<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

11/25GvG コールドゲームだ!

ヘイ毎度、エントリを書くのに一番悩むのがタイトルだとしたら次に悩むのは書き出しだと思ういけだす。
定型文にしてしまえば楽ではあるんですが、大学で感銘を受けたテクスト論講師のおっさん(ややキティ)が
作品の華は書き出しだ! そこにどんだけの作家性が詰まってるもんか自覚的に読み解け! みたいな事を
言ってたのが忘れられせん。というわけで今週も挫折して凡庸な書き出しからGvレポートはまじりー。


<前説>
今週は青い人と予定が合ったらペアでもしようかGvでした。
といってもヤツが鍋で一時間遅刻したのですが、まあ俺は先週まるまるPC不調もあってぶっちしているので
どっちが戦犯かは一目瞭然というか。2時間ぶっ続けでペアするのも楽しそうではありますが、開幕はソロで
試運転+練習>ペアでHONBANというのも見栄っ張りな池田としては悪くなかった感じ。


<開幕>
C2はKh連(で良いのかしら)へスタダ>死亡>Eva襲来。
Kh連は開幕に入り口WP付近でルアフサイトを焚きやがったりして、小技で気が利いてるなーとか思ったの
ですがうーん、名状しがたい脆さがあるというか、B1ER防衛ってルックスは堅そうだけど割と脆いじゃん?
そんな感じのもにょさをC2なのに感じるというか、単純にロキが居なかったようなアレ忘れないでがロキの
直後にいただけでロキはあったのかそれとも蜃気楼ハメで不発しまくってたのだろうか、うーんわからん。

まあそんなうんこ状況なもんでモサっとME連がLPを貼り押し込んでいく中で池田も後ろから入ったのですが
池田の足が遅かった事に加えてME連廃WIZによるSG空間制圧がしっかりしてたもんで、ME押し込みゾーンから
ME後衛ゾーンの間の空間で散々削られて足止められりんぐ、ME連の前衛がエンペに半分くらい群がった頃に
これはどうしようもないと強行突破を図ったのですが、一刀EDP狙い>いつもと違うSCに違和感>押し間違え。
ME連がブレイク。


<序盤>
ME連ブレイクの後放棄>Kh連が制圧しつつ暁が攻めてきてラウンド2-。
暁連はEJ+猫+PS+CCで動いていた気がして思った以上にCCエンブが多かったなあ、とか、恐らくCCがEMCを
取っててPSはマダなんじゃないかなあ、とか逆かなあとか全然知りませんけどそんなイメージ。でもって
暁はそのどっちかマスターに臨戦を使わせて突撃をしているようでLPッー!

どうやらKhの廃WIZにも上手い人がいるようでガンバンやら的確な置きSGがズンドコ飛んで来るのでかなり
危ないのですが、さっきのような足が遅かったが故の取り残され死を繰り返すのはダサすぎるのでブーンで
なんとか暁のフロントラインまで辿り着きます、画面左上っ、暁EJが同箇所にてEMCっ。

そして被さるSG、張られるLP、穴あけガンバンSG、LP、叩いても反応しないSCって白ぽ切れてるーッ!
幸い暁Bの人が潜伏している俺の隣でLPをリキャストしだしたので白ぽが切れるのと同時にHPバーの削りは
止まります。前にはラインを上げようとして押し込みつつも高台を登り切る事無く削られていく暁連前衛、
底を尽いた回復剤。さくっと決断し、非常食のイグ種三つをSCに押し込んでブーン!

SGと若干の飛び道具を走り抜けイグ種をひとつ!
エンペを数発殴った所で真隣にいたKRマスターがEMCを詠唱開始、しかし5秒+EMC直後の硬直数秒っつーのは
AXに取っては十分なオッズ。崖下にいる暁の掃討に目が行ってるのかプリが削られたのかサンクSWが無いのは
有難いけどQMだか忘れないで踏んで殴るの遅いなあとか思いつつ中火力に耐えながらふたつ! 
EMCで発生するKR30、恐らく極楽が圧縮なんだけどこの人数の多さのおかげで逆に池田が人混みに埋まって
タゲりにくかったようで一瞬の無風地帯、刹那の後タゲ確認したっぽい王者が真横で阿修羅チャージしたり
WIZが全力稼動するのを見ながらみっつ!パリーンっしゃああああああああああ!!!

・・・・・・その後逆走してエンペを割られる前にC2を脱出します。青石一つ節約プレイ。


<道中>
らんらんるー。
b0078381_22414735.jpg

中小規模のチョイスマスターは下克上してこそチェイスを選んだ意義があるんじゃねーかと妄想すんだけど
sesのチョイサーはみんななんか動きが主戦機っぽいよね、お国柄なのかしら。


<道中B>
21時頃青い人が来たので肩慣らしにC2、SD連城主制圧Kh連へ。しかし同じAXでも方向性が違って面白い。

●池田は進軍に影響の無い哨戒線は無視して強引に突破する事が多いパワータイプ。
突撃の試行回数を増やせるという利点と、存在がバレちゃうからERが警戒されやすいという欠点を持つ。
逆の側面から考えると、池田が哨戒線を突破する時は必ず姿が見える、と相手を油断させておいて完璧な
突破潜伏を織り交ぜる事で虚を突くための機動、とも言い張れる。

