<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

7/26GvG

●池田です。今節もしるさんちは攻めないオーラです。
基本的にはとりたて発言権は大きくない……というか仕事及びワンデイの関係で連合会議に基本的に出られないので
決まったもんでベストを尽くすのみでありそれを是としているのであります。攻め手がいるなら受けるみたいですよ。


●くりゅ先生が新暁発展の方法はてめーで考えろファック的な事を仰ってたけど、うーん、池田は教育的進歩に関しては
あまり池田コストを払う気が無い(c)くりゅ ので、ホントにネタを振ってみただけで正直どうでもいいなあw

>集団 vs 集団の中で個人戦をしてる人が多すぎる。

っていうくりゅ先生の指摘は事実だと思うけど、池田は別にそれをあんまり問題視していないというか、そのピースを手直しする
んじゃなくて、その形のままで上手く集団戦という枠に収める事を優先的に志向してる感じかなあ。
それで良しとしちゃったら進歩やハッテン性が無いじゃん! とか2年くらい前の自分だったらシャウトしてると思うんですけど、
割とそこら辺今の池田は冷めてるというか、そういう志向性のヤツは8割方もうROというフォーマットから去ったと思っています。

だからA2でストリートバスケしようぜ!


<本題>
というわけでレポートなんですがストリートバスケに人集まりすぎだよ!
負けた週のレポートだけ書かない、みたいな習慣は極力つけたくないんですが21時からずっと回線とバトルしていて
まともにログイン出来んかった=派遣指揮も別の人に移譲して何もしてないんで今週はテンション低いです。


<開幕>
砦前にSNKとEAが全軍いらっしゃって共闘ファーック! しるさんちはいつもこーいう戦闘してるんだなーと思うと素直に頭が下がりますね。

入口で一瞬時間を稼いで守護石防衛に入るも順当に押されていく新暁連、A2は200名超過による重力発生で大変な事に。
結局10分程時間を稼いだ後押し込まれ、第二守護石復活→移動コンボで逃れようとしたんですが伝達が正確でなかったか
EMC先が第二守護石じゃなくて第一のイナバになっちゃってゲームセット。


<バリケ①>
バリケが1~2本削られるまではアウトレンジ主体だったように思いますが、準備が出来たのか前にドドドされてぷちっ。
バリケ裏のLP管理を上手く妨害されたのか(短無詠唱プレスを連打してるパラが印象的です)、こちら火力不足かは
わかりませんが、キルゾーンに詰めてきた敵をキル出来ず飽和してしまってる感がありましたね。

一方その頃非城主側は、マスターが頑張って細道封鎖より奥でEMCを複数回通すも陣地外縁相手の消耗戦となり、
バリケ内部狙いをしている本陣に効果的な打撃を与える事が出来なかったように思います。10分弱で第一消滅。


<バリケ②>
水場防衛は選択せず。
エコ連や鷹連はミスってくれた事があり、しるさんちはミスってくれない選択肢なんですが、バリケという物理的に進行を
阻止する壁がある以上、バリケ戦では先手を取る限り一定量(※可変)は時間が稼げる事が保証されています。しかし
N3の通路防衛、A2の水場防衛、N2の守護1防衛みたいなハマれば堅いけど裏EMCを決められたりするリスクを抱える
地形では、成功すればバリケ先手防衛より長時間遅延出来ますが、失敗すると短時間で崩壊した上でバリケ後手スタートの
リスクを抱え込む事になる訳です。まあ、ダメ元で練習しても良かったかもって考え方はありますけどね。

そんなこんなで2バリケもぷちっ。
SNKが撤退らしいとか何とか聞きましたが新暁内部では厭戦気分満載だったし、90分間第3バリケでガチろうぜ☆ とか
どんだけご無体なwwwって事で転進しました。穴熊自体そんなに固くなかったので板に書かれてるガチでも勝てた! という
意見も気持ちはわかりますが、多分ガチならタイムアップ勝ちにはなると思うのでまたのお越しをお待ちしております。

……というかA2を逆に攻めてみてもいいかもね!
入口1点豪華主義防衛とか、凹構造のバリケみたいな地形的な防衛有利色は無いので、プランニングは比較的簡単な砦だと
思います。逆に言うと地力が必要な砦なんで総力戦スキルが必要ですけどね。


<⑨⑨⑨>
後は空き家取って池田が鯖落ちしてる間に3砦だったみたいですよ。
空き家取りや強襲の方針なら、偵察にあんまり時間かけなくても一つ目の狙い所見つけた時点でゴーで良いんじゃ?
とか前からむふんと思っていた事だけ提示してみる位で、他は特に言う事ねえっす。

ただ、進軍しながら●●は偵察継続ーとかいうマルチタスクが新暁はあんま上手くねーので、クールダウンや情報整理の
ためにもあるであろう現状のスタイルが特にダメとか何とか言うつもりはありません。池田はほっといても偵察に走り回る
タチなんでヒマは無いのですが、ベースで15分待って攻め先決まったと思ったら競合来たからまた10分偵察、みたいな
一般人視点でどーなのかな、って気になっただけの事です。元々DS的な高速戦スタンスの人なので、認識の差かなあ。


<雑感>
●ET側マスターがEMC才能を気にされていましたが、騎兵として理想的なEMCの様式美なのでこのまま続けていれば
普通にサイコー! と思う池田です。自分はマスター(EMC)っていうのは指揮官が遠隔操作するNPCでは無い派なので、
アクがあるのも味のうち派ですが、世間的にはどーなんでしょうね。

●久しぶりに月課金して育成をしようとしたり絶望したりしています。
アカウント効率化の為に2体目の付与セージとか作ってみたのに効率がおもわしくなくて、ソロ付与狩りに戻ろうとしたら
結局元のセージ出さないといけないとかイヤン!

