<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

EKDだからです←結論

●最もアクセスが少ない土曜の夜に地味に更新。日曜にレポを尻にくっつければ良いかなと。
黎明期とかさ、対人板でよく次週の連合の動向予測ーとかあったじゃん? 今やると無駄に批判する猿と
無駄に煽る猿としか居なくて猿の惑星なんだけど、その行為が建設的であるか否かーなんて大人の理屈は
別として、何かを言わずにはいられないっていう熱量が共有されて世界が回っていたわけで――もしくは
他鯖の活気のある板では少なくてもsesよりある程度そういう活気を以って世界が回っている鯖もあるわけで、
つまり『らき☆すた』のOPの歌詞を皆で必死で聞いて想定歌詞を必死こいて修正するようなパッションが
今のses鯖には失われて久しいと思うのだだだー☆(※このフレーズを使いたかっただけ)


<次節の妄想天気予報>
●大型で勢力を保ったまま北上している鷹連はNNTT地方に向かって進んでおります。
このままいくと夜半過ぎにはB3は暴風圏に入るため、暴風と鷹波には厳重な警戒が必要です。

→恐らくラグは先週並にヒドく、ケットがいないNNTT連と鷹連の戦力比を池田スカウターでピピピするに
道中で鷹連がNNTT連をチョメ☆チョメする戦力を保有してるのはまあ確定だと思う。
最初から最後まで堂々とNNTT粘着するか、照れくさいからラストだけNNTT宿無しを狙うか、先週のアレは
無かった事にして今まで通り紅SD辺りに奇襲して格好つけるか。(けど3週以内に絶対NNTTを狙うと思う)

NNTT側は鷹連が来る事を警戒して守りをある程度固めるだろうし、鷹連も先週の反省から本陣のシフトを
再編成するだろうからBラストの動きは少ないかもしれない、と見せかけていつも通り動くかもしれないので
ここら辺をどっちに読むかは指揮官のセンスだと思うけど、どちらも『油断』には程遠い状態で本陣を守る
だろうから、ソロー池田としてはどこに介在する余地を見つけ出すかがいつもにも増してメンドクセーです。


<ゆん☆ゆん>
●けっとしーのSSと戦況解説及び他サイトを見る限り、鷹連がいつもより布陣を超サボっていたかというと
そーでもなくて、いつも通りの最低限度のERラインと高飛びEMCをカットするための崖監視班、単機駆けを
阻止するための3頭カットラインと相応に機能的なラインは存在してたようで。

正直池田としては、崖献身EMCか徒歩組によるADSorSbrorSGの集中砲火で崖監視班をどうにかして
高飛びEMCを通すか、2尻に複数マスターが潜伏してEMCで大軍を呼び出して一気に雪崩れ込めれば
理屈としては鷹連落ちるだろうなーと思いつつ、『りゅーくんの考えた、りそうてきなたかれんのおとしかた』
でしか無いんじゃないか、とも思ってましたが、うん、良い意味で予想外だなあと。

正直鷹連と他B常連の本質的な違いは、練度とか職分布ではなくて『遊び心の有無』だったと思うんだけど、
昨今『庭連』が暴れまわった事で、若干なりとも風通しが良くなったのかもしれませんね。


●で、大手の3砦を取る際の基本ルールは『本陣1+派遣陣2+ラスト1ターンでの攻め3』だと思うんだけど、
前者2つはどちらか手薄な方に正攻法の奇襲(文章が愉快である)をかけると落とせる可能性が高いし、
後者はゴディバ程度に漁夫の利ルールを使うのが上手いギルドなら5回に1回くらいは横からかっさらえる
程度の勝率があると思うんだけれども、大手の砦に試しに偵察を突っ込んでみる中小がもーちょい増えると
良い感じに世界がビキビキして、最終的に池田の割り込む余地が増えて嬉しいですv


●まあ皆それぞれに悩み頃だよね。


●等と妄想スキー池田ではありますが、Gv中、妄想ワールドの中で未来を思うままに動かせないようなヤツは
あまりにもセンス無いからROやる前にまず電波受信の練習から始めた方がいいよ、と思いますガチで。
俺が走ればSGは不発するし、サイトは俺の1セル手前で方向転換するに決まってるし後ろの阿修羅のタイミングなんて
俺の尻のアホ毛がビリビリ来た瞬間ハイドでアイアムアゴッドに決まってるぜードゴォォォォォ。

『ラグった!』



<じー☆ぶい>
というわけでGvレポをペロっと。今週は重い軽いとかはまー予想通りってレベルだったんで、特にどーって事は
無かったんですけれども、今1つうーん、遊びとしてエンジョイなGvはしたんですが、砦をぶち取ってやるぜー!!
っていう飢えっつーか強い目的意識の無い、煮えてないGvをしちゃったなーって感じです。


<序盤>
C3無人→金が勿体無いのでEDP無しでボコボコボコ→LK出現スタンバッシュ連打→白ぽ連打で必死でブレイク。
ふう、と思って装備欄を見返したらベナムナイフが装備出来てない。道中上がって来る人の尻にベナムナイフでも
投げて喜ぶべーと、無人の3MAPでショートカット欄を2P目に切替えてF9をポチっとな。

ズギャアアアアン→「エンチャントデットリー☆ポイズウウウウウウウウウウウウウウウウン!」

バトルモード入れてたのwwwwwwwwわwすwれwてwたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
というわけでさっきの苦労は台無しになるわ、倉庫を確認したら毒瓶在庫3つしかなかったことを知ってファビョるは
露店もえすかい先生(今回生とベース同じ所だった)も毒瓶をお持ちで無くて絶望したオープニングでした。


<道中>
レベリオンのC3防衛相手にトコトコ突っ込んでストリップ全裸されてエンペの回りを逃げまわったり逃げまわったり。
EDPSBで排除戦に巻き込みてーとか思っても残りの毒瓶は3つ、V4のDSイナバの裏に回ってエンペに接近するも、
C2の箱庭で遊撃さんと仲良くするも残りの毒瓶はry。で、木偶ーッ!

