<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

5/28GvG 地獄極楽落とし

っちゃーす、池田です。
今週は今までにも増して傭兵依頼をサボっていて、こりゃ今週は雇用先無しかなーとか思っていたのですが
小人さんが頑張ってくれたおかげで19時台に滑り込みで極楽連様にひろわれりんぐ。

さてその極楽さんですが、許可を求めた友人(あっちは俺をセクハラ星人Bとしか見てない気がするが)から
 「キミツ、マモレ。サモナクバ、マルカジリ」
との通達があったのでこりゃーブログはちゃっべーかなーとか思ってドキドキしながら機密ってなあに?って
聞いたら、ギルメンからギルマスまで誰一人機密の内容を知らなかったのですごい機密だと思いましたとさ。
もうだめだーwwwwwって訳で今週もいつも通り張り切っていってみよーっ。



20:00
スタダヽ(゚ω゚)ノで鷹連へ。
何か傭兵に行く先々が鷹連攻めで、俺様ちゃん鷹連粘着みたいっ(*ノノ)とかちと思ったりもするのですが、
まあ恩義とか好き嫌いで対人ゲームの手を抜く気は全くないのでむしろノリノリでスタダ。
WP周囲のセルを埋め尽くした鷹連に対し、極楽はマスターと護衛班を先行させる少数精鋭のスタダ(?)を
狙ったのか一般人は後方からスタートし、無難にスタダ失敗しつつEMC集合します。

ここからは1Gに後衛を集中させ2頭を封鎖しつつ、残り3GでEMCを回しながら突撃というオーソドックスな
スタイル(だと俺は思う)で勝負。スタダに失敗したか鯖キャンか防衛線に戻れていないWHEマスターを封鎖
しつつ突撃ごーごー。
俺様ちゃんは突入班なのですが、事前にハラペコマスターより金剛でロキの切れ目を報告してくれないかとの
指示を受けていたので状態異常鎧で前衛と一緒に金剛突入します。目指せロキ破壊。
んが。
金剛してるのに即(って程じゃないですが)蒸発。周りからもITEEEEEEとの報告が飛び交います。
ディスペルは相変わらずそれほどの優先順位では飛んできてないし、先々週のブログで酷評したあの時に
比してそんな劇的に伸びるのびしろがあったとも思えないんだけどおっかしいなーとか思いつつ、馬やNNTTの
一歩下くらいの蒸発速度にたまらず倉庫から戦犯ウェポン、QV杖を取り出します。

 ヘ○ヘ
   |∧  阿修羅覇凰拳!
  /

当然のようにWHEマスター相手にQV阿修羅をぶちかましたけどもう気にせず突入突入!
その後1-2回の突撃でも蒸発速度は変わらなかったため、死亡理由は火力の偏差ではないと結論付けます。
ロキそのものも1枚目のポジションに2セットロキ雷鳥を配置しているため、片方を一瞬演奏停止させても
もう片方がロキを発動してしまい決定打を繋げることが出来ず、苦戦を強いられギギギギギ。
こりゃ鷹連の防衛力を脳内で高めに再設定しなきゃいかんのかなーと思った時、指揮官の偉い人が
 『あー次ロキ突破で』
ここで俺様ちゃんピンと来ます、で金剛突入っ。

・・・予想通り死にません(。Α。)
あのですね!ぶっちゃけこんな基本的なことを鬼の首を取ったかのように書く方がアレなのはわかってますが
前衛が前に行きゃそれだけ魔法なり♯なりの位置が分散するわけで、今まで全員分漏れなく重なっていた筈の
MSなり♯が5割引セールになるって訳です。んで単体狙いの中火力スキルは不足気味、と。

ちうわけで先々週並に戻った火力密度の中のんびりとロキの切れ目を報告するのですが、過去ブログに書いた
ように秒数を共有するか、当事者が号令をかけないと中々上手くいかない訳で、ロキ時計は傭兵の仕事的には
ちょっと難しいのかなーとか雑感。LPが一瞬出たりするもすぐ貼り返され、結果として戦況は硬直します。


21:00
ここら辺でEMC→徒歩集合→EMC、の回転を早める突撃を止め、(多分)マスター突破EMC狙いへ。
ハラペコのマスターがロキを抜けて残影まで出来たり、一部前衛が後一歩の所まで攻め入るも回転を犠牲にした
為次が続かずシャットアウト。
まあ破壊→突破→マスター突破、とやるべき事を全部試してダメだったってことで転進ーっ。


21:25
放棄砦のB5確保。
さっそくブレイクする訳ですがハラペコマスターが賢い人でやがって(敬意)、全員リログ集合って指示を撤回して
マスターと護衛だけ砦前行けば平気だからブレイクの瞬間まで中で見張ってろーとの指示。
こういう知恵ある人が大手にいるから俺みたいなのの脳内作戦が脳内で終わるわけですよ、全くモウ。


