<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

妄想列伝#1 偉大なるレーサーに感謝を込めて

                      ツクヨミ

b0078381_1857291.jpg政43 戦86 率39 智64 魅81



ソロレースギルド『RESTAURANT *BARATIE*』マスター。
初期には『METAL WIND's』等でGvイベントとしてのレースを行っていたが、2006.10.29の『RESTAURANT *BARATIE*』正規承認取得以後はこのギルドを中心としてソロ、もしくは少数での本格的なレース活動へと徐々にそのスタイルを移行させていく。
ブレイク回数、砦取得率に於いて高水準なレーサー活動を行っていた点もさることながら、特筆すべきはblog上で見せた視野の広さであろう。時にニコニコ動画等をも使い行われた多様な広報活動は自ギルドの宣伝に留まらず、Ses鯖におけるレーサーの在り様、戦術としての高速レースというカテゴリーの普及にも多大な成果を残した。
またWISを契機として行ったjROEB回数ランキングは、鯖間の垣根を超えた視点でレーサーを俯瞰するという斬新なものあり、鯖を超えてその評価は高い。

2009.04.25 寿引退。今はただその幸せを祈りたい。
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-30 18:59

4/29 4月度Gv雑感

●菊先生、くりゅ先生のしるさんち移籍。
本人達的にはあくまで固定傭兵なんだーとかどーのとかあるのかもしれませんが、池田が暁連所属と認識されるのと同様、
彼らも事実上のしるさんち所属と認識してしまって良い状況なんじゃないかと思います。

ふと思ったんですが、Alt、旧DS、チラとses鯖って連合と渡り合えるレベルの単体最強ギルドがどこかしら1つはあるのは
限定的ながらそういうニーズがあることの証明であるというか、そういう鯖特色であると捉えても良いのかもしれませんね。

敢えて暗黒予報をすると、こういう時代の流れに逆行するかのような高熱量のギルドは熱量の消費もまた早いと思うので、
1年後に単体ギルドとしてのしるさんちが存在する確率はかなり低いと見積もっていますが(※レトリック)、太く短くというか、
しるさんちという単体最強ギルドが終わるまでにどれだけの伝説を残すのか、池田はばっちり注目しています。


●まあ、マスター忙しいから堅守してたけど来週ナシねーみたいな絶妙なユルさが許容されているうちは池田予報が外れる
可能性も十分あるとは思いますけどね。来週の空き家N2に商業値狙いのどこか(新暁とか)が移動するのか、はたまた
大手が嫌がらせついでに焦土化してみるのか、ささやかなポイントだと思います。

EA、SNKは本城持ちでケツが重い事を考えると、人数比で砦確保数が少ない印象のあるMEペコが来るか、皆のアイドル
鷹連が来るか、そこら辺の可能性が高いように思いますがはてさてー。


●新暁連の動向は次の会議で決まるんじゃねーかと思いますが、まあSE攻めは確定でしょうから、しるさんちがGvお休みとなると
N5極楽連に真意のスタダ>N4エコ連攻城>構造の脆さに期待してA2のMEペコにお礼参り、といった優先順位かなーと
思いますが、GW進行で出席率とかがどーなるのかにもよる気がします。


●池田は最近またバリケード戦について延々と考えています。
しるさんちのヒール一点豪華主義防衛と、鷹連の大好きなバリケ前制圧防衛は概念からして受動と能動くらいの違いがあると
思ったりするんですが、何とか両方相手にうまくいく冴えた手段はないものか、と。

個人的には暁側の刹那刹那の思考が新風側に伝達されるルートが(指揮PTチャットしか)無いのが最大の問題だと思うので、
一度いつもの逆、メインを新風に入れてサブを暁に入れて情報垂れ流しゲーとかやってみるのも良さそうだけど、欠けてる部分を
一人のマンパワーで埋めるといざという時の代替性に欠けるから、組織としてはあんまり望ましくない改善策なんですよね。
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-30 00:14

4/26GvG

一番忙しい時期なので簡潔にって最近ずっとこんなんのような。えろげーまであと3日くらい!