まあどちらも毒瓶を使っても75%殺されるだろう状況だったんですけど(勝算のが大きかったら在庫3であれEDPしてる)
微妙にエンジョイ分が不足してきたので方針を変更することに決定。


<道中B>
というわけで、EDPを使う状況まで中々持ちこめない対大規模をカンサツする事に。

●『ぽつぽつ攻めて来てるのにレポート書いてくれないのなんでー!』と突っ込みの激しいsepペコ団
→いつもは単騎駈けには厳しい入り口リーフ付き防衛をしている事が多い(めんどくせー)んですが、今週はまだ防衛線を
構築中だったのか入り口及び道中のカットラインは薄め、サクサクERに突入。

突入するもここには故レタスの固定傭兵ぐらたん先生がいたりして、人が㌦固定である事を熟知していて雑魚狩り対策が
完璧でらMEEEEEEEEEEEEEEEな上にマヤPは、マヤPは止めてくださいーッ! ジューッ。


●B1馬制圧防衛
→ERへ。派遣メインでやってたのか珍しくERに人が超少なく突破出来るレベルだったのに、偵察のつもりで行っていたので
ブーンを押すの勿体無いなあとか一瞬躊躇してヒットストップに食われて没。2度目のチャンスはありませんでした。戦犯。


●B3紅SDCGが制圧防衛だっけな、違ったらサーセン
箱庭+sepペコ団が攻めていたので攻め封鎖を必死でかいくぐってERに突撃して何事も無く蒸発します。


<後半戦>
その他VCもチマチマ回ったんですが、俺の運や選定眼が悪かったのかもしれないけど、程良いプチ防衛に中々当たらず
一般的中小はどーやって道中を楽しんでるんだろう、と聞いてみたくなったりしながら各所を転々とします。

●V1暁防衛、DS・ゴディバ共闘無し攻め
DSが戦力バランスを取りたかったのか漁夫の利を嫌ったのか、3尻で徹底的な逆封鎖をしてゴディバ他散発的に来る他Gを
ひたすら排除排除。ゴディバもADSを投げたりEDPしたりして戦争戦争。
これは(時間潰しに)最適だ、という訳で池田はDSのWIZや阿修羅がラインを寄せてきたら、ベナムナイフ連打で毒毒させて
ウザがって襲ってくるWIZや阿修羅をトレインしてSBで各個撃破してみようかなと思い立ちます。ベナムベナム!

撃破に失敗して阿修羅で掘られたり阿修羅で掘られたり阿修羅で掘られたりはするものの、ベナムの射程が割と長い事に
気付いて楽しかったんですが、DSをトレインして来て後は殺すだけって所まで持ちこんだ俺様の可愛いらしい(・*・)に向かって
空気読めないごでばのADSがフルヒットしたりしてMINAGOROSHI! 『DS>ごでば>池田』 という食物連鎖の最底辺の悲哀を
噛みしめながらベナム! 暇そうな暁が遊撃に出てきた削られた暁の復帰組も参戦し戦況はさらにカオスにBE☆NA☆MU!!
ナイフ切れまでたらふくカオス分を摂取して転進。


<ラスト15分>
各所を再度偵察してV1に戻ったら暁防衛のままDSごでばは転進した模様、あの状況じゃERを攻められないからなあっていうか
ああいう突入出来ずに逆封鎖でGDGD、っていう状況を嫌うDSにしては随分長くV1にいたなあ、って感じなのでまあ想定通り。
しかし入り口にはノリノリADS1と望月BをブレインとするカットラインがあるわERが罠で埋まっていてダイサンジ。

人数振り自体は入り口に5くらいERに12くらい(適当)とEMCマスターでも飛んで行ったら面白かろうって感じだったのですが、
俺はソロであり警戒バッチリであり死にまくりんぐ。禁断のイシスゆーのさん(最近脱走の危機)まで使って突撃を繰り返した結果、
1回罠を綺麗に踏み抜く事に成功し、エンペに隣接する所までいったのですが潜伏には失敗。時計はまだ50分を回ったあたりで
ブレイクするにしろ早すぎるしサンクSWとフルボッコの壁は高かった、没。


<ラスト5分>
先週は覗きに行かないで悔しい思いをしたのでB3へ。
庭がオーソドックスに防衛してて何も起こらなそうだったので、3MAPクランクの雑魚狩りライン前で発見された際、蝶帰還。
殺られる前に帰るという何の生産性のないプレイで幕切れ……するのも詰まらないので。


<ラスト1分>
油断しててくれないかなロスタイム無いかなーとV1暁に一応ダッシュ1本。
入り口を抜けた所で「おつー」発言を聞くも、この発言がフェイクの可能性も0では無いので一応暫くダッシュしてゲームセットを
自分で確認したところでお疲れ様、Gv終了となりました。


<雑感>
例えばヒノト先生を無理矢理ROに連れて来て奴隷労働させる、例えば入り口防衛に先にポタプリを入れて囮にしてAXで突っ込む、
残影2PCを使って罠を踏み荒らしてみる、魂カイトカウプをどーにか準備する等々、池田=ソロというキャラ対策に対して斜め上の
行動を取れるもんなら取らないとアカンなあと思った。池田のソローは108式まであるぜ! みたいなっ。


<APPENDIX>
●今週アーッと武将が同盟。

●Phantasy Starが暁連と体験同盟。人数は10人未満なイメージ。

●今週暁連が3砦獲得、ちくしょうおめでとう。

●ZOOが解散(未確認) 
[PR]
by mavchizawa | 2007-07-29 00:49

たか☆とび

やる気が無くならないうちに書いちゃうべーと言う訳で、今更らき☆すたのOPをBGMにして
レタス時代はヤバすぎて書けなかった高飛びEMCレースについて語ってしまいましょう。
(※7/26少々加筆)

<前提>
ses鯖で最も頻繁にレースが行なわれている気がする、V2『のみ』に話題を限定して語る。


<基本情報>
●基本ノビティギルートについては、
『http://sukishoup2.blog75.fc2.com/category4-4.html』辺りに図解で詳しく載っているけれども、

『入り口で下向きタイリギor徒歩→壁にぶつかったらノビ5→3→右に1歩以上歩いてノビ5』

を使用する俺様ルートを最適ルートとして採用する。理由は入り口右に行くJotwbtルートでは
初動が徒歩職と被ってしまいリスキーだから。到着時間18秒前後。


●比較対象となるペコ+速度のエンペ到達時間は、
『http://blog.goo.ne.jp/popo87/e/45ef7bb2e7f18e9cd72a0b5be7e8521c』
こちらをソースとして採用させてもらう、到達時間30秒。


<単純比較>
防衛(妨害)の無い、ブレイク→即リログの完全レースを考察。

高飛び:18秒+EMC10秒=28秒
IAペコ=30秒

この時点で、到達時間についてはそこまで差が出ない事がことがわかるかと思います。
池田の計測したリンカーのDEXは80程度だったのでもっと高飛びのタイムが縮まる可能性はあるし
ラグればラグる程徒歩の速度は遅くなる(*但しブーンPOTを使えば縮まる)とか副次的な要素は
色々ありますが、EMC後の硬直が解けて動き出せるようになるまでに5秒前後かかる事も考えると、
エンペ到達時間については徒歩もテコンEMCも大差無し、と考えて差し支えは無いでしょう。