●青い人は全ての敵を弾幕ゲー的に完璧に避けながら進軍しようとするテクニカルタイプ。
突撃の試行回数は減るけれども質は高く、相手に一切気付かれずにERに突入する事が可能。また一度姿を
見られたとしても哨戒線を抜けてるのか手前にいるのか、来てるのか帰ってるのかわからないという不安感
を煽り、疑心暗鬼で敵が哨戒線を崩す事をも利用して進軍する機動。

って感じかな。青い人も俺も『2人同時に』ERに入る事によるタゲ分散の重要さは身に染みて理解してるんで
何とか合わせたい所なのですが、そうそう理想的な3尻までの潜伏突破×2が成功する訳は無く、かといって
ソロより試行数が1/10に落ちたりしてはさすがにアレなので、Aクイック!とか3尻に集合する際の合言葉を
決めても良いのかもしれません、なんて思いながら2人揃ってERにブブブーブー!

そしてタゲ分散効果で池田はロキを抜け、罠をぶっちぎり高台に駆け上がって一刀EDPPPPPPPP!>阿修羅没。
ソロではまずここまで抜けられないC2で突破を成功させた事、一刀持ち替えに成功した事で個人的には満足
したので制圧状態のC2は諦めて転進します。


<21時45~55分>
アナウンスを見るとL全砦に鷹連が散っているイメージ。
あそこは実現可能な最大限のチャレンジをする(実現不可能そうなチャレンジはしない)連合だと池田は分類
しているので、コレがL全砦狙いなのかLのエンブレムを一瞬ひこにゃんにするーとかミーハーな建前のプレイ
なのかを判断すべくサクサク青い人とヒノトも使って偵察に行きます。

L1・暁制圧中
L2・Raysのイナバ防衛>箱庭がブレイク(21:52)
L3・DCvs鷹
L4・WHEブレイク>小~中人数で防衛
L5・新風VK制圧中

うーん、制圧中とはいえL1は旗戻りがERに激近い事と同盟外テコ庭を温存してたりすれば奇襲でドリームの
可能性は0ではありませんが、この時間帯にL2で制圧しないでブレイクしている事やL5もアレな事を考えると
全制覇は目標にはしてなくて結果的に最大数取れたら大喜び、ってトコじゃないかと妄想します。

そして青い人は良くも悪くも状況の固定しているL4に、池田はL4か直ポタのあるL2かーと思った瞬間にL2を
チラがブレイクしたのが55分。これで庭の狙いが違うもしくは不可能な事は確定したし、後ろからME連の
派遣が走って来たのでこれはL4より面白いバランス、と思いL2を最終戦場に選びます。


<ラストバトル>
ERでイナバるチラっ、それなりにしっかりした職分布で派遣に走るME連、ME連の逆周りから一人こそこそと
機を窺う池田……なのですがくりゅ先生っぽいAX(ウリボウさんと顔が似てるのでそこまで確認してない)が
陽光を使ってそうな動きで俺しかいない筈のオープンスペースに殺気を放つので、かなり超絶に貞操の危機。
一度ならずサイトで炙られますが、SBの射程が短い事を利用して立ち止まらず間合いを外し、炙られた瞬間
ブーンでME連の人混みの中に逆走ダイブして通行人を犠牲にして逃げ延びます。ぐっじょぶME連。

そんな事をやってるうちに時計の針は58分、ER内部には最低限ADS、AXAXWSが健在。
うまく抜ければエンペを2発殴ることは可能、FLEEを使ってSBを避け、ランク白スリム連打でADSを凌げれば
5発くらいまでは殴れる可能性はある、けどエンペを壊せる10発前後まで殴れる状況になる可能性はほぼ0。
勝機としてはME連のLKやゴス系生物が2体以上理想としては3~4体エンペに取り付いた瞬間に準備完了して、
そいつらがエンペを叩きだしてタゲを取ってから消滅するまでの間に割り込んで最後をかっぱらうしかねえ。

なので全力モード、硬直の長いEDPを外周で先に使用します。効果時間なんてラスト15秒あれば割るか死ぬ。
そしてFLEEアップのために菓子を食べ、火力最高UPの為に恨みの箱をおぺんし、アロエベラだってガブリ。
そんな準備をしながら20秒待っても複数LKのエンペタッチを許さないチラ火力に絶望しそうにもなりましたが
奇跡的に一体LKが生存していたので、残り秒数的にもここで合わせるしかねえしME連もそう思ってるだろ、と
ブブブーンしてエンペに、エンペにいいいいいいいいいいい、あれエンペ無いよ?