<開幕>
エコ連とか鷹連の姿もチラホラしたけど最終的にはMEペコ連攻め、新暁連受けでスタート。
A2の構造に慣れようという目的で入口防衛は早々に放棄、守護石回りの段階防衛+罠で遅延を目指すも残影はるるんが
びよーんと罠を飛び越えてワンサイドEMCからぱっりーん。

雑想として『形は悪くなかった』と思います。残影が後ろに抜けた直後から重力増加して移動すらままならなかったりと
不運といえば不運な面もありました。しかし連合結成からの新風カットライン~暁最終ラインの流れで新風側のラインは
想定の範囲内の突破しかされていないのに暁側が想定以上に脆くて「え?割られたの?」みたいな負けパターンが相次いでいる
のは事実であり、そのせいで第一バリケ前への新風の初動が遅れていることが重大な弱点となっています。

適正的には暁側をルーチンワーク的な入口ロキ徹底、新風を展開させた方が良いように池田は考えます。
長期スパンで考えて苦手部分の練習するのもそれはそれですが、負けグセがつくのは良くないネー。



<第一バリケ>
若干遅れて展開しますが、MEペコ側も1G程度しか展開していなかったようで程々の展開に持ち込みます。
しかしLPコントロールが甘く蒸発の日々。バリケ戦はレべリング装備立ち回りが一定値を超えている教授に献身かかってないと
ゲームが始まらないように思える一幕ですね。後になればなるほど良くなっていったのは偉いと思います。ゲーム内で調整が
出来るのはかっちょいい。


<第二バリケ>
個人的には水場防衛をしてみたくて仕方ないのですが準備してないせいかナシ。
逆にMEペコに鬼のように逆封鎖されて、新風側が暁側からみると空気という有様。新風に2PC突っ込んでる池田としては
新風側のまとまった進軍と生存性の高さはむしろレベル的には高い部類なんじゃなかろうかと思うのですがうーん。

クロークマンだからか結構ホイホイ裏に回ったりも出来たので、もーちょい水場奥の方の複数枝分かれしている通路を
活用出来ていれば良かったのかなあ、といった感じで第二も没。


<サンバルカン>
構造的には第二バリケより脆い地形のように思うんですが、敵の復帰までのターンが長くなるせいか第三バリケ戦は
ここ数回、比較的調子良く進める事が出来てますね。しるさんちばりの仁王立ち防衛の真似っ子も導入してみたりとか、
第三バリケ戦に限定すればカタログスペック通りの持久力を発揮できたんじゃないかと思います。

計1時間弱の戦闘の後、落城。



<その後>
SNKのSE3砦にちょっかいかけようとしたら鷹と被ってブレイク負けA5。
SE2砦と化した鷹に多面作戦を挑むも、圧倒的な質の差により場を常に不利にコントロールされて敗戦国。

21時30分頃、最後A5で潜伏した暁マスターによる奇襲を行い第二、第三とパワープレイで突破しブレイクに成功するも、
必死すぎたマスターがバリケ修理材料を忘れて痛恨の修理ミス。再修理前に鷹に飛び込まれてグッバイSE砦となったのでした。

完全に質の差が出た一幕ですね。
極少数しかいない筈のA3にプレスかけようとして、入口ガディ2、弓1、SG1、パラ1のような1PTレベルのユニット相手に
完封されプレスがかけられなかったとか、今回はいーとしても次どうするのか決めておかないとヤバいと思います。

現状SE2個狙いの鷹vsSE1個狙いの新暁が戦って『鷹有利』であるという事は心に刻んでおきましょう。多面対局的な。



<で>
SNKの派遣本城であるV4に陣取りどーにかこーにかSNKを追い払ってC4(だっけ?)も取って旧砦2つで終了。
マネーゲーム的には悪くない形ではありました、いじょー!
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-27 19:13

4/19GvG 速攻

ざっと流れのみ。  4/20 18:00まとめ追記

<開幕>
A2防衛開始→宣戦布告のあったエコ連・通行人のSNK連が全軍布陣してスタート。
1ターン後『エコ←→新暁連』のガチチャットを受けてかSNK連撤退、しかし入口が崩れた事によってあーでもないこーでもないと
バタバタしてEMCが遅れた結果、あっさり左右守護石ブレイクされ第一バリケ戦へ(しかも後手)。