●さくらさくらは、うーん、池田的には佳作でした。詳細は全ルート終わってからにしようと思ってるんだけど、サブシナリオを
コンプするのがダルくて一時凍結中です。くりゅ先生半額出すからef買いましょう、そして貸すんだ。


<超余談>
今節から始まったっぽいSRD(?)+エコ連ですが、SRDエコ連とか長すぎてタイピングがダルいのでナイス名称の制定を
希望します。池田は超エコ連とか連呼してた派です。 →エコ連という形態は終了のお知らせということでこれは困った。
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-26 12:59

Gvほにゃらら考察#1 集団戦

くりゅ先生がエントリで、集団 vs 集団の中で個人戦をしてる無能が多すぎるファック! という旨の論を展開してたので便乗アゲアゲ。

いきなり結論トバしますが、池田はマジゲーマーとして全く以てその通りだと思うけど、今のsesROの民度的に仕方なくね?と考えています。

だから諦める、という程ネガティブな事が言いたい訳じゃなくて、昔使ったフレーズを使い回すのであれば、sesROは小学校体育のサッカー
全体が志向してるんだから、無理に全国選抜を目指すサッカーを提示するんじゃなくて、まずは小学校体育から小学校サッカー部のサッカー
段階的に時間をかけて、あるいはやる気のある人間を選抜して教えていくしかないんじゃないかなあ、みたいな。

くりゅ先生は別に現実に即した云々をあのエントリで書きたかった訳じゃなくてある種の理想論を提示しただけだと思うんで、それが良い悪いとか
言うつもりは全く無いんですが、現実への落とし込みとしてどーしていくのが効果的なのかね、みたいな疑問を提示してみるエントリでした。


あー残りタイムが無いので雑に殴り書きますが、例えば旧鷹連の集団BBによる大火力。
コレって偉い人が「ふむん、集団BBが強いのであるな」とか思って指示して実行させたんじゃなくて、多分、多分なんで苦情は受け付けませんが
脳筋LKを十分数以上に抱えた事により、結果的に集団BBが発生して、それで更なる俺TUEEEが出来ると筋肉的に体感したから定着した、みたいな
快感原則に基づくアレコレだと思うんですよね。

俺TUEEEEって一人で突っ込んで勝てるウチは別にいーんですが、いくら脳筋でも突っ込んで即死、突っ込んで即死じゃ面白くないんですよ。
それが大局に対して効果的かとか云々とかじゃなくて、キモチ良く無い。だからちょっとくらい知恵使ってでも勝てる感じの動作へと変わる、という。
鷹連は行動の統制を取ろうとする事で発達したのでは無く、既に在る行動を統制に組み込み、快感へと条件づけする事で結果的な集団戦を達成した
のではないか、ライトユーザーを率いるという事に対して極めて自覚的かつ理想的な統率方法を持っていた、と思う訳です。

また、くりゅ先生(旧チラ)のようなライトユーザーに対して作戦の図示等を多用して、平易に行動の統制を周知しようとした、みたいな
ルートもまた一つの成功を収めてるみたいだし、勿論鷹連も取れる限りで行動の統制は取ってた筈だし、チラも不随意行動を統制に組み込む事も
フツーに行っていた筈なのでボトムアップもトップダウンも車輪の両輪のようなものだとは思うんですが、わー結論が無いよ、つまり頂上へ行くには
世界に阿修羅せよ、という話でした。絶対そんな話じゃなかったけどもー時間無いから以上!
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-23 13:01

内部向け広報シート

どもー、正式作戦名は『ヤシマ作戦(笑)』(括弧付きが重要)だと思いたい照れ隠しなお年頃、池田です。
このヤシマさんのギルド内への周知がアレらしい、という感じがひーろさんのブログなんかにも見受けられたりする訳で、
改めて池田が池田なりの仕様と展望を解説してみちゃおうかと思います。

ただ、先に注意書きしておきますが、
あくまで池田の想定しているプランでしかありません。

それこそ現場ででも、疑問点とかこーやったらいいんじゃ? とか言ってくれれば現場に即した指示が出ると思うので、そこら辺は
皆で声出していこーぜー!って基本を大事にしていきたい所存であります。
(※ただ、ここら辺微妙なトコなんですけど、現場で大指揮が「ボク何撃ったらいいですか?」とか70人から聞かれたら発狂するんで
PTリーダー、現場指揮、ギルメンなんかと調整するとか、「●●するんで問題あったら訂正指示よろ!」みたいに自分の方向性を
提示しつつ指示を仰ぐ――指揮官というのはそういうユニットを最大限尊重しながら大行動に組み込む習性があるので、言えば言うほど
好きな事が出来ると思います――のが冴えたやり方だと思います)


<バリケアウトレンジ法派生、通称ヤシマ作戦の理屈>
1、バリケードへの最大火力は大魔法(特化ブラギメテオストーム+SG)

2、敵はバリケ下LPを敷いて大魔法を防御

3、LPで防げない遠距離物理攻撃を導入(ヤシマ)

つまり、
●敵が遠距離物理攻撃を防ぐためLPを止め霧・ニュマを置く最大火力の魔法でバリケ乙

●敵がLPを敷くヤシマ通常進行でかつる!

