<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

12/24GvG 池田エロゲーで漢泣き 『俺こんなに女の子と話したの久しぶりだよう』

メリークリスマスでした、れたいけです。
今週はケットさんとクリスマス傭兵を雇用してのGvGでした、ばっちり出席でした。


<開幕>
35人規模でしたので、今週の目標をAlt殺しておけばいいんじゃないンケーイ?という事にして
さっくりとAlt攻めのためV4に向かいます、が放棄でギギギギギギ。
競合った紅連さん相手になんとかブレイク勝ちし防衛、職調整してロキを無理矢理出すより
罠置いた方が楽しいという脳内ポリシーを展開してロキ無し防衛。入り口にQMを、前衛は
入り口取られても困らないんでちょっと下がり目に配置、というレタスオーソドックススタイル。

そんなこんなで暫く紅連さんのカウンターに対処して遊んだ後、最終的に紅+Int+PK辺りが
突入してきて押しきられて乙りました、割と楽しめたから俺的には良しかな。


<道中>
単体FPのエンペ回り防衛見ておもすれー、とか思いつつキャッキャッしたり、C3でエンペ回り防衛
をしてまったりしてたら肝心のAlt様が着ちゃってファビョったり。
内容的には人数、ケット当日傭兵の質・職分布のおかげもあって、レタス固有の欠点以外は
特に気になる点もなく普通のロキ無し防衛が出来てたと思います。これだけ出来るんだったら
もうちょっとはしゃいでも良かったかもしれません、C4庭防衛とか……。


<道中後半>
21時を回ったし、BCLと一通り回ったのでC5のAlt攻め。
テコンリチャージにそこまで向いていない砦であることもあり、自力の差もありで崩せずにいた
所にハントとゴデバ襲来、そこらが抜けたのかレタス前衛が抜けたのかERにラインが下がった
ので突撃し、前衛陣が乱戦の中気張ってブレイク。
その後3頭防衛をしようとしたら綺麗に金ゴスチェイスEMCでドリームされちゃってチンチンーって
感じでしたが、まあGDGDな中一応Altをブレイクしたっちゃしたので次いきます、次。


<そろそろ確保>
空城であったC1制圧を目指したら紅連が同着。
紅の制圧ER防衛の構築寸前から割り込み続け、ロキの展開等一時は押し戻されもしましたが
なんとか突き抜けて制圧貫通でブレイク、さすがに再制圧出来る戦力差ではありませんでした。

43分よりロキ無しでのER防衛(永㌧高飛びHAEEEEEE)を展開、残り時間的には厳しい展開
ですが、せっかく紅を落としておいて転進するのも面白くないので死ぬまでC1防衛を目指します。
ラスト30分用ユニットクリエイターを追加してプラント+ADSと罠ゾーンを展開。
相変わらずロキは無かったので永㌧に毎度毎度高飛びで侵入されますが、逆転の発想をすれば
永㌧が侵入してる間は紅の高回転EMCはありませんので、永㌧を生殺ししつつEMCマーク指示、
レタスケットの2名の教授のディスとスペルブレイカ、阿修羅ーズの敵献身への必死阿修羅により
なんとかEMCをシャットアウトしつつ魂を必死で補充します。


(ノ゚ω゚)ノ
話は横道にそれますが、ランカーテコンマスター永㌧の単独突破について。
最近の紅連の必殺技である突破献身EMCってのが、どういう状況で出てるのかなーと前前から
不思議に思ってたのですが、永㌧が突撃して突破飛び蹴りでWIZの魂消し、詠唱妨害をしつつ
入り口火力を減らしたトコで2次突撃から献身が紐飛ばしてEMCなんですね。(多分)

自分はマスターではなく『ランカーテコン一般人』の理想的運用形態が上記のソレだと思っていた
ので、どちらかというとM☆Sのれんさんがそっちの方向の未来を追うんじゃないかと思ってたの
ですが、献身と絡める環境、テコンGのEMCに頼らないでも打つ手がある一定規模以上の連合で
あればマスターでもこの方向性に価値が産まれるんだなーと思ったのでメモる次第であります。
ヽ(゚ω゚ヽ)