要するに、高飛びEMCは『V2では徒歩職がエンペに到着するまで独走で割れる程の性能は無い』
『ただし、徒歩職がペコ程度しか辿りついてないタイミングで全職を集合させる事は十分可能である』
といった感じでそこからの集団行動に価値を見出すべきスキルである事がわかるかと思います。


<条件1:ぷち防衛>
次にテコンEMC(10秒)について考察しますが、はっきり言って非常に詠唱妨害しやすいです。
ヒノト先生も過去ボヤいていた事ですが、視界内に人がいたら8割方止まると言っても過言では無く、
V2であればエンペ前の1本橋の辺りに1人、ER入り口辺りに1人の計2人が布陣しているだけでも
EMCはほぼ通りません。密着しようとして段差を利用して振り切られないように、EMCを詠唱するまで
付かず離れずでマークするのが多分最適解ですね。

このように、ラスト3分のような極少数であれ遅延防衛をしようとする人がER内部で布陣している場合
テコンEMCの高速性は大きく損なわれる事になります。


<条件2:競合>
では、という事でV2でテコンEMCを狙う人は大抵3MAP尻のWP横を選択肢に入れると思います。
しかしV2の周回構造は『徒歩職の到達時間は遅いけれども、崖打ちは早い段階から可能』である事を
意識している人はあまり多くない気がします。

回ってる間に3尻に静止しているテコン系が居たら崖打ちスピアプーメランかベナムナイフ。
更に条件1の防衛相手がテコン着地スポット(基本固定1セル)を塞ぐように立っていたり、そうでなくても
EMCマークとして3尻まで出張していたら、EMCの成功率はさらに下がります。


<条件3:同業>
『バーサクしてるからエンペ割ったあと布陣してもスピアブーメラン使えなくてめんどくせえ!』
『分業して配置とか頭使うのめんどいし!』

そんな野蛮な貴方には、自軍に高飛びキャラを採用する事をお勧めします。
やる事は簡単、テコンマスターの先を走れたらテコン着地固定スポットから動かず高飛びを失敗させる、
または後ろについてってソイツがEMCしようとしたら殴る、これだけ。まあこれは逆に言うならリンカーが
同行してカウプ連打でマスターをフォローしてEMCを通すって可能性もあるって事だけれども。


<条件4:10Kの彼>
高飛びは徒歩よりラグに強いのは事実ですが、重すぎるとタイリギが遅延/不発したり、ノビ位置の細かい
位置調節が難しくなる事でタイムロスが起こる可能性はあります。
そんな中、ヒットストップによるヨーヨーを発生させる可能性の高い弓アチョーな彼だとか、10秒EMCなら
止めるのに必要十分な能力を持つマスターガーディアンは実に嫌なキャラです。

これ対策としてレタスはラストレース予定の砦で事前にガーディアンを壊したり、逆に防衛するつもりならば
事前に配置しておいたり、地味に下準備はしていましたね。


<結論>
テコンEMCは強力な手段ですが、ことV2に限定するならば対策する事で十分抑える事が可能な手段だと
言えるでしょうし、実際V2はテコンEMCが実装されて1年が経った今でも特に高飛びギルドの独壇場とは
なっていない――っていうかぶっちゃけ高飛びEMCを利用したレース活動でまとまった結果を残している
ギルドはどこも無いってー事実がテコンEMCのパワーを物語っていると思います。

うーん、コメ欄にも書いたけれども、別に自分はレースのテコンEMCが『弱い』とは思っていません、
ただ『最強』ではないよってだけで、メリットデメリットを比較してみると徒歩プロ:高跳びEMCプロ=5:5とか
その程度のパフォーマンスは十分あると思います、まあ俺は突き詰めるとV2では6:4程度で徒歩有利に
なるんじゃないかと考えてる――っていうのが今回のエントリの趣旨でもありますけれど。

ただし、1レースに対する勝率の比較ではこの程度のアドバンテージでしかないと俺は思う訳なんですが、
テコンEMCの戦略的価値ってのはむしろそれ以外の要素が大きい事は忘れてはいけません。
例えばラスト3分の残りレースが1or2本程度だという時に、徒歩レーサーはラストレースのタイミングを
どこか一点賭けして勝負に出ないといかんでしょう。しかし高跳びEMCを保有しているギルドであれば、
あと『2本以内』の時点のレースで徒歩組をスタートさせ、そこで割ったらぷち防衛を行い、割れなかったら
スーパーサブとしてラスト一本の高跳びEMCに賭ける――というような運用をすればテコン系一体の
ユニット消費で2レース連続で『ブレイクに絡む可能性を発生させる』事が可能になる訳で、自分としては
そういう意味では高跳びEMCには十分なアドバンテージがあると思います。


<余談>
実装直後に言われたような、徒歩職がエンペに触れる前にエンペが割れるバランスブレイカーな世界は
高跳びEMCではなく拳聖集団による直破壊であり、高飛びと徒歩のタイム差である10秒以内にエンペが
壊れるだけの拳聖が揃い防衛・妨害無しで超高速レースを回す世界だと思いますし、そのヤバさの片鱗は、
過去のアーッ「頭痛が痛い」のソロ拳聖による数週連続開幕最速ブレイク記録から感じ取った人もいるかと
思いますが、拳聖は体が弱い(エンペ割特化ステとVIT振りを両立しずらい、融合の性能問題)んでぷち防衛を
突破しエンペを割るのは難しいキャラですし、極まった超高速レースって同盟回しと何が違うんだろうとか、
それだけの数の魂ケンセイが揃う可能性とか色々考えると、現実的にその光景を見ることは無さそうだなーと。

拳聖20人くらい集めて、開幕B砦がお留守になった時点から終了まで回し殺せたらプロフェッショナルすぎると
妄想したりはするんですが、あまりにも……ねえ(;´Д`)
[PR]
by mavchizawa | 2007-07-25 00:56

7/22GvGレポ  ドリアン帝国の逆襲

燃えあがれ、俺の小宇宙(コスモ)ーッ!! (※以下追加されたGvレポートをお楽しみ下さい)

b0078381_1375083.jpg


どうも、ブログ見てますと言われてもSSとか貼り付けなくてすいませんの池田です。
リアクション貰えるってーのは書き手としては非常に嬉しい事でかなり励みになるのですが、
編集方針というかポリシーが文字優先記事優先なんで、何卒ご勘弁を(;´Д`)

というわけで今週のGvですが、景気良くやってた庭連に遂に土がつきましたね。
庭連粘着と他称される池田さんは歴史を目撃したのかね? また戦犯してたのかねンンー?
と気になる方もいるかと思いますが、別に庭連粘着が本業では無いので、今週は別の所で
遊んでいましたですよ、はい。


