<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

10/26GvG以外の話がメイン

<じー>
GvGはB1の暁相手にいー感じに潜ったんですが、ラスト4分という後一歩な時間にアチョーされてしまい、
再出発→入口で制圧解除→オワタという頭悪すぎコンボを食らって終了でした。
脳内的に次点はV1のEAだったんですが先週も行ったしマンネリいくないねーと思って転進した所、DSとEAが
イチャついてたという事で、非常に歯痒いというか、これは幸運のツボとかを買わないとヤベーなって感じであります。
DSは最近神EMCしないし罠ゾーンあるしなーとか、EA先週鉄板だったしなーとか変に先入観に囚われてたら
ソローの意味がねえ!って感じですよね。がんばろっと。



<最近こっちがメインな気がするえろすげー>
エロゲーマーエロゲーマーと言われつつ近年は年1-2本作家買いする程度の隠居ゲーマーだったんですが、
ここ一月でリバウンドが来たかのように猛然とえろげーをやっている池田です。くりゅ先生の真似をして簡単に感想。


・車輪の国、向日葵の少女
個性の強い主人公と感動系のシナリオって事で、C†C・それ散るなんかを崇める層(※含む池田)から比較的
評価が高い作品ーってくりゅ先生が言ってたんですが、俺的には全然ダメでした。人から借りたもんだったから
最後までやって感想伝えたけど、ワゴンとかで買ってたら間違いなく終わらせないで窓からフリスビーしてたと思います。
なんつーか、特殊な社会制度がある世界観という大設定と、感動モノとしてのプロット(双方とも完成度は低くない)
が先にありきで、その流れに無理矢理当てはめるようにキャラを動かしているだけって感じがするってーのと
ヒロインが何かを抱えているのはいいけど、ソレが魅力的に描写されていないってのが原因でしょうな。
くりゅ先生はソレが変に生々しくて良い、って言ってたけど俺は例えば『天使のいない12月』みたいに生々しさを
綺麗にラッピングしたゲームが好きであり、そのラッピング技術こそがシナリオライターの腕前だと思うタイプなので、
性的虐待とか重い題材を扱えば感動モノだーってのは好きじゃないっす。嫌いじゃないけどKey作品に心酔しない理由も同じ。

そんな訳で唯一魅力的に描写されていた法月のとっつあんが人気が出るのはむべなるかなって感じですが、
あのキャラクターも最後が今一つご都合というか、乗り越えるべき父性の象徴ってんなら乗り越えた時点で勝ちでいいし、
圧倒的な壁を象徴するならラストで湿度を感じさせるような言動をさせる必要は無かったんじゃないかなあ、と
煮え切らなかったゲームなのでした。終盤にある大トリックとか構造はすげーと思うんですけどね、ホント。



・SWAN SONG
重厚かつハードな終末閉鎖系のお話。
萌えエロゲー≒ライトノベルと考えるなら、このゲームはハードカバー本とか講談社文庫とかそっち方面と
親和性が高い印象。比較的淡々と絶望的な世界での人間の荒廃っぷりを描いているのでラオウ様のいない
ケンシロウ世界の無情が味わえる・・・・・・とか言うとムード台無しな感じです。

メインヒロインっぽい扱いを(絵的に)受けているキャラの扱いが薄かったんじゃないかなーとか、音楽スキーの
池田としては荒廃する世界に主人公の特技のピアノが流れー!的なシナリオを(タイトルからも)妄想してしまった分
肩透かし食らったりもしましたが重厚生々リアル系が好きな人にはかなりお勧めのゲームかと思います。
良作でありながら池田ツボジャストではない所為でやって良かったーと思いつつ言及する事は無いという。



・そして明日の世界より――
特に趣味ジャンルな訳でも無いのですがこれまた終末系の話。
シナリオと絵と音楽が高いレベルでバランスしている(好き嫌いはあると思います、シナリオ冗長じゃねとか目が
猫目っぽくて受け付けられないとか)ので悪く書くなら共依存的傾向のあるヒロインもいますが、それが魅力的に
ラッピングされているという点で上で酷評した車輪とは対極的意味で高評価。題材としては終末系を取り扱って
いますが、シナリオとしては生々リアル度数を抑えた寓話系(造語)なのでシナリオの健速氏がキラークイーンとかで
見せたハード路線を期待する人には毛色が違うって事で期待外れ感が出てくるかもしれません(含くりゅ神)が、俺としては
このくらいのバランスの方が『お話として楽しめる』ので好みだなあと思います。