とまあそんな感じで必死こきながら54分まで防衛。
紅連の攻めが手薄になってきて(*C4に一部行ったみたいですね)これはなんとかなるかなーと
思った瞬間ロックン馬連(適当)の襲来、全軍らしいですイタタタタ(ノω`)
とりあえず男らしく先駆けしてきたC3のヒーローレシフェリア様をれいぽしたまでは良かったんですが
ロックン馬前衛陣の勢いを止める事は出来ず、半壊というか2/3壊状態。この時点で56分ちょっと。
ここでEMCを要請したんですが、エンペ回りの最終ラインでは若干押し戻しムードであり、せっかくの
押し戻しラインを崩す事を嫌ったか、ヒノトちゃん(♀、クリスマス出席)が一瞬待ち。しかし残念ながら、
これが今週の戦犯プレイでした。

次の瞬間、MAP右下方でEMCした(多分)ロックン馬が一気にエンペ回りに雪崩れ込み、押し戻しかけ
たラインは一気に崩壊、ヒノトちゃんはEMCを詠唱する事なく即死します。
後はラストレースにかけてVに移動するも残り時間はあと2分、ゲームセットとなりました。宿無しっ。



<反省>
レタス固有の欠点が浮き彫りになった週でした。
今週傭兵してくれた方でブログ持ってる方は良かったら正直な所評価してくれると嬉しいですね。
『ここは超良かった結婚して!』と『ここがクズセンス無いから死んで!』という二極意見が重要だと思います。
まあ、仮に行動の基準点を1アルトリア単位としたら、自分としては今週は、

指揮 0,5アルトリア
EMC 0,3アルトリア

こんなもんかなー。
指揮官は本質的に『何を今週のGvでするか』をまず言わなかった時点でダメアルトリア。
確保を最優先するんであればC1で紅とかぶった時点で、あるいは42分にレタスで割ってしまった時点で
転進しなきゃ安定確保は絶対無理だった訳で、それなら骨を埋めるぞーと士気を鼓舞しなきゃダメ。
他にも転戦判断や大局観が足りない。

EMCはまあ今週は辛い、本人のメッセでの自己採点。
詳しくは来週にでも書こうかと思うけど、まあ練習が必要だなあって部分でした。

こんな感じで、なんとも難しい所ではありますが来週最後のGvG、頑張りましょう、おー!
レタスの池田でしたっ。


*おまけ
アルトリア単位による私的評価。

∞      EKD(神)
1,0     アルトリア(パコニワ)
0.8      そうさん(殺し隊)
0,7     一般的名将、後期のすめぽん(DS)等
0,6~0,5 一般的凡将
0,4~0,3 一般的愚将
0,2~0,1 超越的愚将
0       ミジンコ
[PR]
by mavchizawa | 2006-12-26 14:57

12/17GvG 長靴を履いたレタス

どうも、毎度メンテの時間にやってきました、レタスの池田です。
今週は長靴さんから長靴祭をやらないか、とのお誘いがあったのでそちらで参加。
「職調整してロキを出すより、ロキを出さずに平地戦に燃えようか、んでC奪ろう」という
面白いコンセプトでのGvでした、構成は以下。

『長靴を履いた猫』
『未来への旅立ち』
『Time of Labyrinth(うかつ組編入=時空連)』
『Let us only(+Knights of Nonumbers+編入)』


<開幕>
開始はB3、暁攻め。
PT編成でドタバタするのは祭のお約束みたいなものですが、スタダの有無の指示が出て
無かったせいか、スタートの足並みが揃わなかったのはちょっと勿体無かったですね。

結果、単体で決行したレタスのスタダも芋り、オーソドックスな集合からの突入になりました。
レタスが1回転EMCをしている間に未来が突破EMCに成功、続いてヒノトちゃん(♀)が頑張り
ER内部での高飛びEMCを決めた時点で大勢は決まり、B3を制圧します。


<道中、B3>
B3を長靴でブレイクした後、EA・極楽・NNTT・鷹(?)と大手が数G砦内で主導権争いをした後、
NNTT連の突入となりました。

事前のプラン通り無理にロキを貼らずに平地での排除を狙いますが、前衛にラインを上げられ
火力が手薄になった所で雷が叫んでピヨってる間に残影が通り崩されます。
レタス(多分次に未来)と相次いでエンペ側でのEMCを行ないますが、押し返すことは叶わず、
制圧され、転進です。