<序盤>
鷹連襲来、DSと共同気味に鷹連排除というどっかで聞いた様な流れへ。
共同戦線のおかげかバリケ前が持ち直す等若干の遅延には成功したものの、城門再展開からのスイッチ失敗だっけな、で
一気に抜かれて第一バリケード消滅。

ここでもラインの展開が遅れ、水場むりー→第二バリケ→萩原EMCされたむりー→第三バリケ裏でやっと同着~やや負け気味の
EMCが出るという後手っぷり。マスターの忙しさや鯖キャンしてた気がするとか諸所の事情があるので何とも難しいんですが、
戦闘能力という点で決して統制レベルも高くない暁連が戦力を集団運用するためには、LFがあるにしてもEMCへの依存率は
(良い事では無いのですが)高くならざるを得ないので、もー少し自分勝手にEMCしてしまっても良いんじゃないかなと思いました。
メンバーの意見聞いてEMCするのは大事なのですが、2PC観測なんぞを適度に使ってEMCしてみて間違えたら後悔する練習を
してみても良いんじゃないかなー、みたいな。

そこら辺2PCで突っ込ませてもらっている新風側と対照的だったので特記してみましたの事よ。


<中盤>
鷹の第一第二バリケ突破スピードが非常に早かった(※何してたのか超興味あります)ので、エコ連がある程度鷹連の事を
放し飼いにしだした可能性/第三まで来て城主共同戦線云々とかどこまで有効なのかが見当つかなかったので、池田的には
『エコ連無干渉気味の鷹連狙い』から『全殺し』へとスイッチを切り替えてガサガサ行動開始。20:30前後。

その後は三つ巴な感じのバトルを1時間くらいやってお約束通りバリケード後一本まで攻め込まれるもそこからバリケ60kを維持、
21時30分くらいに鷹連を撤退させる事に成功します。エコ連の妨害が非常に助けになっていたというのは疑いない事実ですが、
それにしてもバリケ戦でしっかり粘ることが出来た(特にラストバリケでしるさんち譲りの粘り方が出来た)のは非常に大きな収穫で
あったと池田は考えます、このルーチンが勉強できただけで今回のGvの価値はあったというか。


<後半>
その後、エコ連だけならパワープレイで押し返せるべーと城門復帰させて石防衛にスイッチ指示したのは派遣タイミングも
考慮すると悪手では無かったのですが、LFとEMCの選択で安易にEMC全軍移動を行った結果、城門内に潜伏していた
バンビ先生に内部EMCされてしまい無人の第三バリケに襲いかかられる始末。21:40前後。

念の為巡回していたおかげでなんとか破壊ギリギリで発見し、第三バリケ破壊と同時に復帰地点EMC→乱戦になるもマスターが
復帰地点封鎖を強引に突破してイナバEMC(今回のMVP!)し押し返して何とか危機を脱します。

SE砦の中では比較的長いER構造を持つが故に、第三バリケから徒歩で動いていたDSのラインが伸びてくれて、そこに2回のEMCの
物量が機能した感じかなーと思います。バンビ先生が城門外に出てしまった(?)せいかここで押し戻しが成立してエコ連撤退。


<派遣>
ラスト10分で派遣開始するもポタ回りがうまく機能せず、また本城にバリケ0の状態で派遣に注力するのも怖いという事で控えめに
動いた結果派遣砦確保に失敗し1砦堅守で終了となった訳でした。

経営上失ったものは多いですが、ゲームとしては得るものが多い120分だったと思います。
派遣は最悪マスター自身の2PCもしくは派遣PTの応答性の高いプリさんにも予備ポタ取りを協力してもらって、緊急時は自前で
コントロールしてしまう位の事をした方が短絡的には良い気がしますが、長い目で見るとゆっくり改善していくしか無いでしょうね。
池田はプロ志向のポタ子さんを応援しています。一回チヅさんのポタ子も見てみたいなあ@


