<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

11/26GvG 祭り、そして。

毎度こんばんわ、レタスの池田です。
色々ありましたが、何はともあれNNTTの13週連続(確かそんくらい)B2確保を止める事に成功しました☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
というわけで、相変わらずテキストしかないGvレポート、はじまりはじまりー。


<~19:59>
一部混成PTの編成に手間取ったり、Altマスターむっち先生が割とギリギリまでログイン出来ずに
同盟構成にドタバタしたりと臨時連合ならではのせわしさはありましたが、55分までにベースプリの
打ち合せも含め、最低限機能する構成は確保出来ていましたのでスタダを決行です。

作戦は超大雑把に言ってテコン3G+Altマスターで過去類を見ない高回転+侵入突撃を試みつつ、
Altは入り口でのカットラインをバランスを見て作成する、というもの。
それに付随して砦前に無所属リンカーを置いてカイトカウプを安定供給するという試みや、絡め手
としてケットさん実行のバニル自爆を狙ってみる、というのが今回作戦のアクセントでした。
編成は紅(内部3G圧縮)、ケットシー(紅余剰分圧縮)、レタス(当日傭兵補充)、Altで120ユニット程度
(砦前無所属部隊、2PC込み。集合SSだと110人程度ですね)での挑戦です。

<スタダ>
開幕前偵察で入口ロキ+崖・3MAPに数人の巡回を確認していたので厳しい展開が予想されましたが
高飛びマスター3人による事前の複数ルート選出が功を奏し、ロキ欠けセルよりLP>紅の高飛びEMC
が早期に3MAPで決まります。
他2Gは失敗してしまったので最速タイミングでの突入は叶いませんでしたが、それでも早期に3MAPの
制圧を行ない突入準備に入れたのは高飛びならではといった所でしょう。


<序盤戦>
事前のカイトカウプが活きたか、先発金剛部隊でタゲを取れた(?)のがは確認できませんでしたが、
1回目の突撃で前衛の一部が一気にWIZ崖に辿り着き、BB等を連発しWIZを相当数削り落とします。
金LKだったんじゃないか、という話がNNTT側から出る位綺麗な突破でした。
内部人が思ったより少ないことを確認したので、速やかに次のEMCを展開、このEMCに前後して
バニル自爆とLPの展開が早々に決まり、ER前半の敵を激減させることに成功します。

そして20:07分、押し込みつつも雷鳥の排除に手間取り、少ない人数ながらもNNTT側がロキを再展開
し始めたり、鷹連がちらほら姿をあらわしたりして、面倒になりそうな気配を感じさせた瞬間でした、
強くて格好良くてサイコーなAltマスターむっち(酔っ払い)が渾身の2レーン後半EMC!!
これに対応しNNTTがエンペ横でEMCを展開したのはさすがでしたが、この時点で入り口回りはほぼ
祭連により制圧してましたんで、後は3Gの連続高飛びEMCで削りきって乙、ログを見る限りスタダより
制圧まで約15分の速攻でした。

10分前後より鷹連が3MAPに本格的に陣取りNNTT、祭に対する封鎖を行なって来たので、あと1歩
制圧が遅れたら鷹連と泥沼の平地戦になっていた可能性が高いですね。結果的にはAltマスター及び
一部の復帰組こそ封鎖されましたが、そのまま入り口ロキ封鎖でのカットライン作成を継続して貰う事で
体勢としては想定の範囲内の2ライン防衛を構築します。
ここから先は鷹連がNNTTの3MAP封鎖を担当したようなもんであった為、ER内部は良くも悪くも暇防衛。
延々とガーディアン復帰してくるNNTT作戦相手に抵抗したりとか、katto様が突っ込んできて再警戒を
促したりとか若干のイベントはあったものの、概ね平穏に時間が流れていきました。

20時50分前後、NNTT及び鷹連が相次いで撤退し、AltマスターもER復帰、防衛線を再構築したり補給を
各ギルドで行ないますが敵が来ず、暇防衛になります。


<中盤戦>
21時前後に各所に偵察を指示、B3極楽がNNTTに襲われてピンチだったので後からケットシーを派遣し
挟撃してさっくり嫌がらせに走ります。当初は半壊状態だったのですが暫くすると極楽が押し返しはじめた
のでB3への展開終了。30分付近よりAltマスター以外全軍でB5制圧へ、40分にB2レタスでブレイク指示。