<開幕>
武将がBdN(牛丼)と一緒のベースにいたのでモサモサご挨拶。
その後はB2で放棄エンペを殴ったりB3で探偵帽のWHEマスターおるふぇ先生(♀リンカー)に
密着MBでクロークを掘り起こされてあーもうマヤPPPPPPPー!とか思ったり、なんちうか、
ヘルムブレイカーの実装を待ちわびつつレミングスします。

21時くらいまではレミングスしまくりで見せ場も無く、V4のチラ制圧寸前にエンペを殴ってたら
相変わらず惜しい所で魂EDPSBでマワされて乙ったり、ペコsep連相手にメコメコ突撃して
即ジュッして何事もなく転進したり、FP連が遊びに来てやんちゃするのを横目で眺めたり。
速報を見ればわかると思うんだけども、B大手がラグを嫌ってVCLに降りてくる→超れいぽ。
追い出された所が他の防衛砦に群がって攻め手過多→共闘→やってらんねーwwwwって
悪循環とラグが組み合わさって中々地獄絵図。

俺はソロだから俺より格下を雑魚狩る心配は無いし、転進でGDGDしたって分不相応な相手に
時間を消費したって自己責任なんで気楽なんですが、2時間というGv時間を楽しくプロデュース
しないといけない各ギルドなり連合なりの頭の人は、大手も零細も辛いだろうなーと思います。


<道中>
というわけで1人C2紅SD連に転進、攻め手ME連。
3尻の封鎖ラインで紅SD連の死に戻りごとME連にレミングスされる事数度、これはきちーとか
諦めかけ、ラストの侵攻だーとか思った所で目の前を歩く緑色の兜をかぶった変な生物。

「フォロー・ミー」

「……武将が助っ人に来た━━(    ) ´゚д゚`━━ッ !!」

目の前を歩くトレイリア様、輝くオーラに群がる敵、クロークでスルーする池田。
この完璧なフォーメーションにより楽々3尻の封鎖を突破、さらにERに突撃する武将兜(多分)
便乗してブーン→珍しく完璧な大魔法ヒットストップ抜けLKに重なるようにクローク!!1111
ME連(と武将)の突入が激化した瞬間でもあり、紅SD連の目がそちらに向いた事も幸いして
ノーマークでエンペの横に1人辿りつきEEEEEEEEEEDDDDDDDDDDDPPPPPPPPPP!!!!!!

4発殴った所で階段下にいた廃プリが上がってきたので、SWあったらヤベーと思いましたが、
幸いにも無かったようでボコボコボコ。最後ME連のLKが2人程階段を駆け上がって来た所で
ブレイク成功でございますうはwwwwwwwwをkwwwwwwwwwwww。


<後半戦>
V3のDS防衛、時空連攻め。
時空連は良く言えば結果より戦闘を楽しんでいるのか、悪く言えばチームとしての練度不足か
DSの十八番である2~3人の遊撃を半分くらいの人が追い掛けちゃったりして、中々組織的な
突撃が出来ない様子で若い連合だなあと。さすがにV3の構造で対DSだと池田は便乗するしか
勝ち目が無いのでこそこそと機を窺いますが、時空封鎖のSGに引っかかってはボコボコボコ。

池田に構うなーという指示を横目に見つつ数回潜伏及びERに突撃し、これは無理そうだなーと
思ったので転進決定、最後に時空さんに構ってもらった分のお返しをEDPPPPPPPPPPPP!
DS遊撃のBdSかなんかに便乗してのクロークEDPSBで時空連を4~5人屠ってホクホク。最後に
DSの遊撃(*元レタスメン)に一発SBを耐えられた所でEDPがタイムアウトし転進であります。

GOかSTOPかという基本で考えるなら池田をボコる(GO)よりも放置して突入に集中する(STOP)
方が良いとは思うので時空連の指示はベターなものだったと思うけれども、連合が成熟してきたら
阿修羅一発ドーンだけ徹底して後はOFF、みたいな分業が確立して池田の付け入るスキは減って
いくんだろーなあとか思う一幕でありました。


<ラスト前>
「フォロー・ミー」

『(;´Д`)このC2ポタはC3にハエで飛ぶためのポタなんだ…』

とか思いつつノリで帰ってきた武将とC2のFa(自ギルド制圧され中)攻め。
しかしこんな時のためのあさくらマスター、そうレタス=ヒノトマスターのままでは出来なかった
マスターガーディアン召還によるER撹乱、そして武将が割って俺が次割ればゲームセット、完璧。
と言う訳で武将が進軍する間に執事を捕まえて、設置!!!!!!!!!!!!1111

「ガーディアンを設置するにはガーディアン研究が必要です馬鹿め」

「や、やっちゃった━━(    ) ´゚д゚`━━ッ !!」



<ラスト>
武将と別れ、特に意味も無くC3へ、52分くらい。
エンペ回りでぷち防衛をしていたのでどーすっかなーと思いつつ、既にオープニングだかのLKが
エンペを小突き回していて防衛側にサンク・SWが無かった(筈)ので分単位では保たないなーと
思いながらバコバコ便乗、次の次をラストに出来るようにコントロールするしかねえなと。

ボコっとブレイク55分くらい、とりあえず高飛びとか大手が来たり制圧しようとしてたら荒らすだけ
荒らそうとクロークで待機していたら入ってきたのはアーッとごでばと暁少々とレーサーだったかな。
ごでばがSW+ADSで全滅させて制圧に入らなければ割れるかなーと思っていたらアナウンス。
待ちすぎでリログに失敗します、いてえ。

ってんでラスト2分、入り口でラグってる所に攻め手の暁連の妨害SGとJTに引っかかってジュッ。
ラス1分、ブーン連打で無駄そうでもとりあえず走るとエンペ回りが人だらけ、打撃音はするので
一応エンペのありそうな所をタゲ回してみますが姿は見えず、ゲームセットとなりました。
しかしSWあったとかラグあったみたいとかあるとはいえ、アーッは良く5人で3分間遅延したなあと。
暁とかごでばがブレイクコントロールしようとして失敗した――なんて面もあるのかもしれないけど
他所の事情はどうであれエンペを割って、防衛して、そして取った。これが全てだなあと。


<雑感とか>
▼俺のイメージ。

大手が実利のために本砦を薄くして格下を蹂躙し始める

庭連が名誉と実利のために手薄な大手を落とす

大手がそれに対策し本砦の防衛のバランスを最適化する

庭連の手段と目的が逆転し本砦が薄くなる(事もある)

大手が名誉と実利のために手薄な庭連を狙い始める(*今ココ)

庭連含む大手が拮抗し、戦略的に1段上の均衡が成立する……かなあ

俺は中小規模は停滞しているだけでこういうステージの進化を見ない気がするんだけれども、それは
単純に俺が無知なだけなのか、そういうものなのか、少々悩みます。

▼羽ベレーというUNKの完全上位互換(*見た目以外)のアイテムが実装されちゃった訳で、これで
グラフィック重視のライト層にも対人10%耐性が付く時代になったなーと思いますが、はたしてこれが
中小の底上げに寄与したりはするんでしょうか、と上手く話題が繋がった。