<まとめ>
暁連サイドとして気になる事。→推論を含めた状況報告に悲観論がやや過剰かな、と。

例:『EMCどうしよう、1バリケ間に合う?』→『無理です全滅』→LFで押せば何とかならん事はないレベルなのに、みたいな。
(※今回のGvがそーだったとかいう話ではありません)

ライトユーザーが多く決して高質ではないのでマージンは多めに取った方が良い、という理屈は承知の上で、それにしても弱腰すぎて
かえって戦局を不利にしているというか、行ける可能性があっても失敗する可能性があるなら念の為止めておこうか、みたいな感じが
出てしまっていて勿体ないなーと思う次第です。心にいつも『やっちゃえYO!』の一言を。

まあそこら辺は池田みたいに失敗したら次反省すればいいんじゃんってトップダウン型(今回のラストのスイッチ→バンビ潜伏アーッは
その典型です)と、成功したらその範囲を広げていけばいいんじゃん、ってボトムアップ型と志向の違いとかもあるし、連合色として
ボトムアップ寄りである方が健全なのはわかるんで、あくまでトップダウン型からの一提言ですが。

ま、こういうのって最終的には池田がEMC使って説明しないと通じない部分もあるだろうし、微妙だっつーのもわかるんですがネー。
レタス時代も結局『自分のEMC』は無かった訳でRO生涯で一回くらいはEMCを使ってみたいなーと思うことはなくもありません。
問題は狩りを全くする気が無いことなんですけどね! ニヨ部入るしかねーのかこれは。
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-20 01:22

雑エントリ:4/19

●えー池田は現在模型の国に旅立っていますので中々本気エントリを書いている時間がありません。
模型終わったらえろげーすんぞ!と思いつつGvの事もそこはかとなく考えているんですがネタとして定量化してないので
ニュースサイト的に堕してお茶を濁そうと思います。


●ドリルさんちでランキング表公開開始。
対人板ではランキングは荒れる要因になるから自粛というUNKな風潮がありますが(それは包丁は人殺しの原因になるから
使うなと言っているようなもんではないか)、ランキング大好き池田としては大興奮。

いやいやFとNはおっぱいでしょーとか、新暁の派遣ホームのL1が低いのは陰謀だ!とか枝葉末節に突っ込む人はデータの
読めない可哀そうな子であって、『ある程度妥当な定量化をしたランキング』を複数並べて見てみて、順位の共通点もしくは差異と
主観を照らし合わせてみる等して判断の一要素として使うってのが小学校くらいで学んだデータの使い方だろう、と。


●望月さんちでGvSEmapドット版A2が仮公開。
相変わらずマゾい事してんなーと尊敬を込めて池田は宣伝しちゃいます。


●当日正午に書いても意味が無いでしょーが今週の新暁連は某所から宣戦布告を受けています。例によってお友達経由で
鷹連に『こっちくんな!』と言っておいたつもりなのですがはたしてどーなる事やら。
嫌味とかじゃなく自分が鷹の偉い人だったとしてもしるさんちに敗北し、上位3連合相手に敗戦経験のある状況からして、
次辺り新暁でリハビリすっかー!という判断をするのは妥当だと思うので、池田は介入を危惧しています。

ぶっちゃけ入口・守護石の脆いA2で2h堅守は厳しいと思うので、鷹と当たるならN共通取った時がいいなー、なんて。
エコ連みたいに水場防衛云々とか工夫した防衛をするには練度が足りないと思うので今日は練習時だと思います。


●当日18時に書いて意味がryですが、つくさんちでレーサー祭り緊急告知。
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-19 12:35

GvSEほにゃらら考察 #お詫びと訂正

『GvSEでテコン無理』と書きましたが池田の無知が原因の誤りでした!  