<終盤戦>
36分にAltによりFP部分防衛を突破しB5制圧するも、38分の時点でFP連に踏みこまれ半壊、ケットシーを
B5に送りこみつつ立て直し、B5Altでブレイク、ほぼ同時期にレタスB2ブレイク。ここまでが41分。
しかしFPの勢いは止まらず45分にFPによりLPが展開、49分にB5エンペ横でEMCを食らいます。ここから
二度目の盛り返しを見せロキを再展開するのですが、それとほぼ同時にNNTT全軍がB5襲来。こちらは
本砦からレタス前衛も送りこみ徹底抗戦の布陣。

56分にB5なんとか大丈夫そうとの報、ヌールマスタのB2侵攻があったのでヌール+高飛び2Gが戻っての
速攻、という万一の可能性を考慮してマスター単独でB5先行していた紅のEMC中止を決断。
ただ、結果的にはこれが凡手でした。
B2でヌールマスターが排除されている間に57分時点でB5ロキ破壊、LP展開され一気にNNTTがB5を蹂躙。
ケットシーが何とかエンペ横EMCを通そうとするのですが、エンペ下にLPを貼られてしまい遅延策が取れず、
速攻でエンペを破壊されてしまったのが59分になろうかという所。必死で紅高飛び主導でのカウンターを試み
EMCまで通したのですが残り30秒では時間が足らず、重力にも阻まれてタイムアップとなったのでした。


<総括>
『B2NNTT堅守を打破する、NNTTのBからの追い出しは無理の無い範囲でのみ行なう』という初期目標を
遵守するつもりでB2に重きを置いた結果、このような形になりました。
B5を守りきれなかったのは自分指揮の凡庸さに拠ると批判されても仕方無い部分だとは思いますが、まあ
通常ハイリスクハイリターンで動きがちな自分としては、B2確保を石橋を叩いて行なうーって感じでしっかり
取り切ったというのを1つの収穫としたい所です。

結果を見た上で、神の視点(あるいはマイナス志向)で『この場面はこうすれば良かった』という反省点は
捜せば幾らでもありますし、指揮してた本人でそう思う位なんだから他の方からすればゴァァァァって感じかも
しれませんが、批判するだけなら口だけで出来るんで、そういう人は次回更なる祭連でも主導して、最高の
用兵と指揮を見せてくれれば俺はカンドーするわ、sesのGv環境は盛り上がるわで皆ハッピーだと思います。
自分のようなしょっぱいプレイヤの組織した祭連が現在のGv状況に対する一石となったなら幸いかな。

最後になりますが、祭連に参加して頂いたAlt、ケットシー、紅連、当日傭兵の皆さん、間接的に協力して
頂いたWHEマスタ、NPマスターさんに心から感謝を。本当に有り難うございましたーっ。



◎余談◎
・『/lightmap』で地面白化は直せる、というのを知って実行。
しかし火力密集地点で黒白反転しながら点滅というファミコンも真っ青のバグり方をしたので、やっぱり
白化したら可能な限りクライアントを再起動した方が良いみたい。

・レタスメンツに対して私信に近しいですが、今回内部的フォローが薄くて本当にすまんちょ。
レタス手伝いに来てくれたDSマスターすめぽん様のフォローに色々救われました。

・Let us only、セカンドステージに向けて動き出します。(かなり嘘)
[PR]
by mavchizawa | 2006-11-27 10:24

11/19GvG 2倍期間(喋りが)

どうもこんにちは、池田のレタスです。
最近今の規模のGvがすげー面白いです、棲み分けとか安住とかは滅茶苦茶嫌いなんですが、
やっぱダイナミズム感じる規模の戦いは面白いですねー、快適だし。
後あれよ、世間のGvギルドがなんでGvの内容によって募集を差別化するんじゃなくて公平だとか
会話◎とかをウリにして募集を差別化するのかと思ってたんですけど、同盟組んじゃうと同盟先に
自GのGv観を押しつけるわけに行かない場合が多いから、Gvについては平均化されて無難な事
しか出来なくなるって訳ですわな。当たり前か。

とかなんか色々考えたりもするのも今回のGvが楽しかったからであり以降簡単なレポートー。


<開幕>
ブレイカー遅刻(;´Д`)
V2をプチ制圧防衛しながら非ブレイカーで強引に割ろう計画を緊急企画し、それなりにうまくいくものの
あと1歩な感じでLKにブレイクされ、敗北。