『おつー』

GvG終了となりましたッー。


<雑感>
●一人よりも二人がいいし、二人よりも多分三人がいいね。(戦略的な意味で)
実際3~4人といった辺りにvs10人突破の閾値があると俺は思う。1人だとエンペ横の阿修羅1で厳しいけど
2人になると1人が死んでる間に割れる可能性が出る、3人になるとその手前にある罠を一人が踏み荒らして
残り2人がそこを通れるようになる、4人になるとWP防衛で一人引っ掛かっても3人が罠地帯に辿り着ける、
みたいな感じ。アマチュアが混ざると逆に弱くもなるけどね。

●しかしソロー(ペアー)の最適化というだけでも、
 ・キリエ10
 ・カイトカウプ
 ・バーサクPP+コート
 ・フルアドレナリンラッシュ
放置2PCでも一応出来るものだけでもコレだけ。上を望めばキリがなく、それらをどこかで切り捨ててでも
最小単位で動く快適さを優先したが故に選択したソロー(ペア)ではあるんだけれども、難しい。


●来週は先輩の結婚式二次会ルートでフラグが立たなければGvGに参加していると思われます。
[PR]
by mavchizawa | 2007-11-26 22:43

11/18GvG 共同幻想としてのGvG

<前説>
●やあクソ共今日も元気に直結してますか?(挨拶)
池田はCUFFS(※エロゲーメーカー)の新作が10月後半に出る予定だったんで、そこで暫くROから離れて
わふわふの国に移住する予定だったのですが1月25日まで延期になっちゃったのでもう駄目です。

つーかさー、政治的(笑)にまっとうであろうとノイズィーな名将列伝様を数ヶ月スルーしていたけど、
大人げありすぎて俺様ちゃんらしくないから、本能の赴くままにABCでいう所のB行為に及んでみよう。
名将列伝様はスカウターっちうものが全然まったくナッシングデースな感じにわかってねえガブリガブリ! 
夜光ゲロ姫にしかわからん恐れのあるネタを使うなら、

『ハァ?↑ 何ソレふざけてんの?』(c)でゅえりすと

って感じ。
出席率で戦力が変わるとか騎兵が多いからラグに弱いとか池田はリア♀からのチャHwisでイチコロだとか
んな当たり前な些事はどーでもいいんだどーでも。スカウターってのは純粋な『戦闘力』を測るもんで、
あーあと10行くらい省略、わかる人にはわかれ。

というわけでGFMP連も破談になったし、うーん『鷹=NTT>EA=DチラーS>馬=GF』でピピピのピーかねー。
なんでもかんでも≧にするとイコール付いてる分言い訳が利くもんで中庸大好き日本人としてはついつい
NNTT≧EAとかキめたくなっちゃうけど、んな常識的な妄想は俺以外の誰でも出来んだから別にいーべ?

以上を踏まえて今節GvGエンターテイメントストーリースタート。


<開幕>
B5に行ったら鷹ケットシーが防衛。当然のようにスタダで即死して防衛をカンサツするブログ。
相変わらず1MAP後端にEMC崖哨戒+カットラインも兼ねての20人前後の防衛線があってソロでは無理ー。

2PCで発狂するようなカイトカウプキリエ供給とブーンPOTの連打さえする覚悟があれば、50回に1回くらい
抜けられたのかもしれないけれども開幕から経費を全開にする訳にもイカンので、SGの中をハイドで歩く
事は可能かなーとか練習をしながら穴を探します。あと言語化しにくいんだけど、特にブーン中に攻撃を
食らった時に後ろにびよーんと引っ張られやすいラグと、ワープしてヒットストップが千切れやすいラグと
ラグの風味が違う事があるのでそこら辺も味わってムグムグして転進。


<B2、馬防衛Dラー攻め>
開始前にDSチラーのベースに行って祭りの規模は確認していたのでいるだろうとB散策したらゲットー。
元レタスメンバーに鬼のようなDA食らったり追い回されておにんにんがワクワクしましたが、姑息さの
年季が違います、潜伏潜伏。

DSチラーも軽い逆封鎖はかけていましたが、他者の介入を許さないというレベルの封鎖では無く、逆突撃や
極少数の復帰に対する自衛を基本とした封鎖に留まっていたのは連合的行動への志向性の浅さかなーとか
チラは後衛は最低限だしDSは高回転しちゃうせいでカットラインが断続的に途切れざるを得ないからつまり
出来ない事はしないで出来ることに最大火力って事かなーとか自分なりの理屈(妄想)をつけて位置取り
を調整します。今回はDSチラーのLP上にお邪魔する事に(;´Д`)

そしてチラに合わせて突入したのですがこれが面白い。
まずチラが変態っぽく硬い。第一クランク辺りで何やらボコボコやっているのですが、池田がWPを5往復
くらいしているのにチラが蒸発していかないでボコボコボコ、うはーなんだアレー。
更に対する馬連も凄い、WPハイドはどこの連合でもスキをつけば割とホイホイ決まるのですが、ここは
WPにサイトだかHDを被せるのが非常に上手く、池田のヲチャーを許しません。

そんなこんなで入り口が崩れた後チラーの後からエンペ下くらいまではご一緒したのですが、うーん何だろ
違うと思うけどEDPMBにしか見えなかったものをクロークしたまま踏んづけて、誰にも気付かれないまま
一人戦場を後にしたのでありました、まる。


<中盤、B5鷹防衛>
一人でB5に戻ってチョメチョメしていたらDSチラーが出てきて、これは面白いフラグ。

かと思ったのですが、妄想以上にDSチラーが形を作らせて貰えません。入り口から遊撃にプッシュされて
足を止められ、1後半クランクのカットラインで手間取り、うーんハマってる。鷹ケットの要職マークが特に
上手かったのか、DSチラーが正直に出てきた敵相手に正直に戦争しようとしすぎていたのかわかりませんが
形勢的に非常に不利な感じです。
なのですが池田には大勢はあんまり関係ないっつーかむしろ皆が必死になってくれるとうはおkて感じなもんで
スルリと抜け出して3MAPへ。今週は先週より1MAPに比重を置いて3MAPの比重が少なかったので穴を使って
さくっとSGの隙間を走り抜けて3ENDの無人ゾーンに到着します、誰にも気付かれぬ神プレイ。