という防御不可能な二択を強いるというのがヤシマの強みなのです。
遠距離単体指定魔法にすれば霧でもニュマでも防げないしもっと簡単じゃね? というのがSNKの行ったMbrJT主体の
バリケアウトレンジ法なのですが、WIZがバリケ裏スクリーム及び大魔法の射程範囲に陣取らないといけない事から、高スタン耐性を
持ったWIZ+献身を多数必要とする可能性が高い
ため、ライトユーザーの多い新暁連では導入するにしても補助的な使用に留まる
可能性が高いと思います。


というわけで、ヤシマ中にバリケにガンバン大魔法を打つべきか否か、という命題があるとしたら、
最低1人以上は打ち続ける事が超重要、3人以上は微妙と答えます。
敵がLPを消したら即バリケに大魔法が入るようにするため・ニュマ出されてもガンバンで消せるため・ガンバン大魔法が少しでも
敵のLP再展開の合間に通ればヤシマ作戦への補助火力として機能するため
、ですね。

ただヤシマ陣地の護衛大魔法、逆封鎖の大魔法、もしかすると将来的にはMbrJT、とWIZぽんにはお仕事沢山なので、あくまで
ガンバン大魔法はヤシマ作戦に対して重要なサポート役であると認識するのが一番良いかと思います。


以上、ヤシマ作戦の理屈でした。
ここから先は、ヤシマ→バリケ裏の敵が最前列に詰めたり遊撃に回ったり油断したりする→それに対して次の一手を持つ
といった感じで考えなければならんだろうなーと思います。出来ればその次の一手はヤシマレベルを限界まで上げるといった
穴熊→穴熊特化のような流れだけではなく、B地点制圧へのスイッチだとか、要職スナイプだとか、別の切り口でありたいですね。

リンゴ+カイゼル+バーサク(回復するの?)とか、うーん。
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-22 12:35

7/19GvG

新暁連食客の池田です。
先週しるさんち相手に後数歩(一歩とは言えない)攻め切れなかった新暁連ですが、今週はリベンジを避け、内政充実ということで
連合始まって以来初めて、新風と暁のギルドシャッフルをしてやってみようGvGになります。


<先に板転載用>
N1  (攻め)新暁○ vs (防衛)エル猫●
N1  (攻め)しるさんち○ vs (防衛)新暁●
A2  (攻め)EA● vs (防衛)新暁○

この勝敗表ってある程度視覚的にキャッチーで嫌いじゃないけど、最終取得に絡んでない道中の結果、派遣への牽制なんかが
ガチ攻めと同列に語られがち(しるさんち>新暁>EA決まったな、とか。ねえよ馬鹿wwww)だから、その点では微妙ですよね。
池田の見る限り21時15分を回ってから来たEA派遣が新暁落城を目指していたとは思えませんし、しるさんちは3バリケへの
奇襲スタートだし、まあ奇襲は食らう方が悪いんですけど、そゆ事!


<で、開幕>
てっきり大人気と推定されていたエル猫(エロ猫と書きたくなるのは池田だけじゃないはず)が放置されていたので、10分過ぎくらいから
ゆっくり攻める事にします。
当初はKor+Rbcという全戦力の6割程度での攻城を目指したのですが、入り口ロキが強固だったのと、要職分布の問題で
6割の人数を出していても4割分くらいの『戦力』しか発揮できず、士気が落ちかかったのでサクっと追加オーダー。さすがに
新暁8割vsエル猫では人数差パワーがアレなのか、ゴゴゴゴと入り口を潰しバリケ戦へ移行します。

人数差があるから恥ずかしくないもん! と対戦相手の人が言う理屈はわかりますが、人数差を抜きにしてもバリケへの先着、
そこからの陣地維持とバリケ裏へ敵を寄せずシャットアウトするプレイスタイルが安定していたのはいままでずっとSE戦を
やってきた成果として誇って良い部分だとは思います。あとマスターのバリケ間移動のEMCの足が非常に速くて良かった。


<よくある事>
というわけでN1をブレイクしたんですが、バリケ構築中にモサっと潜ったしるマスターが第二と第三の間でEMCしてダイサンジ。
砦に入ったらしいって報告は出てたんだから、真面目に陽光使ったり魂和音使ったりEMCマスターは常に後ろに戻すとかして
システム的にハメ殺す習慣をつけないとイカンですね。暁チームは若干それに慣れてきた感があるんですが、シャッフルすると
そこら辺の危機意識分担が曖昧になっちゃうのがくやしいのう。

マスターがEMCをしようとするも遠距離職に食われ、そのままの勢いでしるさんちにN1をブレイクされます。
同時期に本城A2もキナ臭くなってきたので撤退。危機意識が生まれてチャットが賑やかになっただけでも価値がある気がする
敗戦ではありました、覚えてろよー。


<21時代中盤>
SE多店舗展開とか目指してちょろちょろするも本城にEA派遣が遊びに来ちゃって果たせず。
個人的には2バリケくらいまで食われてもタイムアップ勝ちはほぼ間違いないから全軍戻すこともねーんじゃないかと
思ったりしましたが、皆で一緒の行動をする機会があんまりなかったので、という偉い人判断だったのかもしれません。

押されたりしますが左右石をスィッチして守りきって40分くらいにEA撤退。


<派遣タイム>
B1>SNK辺りがちらっと攻めてきて撤退。
L5>INT防衛をRbcの突破EMCからパリーンしてINT突破EMCされてチビるもギリギリ盛り返してセーフ