ブレイカーがカモンヌしてからはV5、武将攻め。
武将はBdNを編入してたりすると人数的にも職分布的にもレタスと良い勝負になる上にぷち防衛やら
攻め返し大好きという中々ラブいギルドであります(゚Д゚)落とすぞおおおお。
なんですが超重力もありゴァァァーとか思っているうちに武将は転進したのか、盛り上がって来る前に
ぱっこりブレイク(´・ω・`)

その後V5をプチ防衛開始し、皆で声出して『I●TYさんお亡くなりアッー』とか盛り上がってる所でAlt襲来。
純戦力で勝てないので粘ることを目標にし、入り口周りの踊り子さんを下げたのですが事実上一瞬で
蹂躙されたのが悔しい所。同時に入ってきたWinds of Seasonがブレイク、転進。


<道中>
道中となればレタス大好きL1。
暇防衛から始まり、少数の攻め手が来た所で強引に3MAP尻にEMCしてライン上げ平地戦しちゃうぞー
とかEMCした瞬間にRoCとLF(WoSでした)がこんにちは。40人ーッ。
ラインをERに戻す間にRoCさんが内部でEMC、続いてLFさんも突入と一瞬で内部で乱戦ムードに入るも
慌てず騒がず皆で自陣維持して敵陣潰して教授を危ないので早めに殺しておkwwwwwwwwww。

2倍程度の人数に攻めこまれたのを綺麗に押し返しハッピー気分。
なれど2回目にゴデバも加わっての突入を食らい、外周でまあ半分くらい削ってEMCでギリギリどーかなー
って所でエンペ横EMCをカットされます。痛恨のミス。次もいけるかなーってノリだっただけに悔しい結末、
ゴディバによりブレイクされ転進です。

お次、C3。Eternal Waltzってどこだろうと思ったら先週解散されたLPさんの後継Gなんですね。(後で知った)
エンペ周りでのプチ防衛で単体だったら五分前後のバトルだったと思うんですが、ゴディバ他競合が幾つか
いたので勢いに乗って一気に攻め入ります。いつもはゴディバに後ろからブレイクコントロールされっぱなし
なんで、今回はゴディバがレタスより先に突撃したんで後から狙ってやろうと思ったんですが結局ゴディバに
ブレイクされます、ギギギギ。
プチ防衛後暁に蹂躙されたり夢に割り込まれたり割り返したりとプチ防衛よりも攻め返しをメインに乱戦を
繰り広げているウチに21時30分が近づいたので、ちょっと早めでしたが最終補給、撤退です。


<ラスト>
L2武将攻め、まだ制圧狙わないと確保は厳しい時間帯だったけど、競合が多すぎて制圧は無理と判断し、
いつもの如く制圧狙い続けてブレイクすらしないよりブレイクしてまた割られてから考えよう、ってことで
ブレイク指示、味方が頑張ってくれて2回目程度の突撃で乱戦の中ブレイク、GJJJJJJJ。

というわけでラスト20分防衛なのですが夢物語には内部でEMCをボカスカ食らい、FP連の派遣も少数
攻めてきていつ人数増えるかでガクブルだわ、おまけにRRまで攻めてきた時点でアッー。
15分弱粘り、ラスト10分となった所で夢物語がブレイク、重力と競合の脅威を考えてマッハでL1に転進、
ゴディバ相手にERに切り込み乱戦になるも、こちらがADSで削られた辺りでRoCに割られてL1も乙57分。

さらに転進し、マッハでV2のラストレースにマスター派遣を間に合わせるも入り口で……鯖キャン…orz
もー毎度悔しい宿無しとなりましたっ。


<総評>
今週は声を出そう、連携組もう、との目標の元でのGvとなりましたが、皆で割と騒ぐことも出来、それで
Gv自体の動きも良くなったと思うんでかなり俺的にはハッピーなGvでした、ちょっと前に55点と酷評した
気がしますが、それと比べたら75点くらいは優に行ってたんじゃないかな、うん、良いGGっした。
それを踏まえて各職雑感。

・マスター
EMCの判断が遅い…ので指示を待たないで俺に「早いよばかちんwww」って説教されるくらいのEMCを、
って現場で要求したら、最後のL2の回収EMCはまさにその心持ち早いEMCで偉いよばかちんwww
追加で考えて貰うとしたら『常時落法の再度意識』かな。味方のフォロー不足とかの問題でもあるんだけど
見てた感じ防衛中EMCが途中で止まってる原因の6割くらいは飛び道具なんで、30%避けましょう、と。