知り合いの女の子(!)から突っ込みを受けたのですが、『テコン系マスターのEMC秒数はノピ取得の有無で変化する』仕様なので、
キラキラでもしてノピ切りにすればテコン系かつEMC5秒のユニットが作れます

高HPと飛び蹴り移動のランカーテコン・睡眠飛び蹴りと融合高速移動可能なケンセイ・セルフカ系魔法の使えるリンカー、とそりゃ確かに
チェイサー・残影のようなベストユニットと比べると一段劣る可能性は否定出来ませんが、LKとかなんとかで作り直すかーなんてやるのなら
テコン系のノピ切りするだけで、それと同等かそれ以上のユニット能力を発揮しそうだと池田は考えを改めました。


これやると結局旧砦用に高飛び可能マスターを作り直す必要が出たりするので、全局面的戦闘を考えてテコンマスターをSEで使っている
ギルドには直接的な福音にはならないだろうし、マスターの世代交代等で作り直すとかであればLKの能力も決してテコンに劣るわけでは
無いので、それはそれで一つの解だと思いますがこんな手段もある、という話でした。気付かなくてはずかち!
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-16 12:49

GvSEほにゃらら考察#2くらい 入口防衛について

池田です。GvSEの攻城の基本として入口防衛対策は重要だと思うんですが、コレってば基本が旧砦のERロキ防衛と同じせいで
普通にがんばろー!みたいな思考停止をしている感があるというか、少なくても暁風連では最適化が達成されていないように思うので、
構造上のアレコレとかを言及しつつ妄想してみようと思います。


<前文>
●前提として過去エントリで書いたように各ユニット能力の向上は重要です。
ガディにタゲられた際に1人につき1秒ずつ長く耐えられるようになれば、連合メンバー60人で+1分時間を稼げる訳で(※ガディ1の場合)、
それだけでも突破EMCや要職の攻撃が通る確率は大幅に上昇するでしょう。

SE砦の攻城戦はガディの居ないスタダ~序盤であればある程有利です。
『エンペ出現予定時刻のカウントダウン(+マージン数秒)で突入する』
のが真意のスタダであって、1分チンタラすれば初期ガディがWP前に誘導されてきますし、5だか10分経てば追加召喚が始まって
お約束のガディ対抗戦が始まる訳です。
勝ちたいなら血走ってスタダしないといけないという方向性の共有は必須なのですが、どうにもコレが無いような。

(妄想:ses鯖は旧砦の時代からスポーツするならスタダは好ましくない、みたいなうんこ思想が散見されるので、もしかすると
そこら辺の心情的兼ね合いもある連合はあるのかもしれません)

(妄想2:真意のスタダでわざと開始1秒前に2PCとか捨てキャラで突破ダッシュするとラインが崩れる期待が出来そうですが、
上記のアンフェア感を助長しそうなのと、レミングスした味方にも損害が出そうなので自粛が無難という結論で自己完結してがっかり)


●旧来の後半になればなる程経費限定解除ー! みたいな運営方針は上記のような要素からSE戦には極めて相性が悪いです。
少なくても入口防衛を突破し片方の守護石を破壊するまで。理想としては入口防衛の再展開が難しくなる(第2)バリケ戦に持ち込むまでは
経費はケチるべきではないというか、そこでケチるなら同格以上のSE砦攻城はやるだけ無駄でしょう。



<本題>
ここでタイムアウトにつき続きはそのうち、以降雑メモ(で満足してしまうかもしれない)。


美点
・待機集合/アスムカイト切り替え指示の看板立て
・号令
・支援地帯~入口リンゴ


課題
・入口防衛=EMC集合不可能/徒歩高回転可能というシステムを活用すべきか
・流し込むだけでは散発的になりかねないのでコントロール留意
・ベースでケツが重いとリズムが取れないのでベースサンクを止めて、入口前をベース化するべきか
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-14 13:04

4/12GvG

●くまちゃんのブログを眺めたら他鯖にまで見られてるー!とか卯月様のPv見に行ったらウヒョーとか色々ハッピーだったりするんですが、
なんだろう、春でテンションが外向きに高いのでブログパワーとしてはやや低空飛行の更新となります、すまん。


<GvG開幕>
エコ連→放棄  極楽RD連(正式名称しらん)→防衛開始、でA5極楽へ。

池田スカウターでは防衛パワーは『大手>極楽RD連≧しるさんち>エコ連>故野良連』というイメージなので、RDが居ないならまだしも、
現行の極楽RD連攻める前にしるさんちを落とせるようになった方が良いように思わなくもありませんでした。まあA5の地形補正もあるし、
同格前後とみなされる相手と勝負する根性はダイスキなんですが。