というわけで今週は3砦でしたっ。
マスターが派遣指揮を今回執ってたので池田は裏方だったんですが、個人差で砦の選定ルールが微妙に違う(池田なら旧砦1つ目は
道が短いB1よりB2が好きかなあとか、Lは一番マズい5にしなくても良かったんじゃないかなーとか)はありますが、とりたててそれは
問題にするレベルだと思わないし、偵察が薄くて強行派遣になるのは『それしか出来ない』のはマズいと思いますが、それが出来ないと
今回みたいなスタートの遅い派遣で3砦↑を取るのは難しいと思うので、戦闘の提供が出来た事も含め、かなり上々な派遣だったのでは
ないかと思っておる次第ですよ。



<雑感>
●来週は池田脳内ではしるさんち攻めです。現状は未定だと思います。うーん板にも出てるような、無理にしるさんちから
始めなくても別にいいんじゃねという風潮も一面ではある(勝っても人数差ばかりが喧伝されそうだ、とか勝ってから言いたいですけど)
ので、まあ実際EA攻めるぞー! とかも面白そうではあるのでアリっちゃアリだと思います。

●エロゲー、さくらさくらは終盤戦に突入しました。面白いかつまらんかと言われると面白いとは思うのですが微妙に道中がタルいです。
終盤の盛り上げに期待。

●というか、みかちんから振られたやって良かったエロゲーレビューをしている余裕が全くありません。内容で感動するもの(Airとか)は
例えば今やったら大して感動しないんだろうなあ、みたいな適正年齢とか嗜好の変化が著しいし、システム的な斬新さ(白詰草話とかC†Cとか)
の感動ってのは個人差が激しいからなー(池田はフェイトやオルタの戦闘中動くアレなんかは紙芝居にしか見えなくて萎える派です)
と思っちゃって、評価軸が定まらないんですよね。落とし所が難しい。
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-20 16:02

ざつだん!#2

深影っちょ様よりエロゲレビューの誘い受けを受けましたが、

池田は新暁連の作戦立案の根本に関与してませんよ!

という事を大バクロするために書き書き。
池田がやってるのは現場監督(?)と、決まっている作戦に対しての作戦書レベルのディティーリングについて、偉い人から
個人的に助力を求められた際、封鎖のプラントの位置はこっちにした方がいいとか、その構成ならギルド外ポイズンリアクトが
最小限のユニット追加で入れられて効果が高いから入れられませんか? とか細部の煮詰めに口を出す係でございます。

くりゅ先生がバリケアウトレンジ法の対策の対策の対策の対策だー! と菊(´・*・`)さんとやっているみたいで戦々恐々ですが、
2つ前のエントリに書いたような正統な進化ルート(主として1・2番目の要職増員+Mbr併用)で現人数のしるさんち相手ならば、
システム的に詰ませられねーかなー、けど対バリケ火力(※ろらとりお上の数値ではなく、前節の経験を活かして最適化してくるだろう
敵妨害がある状況で出せるであろう火力)を前回比2倍以上、出来れば3倍程度にしないとゲームセットのお知らせには遠いと思うので、
そうそうインスタントにはその領域に届かないかなーけどあんまり時間かけるとしるさんちが物理的に人数増やしちゃって穴熊特化から
脱却しちゃう可能性もあるからお盆前までにもう一度トライしておきたいなーと思っています。

けど多分次節は空城乗っ取りかSGRD跡地ファックからの防衛演習スタート。(※会議出てないから知らない)
EMCマスターが変わった関係で防衛戦構築の練習は必須なので異論は無いんですが、今の板評判からすると新暁相手に喜んで
攻めて来そうなのはSNKくらいのような気がするんで、そこが不安かもしれません。来たら来たで練習というには敗北が許されない
対戦カードだし、来なければ来ないでヒマになりそうだから指揮官的には頭が痛いだろうなあw


まあ、妄想屋池田としてはくりゅ先生クラスでもメインルートじゃないから排除して構わないと思うような可能性を引っ張り出して、
偉い人を洗脳してそれを導入させるよう頑張るのがお仕事だと思うので頑張って何か考えようと思います。

エスマリンカーを使ってバリケMbrエスマ連打って強そう! とかロラトリオを回す池田でした。
未転生職であるが故のサブステVITの振り難さはあるけど、献身かけてリカバ要対象にする前提なら火力的には(廃)WIZと
遜色無い・・・・・・けどラグ化でセット魔法>エスマを打ち分ける労力を考えると、だったら育成コストの変わらない素WIZ作って
JT増量すればいいじゃんって話になるよなあ、まあまったり系新暁には趣味職としてのエスマリンカー持ちが居そうだから、
転用が利くって一点に於いては考慮の余地があるかなー、とか徒然と。


<余談>
頑張る! のは池田のお仕事なのですが、新暁連って現状頑張ってるっぽいじゃないですか。
それによって無理が出ているとか歪みが出ているって訳では無さそうなので現状問題は無いと思うんですが、本来新暁連は
マイペース連であって、鯖でSNKと競い合って先鋭的にハイエンド化していく連合では別に無いと思うんですよね。

勝ち馬(今となっては勝ちウマーのダブルミーニングだよねこの単語)に乗る人なんかは得てして急進派であって、今後の流入の
可能性が実際想定されなくもありませんが、『お盆あるし夏はオフとか忙しいし、しるさんち攻めるのは地力付けて9月だよねw』
位のまったり進行をして、にわか急進派を(自然と)ふるいにかけるのもまた良し、だと思います。

池田は上にも書いたようにお盆前決戦希望の急進派ではあるんですが、新暁連としての軸をブレさせてまでやるこっちゃ無いとは
思うので、バランスを取ってカウンター発言でした。鯖の未来図・新暁連の目指すスタンス・資産状況みたいな理想と現実を考えて
進むべくして進めばいいんじゃないかな!