・前衛
前MAPの報告、ライン上げようよーという面白要望とか楽しく動いて貰えてたと思います。後衛との連携を
暗黙の了解でやるんじゃなくて、連携も要求するとかそういう面までいければさらに良いやも。
あと敵のEMCを止める為の飛び道具(SB)とかをセット、無い人はダメ元プロポなり申告をして、EMCが
危ない気配、ポジションを見付けたら自分で止めに行くか伝達を確実に。

・WS
相変わらず、阿修羅とはまた違う密着火力として良い仕事をしています、FAR完備だと色々TUEEEEE。
防衛時には早い段階で下がるか、EMC待ちするかは任せるけど、エンペ横メルトCRが輝いていた記憶が
俺には無いので、俺のアルツじゃないならもーちょいそんな感じでっ。

・中衛・後衛
入り口忘れないでは強いんだけどユニットとして身の安全が確保出来なくて勿体無いのが悩み所。けど、
踊り後退指示をした時、後衛QMとの切替えを自発的に提言してやってくれたのはWIZぽんMVPだった。
SG多分10の陣地確保までかなり美味しく出来てきたんで、次は牽制として、あるいはSG10が間に合わない
状況下でのSG1を利用した場の展開を意識すっといいかも。

・阿修羅
あんまり言う事ないや(;´Д`)お手伝いのITTYさんの動きが良くてもう随分指揮に専念させて貰いました。
強いて言うなら前衛ゾーン―(空白)―WIZ崖の空白を埋める位置を阿修羅ーズが分担してたんだけども
人数的に無理があるのは明白だったんで、助力を頼まないとイカンかったなあ、と。
空白ポジションでEMCを良く食らってしまいました。

・プリ
リカバも先週より随分回ってたっぽいし塩もそこそこ入ってたのか要求は減ってたし、平均点として随分
レベルが上がってたと思います。その上で軽視されがちなキリエ(ブラギキリエ)これは攻め時も防衛時も
便利なんで、時間がある時には是非味方にかけていって欲しいです。
あと、陣地ニューマは特に声出しで挙がってたけど、攻めこまれた際EMCマスターへニューマ、重要です。

・指揮官
EMCが遅いってのは、前述の通りマスター職にも改善点はあるけど、EMCという指示を期待されているなら
『EMCそろそろいくよーいくよー』と注意を喚起する指示をする等、もっと上手いやり方はあった。
皆に喋れと言った手前、自分もいつもの2倍しゃべるようにしていたんだけど、結果的にそのおかげで自分の
指示力が上がって密度の高いGvに出来たのではないかと思う。温故知新。
[PR]
by mavchizawa | 2006-11-21 13:21

11/19 雑メモ

最近テコン系マスターのEMCが増えてきたんで、半年後くらいまでにチェイサー高飛び㌧㌦EMCも
増えて来るんですかねー、sesの空気的にあんまり来なそうな気がしますけど来て欲しいもんです。

私的めも。
http://wiki.livedoor.jp/luo/
編集しなおさなきゃ。
[PR]
by mavchizawa | 2006-11-20 17:18

11/12GvG (=゚Д゚)∩ハイッ!!

ちすー、レタスの池田です。
砦が取れてないと書くことないんで困っちゃいますが、『今』は割といいレタス。
というわけでガチレポートはじまりはじまりー。


<序盤>
ポタコさん突然の不在により自分がポタを出すことにしましたが、突発自体に対処しながらの
指揮できょどりすぎて開幕ゴミですいません。
今後似たような自体が起きた場合は誰かに指揮権をさっくり委譲かな。難しい状況だったです。


<中盤>
レースを止めてプチ防衛しながらEMC派遣、ってDSルールに基づく高速移動を行なおうとしつつ、
イマイチ噛み合わず、体感的には高速戦どころかまったりバトルでしたね。
先週からこの傾向があるんで、このまま行くのかどーすんのか再考が必要な部分ではあります。