と思ったらこんな所にMVP。3尻のWPにマンドラが4匹被さっています、今は無人くんだから良いのですが、
2週前のように3尻にカットラインがあったとしたらこいつらは最高に邪魔に機能した事でしょう、とか思って
マンゴーさんをクリっとしたら、

『クラスルーン』

ちょwwwwwwwwwwwwwwww池田の中で鷹連のメンクセ値(スカウターに非ず)を上方修正します。
クラス先生は池田を危険物として正しく認識している事、こんなとこに完璧なプラントする位経費を度外視
してまで防衛の理想化を計っている事を考えると、どう考えても危険物です。
池田が連合に優越する部分として、一般的常識に捉われずに経費を使用する事があるのですが、要するに
クラス先生は今回鷹連という後ろ盾の中俺と同じ覚悟でGvやっているわけで、こういう人間が一人混じって
いるだけで非常に面倒になりますね。

というわけで本体に見つかる前に一発落としてやろうとERに突撃したのですが、道中必死でブーンPOT残量が
ラス1で、渾身のブーンが入り口SGに引っかかってしまいハメ乙となりました。入り口の人数なんて5人くらいしか
居なかったので実に勿体無かったですが、SG置いてた廃WIZさんがうまかったって事かなーと。


<道中B>
というわけでERは後ろに人が居そうだったとはいえ絶対数は少なかったので、強引な献身崖超えEMCだとか
チラの単騎突破潜伏EMCとか超短期決戦スキルがぶっぱされたらカオスになるんじゃないかなーという期待を
しながら戦闘を継続するのですが、折りしも超ラグが始まったこともあり見事に動けません。
チラDSの転進時期にドリームチャンスがもう一度訪れエンペ横までブブブーンと一気にぶっちぎったのですが、
ラグが酷くて何回押しても!何回押しても!錐ボタンが動かないよ!

とタクト先生(メギン)がエンペの隣に立ちふさがって「よっしゃこーい!」と雄叫びを上げた瞬間に錐が
手に取れたと思った瞬間に何か飛び道具を複数重ねられてエンペにタッチしたかしないかの瞬間に没ーッ。
やっぱ画面から目を離すのは問題だけど今回ばかりはさすがにうーん、と悔いの残るシボンヌでありました。
片手錐+盾という選択肢を準備しておいてそっちを使って居れば・・・という選択肢ミスも含めてううむ、と。


<敗戦処理>
というわけで力尽きて来たし後は端的に。
後はB3NNTTvsチラDSvsEAに紛れ込んだりとか、B5防衛組が3MAP(と派遣)に引いた後の1MAPにて、
クラス先生と鎬を削る熱戦を繰り広げて2PCのキリエ3様のおかげでリーフをブロックしながら突き進んだり
ADS鬼連打で没ったり1勝3敗くらいのペースで遊んでWHEの廃プリさんに「チャHしてくれたら見逃したげます@」
とかおぺんで絶叫したらDAくらったりして残虐すぎる負け試合を味わって試合終了となりました。

もーちょっと動けたかなあ、とは思うものの、これ以上のパフォーマンスを考えると常時スーパーサイヤ人
というか無理がありすぎるので、後はバランス良く集中と拡散というか、小技の引き出しを増やしていって
勝利の可能性を引き上げる事が出来ればーといった感じですね。

来週はふみ(仮名)とかに忘年会ルートに誘われなければ青い人との共同プレイGvが行われる予定なので、
仕事も来週はねーしちっと頑張って出来ればなあと思いますが、果たして吉と出るか凶と出るかー。
[PR]
by mavchizawa | 2007-11-21 01:42

11/11GvG おにんにんからナマハゲビーム

●更新パワーが低い時は箇条書きに限る。

●アルツ系老人(というとイケてる)のように同じ話を繰り返している気がしなくも無いのですが、
池田はインモラル以外にも、叩かれると辞めちゃいそうなので池田みたいな毒々しい人からリンクを
張るのは自重しとくかーって人や、興味はあるけど関係性が薄い人なんかはインモラルせずブクマで
巡回してたりするのですが、世の中(鯖問わず)探すと色々面白いGvしてる人がいますね。

●賢い人も熱心な人も居ない訳では無いのですが、ses鯖ってアウトプットに熱意を注ぐ人が少なくて
それが勿体無いなあと思ったりする事はあります。まあキモ鯖とか言われる鯖だけあって一般の場に
アウトプットするとBBS戦士なのかキ●ガイなのか知らないけど変なのが沸きまくり、かつ賢明な人が
その場を健全に回す努力を諦めて久しいというか、んな事に労力割くなら身内掲示板やmixiみたいな
顔が見える範囲で活動してる――という現状があるから仕方が無いのか、とも思いますが。