<道中、C2>
お次はC2、鷹連とか偵察報告で言いましたがSDCG連制圧でしたすいまッセーン。
ロキ2枚のC2オーソドックスな防衛スタイル。
板連としても集合からの突入を繰り返すのですが、クランクのADS2-3名と阿修羅ゾーンが非常に
固く大魔法もかなり痛かったため、一部前衛の突破こそ叶うのですが中々決定打が出せません。

ロキ破壊に狙いを切替え、高回転EMCでLP展開とも相俟ってロキ破壊に成功した時はキタキターって
感じだったんですが、そのまま入り口をこじあけ続ける事が出来ず、徐々にLPを貼り返され、予備ロキ
の再展開から立て直されて転進、ベース待機となります。


<C3>
レタスによる偵察で攻め先がC3のRoP連に決定され、Goー!っとその前に落ちこんだ士気をベースで
鼓舞してから進軍っ、と意見が変わった瞬間には既に殺る気満々でEMCを詠唱中のレタス。

全員まとめてこいよ。 ボコボコにしてやんよ。 (*先走りすぎです)
 ∧_∧    
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪

しかし偵察からレタス先発までに城主はRoP>ゴデバと変わっており、哀れ無人の砦。
確保するのかもう一丁攻めるかで混乱するも、結局はブレイクして次行こう次ーってことでブレーイク!


<最終確保>
C2→SDつえー、C3→敵いねー、C4→えぬえちけー、C5→守れねー、って事でC1へ。
しかしC1もまたノリノリで放棄砦であり、何事も無く制圧。ER防衛を指示されレタスだけ3MAPでカットライン
を、と許可を取りながらカットし始めたらロキまで運んで貰っちゃってOH。

板連指揮官の想定する防衛に3MAPのカットラインをオマケで加えてER防衛を固くしたかったんだけど、
これじゃ防衛ラインの独断変更になっちゃって越権行為申し訳ないなーとまぎらわしい行動に反省。
ただ、この齟齬をリアルタイムで擦り合わせて防衛ラインを再構築する余裕は無かったし、レタスはあと5分で
派遣され全員居なくなる予定だったのでそのままの形を取らせて頂きましたo.........rz


<派遣>
板連のポリシーとして、『上位が下位を蹂躙しての複数砦取得という行為を模倣して行なう気は無い』、との
事だったので、B2とC4を守っている鷹連に襲いかかってみる方針に。

端的に言うとEMCを止められ、徒歩組での進軍という指示が遅れというマスター、派遣指揮(俺のことだー!)
という判断力・意志疎通不足が響き、鷹連に特に脅威を与える事も出来ず、派遣失敗となりました。
鷹連は今年一杯WHEがゲスト参戦らしくてB2、C4双方に40人程度の防衛ラインがあって固かったです、はい。


<感想>
まずはこのような祭を企画し、参加させて頂いた長靴マスター様に感謝を。レタス主導ではない何かに参加を
させて貰ったのは初めてであり、色々新鮮でした。以下遠慮無く突っ込みを、って依頼なんで提案と反省っ。

●マスターが何を求めてどこまでやって『長靴』を作るか
下記の『遅刻OK、気楽参加歓迎』を大々的にPRしていくなら、南等で『Gv時間中も』参加願いチャットや、
ベース転送ポタサービスをする、あるいは趣味Gvギルドに声をかけてラストだけ一緒にやるもアリでしょう。
前者だけなら輸送プリの雇用、もしくは2PCポタ看板役を自分でやるだけでも実現可能だと思います。
また、ある程度祭連的に動く事を目指すなら必死してでもEMCを取った方が快適なGvが行なえるでしょう。

●PRの方向性
板連、と言われる程度に成立にses対人板が関わっている(長靴と初代板連とは別物なのでアレですが)
のだったら、対人板で事前・事後レポートを挙げても良いのではないかなーと。
そうでないにしても自HPなりでレポートを挙げたりすると、やっぱり参加者としては張り合いが出ます。