<終盤>
最後の方になるとエンジンがかかってくるのが毎度のパターン。
まあ、確保力のあるギルドが確保準備に入って攻め過剰傾向が一段落するからでしょうけどね。

まずはC3をプチ防衛。
3頭での軽い防衛→エンペ横での防衛と、全員で動いてラインを上げ下げする練習がある程度は
出来たし、1本橋防衛で熱戦を繰り広げられて楽しす。最初の方前衛が1本橋から勝手に先行して
ボコられておなくなりになるとかクズりすぎてたけど、最後の方にはルールを守って狩れてたし、
かなりアツかったですね。ITTYさんのクローク阿修羅TUEEEEEEE。

んでC3が徐々に削られてれる寸前21時40分。
EMCで粘ろうかとかカウンターかけようか、という流れだったんですが要職の資材が尽きかけてたんで
粘らずラスト前の補給タイムに移行。脳内プランは以下。

●半レースになってるC3継続
→旗構造上制圧出来たとしても3頭防衛出来ない、道も長くないし大手派遣が来たら5分もたない。

●L1偵察
→絶賛レース中で数ギルドたむろってるので後回し

●V2
→絶賛レース中

というわけで、L5とV5で暇そうなNP連、人数的に二分化してればギリギリ勝負になるべーってとこで
両方ポタを取って両面作戦開始。


<ラスト10分>
まず総合人数が少なそうで、レースの影響を受けにくいL5の新生攻め。
想定通りのレベルの防衛ラインを前衛陣が突破、ヒノト先生が高台上→下と移動して渾身のEMCを
通すも相手のスクリームが手堅く中・後衛陣の身動きが取れず。
前衛陣がエンペに辿り着き叩くも、妨害斑によって排除され、膠着。

二度目のEMCが止められ、3度目の3MAPEMCからの正面突破も新生側のEMC(?)により排除、NPも
何人かL5に戻ってきてた気がするけど詳細覚えてなす。この時点で全員V5に移動、ラスト4分。
遇か不遇か、これと同時に長靴連と子猫がV5に来ており手薄になったNP防衛を一発で突破、EMCが
止められて前衛のみがERに辿り着いていたレタスも含め乱戦に。
人数比は長靴5・レタス2・子猫1程度の割合だったと思うんだけど、子猫アサクロ一人がブレイク勝ち。
この時点でラスト60秒であり、ヒノト先生がERでEMCを通した瞬間辺りにエンペ消失となりました。


<総評>
先週同様レタスにしか出来ないことをやって砦は取り損ねるという、まあなんとも悔しい結果に。
ここら辺が勢力の問題とかアサクロの問題とかレタスに欠けている部分でもあると思いはするんですが、
やっぱGvギルドは砦を取ってナンボだと思うんで、なんとかしたい所ではあります。
以下今までは避けてた行為だけど、職別に自分が思う改善点を。

・マスター
単独で動かした時、偵察に出かけて戻って来る人の気分で動いていて派遣になってないように見える。
マスターが動くってのは全軍派遣と同義と自分は捉えています。
1度立ち位置を変えてみればわかると思うんだけど、それには余裕が必要かもしれん。

・前衛
ペコ必殺のアレBB(検閲)の火力はいい、偏ったステ振りの某氏も限定状況なら結構活きる。
単体での押すべきボタンは普通なんで、後は全体を見て動こう。ジュリアが声を枯らして1本橋から先に
出過ぎるな、って言ってたけどまずそこが前提の立ち位置。そこから敵が溜まりすぎる前に、中後衛の場の
確保の元で必要に応じてラインを上げる判断を。死なずに削るのが目標。
待ち合いならプロポもいい、不死鎧の敵の判別が出来るから。必ず見付けたら喋って全軍に伝達。

・WS
WSは単体火力職として特にAXを殺す時にはチャンプを超えるパフォーマンスを発揮してると思うんだけど、
今1つ超活躍TUEEEEEと見えないのは単体攻撃職だからかな。敵にするとWS恐いのに難しいです。

・中衛
ジプシーさんは今週MVPじゃないかね。
ブラギスクリームでの敵無力化とアロバルによる低HPキャラ落とし、最後の忘れないでと万能に動いてた。
さらなるパワーUPの為に今後魂によるセルフブラギの導入、プリーストがブラギLAを連発することでの
トータル連携の向上が強化の鍵かもしれない。アロバルのダメージは試算だと3K~属性合って4K。

・プリ
作戦書に再度書いておくべきだったね、防衛時味方攻撃職には基本塩です。火力上げ。
人数少ない状況で支援支援ーとか急かされて必死ですまんと思いつつ、こっから次のステップもあるので
頑張って支援回してそっから先の状況を作って欲しいと思います。まずニューマの徹底。
次に群れからはぐれた敵にDAかLDかLAか魂HLをかけて「さあ食べろー!」と号令をかけて欲しい所。
とりあえずブラギに乗っての20秒ルールを意識する所からかな。