21:40
不幸にもブレイク直後にNNTT全軍襲来。
残り時間があまりにも多すぎるなか崖っぷち防衛開始っ。

しかしNNTTが何にしろ賢いです。
雷鳥が上下の通路に分かれて袋小路の奥まで行ってスクリーム連打。これが中距離火力にマークされてなかった為、
比較的長い時間フリーで放置されます。しかし気付いたのはいいんですが、コレを阿修羅で殺すにはぐるっと中央から
回って袋小路の奥まで行かなきゃいけない訳で、モンケでは長時間を消費してしまいかなりマズいです。
そして他の前衛がその間にも当然エンペに突っ込んでくる訳で・・・。
結局完全な平地戦になりながらも15分程守っていたのですが、エンペにたかる敵の排除がおいつかず、防衛網としては
ある程度以上の形を残しつつ痛恨のブレイク。
余力ありそうにも見えたからエンペ周りの教授WIZという補助戦力から削ってただけに俺的にはかなり悔やまれますorz


21:55
残り5分、ワンチャンスにかけてカウンターするも微ラグにも邪魔をされロキ2枚に歓迎されます。
それでもハラペコマスターやらペコ有志がロキをぶち抜いてエンペに詰め寄るも、敵はエンペ横でEMC、平地戦をされては
この残りタイム(とラグ)では残念ながら勝ち目はありません。
ハラペコマスターがエンペ近くでEMCをした瞬間にエンペが消えてタイムアップ、今週は砦獲得ならずでした・゚・(ノД`)・゚・



<雑感っ>
●指揮(号令)に対する反応の速さが随一でさすが大手だなーと。
正直高回転EMCの回転速度そのものは並程度(これは鷹のリログEMCが頭一つ抜けてるからかも)だと思ったのですが、
そこから先の突入いくぞー321ごー、みたいな号令の速さは、ほっといても各人がつくべき配置につけるっていう信用が前提
にあるわけで、こういうのは見ててかっちょいいし、これが出来てるならEMCの回転率なんてマスター単騎の練習だけで済む
問題なので、すぐ解決しうる問題だなーと思いましたとさ。

酷評されるーとかハラペコマスター言ってたけど実際ケチをつける面なんてそんなに無いような・・・・。
強いて言うなら砦前アスムからのEMCでタイミングバレすぎ・・・とか突っ込む事は出来そうだけど、アスムEMCはタイミングが
バレても構わないスキルだー位に開き直るんだったらどっちでも良いかなあ、と個人的には思います。
まあ砦前はちょっと知恵のある連合ならどこも2PC置くけどわざわざ敵のベースまで2PCを持っていく人は少ない、って程度に
敵がサボる前提で考えるならベースアスムなんですけど、その思考は希望的に過ぎるなあ、と。
まあ砦前アスムラブっていうのは爆裂状態が鯖をまたぐと消えてしまう(よね?)モンケ系を使っているからかもしれませんが、
そう考える人もいるってことで。

●個人的には、高回転型のEMCの錬度向上のみを意識して連発していれば落とせる可能性がもっと高かったんじゃないかと
思った(防衛側のチャンポAからも同意見リーク)のですが、そっちルートのハイエンドを鷹連で体感してるから言える事な訳で、
逆に自分は極楽連のような転生2-2職の多さや特殊マスターのいるGvを深く知りはしないので脳内かもしれません。

実際ブログ本文中には書ききれなかったですがストリップ等を積極的に絡めた極楽連ならではの戦い方が散見されていて、
大手としてのまた違う方向性が見られて非常に良い経験をさせてもらったと思います。



<次回予告>
    ,,,     
   <l・ )_.
    ヽ,_彡~~~        ○
                      ̄)ヽ
                     く\

雇用先決定、金土辺りまでに偉い人の許可が下りたらアレっすか、ブログでホームラン予告ッすかー!
[PR]
by mavchizawa | 2006-05-30 02:02

5/21GvG 欠席

っちうわけで池田です。
当初の予定では今週は何も書かないつもりだったのですが、アクセス見る限りそれなりの人が何かを
読みに来ているみたいなので雑文をだらりだらりと。



<作戦というもの>
天空がB大手へのラスト奇襲(+それによって引き戻されて空城になる派遣先落とし)という作戦を見事に
成功させてて、似たようなことを考えてた俺様ちゃんとしては羨ましい限り。
ちうわけで脳内で妄想出来る作戦はヤル気とフットワークさえあれば実現出来る、というモデルケースが
出たことをこれ幸いとばかりに他に妄想した作戦を挙げてみる。