というわけで50分くらい攻めて入口防衛崩せず敗走。
序盤のガディが少ないウチに決まった新風側の突破EMCからの片側守護石破壊が一つのターニングポイントだったんですが、
新風排除に極楽の半分くらいが向かった後の入口防衛を暁側が崩せなかったのが悔しい所ですね。数的に極楽RD連と新暁連は
大差ないと思うので、入口ロキ防衛の後半部分のカットラインがしっかりしている布陣なんかは真似していきたい部分だと思います。


<中盤>
50分留守にしていたA2に出戻り。池田は偵察中エコ連AXさんと仲良くA1をブレイク競争しつつA2おいでよのご連絡。
エコ連は今回DSとCROSSなんとかみたいな2G制だったような気がして、SYUというチャンプがいたので血涙系列の残影マスター
新ギルドではないかと妄想しましたがEMC現場までは見ていないのでマスターかどうかもわからず。

50分完全放置していた関係で第一バリケが無かったので城門が生命線だったのですが、入口防衛でほぼシャットアウトして、
なんとかエコ連撤退まで比較的無難に凌ぎ切りました。A2のうんこ広い構造上ある程度抜けた相手に苦戦するのは仕方ない
ので、比較的良く出来た防衛戦だったんじゃなかろーかと思います。


<終盤>
派遣開始>池田が割ったA1が無人>守護石直した所で鷹連GSが出張>アーッ!
本城偵察でプレッシャーをかけつつA1に1ギルド侵攻という典型的な大手プレスに対して超抵抗したかったんですが、

・A2は第一バリケが無く構造上かなり強襲に脆い。
・A1状況は第三バリケ修理途中でEMCを出す位置にいなかった。
・SE砦二つはSE1+旧砦1よりも利率が低い。
・2城とも城主がEJであり、旗を使ってEJをA1へ、新風を本城留守番にするのが妥当だったんだけど、先週新風に留守番させて
ダウトだったので、今週は既に派遣出ていた新風を戻す事はしたくなかった。

という言い訳要素満載につき、1Gの侵攻に対して泣く泣く捨てゲーして次に向かいます。
なのですが泣きっ面に蜂というか、ラスト15分頃から池田のネット回線が激しく不調になりだして後はマスターに事実上丸投げで
(池田的な意味で)活躍する事無く3砦でゲームセットとなったのでした、ガクリ。



<雑感>
入口ロキ攻めは最も『Gvギルドとしての地力』を試される部分だと思います。

・適切な戦術の選択
・マスターユニットの適正
・個々のユニット能力(※装備含む)

ノース先生とバンビ先生を見ていてつくづく思ったんだけれども、テコン系マスターはSE無理ですね。
10秒EMCは基本強引に通せる類の技ではないので、バンビ抜けたぞーって言われてもテキトーに追い回すだけで乙る、みたいな。
ラストの派遣時に煩雑な全軍移動をしないで即時行動出来るとか、1ユニットとして飛び蹴りやらカ系魔法や魂やらを充実出来るとか
広義のメリットはあるので全否定はしませんが、現在テコン系マスターを動かしている連合も徐々にチャンプチェイス次点のLK辺りに
緩やかに移行していくのではないかと池田は池田は考えます。
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-13 13:08

【非RO】初恋の人から手紙来たよ!

池田、元気にしてる?
今でも相変わらず浴衣フェチですか?冬でも「浴衣を着てきて」と言った池田を思い出すと、今でも笑ってしまいます。

穏やかな池田に私が「引っ張っていってくれないから乗り換える」と宣言してお別れすることになったあの日から、もう13年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、なんだか、私が空回りしていたのかなぁと思って恥ずかしくなります。池田は、なんだかんだと文句ばかり言う私に「そのツンツンしたところがかわいいんだよな」なんて理解を示してくれたけれど(何様だとも思ったけれど)、私はずっと子供のままでしたね。あのころからすでに池田はおじいさんのように穏やかでした。

確かあのとき、私にとっては5人目の彼氏かなにかで、池田にとっては初恋だったんですよね。最初のころの池田はやけに馴れ馴れしくて、初デートからいきなりキスしようとしていましたよね。「付き合えばキスしていいんじゃないの?」って(笑)。まだ付き合い始めたころ、池田は気分が盛り上がって「いつか必ず結婚しような」って言っていましたよね。私は適当にごまかしましたが、嬉しそうな池田の顔を忘れません。今思えば完全に詐欺ですけど、今でもみんなにそう言っていますか?