▼都会の流行が遅れてくるsesですが、ヴァル盾を使用した無敵ジークは導入されるでしょうか。
順当にいくとFP連が使って板でBBS戦士がノリノリで叩いて、という流れになりそうで少々アレですが
ジークについてとか、バグと開発者が想定していなかった挙動の差について、とか池田的な考察でも
まとめてみようかと思っている次第であります。また思うだけになりませんように。

▼たまに池田マガジンを催促されます、マジっすか(;´Д`)


<APPENDIX>
●今週ケットシーはNNTT連が雇用。

●牛丼に武将が『遊びにいってた』感じ、軍事同盟じゃなくて。
BdNマスターは隠居してるみたいだけど継続してGvに参加はしてるね。ご隠居様ってヤツだな。

●生の妨害WIZがオーラに。ステは知らないけれども完成したって事になるんだろうなあと。

●今週中小規模にあんまりちょっかい出してないし同行してないんで微妙(;´Д`)
[PR]
by mavchizawa | 2007-07-20 01:41

7/15GvG

ヘイ、池田です。今週は送り盆で9時過ぎの参戦。
Gv前から定期的にラグってたのでこりゃダメかなーと思ったら予想通り酷いGvでした。
ラグが酷いとかGvオワタとか書くくらいなら黙って辞めるのが今も真面目にGvやってる
人への礼儀かなあと思い、今までは極力ネガティブな要素はスルーしていたのですが
今回はちょっと書かずにはいられない心持ちなのでチラリと。

しかし思えば2年位前はこれより酷いラグが常識というか、それが『GvG』であった事を
考えると、Gvにかける熱量が下がったのかグルメになったのかーってな感じで、視点を
変えると相応の感慨もあったりしますね、懐古懐古。


<今週やりたかった事>
●道中及びWP突破の最大の邪魔者を『物理攻撃による』ヒットストップと仮定する

Q:運剣2ヨヨロザ2、ウィング靴にチョコ肩or新完全回避肩でとにかく完全回避を重視して
レジポでタラ盾並のSG耐性を確保してれば何とかならんかしら?

A:貧乏人かつ遅刻でレンタルってる余裕があまり無く、運剣1ヨヨロザ2ウイング靴までしか
用意出来ませんでした。理想値の半分くらいであり、程々に完全回避は発動してるものの
捕まったら脱出出来ない、という境界条件にはそこまで変化が無かった気もします。
もう少し装備が揃ったら改めて検証を重ねてみようかなとは思いつつ、マタ靴の代わりに
ウィング靴を装備する事によるHP10%減少は地味に痛いので、靴は将来的に外そうかな。


●道中及びWP突破の最大の邪魔者を『SGによる』ヒットストップと仮定する

Q、葉猫頭、ヴァル盾、水アフロ、ジニー外套、水レジポで水属性を85%カットしておいて、更に
タラc、コンバ、四葉でダメージを軽減し、他にドレスハットと赤メガネとロザリオとガラス靴で
MDEFを限界まで上げる事でSGがミスにならないかしらと妄想。

A:装備が圧倒的に足りない! こればっかりは全部同時に装備しないと意味が無いので
残念ながら試行する事が出来ません、というか将来的にも出来るかわかりませんよ(;´Д`)
更に妄想するなら、葉猫中段で95%カットにするとかアスムと併用出来ればさらにマシかもと
思いますが、課金アスムからERまでブーンダッシュするかEMCが必要ですはい。


という訳で出たトコ勝負でC2とB2で箱庭様をスーパートレインしたり、EDPSBでちゃんぽこを
ぶっ殺そうとしたらバトルモードが不調で逆にぶっ殺されたり、枠外同盟としてひろ助先生が
RRで動いてるのを見て大変だなーとか思ったりの50分でした。
知人にGv後メッセで、RRがマスター使ってケットも雇ってたって事は箱庭マスターが途中まで
居なかったとかじゃないの、と突っ込まれてしまい、その真偽とかはどうでも良いんですけれど
そういう発想が俺の中には無くて、そう考えられればまた動き方に幅が広がったなあって点で
思考の柔軟性が無かったなあと反省した一幕でした。

最後C2は読み通り箱庭10人くらいしか居なかったけども(俺が行くとC2はいつもこんなだなあ)
うんこラグって入り口で遊んでた阿修羅のターゲット範囲から1分間動けずにファーック。
まあERにしてもしっかり罠が敷き詰められていてどっちにしろ試合終了でした。


<雑感>
C2って(高飛びによるショートカットが超劇的ではないことも含めて)割と固い砦というイメージが
あって、そのイメージを利用してかラストでC2を大手派遣が取ってる時って、意外と手薄な事が
多い気がします。事実手薄でも少数の排除、遅延はし易い形なんですけど、なんていうかなー
例えるならごでぃばクラスが攻めたら落ちそうな防衛、をしてる場面は少なくないと思います。
まあVLに砦が余ってきてるんで無理に大手派遣をツンツンして逆鱗タッチしたがる人も少ないかと
思うけれども、そういう場面もあるよというレポートでした。

うーん、第1回座談会で挙げた話にも近しいけれど、大手は派遣で攻めて砦を落として満足して
中小はラスト防衛して守れればノリノリで守れなくても戦いは発生するから楽しかったねーって
自己満足して皆幸せ、って循環していて問題無い世界の形なのかねこの現状は。
と悲観的に思いを馳せてみたりもしつつ、なんだかんだでガチを至上とするこのブログにも需要が
あるみたいだし、やれる所まで俺なりにROをはしゃいでみようかとは思います。ではまた来週。


APPENDIX――
●毎週、板等で比較的スポットが当たりにくい小規模について池田的にメモるコーナー。(常設なるか)

●VKがEMC取得、マスターは『†那雪†』(♀アサシン)。
周知される前にブログで公知するという広報戦略は少々レアいけれども、さて吉と出るか凶と出るか。
tFACとの関係、前衛力の補充がうまくいけば砦取得に絡んで来そうな感じ。

●今節武将がスポット復活、武将の夏ハジマタ。
3Gで組んでたらしいけれども詳細不明。個人的には来週に注目したい(;´Д`)

●我が闘争がV2取得、ADPK宣言。
牛丼(BdN)とベースが一緒だった気がするけど、速報見る限り行動は別だったっぽいな。
牛丼は高飛びマスター、我が闘争はパラマスター。