ノーマルエンド(池田的には大団円エンドとか島民エンドとか呼ぶべきだと思う)にまで1ルート分と言えるような
労力が投入されてるってのは構造的に面白いというか、作品にセールス以上の過剰な情熱が投入されてる感が
あってアツいですね。後クラシックとかアカペラとかいう小道具にキュンキュンしちゃう人はやった方がいーと思います。
池田的には今年度トップクラスの満足作。ガーデンが完全版なら・・・うーん・・・・・・・。
[PR]
by mavchizawa | 2008-10-30 20:07 | えろげー

10/19GvG

<GvG>
GvGは予定通り事前にサイコロ振って決めたV1へ。
EA連だったのでちと相手がデカすぎるなーとは思いましたが、入口封鎖で潜伏も何もどーしようもねー!
って哨戒ラインは敷かれていなかったので21:30に入場。30分間1MAP尻やらそこいらで時間を潰す事に。

ぶっちゃけGvへの熱量は一時期よりも低下しているんですが、だからこそこういった1Gvの仕込みに
30分消費しても辛くナーイ的な部分はあります、ある意味一長一短というか。

そんな感じで21:57分まで時間を潰して3MAPにそりゃーしたのですが3MAP頭のサイトに引っ掛ってしまい
JTマシンガンやふるぼっこ相手にブーンPOTとランク白スリム連打で3尻まで無理矢理ダッシュするも3尻で
待ち構えていたWIZZZZZZZZ様のSGに引っ掛かってブーンPOTの在庫が切れて試合終了。
3頭のサイトが適当だったので避けようとした所ひょこっと移動されて食われたのは少し世知辛かったですが
まー仕方あんめーであります。


<流行の話題>
けっとすーを利用してC1継続堅守がどーのこーのと一瞬話題になってましたが、なんつーかそれ自体の
是非はやってる側やられている側の問題なので別にどーでもいいと思うんですが、波風が立ちそうな行為は
とにかく自粛自粛と安全傾向の強かったローカル風潮(造語)を乗り越えた行動が最近各所で散見されて
その点が興味深いです。

不特定多数へのPRや流動層の維持のための風評安定よりも、ちょっとやそっとじゃ動かない身内的固定層を
エンジョイさせるGvGを作り出す(もしくはギルドそのものを維持する)事に重きがシフトしていってるのかなとか
思ったので言語化でした。
価値観が多様化するというかエゴが顕在化するのは闘争の場において決して悪くない事だと思うので
個人的にはこの流れが広がっていくことを期待しています。BBSなんて怖くない!


<えろげーむ>
コメント欄であれこれオススメされたので秋葉に行って来たのですが買ったのは『そして明日の世界より――』でした。
誰も勧めてねえじゃねえか!って感じですがなんつーか池田はシナリオ買いする事を決めている一部の
作者以外のゲームは絵でオーラ来ないと中々金を払う気になれない次第であり、『さよならピアノソナタ』で
植田絵に敗北した池田としましてはコレを買うしか無かった訳です。あとウィンドウ形式のゲームは基本ダメ、
ノベル形式サイコー!

総評:超買って良かったいえーい!

                                              <いつか続くかもしれない>
[PR]
by mavchizawa | 2008-10-22 13:50

10/12GvG

おいっす、ソロー池田です。今節のGvGなんですが何をしてたか記憶があいまいな負け試合だったりします。
鷹のB2見に行って変なトコで見つかってぽっくり死んだり、V1のDS見に行って相変わらずの罠に絶望したり
C2がラスト数分くらいという制圧解除にはやや早いタイミングで割れたので乱戦でもやってるんじゃねーかと
走りこんだらタイムアップだったりとかそんな感じだったかな、書けば思い出してくるもんですね。


最近はラスト30分1PCでのログインになる事が多い事と、動画撮影を中断するとクラ落ちする事が多い事から
モチベーションが低いというか、付随して嗅覚が下がってる感じがしてままならねーです。
使えない嗅覚に頼るくらいならいっそ今日はV4!みたいに事前にラスト攻める砦を完全固定して突っ込んだ方が
成功率が高いのかもしれません。
Racerや庭少数派遣のように、『レースが回っている砦に割り込んで期待値を発生させる』という最少人数で砦を
取るために最適化された方法があるのはわかってるんですが、そっちルートは他のプロに任せて池田としては
空気読めない方面に特化したいと思っているので、中々難しいです。
現実的にPCの読み込みスペック的にも2PC婿リンカーが存在しない事からも公道最速伝説系の勝負にはかなり
分が悪いっつーのもありますしね。