●そんなsesネットワーク事情なもんで(どの鯖もそうなのかもしれないけれど)現実に展開している
GvG事情とその歴史を綴る筈のオープンネットワーク事情との間には若干の乖離があったりします。
本質的には違う事をしているつもりではありますが、単純化すると…というかカテゴライズするならば
今の俺のやってる事だって先駆者として近似する位置にまからべの中の人であるとか潜伏の人がいた訳
だけれども、本人達がアウトプットを好まなかった事やら何やらあってネット表舞台には出てない訳で。

●まあ確かに大手の興亡であるとかと比べれば、歴史的に無視しても差し支えない範疇ではありますが
こうやって歴史の影に黒歴史は生まれていくんだなあ、とかね。

●前フリが長い分本文が短いGvGのおはなし。今週は序盤戦でV1暁様相手に罠を踏み割ってエンペまで
突撃に成功したりとちまちょなドラマチックを演出しつつメインはB5、鷹連防衛砦。

●番組の途中ですが池田スカウターです。
 『GF+MP連=鷹連=NNTT連>EA連>その他』
GFMP連の戦力(数じゃねーぞ)が正直読みきれないので≧か=か悩んだのですが、面倒なのでイコールに
してみました。GF練度低くねとか鷹は強くて格好良くてオンリーワンに決まってるー!とか五月蝿い人は
自分のページで自分なりの論を立てれば読む人も多角的な情報が得られて嬉しいんじゃねーでしょうか。

●そんな感じで基本上位3連合は戦力的に5分に近しいと思うのですが、今回鷹連がケットシーを雇用した
事と、DS面子が数人ケット庭に傭兵に行っていた事により人数的に2~30名前後(ケットレポ期待しとけ)
のプラスが鷹連に発生しました。SSで見る感じ鷹連は70人前後じゃないかと思うので、大雑把に考えても
1.3~1.5倍程度の戦力増強はされていたって感じでしょうか。

●そして鷹連は元々5分の地力を保有している所に、その+α分の戦力を最大限に機能させる布陣をした、
といった感じだったと当日1時間半くらいB5に時間を割いていた池田は思います。
B5はERのWP一点防衛に関しては欠陥砦ですが対人板にもあるように高飛びによる3MAP復帰が容易である事、
3MAPへの徒歩進入路が2つあるので旗戻りからの3MAP復帰が容易である事、ERが広くない事からラインの
上下が可能な練度ある連合か、ERに人数を均等に配置する人数がいる連合であればそれなりの防衛は出来る
砦の構造な訳で。あまり他鯖他鯖というのも他鯖厨UZEEEEEEEEって感じですが、loki鯖ではそんな感じの
スタイルで最大手がB5を長期堅守し続けたなんていう事実もあるようです。人数もあるかもしれないけどね。

●おおまかに、
1、箱庭が1崖と1クランクで哨戒兼遊撃に1/3位
2、3MAPにケットシー(マスター含む)
3、ERにWHE中心の布陣
4、臨戦用マスター(たこさんの飛び蹴りチェイサ―ソロギルドかね)
といった感じでしょうか。
目立ったのはまず庭WHEの遊撃のLKですね。高耐久力でBB、BDSで削っては復帰し、復帰しては削りといった
感じで足止め、カットライン的機能として人数比でとてもパフォーマンスの良い動きをしていたと思います。

そしてうーん、あんまり俺がケットだけ褒めるとアレなんですが今週のケットは強かった。
前述の遊撃班との挟撃が機能していた事も一因であるのでしょうが、大崩れする事無く3尻を拠点としての
平地戦で敵を削り落として行きます。崩れる前のEMCによる的確なメンバーの回収と、そこからの高飛び>
飛び蹴り>拠点帰還EMC(多分献身も能動的に動いてた)が圧巻で、どちらかといえばオールドスタイルの
GF連(マスターがLK・LK・王なのかね)に対して速度の差を見せ付けた戦闘でした。

ケットの一人勝ちとか言っちゃうのは簡単なのですが、別の角度から見るなら3MAPにケットマスターまで
投入して、最終ラインは地力だけで基本凌ぐというスタイルを選択した鷹指揮官は有能であるなあと。
脳内理想系としてB5防衛でこのスタイルを想像出来る人間は(自称軍師を志すものであれば)少なくないと
思いますが、現実に形に出来る所がどれだけあるかと問われればうーん、難しいでしょう。

●といった感じで、一度GFチラまで共闘になった時に3MAP後半の拠点まで制圧気味に押し込まれていましたが
ERと3MAP中盤からの挟撃+遊撃、という二段階目の挟撃の形が機能していたようで、GFチラーは効果的な連突を
中々する事が出来ず、共闘の制約もあって決定的な形を作ることが出来なかったようです。

●池田? GF連にふるぼっこにされ、遊撃のケットにふるぼっこにされ、カットラインでカットされ、と
何も良い所無しで3MAPでGvGヲチャーと化していましたのことよ。
GF連撤退直後・ペコロス強襲時・NNTT奇襲時の計3回程エンペタッチまで遊んでは貰ったのですが、エンペの
横にいる廃WIZ様のSWSGとチャンプモンクによるW阿修羅がレイプでゴスリンかバーサクが無いと無理ゲーだと
思った次第であります、ゴスリンがあれば割れたね、と言い換えると前向きのようなキ●ガイのようなー。

●そんな感じで今週のGvはあんま良い所無しで終了。盾EDPの実験も不発するわラスト適当にL4突撃
したらまだ新風が制圧解除してなかったみたいで(※新風なのは知ってた)入った所で暗転されたりして、
本当に良い所なっしーん!