●お、思ったより纏めにくい(;´Д`)
[PR]
by mavchizawa | 2007-07-17 00:10

7/8GvG マスターオブアリーナ

どうも、名無しちゃんには箱庭シンドロームに見えるらしい池田です。
なんちうか、一番勢いがある所に足を引っ掛けて転ばせる事が出来たら一番俺SUGEEEEEEEEと
思うから積極的に狙ってる訳なんですが、現実問題として庭連(*新鷹旧鷹と呼び分けるのメンドイ)の
カットラインが固くてどーすっべかなーと思いながらのGvGとなりました。

先週も書いたけど、普通の3G連合ならラスト1分で全GEMCだー、とかバクチをかけてくれる可能性も
あるっていうかアルトリアはそれを選択肢に持つタイプの人種なのでオッズとしては十分なんですが、
LK庭とテコ庭が両方アルトリアPCだとすると、操作してない方の1ギルド及び1マスターが待機要員と
して分業されてしまってそうで、そうだとすると賭けるにしても厳しかとです。(*テコ庭=多分拳聖)


●開幕B2
というわけで庭。
ADPK連がちょっかいをかけてたけど特に何も起こらず死亡。


●B1
四天殺がアナウンス→3MAPにチラ、姿を見せたら高DEX魂HLで死亡、ひぎい。
再度行こうとしたら(多分)1回目の突撃でチラが華麗に四天殺を瞬殺、城主交代。

相変わらずWP防衛をせず、第二クランクに前衛、エンペ周辺に後衛布陣するチラ、第一クランクまで
進軍する四天殺。殺しがADSを前面に立てて突撃し、LPで大魔法もカット、押し込み気味の展開。
しかしその次が続かない。
チラ後衛のキルゾーンにまで四天殺全軍が進軍した所でチラのADSとクローク魂EDPSBが全力稼動、
一瞬でLP役が蒸発し、スクリームSGで四天殺の後衛が蒸発し、耐えている前衛もタゲ集中EDPSBで
数を減らしていきまくりんぐ。
絶滅食らう直前に、殺しマスターが第二クランク後端という戦場ギリギリでクローク即EMC詠唱開始。
チラ側はラインを下げているので対応不可能、通る! と思ったので真横でストーキングしていた俺様が
ハイド解除からパンチ!!!!!1111。ごちwwwwwwwwww→再潜伏。

数秒後、再度クロークEMCを殺しが狙ったものの、殲滅が終りライン上げに入ったチラにボコられ死亡。
集合EMCを使った後だったのかチラのEMCを妨害してたのか、その後ろでノリノリでベナムナイフを連打
していた四番街マスターがEDPSB食らってクルクル回りながら居なくなるのを横目で見ながら、ラインが
上がった事で生じた空隙にクロークで侵攻、エンペ裏まで完璧ノーマークで辿り着きます。

エンチャントデッドリーポイズウウウウウウウウウウウウン!!!!!!!!1111111

数分待ち、四天の再侵攻が来たかなーって場面でEDPを使用、廃プリもAXもお留守だったエンペたんを
小突き回したのですが、体感あと1~2発まで殴った所でフロントラインのAXがダッシュで戻ってきてSB!!
避けるしか生き残る術は無いとの読みで装備は既にFLEE特化、神に祈る俺。くるくる回るあさくらゆーの。
APHAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAMUDDDDDDDDDDDDD!!!!!!!!! 決定力の無い池田、死亡です。

この後、再度ERまで進むも派遣に来た箱庭のEMC、殺しのEMCがほぼ同時・同位置に発生して試合終了。
共闘では無かったみたいだけど、箱庭の前衛集団にチラのキルゾーンが処理限界を超えてパンクした事が
決まり手のようです。


●B2
庭がEMCで出払ってるなら空いてるべーって事で1人転進、即B2。
道中及にWHEしかおらず、カットラインも微弱だったのでこれは面白いと思いブーンを叩いて一路ERへ。
ER内部にWHE10人ちょい、ブーン一発でクランクを抜けたまでは良かったけれども道中仕様のブーンの
手持ちが0になり木偶降臨。忘れないでで減速して阿修羅ドーン。

数は全く数えてないから数字としてはアテにならんけど、
 ・B1箱庭→ちょおいっぱい
 ・B2道中WHE→ちまちま
 ・B2ERWHE→ぼちぼち
って体感でLK庭1G40人、WHE30人程度が全軍で、本格的な派遣の際に両軍からテコ庭へ移動かけてる
感じかなーと妄想しましたの事よ。


●C3
息抜きにC3へ。
なんかライトっぽいエンブレムのギルドがER頭(*3頭ではない)でカットライン作ってるなー、ジュッ死亡。
程好い相手に見えたのでチャレンジ継続しようとした所、3尻にDSがマッハしてきてEMC。
DSの(・*・)を掘って漁夫の利を狙うか、DSに先駆けて頂いちゃうか、前者を選択しようと待機するも
サイトで炙られフルボッコの気配を感じたのでブーン一発、その余力で先駆け突入を開始。

頑張ってもさすがに構造がアレなER頭、魔法の隙間をブーンで駈け抜けEDPセット、一路エンペへ。
エンペ側まで走ったら回りにWIZ阿修羅クリエ子。……ADSか最近のライト層は偉いなあとか思いつつ
待っててもしょうがないので必死こいてエンペを殴る事に。

ADSがマジITEEEEEEEEEEEEEEEE、阿修羅がアアアアアアアアアッーとか思いながら必死こいて白ポを連打し、
阿修羅をハイドでなんとか避けて武器が壊れない事を祈りながらボコボコボコ。ストームADSジョバーで、
やめて!池田のライフはもう0よ! と泣き入りそうになった所で回りの人が暗転、イエスwwwwwww。

2分後、ダルネスバンビちゃんがエンペの横でEMCしようとしたので、クロークSBで止めて一人防衛終了。

後で速報見たら落としたのクリティカルだった事が発覚して、これクリティカルだと知ってたら名前負けして
ここまで積極的に狙って行かなかったなあ、と名前パワーに思いを馳せてみたりする一幕でした。


●B色々
クンフーの為に主としてB2攻め。3MAPに長期潜伏してみたりしつつ、今回は別要素にチャレンジ。
この結論に帰着する要素は毎回のエントリに散りばめていますが、AXの戦略的優位性ってエンペを最速で
割れるくせに人もぶっ殺せる事であって、向かって来る相手を殺して道を切り開いてこそAXではないかと。
というわけでカットライン突破後に崖WPを絡めてEDP発動、LK1廃プリ1廃WIZ2を順番にキル。

AXの一番強い部分を出せばこんなもんだなーと思いつつ、問題はAXは万能最強かというとそうでもなくて
一つの強い行動に一つの弱点が付いて来ちゃうクセっ気のあるキャラだったりしてそれがまたタマらんー!
なーんて考えていたら突如B2が暗転、プロでも忍び込んだかと速報見たらテコ庭による城主交代の模様。
俺を恐れて同盟回しかよwwww(※相手にされてません)