池田と付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。池田と別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はそんな池田のことが好きでした。これからも池田らしさを大切に、当時本気でやっていた透視の練習も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。またいつか会いましょう。では。

P.S. まだバク転の練習はしていますか?


More
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-09 00:22

4/5GvG あんまり速くない速報

昼休み終盤での15分更新なのでテキトー!


<事前>
エコ連かチラ猫か野良INTで偉い人迷ってエコ連に防衛確認取りにいったりしたけど結局野良INTへ。
エコ連の皆様いそがしー中お邪魔しておいてすみません、次節はいけるんじゃないかな!(※非公式発言)


<開幕>
野良INTへ。C地点メインの遠距離戦ではなく、基本に立ち帰ってB地点の陣取りメインのパワープレイ目標。
結果的にはワンサイドゲーム危なげなく野良INTをふるぼっこ。人数差的にあったりまえじゃーんとか言われて当然なんだけど、
スカウター値的に出来る筈の事をライト集団である暁風が出来るかどうかのトライアルという事で、内部的には十分な収穫で
あったと思います。こういう内外の価値観の差が軋轢をry。


<中盤>
もう一丁行きたいねーと思ってもどこも好カードばっかりで乱入出来ず。
偵察ばっかりしてると味方が萎えるので無人のSNKへ暫定決定して突撃、石→第一バリケまで破壊するも、同時期に戻った
比翼に第一バリケ跡地で時間を稼がれ本格的な攻防戦へ。

SNKは第二バリケ『前』で防衛していて印象に残りました。

その後EAが来て共闘拒否ったらGDったので空城であるA2に転進。
EA来なくてもラスト1hでSNKの2・3バリケ戦が残っている状況ってのはどーだったんでしょうねうーん。ちなみにEA様は
暁風を転進させたら後追い転進宣言が出ていたらしいですよ。SNKはEAか鷹しか落としてはいけないようです。


<後半>
暇→派遣タイム→3つ。

本城が脆い事・昨今のL1の客の多さから新風側を後追い派遣にしていたんですが事前の説明不足やら運用の甘さがあって
暇防衛か無茶指示多めでエンターテイメント性が非常に薄かったとの指摘があって大反省。

暁側の偉い人は色々フォローしてくれそうな予感ですが、経営戦略を理解しつつ大幅に逸脱しない範囲で確信犯的にはっちゃけて
エンターテイメント性の高いGvを提供したいというのがポリシーなので『楽しくなかった!』って評価が一番イクナイ!

一回謹慎とかもアリかと思いますがそーでなければ次回以降もがんばろうと思います。
ラストC3にテレパシーして走っていたらおぺにんぐに先に割られて非常に悔しい池田がお送りしました。あと5秒あれば
エンペまでいってたんだけどなあ。


<雑感>
レーサーがおっぱい!とか板で言われていますが今週レーサーが砦を多く取った理由は、

「砦選択で何も考えてないからだと思う」(※良い意味で)

SE砦の構造上全軍旧砦派遣がうんたらと言っても、SE層が3砦4砦と砦数を増やす方向性を持っている限り、制圧状態にした砦に
最低限のブレイカーだけ残して次の砦に行く、なんて事は珍しくありません。
ある程度以上の脳味噌の人が『極楽連がブレイクしたから無理うに>w<』とチビった所に何も考えずにデコデコ入ってみた
おぺにんぐが美味しい思いをした、みたいな感じではないかと池田は妄想しています。あと5秒とはいえ一本橋前の角の手前で
暗転しちゃったので防衛ラインの有無とかは見えませんでしたが極少数もしくは無しだったような気がします、効果音的に。

まあ営利団体でないレーサーだからこそ出来た勝ち方なのではないかと池田は思うわけですよ。
[PR]
by mavchizawa | 2009-04-06 12:59