●指揮について
大規模初挑戦との事で、事前の煮詰め、現場の判断・指示ともに甘さが散見されました。
潜在能力的には出来る人だと思うのですが、こういうイベント企画は一期一会の面もあるので、今指揮が
出来る人(*例えば傭兵で雇えるケットのマスタとか)に副指揮権を与えてイベントとしては成功させながら
経験を積むとか、何かしら工夫してみても良いかと思います。


とまあ、GDGDと書き連ねましたが、長靴さんと行動を供にして非常に面白かったのが、21時を回っても
「今から参加いいですかー」と人がベースを訪ねて来る所、コレですね。
GvGというとついつい遅刻厳禁、統制ルールルール、とガチガチになってしまうのですが、そういう枠を越えて、
このように参加者が来てくれる環境っていうのは非常に面白い『長靴』ならではの方向性だと思います。
次は敵か味方かわかりませんが、長靴さんの今後の活躍に期待しています! レタスの池田でしたっ。
[PR]
by mavchizawa | 2006-12-19 14:10

RO考察(1)

ロマンチックなROに飢えている貴方へ。


貴方の一番大好きな人を連れ、アルベルタ(50,250)を訪れてみましょう。
とてもロマンチックな光景が貴方達カップルを祝福してくれるでしょう。

『アルベルタ(50,250)』

恋のキューピッド★池田の、この冬のイチオシ!です。



*独り身の方は自己責任でお願いします。また、クローキングは用量・用法を守って正しくお使い下さい。
[PR]
by mavchizawa | 2006-12-14 00:44

12/10GvG いや、イシス防衛じゃなくて。

ミスった、超ミスった。

サンクプリ無し、EMC使用済の状況下での遅延防衛。こんな場面で最強の裏技を完璧に忘れていた、超ゴミっくす。

これだけメモしておかないと忘れてしまいそうだし寝てもいられなかったので記述。
ラスト0秒で割られた事は非常に悔しいけど、そういう時の反省会議(って程でも無いか)ってのはやっぱ熱が入るもんで、
こういう体験を力にしていかにゃいかんなーと思いました、宿無しっ。

というわけで内容は完結簡潔に。


<道中>
色々やりつつ(超略してるな)ケットBdN軍のV5ER防衛相手に攻め、これが割と本命。
しかし押しこみきれず、15:30程度の戦力比だったと思うんですが入り口をこじあけ切ること無く惨敗。
正直ストレスのかからないGvをしたいなら、ある程度でさっくり転進して他を落としてればハッピーだとは
思うんですが、(俺の望む)面白いGvをするにはこのレベルの戦力比でも『勝負』出来る必要があるんで
もーちょい指揮頑張ろうと思います。
活路を提示出来てないのに同じ事を繰り返したのは戦犯で申し訳ない。


<ラスト>
50分過ぎ、L5制圧を試みると同時に後から散発的にEA連、超やっべ。
同数程度のLGO相手に超必死で制圧をかけ、ギリギリで制圧防衛を開始、暫く粘った後半壊状態になり
あと1歩粘っておきたかったんですが56分に競りながらブレイク。後1分欲しかった、ガチで。

そしてADS・必死スクリーム頼みの必死防衛を繰り広げますが、NEROが左上でEMCを通したのを皮切りに
一気に押しこまれ、こちらも58分頃(確か)にエンペ側EMC。
ADSの副次効果か、SGが通るたびに画面中の7割くらいの人が凍るわスクリームで敵も味方も動けないわ
重力もあいまって凄いことになりますがサンク無しは如何ともしがたく、ラスト0秒、無念のブレイクとなりました。


<反省>
●総論
出席状況の兼ね合いもあってサンク無し、罠無し、これで粘った分数としては上出来だと思うけどムキー。
2PCキャラをもーちょい調整するとかしてみるかーってのは多分に結果論ではありますが一考かな。

●マスター
最後とか超大事な所でのEMCの通しっぷりは完璧。
道中の攻め中のEMCにはまだまだ試行錯誤が必要だと思った。細かく打ち合せてがんばりまっしょ。
個人的に裏テクを教えたいんで俺が忘れてたら突っ込みを頼みます。