というわけで、カットラインが消滅したこの瞬間こそ3MAPに潜伏する絶好のチャンスだったと思うんですが、
つい欲をかいてERに突入してみた所ニワニワニワで40人くらい、はい無理ーッ。ジョバー。


●ラスト
姿を見せたままB2を練り歩き、哨戒さんにばっちりチェキして貰って2MAPで振り切り→蝶。
今週は(も)庭無理ーという気配を感じたので、潜伏されてる!? という嫌がらせだけして素直に去る事に。

今週のターゲットは皆大好きC5、四天殺。
ポタ取得時にごでばとNhが来ているのを確認したので、これは落ちるだろうなーと思いつつ遅れて侵攻。
防衛は予想通り3頭が崩れER防衛、EDPを使用し、イナバっているエンペ横に向かってブーン突撃した所、
あと僅か3歩という所で暗転、読みが合ってただけに悔しい宿無しとなりました。


<雑感>
乱戦の中AXでエンペをぶん殴りに行く際の基本は、エンペが割れる3秒前に殴りかかる事だと思う訳です。
早すぎると殺されやすく、遅いと先に殴りかかってる誰かさん(主にタフなLK)にそのまま取られる訳で。
こういう、どこまで崩れたらエンペに殴りかかろうかを必死で考える職をやっていると、(防衛側の)エンブは
まだ数残っているのにあっさり割れちゃうギルド(連合)と、エンブがほぼ0になるまで中々割れないギルドと、
それは運とか状況の差ではなく、質の差として一定量ある事がはっきり分かりますね。

特に中小において1連合を構成する人数が減少傾向にあり、攻め側の対大魔法抵抗力が増している昨今、
単純なWP防衛以外で+αの工夫が必要な時代になってきた、という事なのかもしれません。


●LKとAXは断片的に両者のメリットデメリットを挙げ続けていくだけで書かなそうな気もしてきました。
強キャラだけどかあちゃんに勝てないジャイアンと、影は薄いけど天敵は居ないスネオみたいなもん…なのか(;´Д`)?

●15日にやるかもと言ったきり何も告知してない座談会ですが、Gv事情を俯瞰して見るに、来週マスターが
集って何かを喋らなければならないという時期では無い気がするので、自分主導の企画としては15日に
座談会は行なわない方向で脳内決議されましたので、ご報告です。


<以下特に意味の無い独白>
●6月当時の思惑としては、(Gv人口が一時的に激減する)お盆~コミケGvに対する各Gのスタンスを聞いて、
お盆~コミケで一瞬過疎るのは必然なんだから皆がんばろーおー!的な方向でマスターのテンションを
上げつつ、万人に向けてログ公開してGv熱量を維持する一助にするために座談会をやっておこうかなと
思ってたんですけれども、なんていうかそういう小細工を超越して、8月Gvであっても勝負が出来るギルドは
勝負に出るだけの熱量を確保してる気がするし、今は無理にテンションを炊き付けるよりも流れに任せた方が
良い時期のような気がするというか、そんな感じです。
パッチ直後すぎてシステム面でのGvGの変革も追うにはちょっと時期尚早だしね。

●なので第二回の参加を是非にと言ってくれた方には申し訳無いんですが、一応延期という形で。
8月最終週に夏休みサヨナラ企画にでもするか(しかし今のROのメイン層は大学生と社会人だと思う)
はたまた秋か年末か、と明確な日程のビジョンはありません。

●世の中『回答する』っていう行為もさることながら、『質問する』って行為にこそ自身のレベルが問われると
思う訳で、池田の中で1回目の座談会を凌駕する『何か』を見つけ出せないと走り出せないのです。

●さて、GvGとは何だろう。
[PR]
by mavchizawa | 2007-07-09 20:10

7/1GvG スペース陽炎

毎度こんばんは、レタスじゃないけどレタスとしか名乗りようの無い池田です。
今エントリは冗長でもなんでも良いからとにかく文字数を増やして、文字キチさんに嬉しい仕様を
目指してモサモサと行こうと思います。久しぶりに文字数制限に引っ掛かるのが目標なんですが
はてさてそこまで書くネタがあるでしょーか無いでしょーか、はじまりはじまりー。


<前説から始まる長話>
何はともあれ生体悪魔化来ましたね。
池田はジョブ66のstr補正でstr120+サイン2が達成可能なキャラメイクをしていたので、とりあえず
これだけは達成せねばと必死こいて……というか狩りめんどくせーダリーというマイナス精神状態に
ビシバシ鞭打って1日1時間ずつ生体グリムを続け、池田的になんとか95/66を達成です。

アサシン作成から半年で95/66。未だに転生も出来んよーな一般人からするとそれなりに廃でしょうが、
ぶっちゃけ、単体性能が全てのソローを志向してる癖に半年もやってて95とか何それギャグ?ってのが
本来のラインだと思います、実際余生を過ごしてるだけでサボりまくりだなーって自覚もありますし。

まあ、生体悪魔化までにジョブ66にする事を最低限の達成目標としていた為、2PCリンカー・プリの育成、
サイン2の取得、ハイレベル靴用貯金、EMCの取得、といったGvGの周辺環境の整備は完全に後回しに
していたので、これからは暇を見てここら辺に取りかかろうかな、とも思います。
モチベーションが続けば、ですが。

さてさて、池田がこんなだるっこ動物に順調に退化している中、(゚ω`)チラッの最近のGM募集が更新されて
いるのですが、トータル面で見て高いモチベーションを維持しているように見えて非常に面白いですね。
正直な所、自分が本質的な部分で作りたかったギルドというのは、この方向性にかなり近しいものであり、
それを実際に達成してるっていうのは羨ましいとっていうか前にも書いたなコレ。

ただまあ、旧レタスメンがDSから(゚ω`)チラッに移動していないという事実からもわかる事ではあるんですが
当時の(池田個人の志向とは違う)『レタス』という群体の志向性は、無駄を削ぎ落としハイエンドを目指す
(゚ω`)チラッ的なものではなく、どちらかと言えばDSのようなバランス感覚を重視する方向性であり、これって
受け口の広さと達成し得る練度の上限のバランスが一番良い形態だとは思っています。

なので池田は尖ってる(゚ω`)チラッも、息が長そうでバランスの良いDSも応援しています(;´Д`)
このどっちかを落とすのが最近の道中の目標だったりしますしねっ。


<道中>
というわけで道中なんですが、前節はガチ出勤残業コンボだったので21時過ぎからの参戦でした。
よって最近のブームであった中小連合をカンサツする機会は無し、しょんぼりBを目指したら激ラグってて
激しいバトルの予感を感じます。紹介は行った順。