エロゲレビュー?についてはばっちり忘れてここまで3時間かかったのでまた今度。
さくらなんとかが面白いとくりゅ先生が言うのでちょっと買いたくなった池田がお送りしました。
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-18 05:50

GvSEほにゃらら考察#7くらい SE攻め考察

>つか、ここまで防衛側へのテコ入れしているのにも関わらず、
>SEが攻め有利ゲーになるのも目前なのに、何を言ってるんだかなぁ。



池田も微妙にこー思ってたけど、すっごい微妙!
SNKはMbr頼み(推定)、新暁は物理遠距離頼み(確定)と両者メインとする武器が違うバリケアウトレンジ法ですが、その両方に於いて
攻城バランスが改善されたのは間違いないと思います。

つまり、この両方を併用した(出来た)場合、穴熊対策としてのアウトレンジ法は強力なものになると思います。

しかし、それが成った場合に劇的に何が起こるのかというと、
戦術的にバリケ戦で穴熊を選択するしかない、攻70↑vs防50人規模のSE戦での攻城バランスが変動する
つまりしるさんちを鯖TOPクラスが狩りやすくなる、という程度、あるいは元々鯖TOPクラスに食われるか粘れるか、という
ギリギリのラインにいた旧エコ連・旧SGRD連クラスの規模がぷちっとイク程度である可能性が高いように思われます。
じゃあ、大手vs大手でも攻め勝率が大幅に改善されるの? と考えると、一概にそうとも言えない状況があります。何故なら、

鯖TOPクラスの戦闘の際に問題なのは穴熊の強度では無く、陣取り合戦のパワーなのです。

旧砦のあまりER防衛が強固では無いB5で鷹連(+ケット)が取った、ER防衛+後ろからの遊撃をし続けて組織的な突入を抑える
という旧砦戦術の一つの頂点を覚えているでしょうか? バリケ防衛をER防衛と置き換えると、穴熊が攻略可能になった、というのは、
B5のER一点防衛を崩せるようになったという程度の話であり、遊撃を抑えながら同じように一点防衛を崩せる
スタイルが確立しているのか、と考えると、現状ではその段階には達していないと思います。
(余談ですが、チラ+DSがイナバ最終段階で取ろうとした戦術もイナバ(拠点防衛)+バックアタックですし、チラ+DSで組まないと
人数が足りずイナバ限定で特化するしかなかった、という構造は現在のしるさんちの穴熊特化の状況と大分カブる気がします)

Gv時間が4時間とかあるならまだしも、2時間内で入口・守護石・バリケ3か所を抜かないとイカン訳ですし、入口防衛や守護石防衛に
対してはバリケアウトレンジ職を増やすと戦力が下がるし、途中でCCしようにも石復活されたらどーするのーとか考えると、
今まで7:3で防衛有利だったのが6:4になるかどうか、ではないでしょーか?

まあ、バリケアウトレンジ法は要職20ユニット程度でバリケを安定して破壊する事で、残り40ユニット程度がフルに逆封鎖出来るという、
戦術面で封鎖+攻城という分布を最大限可能なようにするためのシステムでもあるんで、ルートとして一つの正解だとは思いますが、
全く違う方法もまたアリだとは思います。EA連が導入したらしいバリケ裏への♯連打とか(コレバリケも狙ってたんじゃないかと思う)
パワープレイ(バリケ裏全滅戦)にもルートは準備されてるとは思うんですよ、ホント。
妄想的には最適化されたパワープレイとアウトレンジ戦を巧みに切り替えたり両立したりしてアレするのがアレだと思うんですが、
うーん、その世界が来る前にゲームの寿命が終わりそうな気がしますね!
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-14 12:54

7/12GvG後。

まーけーたーよー!

というわけでN2しるさんちを攻め、第3バリケを一本削った所で21時45分となり敗走しました。
第1バリケを削るまで20分くらい?(※記憶頼み)とかなりストレートに難所と思われていた第1バリケを抜いたのは僥倖だったんですが、
ホームポジションの第2で勢いを止められてしまったのが残念無念。

・アウトレンジ戦vsブラギヒールで、第二バリケ辺りでブラギヒールを増員された気がする

・封鎖班も頑張ってたけど、しるさんちLKの執念深い武器破壊と要職排除がキツかった


敗因としてはこんな感じがメインであり、まだまだ陣地構築やユニット構成に伸びシロがある事がわかったのは収穫ではありますが、
うーん、ここから先の果てしない『システム上やれる事沢山、現実的にやる事出来る事どこまで?』という落とし所に関しては、
慌てずsage進行で進んでいく心の余裕が必要そうな感じではあります。どーせお盆進行でGvが一時期形にならないだろー事は
確実なので、9月までに形を構築する位の気分でまったり進行してりゃ良いんじゃないかな。