●指揮官
大筋としては普通になってきたから、後は現場での小指示をしっかりと。
防衛時の喋りと同じくらいの喋りを攻め時にもしていくようにしないと格上相手に乙る。

●ジプシーさん
傭兵入れて2人。何か参考にするものがあったら良いなあ(;´Д`)QMとスクリームの割り振りはGJでした、
今後もあっちで行きましょう。
スクリームはSPとかログ流れに問題はありますが、基本は『敵が入ってくる前から連打』でございます。
叫び表示からスタンまでにタイムラグがあるんで、視認してから連打だとワンテンポ遅いって訳だーッ。

●前衛・後衛ズ(全員)
敵EMCマスタの突破をマーク出来る用になってきたのはベターなのですが、EMCマスタ単体突破に対して
ラインを大きく崩しちゃったりして戦略的に不利ってることがあるのでさらなる分担を致しましょう。
大局を見て動くとか、誰かに何かを任せるとか、そういった事を大事に。

●ぷりーすこ
具体的にはDA(速度減少)あるプリは敵(特にマスタ)が抜けたら優先的に追いかける(っていうか遠間から
DA・LAをかけ続ける)人になって良いかも。DA係がいると捕まえやすさが全然違うと思う。
いつも人数少なくて必死だと思うけど頑張って頂きたい所存。

●阿修羅マン
IM付きでもLK相手がやっぱ厳しいなあ。LAとセットで動くよう声出して連携してもらうか根性入れるか。
ラインはあのくらい前め前めで良いと思う。

●傭兵さんズ
クロコン他ストリップまでやっぱりチェイサー強いわ、ゴスパラ+モンクで後衛まとめてTUEEEEEできるわ、
ジプシーさんのおかげでジプシー密度2倍になるわで大助かりでした。
もしここ見てて、感想でなんかあったら厳しい意見でも良いんで是非コメントが欲しいなあ@@



★余談
リンカーマスター、はじめました。

理由はランカーテコンマスターに対してリンカーマスターは『性能が違う』だけで劣化キャラでは無い、という
位置付けが妥当であると結論付けたからです。
後発各Gが『高飛びー飛び蹴り系マスター』を量産している昨今、どうせ同じレベルの性能であるなら
新しい事(またしてもses初かな)したいな、と。
[PR]
by mavchizawa | 2006-12-11 02:43

12/3GvG レタスセカンドシーズン

レタいけです。今週は砦取得特化で再スタートしたGvとなりました。

世の中ではテコンEMCレース最強とお褒めの言葉を頂きますし、それなりの自信はありますが
実際GvをしているとテコンEMCから競合ノータッチで一方的にブレイク出来る砦というのは、
(味方のブレイカー数にもよりますが)そこまで無いのです。
先発出来るけど割れる前に人が来る場合、EMCとほぼ並走するように人が来る場合、先発される
けど割れる前にEMCから追いつける場合、様々な状況が想定されます。

そのような条件下において砦を取得する場合に必要なのは、競合がいる中ラストアタックが決められる
能力のあるキャラであり、LKはその汎用性がずば抜けて優秀なキャラではありますが、ことエンペ割
という分野においては一発ダメージが低いという点で、アサクロに対して1歩劣ります。

とまあ当たり前の事を書き綴りましたが、要するにアサクロを導入し、短時間防衛用にクリエを導入し、
EMC補助を考慮し味方にリンカーを置きつつ罠師を2PCでなんとか出す……つもりが罠師さんの
Gv直前体験参加(!)によって戦力充実、みなぎってのGvになったのでした。


道中は今回クソ重かった事、アクシデントの発生によってあまりハッピーイエーでなかったので割愛。
ラスト10分でエアポケットであったV2の徒歩制圧に成功し、当日参加のハムタさんがプロ罠師っぷりを
発揮して完璧な罠布陣を行なってたら超重力。
散発的にしか人が入って来ない中、重力を危惧してラスト2分でちょい早めのブレイクを敢行し、無事
何事も起こらずタイムアップとなったのでした。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ!