池田は来週攻めて欲しい砦の指定を募集しているかもしれません。



<えろげーのおはなし>
くりゅ王様がえろーげを紹介したり何なりしていてアレなんですが、なんつーか聞いたところによりますと王様は
えろげーのエロシーンに愛がないらしくノリノリでスキップしたりしやがるらしいです、超ふぁっく!
まあこれは本人がアウトプットした情報っつーだけであり、本物の王様は右手にペペローション、左手にこんにゃくの
王者二刀流でえろげー三昧かもしれないなあと思うのですが、実際プレゼンされているゲーム各種がなんつーか
『シナリオ・ゲーム性・エロ性』の3点評価ではなくシナリオとゲーム性だけを評価軸にして
やがりらっしゃる気がして池田の友人のように、

「やっぱ触手ものなら魔法少女ア●だよな」

等と言った部分が完全スポイルされていていくらパンピー向けのプレゼンとはいえそれはあんまりっすよー!とか
思うわけですよ魔法少女●イも触手も別に好きじゃないですけど、にょろーん!


なんて考えながらじゃー池田のお勧めのエロゲーって何なんだよと言われると業界から割と遠ざかっている池田としては
古いものしかお勧めできないので大弱りしてしまう昨今でありますの事よ。
エロゲーやったことが無い人が想像する『エロゲー』として萌え泣き完備、えろすも同系列のゲームとしては相応に
装備かつアクは薄め、シナリオも音楽もバランスが取れている、という方向だと、サーカスの『水夏』
b0078381_264978.jpg

なんぞは悪くないかなーなんて思ったりもしますが、池田はシナリオ部分担当の御影様信者であってサーカス自体は
割と嫌いなんでスイカが面白かったからって同社の他商品に手を出すことはおススメしません。

以上、他もあるけど全年齢推奨のページで黄金水マニアにはおススメ、とかレビューするのはどうなんだろうと
思ったりもするので一旦カットする池田でございました。
知的なくりゅ王は18禁というのは性的な行為をシナリオに含める事が出来ると言う点で表現の厚みうんたらであって
エロがどーこーだから俺はエロゲーをやるんじゃないんだ!とか言いそうでそれはそれで(どーでも)いいのですが
清く正しい脳内童貞池田としてはエロゲーはピンポイントにエロの厚みもまた評価するべきだと思います。

『ラストシーン直前で唐突かつおざなりに一発ヤって終わりの純愛ゲー』を嫌悪する池田がお送りしました。
しーゆー。
[PR]
by mavchizawa | 2008-10-15 02:21

10月最初のエントリっ

<GvG>
については特に何も書くことの無い敗北の歴史でございます。
新ログイン方法のせいで突然クライアントが落ちた後の再起動がメンドくなったなーとは思いますが、
動画ソフトは動いてくれたのでよかったよかった、と。

まあ公開する程の動画は撮ってないんでupはないけどね!



<いんたーびゅ>
ランチェスターの法則について、識者の人に改めてソレって一体なんなの?っていう部分を言語化させた
という点で、大目標の一つは達成出来たインタビューだったと思っています。


>>感覚的にここの相手でこの砦ならどうすれば勝てる
>>ここでこの相手には勝てないって事が頭の中で把握出来てれば十分だろ

>という内容があったけれどまさしくその通りで(中略)
>前提が違うから食い違ってるだけで
>貴方の考え方も合っているし、オレの考え方も合っているはずっていう主張。



出来ることならココから先の話題として、『では名指揮官とは何が出来る人間の事なのか』なんて感じの
『指揮官という資質の分析』に話を展開出来れば――という二つ目の大目標があったりしたんですが、
夜中から明け方4時くらいまでメッセしていて両者力尽き気味であった事や、テキストとしてのまとまりを
考えると冗長になるよりここで区切った方がよかろーという事でこの形になった次第。


ちょっと尻切れトンボっぽくない?って思った人もいるかもしれないので舞台裏トークでした。
さて、名将とは何だろう。
[PR]
by mavchizawa | 2008-10-06 20:56