<進化の方向性>
物理遠距離職の増員>連合特色となりうる/育成が新規に必要

Mbr指定魔法も併用>ユニットの流用が可能/Mbrの手配・高スタン耐性廃WIZの数の不安

パワープレイの併用>余り気味?の封鎖班が転用可能/事前の周知・分業の徹底練習が必要

独立判断PT(G)の再考>作戦にアクセントが付けられる/メイン作戦外に割けるタレント人員確保が必須


<傾向と対策>
池田が妄想したしるさんち第三形態(仮)とかシステム上しるさんち程度の単一G防衛でもN2防衛にはまだまだ固くなる余地がある
と考えると、まずは今回のようなバリケ3区画分の防衛網を120分で抜く方法を考えるのが急務ではありますが、最終的には
バリケ3区画を90分程度で抜けるような目算(現実的には20分→35分→35分くらいの配分かなあ、第3バリケは4本しか無いので
EMCに頼るプレイをしないなら復帰時間が長くなるというマイナス面を差し引いても第2とそこまで所要時間は変わらずに済む筈)
を立てられないと勝負の土俵には立てない気がします。つまり約5分に一本は壊さないとまずい計算。

今回陣地構築出来た状態からバリケを一本壊すまでの体感ラップタイムは10分。
旧来のSE攻め様式と比べるとそれでも圧倒的にバリケ壊せてく感はあったんですが、実質この2倍程度のパワーを持たないと
SE攻め安定には遠いようです。安定して2倍程度のパワーを出すには対バリケ火力ユニット数(期待値)を3倍くらいにしておくのが
良かろうと数を思う池田でした。凡装備のグリムAXはバリケ戦ではそこまで使い勝手が良くないので、池田もCCするかSbrを10にするか
どっちかした方が多分良さそうな予感です。

装備・ステ両方必要になるので現実的には簡単では無いと思いますが、VIT70↑ある王がサービスブラギカイトカウプを踏んでから
ブーンとか壁クローク伝いとかを上手く使ってのバリケ阿修羅は当たればサービスタイム的な補助火力として十分強いんじゃないかと
思いはします。大概壁際にサービスブラギスクリーム地帯ってありますし。
問題はバリケ攻め用の正しいステのチャンプが作れるかどうかでしょうね。池田もそこまで真面目にシミュってる訳じゃないので
アレですが、バリケ戦では花形とは言い難いチャンプに対する愛が必要な気がします。
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-13 00:43

7/12GvG前。

●攻め開始するとしたら?→しるさんち! という訳でぼけーっと眺めてたブログを少し精読してみたんですが、あれですね
前節のしるさんちは守護石防衛を捨てて、第1バリケ防衛スタートだったんですね。

構造的に堅いとはいえ、突破EMCされ度合とか出席状況によって防衛可能時間にムラがある守護石防衛を捨てて、
安定してn分間防衛出来るバリケ戦からはじめる! という割り切りは英断だなーと思います。N2は池田妄想的には
第1バリケが最も凶悪な作りだと思うので、うーん第1ヌキなら70%勝てる――というか、勝てなくても『形は作れる』
という妄想だったんですが、凹バリケをどうコントロールするか、面白くも難しい所です。

最終的には2PC教授と2PCプリを1バリケ裏に置いて、守護石防衛しつつ第一バリケ維持、というしるさんち第三形態とかに
進化しそうな気がするんで、それよりは楽じゃないかと思いますが。


<GvGで上手い、強い奴を挙げるくりゅ>

▼池田
キャラ性能:B
判断能力:A
操作技能:B

自己判断的には操作技能は低いなあと思いました。PC/回線スペック(重要)も低いし、もー年寄りなんで反射神経が
必要な操作が全然ダメだしBMは結局使ってないし。

正直オールBくらいのB級スメルが池田だと思うんですが、何というか限定的な才能持ちだとは思います。
厨二っぽくなるけど、一定以上の総合性能を持っている人って、+αとして『個性』があると思うんですよね。

池田はバリケ前に一人バンザイアタックして「クククこのAXゴミだぜ」とか視姦されてしまうくらいレミングスなプレイを
多発したりしますが「このタイミングでコレやったか!」みたいな痒い所に手を届かせる勝負強さみたいなもんに
関してはそこら辺のS級妖怪と渡り合える能力がある(事もある)と思います。それと要領の良さがあるから良い部分だけを
ダマしダマし使ってプロっぽく見せかけてる感じですね。

GvGは情報伝達とかキャラ性能に8割関係ない部分がしっかりしてるだけで有能ごっこが出来るから、腕に自信が無い人は
正面決戦しないで敵をハメときゃいいんだよHAMEX!
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-12 12:35

GvSEほにゃらら考察#6だっけ 戦術のまとめと変遷

●しるさんちシフト!って開発者の想定したGvSE攻略の正しい進化の方向性(一般化されるべき戦術)だと思うのですが、
しるさんち~というネーミングが身内的すぎて、他鯖民がコレを見た瞬間名前から方向性が類推出来ないのがなんか寂しいですよね。

というわけで、バリケ裏への戦力集中に関して深影先生がさらっと書いてた『穴熊』というまあ将棋用語なんですが、コレが
一般化には適切なネーミングであると思ったので今回の説明で採用しています。
C地点ほにゃらら法ってのも大分一般化能力に欠けてるんでこれもどーにかしたいんですが、遠距離戦術? アウトレンジ戦術? うーん。
池田は良いネーミングを募集しています。


<用語解説>
b0078381_1144475.jpg

・A地点:城主側がバリケ防護LPを敷くために必要な位置。B地点からの射程範囲。
・B地点:攻城側がバリケとバリケ裏を攻撃するために必要な位置。A地点からの射程範囲。
・C地点:長射程攻撃でバリケ裏からの火力をアウトレンジ可能な位置(対長射程・対中射程等細かい区分可能)