<職反省(簡潔に)>
●指揮官
もっと頭を使いましょう、ガチで反省。
阿修羅としては必殺、という安定感を出すには一回り弱い感が気になった。料理かレベリングかIM。

●マスター
防衛時のEMCの位置が悪い。
エンペ周り乱戦になってからの再EMCは10秒テコンの最も苦手とする分野で、ぶっちゃけ無理な場面も
あるのはわかるけど、その場合に遠くで頑張ってEMCを通すのでは無く、味方を信じて敵を排除し終えて
から再召集するか、強引に通そうと試行するか、諦めて砦前待機かの3択で良いと思う。

●ハムターさん
本日のMVP、罠の置き方を口頭で一発説明しただけで速攻実行してくれた事と、夢中になりすぎずに
しっかり喋りに応答する余裕を持ってプレイしてくれて有り難かった。

●ジプシーさん
入り口忘れないでは持久戦で超便利な反面、踊ってる本体が殺される危険があるのと、プーンPOT突破で
ある程度無視されるとも言えなくも無い。ので、
 ・魂貰って忘れないで高速歩きで危ないと思ったらさっくり下がる
 ・時にはQMに任せて自分は別のお仕事をする
ここら辺を声出しして、アサクロをピヨらせて優先排除するお仕事という方向で。いつもGJでございます。

●前衛・後衛ズ
扱いが狭い訳でなく、なんていうか(;´Д`)忙しくてあんま見れんかった。
ゴスを見つけて報告>ヒットストップからSGかぶせてみたりとか、エンペにしっかりSGかぶせてみたりとか、
特に俺がどーこー言う事は無くなってきた気がする。
人数比としてしょーがない面もあるけどEMCを相変わらず美味しい所で通されてるんで、指揮官もEMCある
ギルドやギルドマスターの名前を言って注意を喚起するんで何とか頑張りまっしょい。

●ぷりぽん
困った人にリカバリー、が浸透してきてて(;´Д`)ウメー。
敵前衛(VIT職)以外にはディビーナもそこそこ嫌がらせになることがあるので、基本嫌がらせ行動の次の
選択肢くらいに良いかもしれん。

●阿修羅マン
ピンポイントで要職を落とす際に活躍してくれた、影の功労者。
自分で配置を考えて動いてくれてるのが偉い、レタスは後ろに戦力を分散して抜けた敵を待つんじゃなくて
水際でまず全部止めようとしないと決壊するんで、後は池田にでも任せて前で攻め攻めしちゃってOK。


■全体
少数抜けた敵相手にラインを崩さず対処が出来るようになってきたのと、ラインを上げる、戻すといった
EMCに頼らない場の移動が出来てきてて、俺そろそろクビじゃないかと思う。
ゴスリン持ちもさらっと排除出来る場面が増えて来たが、一旦深くゴス持ちが潜るとラインがガタつくので
俺が凍結メイス持てばちっとは変わるかなーと思ったりした。


■雑感
極鷹連のB4等攻略からC5砦の確保が今週ありました。
戦力的は無理のない範囲の事のみ行なった祭りだったと思うが、その無理のない戦力を事前に確保し、
リアルタイムに5砦確保のために人を動かせる指揮官の視野の広さは相変わらず良い仕事してるなーと
思いましたとさ。(*追記→指揮そうさん。メモメモ)
ただまあ、大手の思惑1つでC全部奪られちゃうってのは一中小ギルドとして悔しい思いが無きにしもあらず。
ままならねーもんです。
[PR]
by mavchizawa | 2006-12-05 08:33

12/2 魅力6の魔力

ses名将列伝に載ったーッ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ!


でもって、列伝の中の人に雑記まで労力を割いて貰ってしまっているので、
こちらも載せてもらった返礼代わりに徒然なるままに書こう。

『正直、智が6じゃなくて良かったwwwwwサーセンwwwwww』

自分の評価に対し思う所が無い訳ではないが、名将列伝はなんつーか朝日新聞
くらい公正に世論を代弁しようと努力している(朝日的な恣意もあるだろう)メディアだと
思うので、そこでこのように評価されたという事実は事実として真摯に受け止めて、今後の
レタスGv『結果』によって評価を上昇させるよう精進していこうと思う。

自分的に、今回の祭連指揮において1つ意識改革があった。丁度名将列伝でも
書かれている、今までないがしろにしていた古典的スタイルの尊重・踏襲である。
今回バニル自爆、複数テコンEMC、砦前リンカゾーンーの設定などという新機軸も
幾つか提示したが、所謂一般参加者に要求したのはオーソドックスな高回転EMC
による突入試行に過ぎない。

迷将から名将へ、EKDの妄想は止まらない。
[PR]
by mavchizawa | 2006-12-02 18:39