●余談ですが、NNTTはここ2週くらい鷹にラストちょっかいかけてEMC前後までいってツンツンしているので、
今後の展開が少し楽しみな池田であります。(※便乗的な意味で)

●けど来週は蜃気楼Gvです、厳しいー。
[PR]
by mavchizawa | 2007-11-13 02:12

11/4GvG うほっ、これはひどい穴レイプ←犯罪です


毎度こんばんは、Gv時間中に毒瓶をプレゼントしてくれる親切な人がいたりして、一体全体どこの
物好き様だろうと思ったらアイリス先生だった事を知って二度びっくりの池田です。来週DSがGvGを
お休みするという事で、旧レタスメンツでも中心に一緒にやらないかーと声をかけたかったりもした
のですが連絡環境が無かったワンデイプレイヤーの悲劇、ファーック!

等とのっけからトバしつつ、今週もさらりとGvレポート(※レポートっていうのは本義では論文であって、
俺様のコレはGvGルポタージュとか呼ぶのが妥当じゃ無いかと思うけど語呂が悪いっす)いってみよー!


<開幕>
連合メモ、Kh連ってどーなのよとリクエストがあったのでこれは行くしかあるまいとV4Kh連へ。
DC+ケットが攻め込むのに便乗し、相変わらずエンペに先に辿り着きEEEEEEDDDDDDDDDDDDPPPPPP!!!
EDPした瞬間に自分が短剣を持ち替え損ねているのに気付いたのは良かったのですが、短剣を持ち替えて
近所のデブ(LK)にエンペをブロックアウトされたので慌ててエンペを掴み直そうとし、視野が狭くなった
所に後ろから来たDC(多分)のアシッド☆デモンストレーションを食らってABOOOOOOOOOOOOOONNN!!

その後DC制圧>天魔(紅SD連)ブレイク>暁連襲来とV4戦況はカオスに。
池田はKh連相手にスカウターを使うという第一目標は果たしたのでSCの部分調整をしようかと、1MAPの
入り口坂道脇で座り込み調整作業に入ります。一見タダのアホに見えますし現実的にもかなりのアホだと
思いますが、こうやってると無視して通り過ぎる人、とりあえずツツいて反応を見る人、殺しに来る人と
連合の指針や統率力や中の人の気質が分かって地味に情報収集になったりもします。

と、調整が8割方終わった頃、Kh連でも暁連でも紅SD連でもなさそうなソロAX(?)の人がソローで入り口
クロークSbrを始めたので池田はクロークしてちょっかい回避、せっかくの面白い状況なので、前回の反省
として思い立ったグリムとSBの練習を兼ねて共闘する事にします。
紅SD防衛中、Kh連と暁連が死に戻って徒歩復帰を始めたので、未転生職、WIZ、雷鳥をマークして、坂道を
登り始めた辺りの旗の近所に隠れながらグリムグリム! 横からクローク>Sbr!

うひー楽しい、StrカンストでもEDPしている訳でも付与している訳でも無いのですが、池田グリムだけでも
WIZ程度なら殺し切る事が可能でした、そして追撃のSbrがあるので8k未満のHPっぽい敵は大抵沈む事に。
Sbrの人も最初は急造連携に戸惑っていたようでしたが、数体敵を殺した辺りでテレパシーが通じたようで
池田が掘り起こされた時は反対側から後衛潰ししてフォローしてくれたり中々ナイスなボコボコボコ。

個人的課題として『グリム>炙られる>SBに切り替え寄ってきたな馬鹿め!』を練習するというのがあった
のですが、グリムの先行入力しすぎで硬直したり、炙った敵にSBを出す為に密着しようとしてミスったり、
練習だから良いっちゃ良いのですが俺TUEEEEEEEEEというには殺されすぎた感はありました、けど非常に
楽しい突発イベントであり収穫も山程あったのでご満悦、ホクホク。



<道中A>
ちまりちまりとBL鯖を回り、B3でGF+MP連が鷹連から防衛をしているのを確認したり、B4でEAだかどこだかが
守ってるのを確認したりしますが、BL鯖が重い重い。こういう日はVCの戦場中心に時間を潰したい所ですが、
今週はCを外してVLに固定してたのでV中心に遊ぶことに。うーん、15分くらいで出来る事なんだしゆーの垢に
ポタ切り替え用アコくらいは作っておこうかな。

しかしVはVでレースに大規模防衛と放棄砦と、あまり魅力的な戦場に巡り合いません。レースに俺が行っても
仕様が無いのでV3に遊びに行ったら無人で、一応エンペ壊そうかと思って闇水ボタンをぼちっと押すつもりが
間違ってEDP(残量2)ボタンをぽちっとなってちょ違wwwwwwwwwwwwwww。
幸いにもラグが酷い時間帯だったので、ゆーのさんがもっさりしている間にホワチョー!とF4キーを叩き潰し、
ROを強制終了して何とか事無きを得ます、危ない危ない。