穴熊/しるさんち様式(仮):城主に戦力を十分量集中させ、バリケ裏(A地点)に戦力の過半数を割き、バリケヒールを
徹底する事で、飛び道具によるB地点支配とヒール回復量でバリケード維持を図る戦術。


・仁王立ち防衛:しるさんちが採用している遊撃様式の一概念をピックアップしたもの。
少数の遊撃班(主として高耐久のLK)をバリケ前密着位置に出す事で、バリケ裏からでは射程差で妨害し切れないC地点に
妨害を可能とする…というか戦術的にはA地点を拡大する行為。詳しくはコチラ


・パワープレイ攻城:攻め側がバリケ前(B地点)を確保し、バリケ裏(A地点)を制圧する事で結果無防備になるバリケードを破壊する戦術。


・しるさんちシフト/C地点位置取り法/アウトレンジ戦術(仮):攻め側はパワープレイメインとせず、C地点から遠距離攻撃を展開し、
バリケードのみを攻撃しながら、残った中・近距離戦力でC地点を維持する戦術。



<ses鯖GvSE事情変遷(※あるつ池田視点、バリケ戦主体)>
パワープレイ

C地点からのガンバン大魔法によるアウトレンジ戦術の萌芽

しるさんちにより、C地点ガンバン大魔法ダメージ<<バリケヒール量が示され、アウトレンジ戦術下火に。バリケ残り一本最強伝説。

入口ロキガディの低コスト戦術の浸透もあり、防衛有利時代。

大手連合、防衛により潤沢になった資金を投入し、攻めパワープレイ強化を図るも(※妄想)防衛を上回れず。

SNK連、MbrJT導入によるアウトレンジ戦術強化(しるさんちシフト)により、穴熊で一世を風靡したしるさんち落城。(6月最終週)

SNK・新暁による攻城成功。戦力差の問題なのか戦術面での優越なのかは不明(7月第1週)



<過去と未来>
A地点vsB地点「だけ」では基本A地点が有利(穴熊全盛)

A地点vsB地点+C地点が機能すれば基本B地点が有利(仮定段階、穴熊対策の確立)

ここまで来て初めて、どこを取って頑張ってれば自動的に勝てる!じゃなくて、両者がA・B・C地点の戦力分配(の移動)を意識して
取ったり取られたりしながら120分間で守護石2つとバリケ3か所を壊しきれるか、凌ぎ切れるかっていう陣取り合戦というか
消耗前提の後退戦になっていくんじゃなかろうかと池田は妄想しています。

入口ロキとか、一部の堅い守護石防衛とか、スタダから30分崩せなかったらモムーリみたいな流れは変わらないでしょうし、
バリケ前構造の差異によって、穴熊に向いた砦(第一バリケがあるN2)、陣取り戦に向いた砦(多分N3)とで結果に違いが
生まれたりとか色々あるとは思うんですが、そんなses鯖GvSEの今後の展望予想でした。


<おまけ>
鷹連戦での今回の勝因は、

・鷹連の入口ロキの配置が遅かった
・陣取り合戦に向いた構造のN3で、鷹連が穴熊優先のギルド構成をしていた


の二つではないかと池田は妄想します。直接的には暴猫が初投入したチェイスEMCに対してノーマークだった、っていうのが
大きなウェイトを占めるとは思うのですが、SE戦はFEと違い、ワンミスしても正しくフォローすれば粘り返せる可能性がある
仕様なので、粘り返されず押し切れたのにはそんな要因があったからじゃないかなあ。新戦術のおかげだったなら良いんですが
鷹連側のミステイクの比重と、新戦術の比重とどっちが高かったのかがスカウター化出来ないのが難しい所です。
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-08 12:47

7/5GvG 三択恋愛で鍛えた池田に不可能は無い

先週のBBS戦士に池田は非常に不満がありました。

なんで本城2つ維持しながら、第2バリケ1本落ちから鷹連と戦って負けると暁が弱い事になるんだファック! と。

しかしまあ、確かに砦を取られたのは事実だし、言い訳するのもキライじゃないけど実力行使の方が大好きなので、
SNKに一週遅れましたが似て非なる方法論のC地点特化シフトを導入し、鷹連にお礼参りする事に。
構成はET・EJ・暴猫・Rbc。作戦名はブームに乗って『ヤシマ作戦』だったみたいです。



<開幕>
超スタダ。入口周りを一瞬で制圧し左右へ展開。
第一守護石はガディを鷹の中の人が誘導してきましたが、石を叩いていた数人の先発班がそのガディをキャッチして
トレインしてくれたので、池田がスィーしてブレイク。

第二守護石前の細道にラインがありましたが、こちらは暴猫が突破潜伏EMCを石の真横で決めて一気にふるぼっこタイム。
素早くEJに連絡を飛ばしB地点で先行EMCに成功。エコ連・SGRD・奇襲MEペコ相手に練習してきたパワープレイにて
バリケをザクザクっと削って難関と目されていた第一バリケを体感的にはあっさりと抜きます。


<N3中盤>
第二バリケ前の細道で、壁裏からのスクリーム+封鎖というホームグラウンドっぽいラインを作っていた鷹連。
N3はAでいうならA2みたいなローカル地形で工夫があって初見では面倒くさいなーと思っていたらどっかが封鎖裏で
突破EMCしてまたバリケ戦先発のターン!
しかしさすがに第二バリケ戦後半辺りから懸念していたパワープレイの限界が見られたので、新作戦に移行します。
SNKの「しるさんちシフト」はMbr+JTをメインとしたらしいのですが、単体指定魔法(射程確か10)を使っていくと、