・阿修羅
2人以上いる場合には面で動こう。
キーマンであるのは確実なので喋れるだけ喋る事かな。後は指弾気奪を待ち合いに絡めるかどうか。

・WIZ
場の確保とSWの先出し。
1人ずば抜けて賢いのが居るからなんとかなってるけど、まだがっつきすぎの印象を受ける。
生体ブラギ狩りでもしてみれば一発でわかるんだけどなあこれ。
終盤のC3みたいな状況ではブラギ踏んで20秒の間にブラギスクリームと組み合わせてライン上げSGとか、
俺TUEEEEE出来ると思う。なんだかんだでSG最強だから頑張れ。
[PR]
by mavchizawa | 2006-11-14 12:10

11/5GvG 柏隔離病棟

速報気味に簡潔に。追記すっかはわかんね。


<開幕最速ブレイク狙い>
→ゼバ様単体に敗北、EMC後リログしてマステラ回収に行っていた俺が戦犯。アファッスカー!


<道中>
CLにもちまりちまりと顔を出したけど、今週のメインディッシュはV。
特にV5で武将+BdNと当たったのですが、どつき合いが最高調に達するたびにサーバーさんまで
エクスタシーを迎えてしまわれるのは如何なものか。
その点で中々不完全燃焼な道中ではあったのですが、皆集中力を切らさずに随分頑張ってくれたと
思います。自分は武将戦で寸頚を初めて活用出来たから割とノリノリだったんで良いんですが。
にしても経費無制限の阿修羅・ADS・EDPってのはやっぱ凶悪だなあ(;´Д`)。


<日替りメニウ>
●先週やったこと→EMC職に独自裁量、前衛PTリーダーに突撃号令委任。

●今週やったこと→自発的なライン上下指示、全員1地方に分散しての偵察。

結果としてはどう各人が判断するかはわからんけど、55点くらいかな。赤点は30点以下。
声はまだまだ出てないと思うので一人で『(=゚Д゚)∩ハイッ!!(=゚Д゚)∩ハイッ!!』と騒いでみるものの、中々皆が
構ってくれないので寂しかったりもしないでもない昨今です。砦落とした時に皆で誉め合えるのは最高だと
思うからそこは良い所なんだけど、それが出来るだけに戦術としての喋りがもっと欲しくなりますな。

ラインの自発的上下は、多PC使いの限界があるので難しいってのが正直な所。
やっぱ3PCのうち1PCはワンプッシュキャラにしないと使いものにならないんだけど…駒不足ですな。


<ラスト10分>
LVともにレース会場が人大杉で面倒だったのでB攻め。
B2NNTTにEMCでお呼ばれし、10人前後がER入り口に散見されるだけだったのでイグ実阿修羅で
皆殺しにしつつ、エンペ周辺の敵影確認出来るかなーって所でヒノトちゃん(16歳♀、好きなものパスタ(ZIRO))が

「あ、やっぱB4が良いうに>w<」

と姫っぷりを発揮してB4にEMC、FP連のLF単体ほぼレタスと同程度の数がコンニチハ。
2PCでもしてる人がいたのか、後衛が少なかったかで大魔法があんまり無かったため、すかさず
叫び+イグ実連打阿修羅で敵を排除排除。
早い段階でマスターを排除するもチェイサーに潜伏されたりと、ブレイクがLK頼りなレタスとしては
バーサク後に無力化されやすいという不安があったので空気読まずにブレイクだけを狙います。

そしてLFを抑えて念願のブレイクをkwwwwwwっはいいのですが、予想よりもうちのLK-ズが頑張り過ぎ
時計の針は56分・……早すぎーッ!
鯖キャンとか超重力に夢を託してイシス防衛を試みますが、全軍(多分)戻ってきたFP連に速攻蹂躙。
59分にブレイクされてしまい無念のc帖プレゼント無しと相成りました。


<所感>
まあ先週みたくラストで鯖がパンクしないって保証が合った訳でも無し、限りなくベターに動いたという
事で、良く戦ったと思います。悔しいけどこの悔しさは次にぶつけまっしょい。
[PR]
by mavchizawa | 2006-11-06 02:32