<道中B>
等と遊んでいる内にいつの間にやら21時30分、今週のハイライトB3攻めへ。
B3攻防戦は最初の内はどっちに転ぶかわかんない感じだったんだけれども、道中一定時間が過ぎた辺りからは
GF連の防衛ムードに傾いていたので、ニワが転進する>3GF連がMAPにカットライン作って派遣に力を入れる、
という形に移行する前に3MAP後半に潜伏出来ないかな、と目星を付けていた砦であります。
しかしGF連のローラー作戦が随分と丁寧。FP過半数が出てるんじゃねーかと思うくらいの人数がゴロゴロゴロと
3MAP後半をサイトで回りだして大ピンチ。一応サイトする人の後ろをついて歩いたりとか比較的死角になりやすい
アソコやアソコにINしたりもしたのですが、WIZがWPにHDを打って掘り出し確認までしてくる辺り頑張りすぎです。
結局3MAP中盤で掘り返されたのが21時40分、どうしようもないので恒例のER←→3MAPのWP往復に入ります。

猿のようにWPを往復する池田、ディスられては馬牌を叩き、バーンされてはロヤルを叩き、無敵時間をバランス良く
使って10往復くらいWPを行ったり来たりします。しかし対するGF連が賢いのか何なのか、WP周りにだけ大魔法を集中
させるのでは無く、WP先の進行方向に魔法を分散させやがって非常に大弱り、うーん。思わず絶望しそうになったの
ですが、そこからさらに10往復くらいしていたら敵WIZぽんが当たらない範囲魔法に飽きでもしたのか不発してたのか、
何やらロキに被せるSGが途切れているように見え出します。なのでペロっとWPクローク>するっとクランクターン。

うはwwww潜伏性交wwwwwwwww

潜伏にも人混み周辺に潜伏する、エンペ付近に潜伏する、オープンスペースに潜伏する、と幾つか方法があるのですが
21時台後半である事を考えると趣味にしかならないエンペブレイクを狙うよりラスト1分まで潜伏を狙いたい、という
事で今回は敢えて一番虚を衝けると思われる人混み周辺に潜伏する事に。
そのまま1~2分程度潜伏していたのですが、白いモフモフ帽(装備品名知らない)を被ったチャンプが明らかに哨戒では
無く何かを見つけたかのような確信に満ちた足取りで俺の潜伏位置に向かって一直線に歩いて来ます、すごく嫌な予感。

ル☆ア☆フ!

くわーやっぱりマヤPか陽光っスかー!と取り敢えず脳内のマヤP持ちブラックリストにチェックを入れつつ、こうなったなら
割るしかありません、ブーンでブブブとエンペ一直線。・・・・・・しかしエンペから遠い位置取りしたのが仇となり、サンクSW
にパンチを止められ、EDPSB3連発がラグって回復の出ないゆーのにフルヒットしてしまい敢え無く没。
一刀盾ブレイクも選択肢に入れるべきかもなあ、とか回復先行入力すべきだったなあ、とか課題を残した敗戦となりました。
しかし脳汁はドバドバ出たのである種の満足感はバッチリ。


<ラスト>
こちらも時空NW連が馬連に襲われているのは確認していたので、馬連が撤退した事による油断が以下略。
さすがに中堅さんは大手よりも警戒心がヌルく、3尻の潜伏にはもっさり成功。周辺を頑張ってサイトする人はいたのですが
一定以上の危機意識を持たないルアフサイトは出すだけで自己満足してくれるので潜伏側としてはやりやすいものです。

先週、先々週とラスト3分で割っては取り返され、が続いたので今週は我慢の子で潜伏、ラスト2分を切るまでひたすら地味に
3MAPで待機待機。うーん対連合相手にラスト2分まで待機して一発に掛ける、という状況を意識して作ったのは今回が初ですが
我ながら浮いてるなあと思いますね。哨戒の人の空気感を見ていてもラスト5分くらいまでは非常にピリピリしているのですが、
ラスト3分を切り、ラスト2分を切った辺りになると何ていうんだろ、終業のチャイムが鳴った後に残務整理をして帰り支度に
入ろうとしているかのようなオーラが漂うというか、要するにレッツゴー!

ブブブブブーン!

3尻に一人哨戒プリがいたのでWPに入ってからレジポ>ブーンPOT入力をした為、1秒くらい視認されてから動き出す俺、その所為か
反応したWIZの魔法がクランク前に展開されてしまってこれはミスった、力押ししかねえかな、とブーンを叩きながらハイド連打で
SGを潜ったり単体指定攻撃のタゲを切って強引に駆け抜けようとしま・・・・・・

ジャーン!(ロキの展開音)

・・・・・・テンパってたから全部脳内で単にラグってただけとか、ヒットストップで第一ロキ上にいた可能性もあるけど説明しよう。
第一ロキの後ろに実は第二ロキが居たらしい、ロキが不発気味だったのか切れ目にハマったのか知らないけどハイドには成功し、
その上にロキが展開したつまり全部CIAの陰謀でハイド中の人類は滅亡するななななんだってー!(投げやり)
という訳で10秒後に『潜った!ルアフサイト!』と叫ぶ時空ギルマス様(多分)のオープンチャットを聞きながら、

お願い早くサイトして(;´Д`)ハァハァ

なんて内心で思いつつサイトからFURUBOKKO☆されて死亡、ゲームセットとなりました。
うーん鈴木さんが傭兵に行っていた事を知っていたら選定先から外してたなあとか、やっぱりL4は道が細長すぎて厳しいなあとか
幾つかの反省と将来の展望を得てまた来週ーっ。
[PR]
by mavchizawa | 2007-11-06 00:31