・敵スクリーム範囲内に位置取る必要がある(要高スタン耐性)
・敵大魔法範囲内に位置取る必要がある(LPはガンバン千日手なので最終的に要献身)


という点でライト層中心の新暁には本質的に不向きなので、新暁としては伝統のプロ弓手の多さを活用し、それだけ
では火力面での不足が危惧されたので、中・遠距離職の枚数をマシマシし、

・弓等(射程15)の完全アウトレンジ職をバリケ最後方に陣取らせる
・Sbr・グリム等の中火力を中間距離に陣取らせる


というスタイルを取る事に。
本来はガチ封鎖しつつ10名前後の職構成で遠距離攻撃の予定だったんですが、現場的に鷹連の封鎖は妨害としてウザ
かったけど、陣取り合戦としてそこまで絶望的な脅威では無かったので、結局はパワープレイとの両立的な感じの
強引なドリブルで何が強かったのか決定要因も与えずバリケ2もドドドド。


<N3後半>
第3バリケは庭が完全に先着。GSマスターにバリケ前の通路でEMCされ、ここで初めて真意の陣取り合戦開始。
途中超重力が発生したり、遠距離職の位置取りに対して遊撃のマークが厳しくなったりして膠着したりもしたんですが、
何を考えたのか鷹連がLPを若干下げ、バリケ下にニュマを張り出したように感じました。(根拠無し)

確かにバリケJTと違い、物理攻撃系メインの場合ニュマでバリケを防護する事は可能です。
しかし安全距離から(補助的に)出しているAMPSGやブラギMSの火力というのはLPがあるから無力化出来ているだけで、
本来純火力として一番痛いのはソレだと思うんですが、うーん俺の見間違いで仁王立ちユニットの前にニュマ置いて
前に出る助けとかにしてただけかなあ、どっかで動画かSSでも上がればいいんですが。

まあ、主観的にはバリケ下のLPが甘かった気がしたので大魔法を重点的に置きつつガンバン撃っとけばLP出てても
ニュマ出てても消せるしなあ、って感じでドカドカっと。陣地的には一進一退だったと思うんですが、少しでも形が
こちらに有利になるとバリケが減る、といった感じで火力的には十分なものが乗っていたように思います。21時前後に
一時期重力がキツくなりましたが、最悪21時半を回れば軽くなるだろうと思えば、そっから30分で落とせばいいもん!
と割り切って攻め継続してたらまたすぐ軽くなったのでラッキー、と。ラスト一本で粘られたのは仕様上仕方ないとはいえ、
ラス一本最強伝説はそのうち終わらせたいですね。

21時を回った辺りで第3バリケを落として後は残敵掃討しながらブレイク準備。
正直、ブレイク時間を調節して21時30分くらいまで旗戻り地点を押さえ、後は封鎖して暇を潰してからブレイクした方が
戦略的には良いのかもしれませんが、まあ形が出来たからいっか、と11分にブレイク。



<N3防衛>
新風側ETでブレイク、という事で今週は第3バリケ予定地でライン+陽光ガードをしていたんですが、GSマスターが
罠を残影で超えてマッハEMCしてきて修理一歩間に合わず危ういリスタート。

しかしここは新風のラインが固くバリケが無い間も何とか守りきります。フォローのER内巡回も今回はケチらず陽光陽光。
第3バリケを復活させ、鷹連も粘り2本削られますがETへの要職移動・猫・EJによるB地点制圧を丁寧に狙って行きます。
池田はこの頃ベースでETを配ったり、守護石を片方ずつ修理してガディ先生をコールしたりとスーパー裏方タイムしてたので
あんまり前線に出てないんですが、戦闘力が7しかなくて10のチームと対戦する場合、努力して10に近づく!のもいいんですが
こっちの人数増やして10に近づけるか、敵の戦闘力を減らして7にしちゃえるのがGvGだと思うんですよね。

結局40分くらいまで守ったところで鷹連の組織的抵抗は終了し、N3戦線ゲームセットとなりました。
各バリケ間の潜伏チェックをし、ノリノリのETマスターがバリケ間移動EMCをいい感じに決めてるのを確認したのでこの人は
派遣に強そうだとゴクリしたので脳内で作戦を練ります。


<派遣タイム>
時間が少なかったのと、新風・暁がギルド的に混じっていたので久しぶりに全部纏めて指示をする事に。
L1に猫とRbcを送り無難に制圧、ラスト5分でETマスターとEJ(徒歩)なんかでB1のEAに突撃、57分に制圧解除させてカウンター。

先行するETマスター、EMC詠唱を止めに来るEA連。非力ながら頑張ってETマスターを止めてるAXに殴りかかる池田。
そこに後発のそろそろお誕生日おめでとうございますモナカ先生の♯が突き刺さり、団子になった所で良い感じに切り替えした
EMCが通ったのはいい位置取り。速攻死んだ戦犯池田を尻目にETが勢いそのまま59分過ぎにブレイクし、今週は3砦獲得となりました。


<雑感>
鷹連側に事情がなんかあるのか無いのか自分は知りませんというか、何があったとしても形式的には成立していた
正面決戦から同格(以上)相手に攻城に成功した、っていうのは、そしてそれを成功させたのが攻め苦手そうと評判の
新暁連であったという事は、かなり誇って良い事だと思います。祝杯だー!


<そして>
攻めの時代、はじまる。
[PR]
by mavchizawa | 2009-07-06 00:38