B3→NNTT堅守中。
ここ数週のNTTは3MAP後半のクランクに罠を使った小規模の封鎖戦が貼ってあって数騎規模の偵察に
ERを見せない為のカットラインとしては結構固いと思います。まあリンカーにCCしたら一発でラインを飛越え
られはするんですが、10秒EMCが通る程の余裕は無さそうだったので、EMC狙うなら3頭か崖WP周辺かって
所になるでしょうね。マヤP多分アリ。探偵帽のマスターがそうだって本当ですかね。

B2→庭制圧防衛>庭城主。
庭もカットラインの作成に意欲的で、1MAPに哨戒数人、3頭にカットラインという形が基本スタイルの模様。
マスターのテコン小鳥遊がアルトリア2PCなのか別人なのかがわかればラストの絡め手が取り易いんだけど
俺は知らんので困ったものです、こちらもマヤP多分アリ。

B4→NP連+時空連による祭連合の制圧防衛>城主防衛。
ブレイク後に1頭でカットラインを敷いてたりしたんですが、右側に20人くらい居るのに左回りのルートには
人が全く居ない辺りは祭連ならではのご愛嬌。ERは寿司詰めでこんな人数見るの久しぶりだなあ、と。

B1→SD紅連。
B2~4と比べるとB1はやっぱりアクセスが悪いので、本命にしない場合の偵察は面倒です。ジュッ。


という訳で砦が近い事と残り時間があんまり無い事と楽しそうな事からB2とB4にヤマを張ってみる事に。
しかし馬連の堅守記録をぷちっといっちゃう辺り庭連は最近やっぱり頑張ってるなーと頭の片隅で思ったり
思わなかったりの9時40分過ぎでした、あ、四番殺がC1落とした。


<幕間>
ラグについて。
感覚的なものですが、ラグが酷いと気分的には対WP防衛が楽になります。敵の大魔法やFWは不発するし、
ブーンと白ポの出がハマってくれれば相手が追い縋る前にエンペを殴れる事もあるんで。

逆に軽ければ軽いでハイドを効かせたテクニカルな行動が取れるんで一長一短ではあるんですけれども
俺としてはうっすら重力が効いてる程度のバランスは(実利が得やすいという点で)嫌いでは無いです。
快適じゃないのは確かに嫌だけど、与えられる戦場がそうでしかなくて投げ出すつもりが無いんであれば、
重いなら重いなりの、軽いなら軽いなりの最適化をしていかんとアカンという話。


<幕間B>
ルアフサイトについて。
一般的には有効範囲が広いサイトはルアフの上位互換でありアコ系列であってもサイトクリップを持つのが
プロだという認識がある気がするけれども、人混みの中の(エンブレムを消している)潜伏キャラクターに
対して、サイトでは炙り出せても気付かない可能性があるが、ルアフは炙り出せれば打撃音が響く訳で。

ルアフにはルアフの、サイトにはサイトの強い部分がある、って話であり、時代はサテライトヘアバンド。
ぼかぁルアフ嫌いだなあ(;´Д`)


<ラスト>
B4の祭連相手に3回程突撃して死亡。
WPブーンPOT>無敵時間が使えてエフェクトが(多分)出ないブーンダッシュとかいう小技を絡めたり、
火肩を混ぜてボコられながらのADSを低ダメージに抑えたり工夫はそれなりに出来たもののヒットストップを
乗り越える事が出来ずに長期に渡ってボコられ続けて乙。

ワンクリックゾーンの認識の甘さと、ヒットストップされてからの身動きの取れなさが敗因だったな、と。
ラグとパンチの合間を縫ってハイドからそれほど悪くない割り込みブーンPOTを入力したつもりだったんだ
けれども、綺麗に反映される事は無くて、これが負け試合かあ。

ラスト3分で転進しB2へ、ラスト2分で庭がC1にアナウンスを流したのを見てこれは面白いかなーっとか
思ったらラスト1分で時が止まって無駄無駄無駄ァァァァァァ!!!!!!!!!11111
せめてERの防衛ラインを見ようと必死こいてERまで徒歩った時には、既に記念撮影のために全軍が
集まっちゃっててもう台無しのGvGでした、宿無しっ。


<終幕>
FLEEと完全回避重視のセッティングが対WPの最適解なのかなあと痛感する一幕でした。
サボっていた能動的な着替えを盛りこまないといけない段階なのかなあ、とも思いつつ、トータルバランスを
どう取るかがやはりAXのカギになりそうですね。


<後書き>
キツツキ作戦の分析について、書こう書こうと思ってたんだけれども力尽きたので端的に(;´Д`)

●歴史的経緯としては最初に成功させた(という広報をした)のは当時天空単体マスターのジュリア。
あの時も今回もケットシーが手伝っている、というのは奇縁か。

●中小が大手に牙を向く手法としてキツツキ作戦はベターだと思う。
しかし天空成功後、幾つかのギルドが模倣したにも関わらず結果は今一つ残っていない、何故か。

●一つに大手側の対策の確立がある。複数連合のうち一部だけを戻すEMCだね要するに。

●二つ目に、単純に2面作戦を取れる人数がいればどこかの砦がもっと高確率で取れてしまうのである。
前々節のtFAC+ケットを約25人と考え、他のVCLを確保している所の人数を考えて貰えばわかるかと思う。

●また、大手相手に積極的に牙を向けば、その予防として、あるいは単純に報復として大手から派遣の
対象にされる可能性はハネ上がる。そうなれば当然砦取得は難しくなり、砦が取れない中でギルドとしての
モチベーションを維持する事は割と難しい。

●つまり、キツツキ作戦を実行するギルドは自らを大手への対抗勢力とするプライドを共有して、
それを以ってモチベーション維持を行うか、大手派遣を相手に守りきれる人数/練度を確保して結果を
残し続けないとイカンのだろうと思う。

●半年でレタスを解散させた俺が言えた義理じゃないけど、尖った方向性を打ち出すギルドってのは
往々にして短期でその熱量を使い果たして消えて行くので、それは宿命なのかもしれないとも思う
けれども、尖り続けなくても続ける事もまた力だと思ったりしちゃうんだなあ。


<あとがき>
ねむいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww尻滅裂wwwwwwwwwww

一つ、これだけは事前に宣言しておきたい事なんだけれども。
箱庭様がブログ座談会で『今後の方針はまったりになるので(以下略)』的な事を言ってるけどあれって
要するに俺様のソローに落とされた時に『いやーまったりやってるとこんなもんだよね』
って言い訳するためにわざわざ根回ししてるんだと俺様はカクシンしてるので、さっさと箱庭を落としてその
潜在的言い訳を言わせてスッキリさせてあげたいなと、人の心がわかる男池田は思っている訳です。

おやすみなさいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
[PR]
by mavchizawa | 2007-07-04 00:29