3MAP最終クランクを使ったウルトラ平地防衛ー!(※適当)とか、全員に意志が浸透すればそりゃ確かに
90点のパワーを発揮できる、誰もやってないスタイルみたいなものは世(RO)の中いっぱいありますが、いきなり現場でそれを
やれと言って誰が出来るのか、一度作戦書を作ったからって誰が理解するのか、という。

自分しかわかってない90点のオリジナルより、全員なんとなくわかる70点のセオリーの方が絶対的な強度としては強いのです。
もちろん70点のオールドファッションに甘んじるだけってのもアレですが、何がなんでも90点をやれ! 今やれ!というのは、
年を食った池田としては若いなあ、って思うだけです。そいつをやるにはまだ時期尚早だぜぇ、みたいなっ!
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-10 13:12

10/4GvG

●GvGレポのお時間ですが時間が無いので簡易版です。


<開幕>
DSRが城主ギルド使ってないけど防衛してたって感じの認識で問題無いのかな。
入口防衛を突破EMCでメクって、以降バリケに先着したので非城主しかいなそうなDSRはバリケ前に到達できてないのか、
捨てゲーしてたのかわからない感じにぱりーん。今週は攻めたかったのでブレイク放棄します。

その後はマッチメイクに恵まれずウロウロして派遣タイムの21時45分。
もさっとNERO制圧のB1を押し潰し、最近ラストで食われすぎなので4砦取得は重視せず控え目に流して最後L3攻めきれず、
3砦となりました。砦数的には無難だったけど大手が食い合って砦数減らしてた事を考えると凡庸で反省、みたいな。


<雑感>
●EMCについては偉い人が気を使って改善を試みてくれました。
質とかは練習次第だと思うし今回敵が少なくてテンパった時どーなるかって面まではわからなかったんですが、現場の
わかりやすさという点では上昇した気がします。ただEMCセット、って言ってスキル回復剤連打自粛して死んでいかれると
セットって言う事が陣地が崩れる要因にもなりそうで、そこら辺のバランスだけ気を付けないと怖いかな。


●池田的にはB1という砦は高飛び2ルートあり、ERがブーン一発でエンペタッチ出来る短さ(制圧解除に割り込まれ易い)事から
強襲用の砦と認識しています。WPロキ防衛が形っぽくなるので強そうにも見えるんですが、旧砦の一つ目に取って
そこから二つ目を狙う砦じゃなくて、二つ目に狙うべき砦といった感じ。

今週はNERO相手に1.5G派遣で10分くらい所要時間がかかるけど55分くらいには制圧出来て良かったねーという、
『試合を楽しんで3砦』という目算があったので1砦目でB1を選びましたが、早く取れてしまった場合どう安定させながら
次を取るか、地味に課題だなーと池田は思います。戦闘目的で無いならB2・3・4辺りを優先かなあ。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-05 12:38

ガーデンパッチまであと数週間!(死んで!)

●くりゅ先生が読めといってたすわんそんぐのアレを読みました!
あの人(実は誰か知らない)は他のレビューも見た記憶があるんですが、視点が『感想文』じゃなくて『批評』というスタンスに
正しく立脚していて、論を気に入る気に入らないという問題は別として『論』が成立しているという点で、凡百の感想文を批評と
勘違いしている人とは明らかに別格であると池田は考えています、すきすき!


●池田は気がつけば構造論的な方向で言及も出来なくも無い人ですが、別に批評や解釈のためにゲームをやっている訳では
無いので、例えば水月なんか謎が未解決がどーのーとか気にする人は気にするらしいんですが、池田はそんなの全く気にせず、
なんとなくハッピーエンド花梨わはー! とか子供が苦い薬なのにシロップ増量して甘ければ大喜び、みたいな部分で満足が
出来てしまうタイプでもあるので、本質的にはテキトーですテキトー。


●論理思考型と直感追思考型という話はおもろいですよね。池田もくりゅ先生と同タイプで直感追思考型の傾向が強いです。

そんな追思考的に思うのですが、現在のGvSEのバリケ戦戦略は結局のところフォグがんばれ!とかバリケ張り付くぞーって
感じで、特にウルトラバリケアウトレンジ法みたいな新技を発明したから戦略バランスが一転した、って訳では無く、どちらかといえば
今までも使っていた技術の延長で攻め事情が好転してますよね。

これに対し論として、フォグを使うようになったからバリケ攻め事情が好転したーと書くのは誤りだろうって訳で、では何が
バリケ戦攻め事情好転の本質的な理由なのか。池田はそんな事をつれづれに考えてたりします。

多分、くりゅ先生もさらっと書いてたけど主要因は『集団意識の進歩』というメンタル的な部分であって、手法は妥当性があれば
大した問題ではない、といった感じの認識で良いんじゃないかと思うんだけど、では他の連合が追従しようとした場合に、核となる
メンタル面のポイントって何なんだー(慣れ?とか身も蓋もない)なんて考えると暇潰しには丁度良いと思います。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-02 12:59