実は記事よりタイトルを考える方が難しいと思う

●レタスに砦を取らせない為に必要なのはカットラインでもプレイヤースキル(笑)でも無く、土日に売られている
露店の毒瓶を買い占めておく事であるという事を知っている者は、少ない。

どうも、生涯に一度しか毒瓶をクリエイトした事が無い池田です。
例えばランク白スリムとかは知り合いの罵声っ娘(※『いけだのばーか』とか言ってくるオアシス的存在)を
ツテる事で実費で分けて貰っていますし、毒瓶もソレ系の供給源を確立すれば懐具合的に楽だなあとは
思うのですが、堪え性の無い俺様としては倉庫にあればあるだけ浪費してしまったりするので、何つーか
身銭を切ってGvしてる、という今のスタイリングはそれなりに適正かな、とか思ったりしています。


●星の人には引き分けにしといてやる、とかくりゅ先生にも惜しいなあとか言われて舞い上がっちゃう
昨今ではありますが、確かに面白いトコまで行っているとは思うけれども結果が伴っていない時点で
自分の負けでありとにかく悔しいのう、と思い続けている今週であります。

ただ、本気で熱量を注ぐのであればEMCを取り、2PCプリのレベリング+DAサンクSW完備まで行い
+30秒の遅延に対して最適化してこそ真のプロ、という面があり、今の俺様は労力対効果を考えると
そこまでやるのメンクセ、と後ろ向きな決定をしているのが実情なので、サボった分のツケが出ているなあ
というか、肉体労働を厭うのであれば同等の頭脳労働をしなければ同等の結果はそりゃ得られん訳です。


●池田的連合メモ(敬称略)
<暁連>
弓、WS、罠、ドラン、望月、ノースエロスとメンクセーのはEJに多く、やらないか(阿修羅)は猫に多く、
PSはプロアマ入り混じっている感じ。
頭には力、力には頭で対処するのが楽なので派遣されているギルドを見極めて攻め手をうにょらせると
少し楽だったりする。連合としての暁連は比較的ライト層に位置すると思うが、指揮官のノースエロスは
名将と評されるに値するプレイヤーなので油断出来ない反面、読み易くはある。

<チラ>
エンペが見える範囲に火力職の過半数が位置取って来る関係上、非常に相性が悪い。
砦によってはキルゾーンがエンペからやや遠い砦もあるのでステージ(池田用語)によっては勝機が
発生する事も無いでは無い、って程度。指揮官が本質的にはやんちゃなので2砦狙って勇者EMCでも
してくれればドリームは起こり得るが、総じて徒歩職の頭が良くEMCに頼らない派遣行動が可能なのと、
人気ギルドであり攻め手が途切れない事からオッズは低い。

<だるねす>
罠プロがいるので正攻法では面倒くさい。事前の潜伏かEMCで居なくなるのに賭ける必要がある。
すめマスター時代は王者EMCがそれなりに有り得たので勝機が割とあったが、バンブちゃんになって
良くも悪くもケツは重くなった感がある。高飛びEMC狙いとかその気になれば尻軽に動き得るマスターキャラ
だとは思うんだけれども、二代目の看板の重さといった所か。

<ニワ>
本砦の砦前監視・入口監視・3MAPカットラインと、システマティックな警戒ラインの完成度はB常連の
中でもトップクラス。基本レベルが高い事は間違い無いが、堅守と複数砦確保両立の為に最適化された
警戒ラインであり、また現行システムがベターであると思っているが故の油断が無い訳では無いので、
ぶっぱなされると事故る時は事故る、といった程度のオッズは存在する。

<NTT>
ホームグラウンドであるB3警戒システムの完成度はかなり高い。入口が非常に多いというB3攻めの
利点や、ラストでマスター数名が積極的に派遣に動く事を差し引いてもオッズは決して高くないので
無茶な単騎駆けより便乗を期待して機を伺いたい所なんだけれどもマヤPがー。

<EA連>
上記2ギルドと比べると一世代前の警戒スタイルといったイメージ。
ERを拝むのは比較的楽な代わりにER内部の職分布がしっかりしている事が多いので、攻略の難易度
としては大差無く、これはこれで確立した強者の防衛スタイルという事だろう。
ホームであるB4の砦構造的に防衛ラインとエンペの距離が遠いので、その点はドリーミィ。

<流☆星連>
ケツの重いMSに火力が多く、尻軽なEvaのエンペ破壊力が高いというバランスの良さと防衛を重視する
スタイル、人数比で他大手に劣る事に自覚的であるが故の警戒心の高さからかなり面倒臭い。
というイメージが色濃いけれども、稀にスコンと薄い事があるなあと思った事も。


ラスト15分前後に遊びに行く事が多い所に対する感想はこんな感じかな。
他にもGF連は甘かったりしょっぱかったり差が激しいなあとか、ペコ連は入口>ERボイチャラインと
池田シフトとマヤPがうざいなあとか、実は派遣中の大手より中小のがよっぽど面倒だったりするなあとか
未分化な部分はあるけれどもあんま行かないから今度ね、以上!
[PR]
by mavchizawa | 2007-11-02 00:05