●城主交代を狙っちゃおう
→ほぼ毎週城主交代を行う連合があることから妄想。
ここまで読んだ時点で後は方法を最適化してくだけなので説明するのも馬鹿馬鹿しいけど、そこはまあ
暇つぶしということで。

やり方は2つ、一つは割ろうとした時に割り込んで制圧/ブレイクをかける方法。
これは割り役のGがブレイカー少数のみのGであり、かつ連合員が全軍リログしている場合、なんていう
油断ぶっちぎりの場合が適用症例なので脳内度数はかなり高い。
ただWIZだけ残して他はリログしているとか、見かけ上の数はいても油断していることはあるので、
アサクロ辺りがエンペを一撫ぜ出来る可能性があると思ったら賭けてみても面白いと思う。


二つ目は防衛側にとって最適解に見える戦術、連合マスターのみリログ、他全員が手を抜いてブレイクGを
通してあげてブレイク→突入EMCという形での交代時の割り込み。
コレを『マスターのみしか砦前に集合してないスタダ(しかもスタート前から入口防衛を殺せる)』だとでも
考えれば期待値が高いのはわかる筈。

また、マスターのみでなく全軍リログで砦前集合しているにしろ、現状の『落城ログが数秒後に表示される』
という落城の仕様と、暇防衛で城主交代している所が一々『@エンペ今割れたGO』とか連絡取って
ピリピリ最速で突撃をしているとは思えない(落城ログ見て突入してそうじゃない?)事から、こっそり
1MAPの隅っこにでもクローク1キャラを置いておいて、クローク外套で入口WP上に待機しておくとか
最速突入の準備をしておけば、出し抜ける可能性は十分にあると思う。


欠点は単純、いつ城主交代するかわからないこと(笑)
偵察や砦前待機していると当然警戒されてしまうため、クローク待機なり何なりと準備が必要になるが
EMC集合するにしても2時間マスターがクロークして奇襲を待てる連合は普通存在しないw
まだ実力のある単体Gの方が可能性があるが、それだと仮に落とせても防衛する事が不可能なので
結局労力比に合わない、というのが脳内になる最大の理由である。
やるとしたら複数PC、高Lvクローク、敵ベース監視なんかを上手く使ってサブPCで作戦行動をしながら
機を窺う事になるだろう。



と、ヌルヌル書いていたら寝る時間をオーバーしたのでここまで。
一番役に立つ情報はクローク待機で最速GOーという地味テク部分な気がしないでもないですが、
まあそれはそれで。
次の日曜日はGv出来る予定(当然雇用先未定)なのですが、現状ブレイブだけが飛び抜けていて
対抗勢力が存在してないのがもにょい所です。何か楽しいことないかなあ。
[PR]
by mavchizawa | 2006-05-23 02:17

5/14GvG ヤドカリ人生

どもすーっ、チャンポAがビキビキしたブログを書いていて非常に楽しいと思っちゃう
元チャンポB、EKDです。
マジ☆ゲーマーの端くれとして思う所は色々とあるのですが、そもそも匿名板ってのは
便所の落書きの親分であるってことを貴様ら愚民どもは忘れてませんかね?
 『池田学園のチャンポ子(淫語スレスレ)はヤリマン!3万で誰でもOKらしいよ!』
って便所に書いてあったからってそれ信じるヤツってヤバいよね、って事。

 池田は『何でもアリ』の『対戦ゲーム』を応援しています。



 19:30
今週の雇用先は紅連様っ。相変わらず友達のツテを使って楽しそうな所に依頼をネジ込む
姑息パワーを全開にしております。他にも来て良いよーって言われている連合がある辺り、
マジ人の情けが身にしみる感じですね。
さて、紅連(以下敬称略)ですが、馬連がポスト大手として名を馳せてきた連合だとするなら、
紅連は中堅上位~上を目指す連合として知名度急上昇の連合であり、今週も楽しいGvが
出来そうな期待に胸がドキドキなのです。

まず何より19時から集まれる人は集まることにしている、というこのヤル気の高さが凄いと
脳内メモメモ。実際スタダとか開幕に真面目に作戦行動するのであれば15分前程度には
集合完了していないと話にならないと思うので、こういうのが出来るくらいモチベーションを
高く保っている連合ってのは偉いと思います。けどスタダは無し・゚・(ノД`)・゚・


 20:05
というわけでのんびり開幕vs鷹連。
開始と同時に闇目隠しはバグがあるため使用禁止、との命令が飛び交います。
そんな中、内部を眺めてみた俺様ちゃんの個人的感想としては、中堅上位に二歩劣る程度
の防衛密度だなあ、と。上位対戦に慣れていない紅連の人は鷹連さんさすがつよーいって
評価が一般でしたが、Bで過去に色々な強敵と戦ってきた体感と比して評価するなら、
 ●大魔法がヌルめで金剛してないチャンプが即蒸発しない。数じゃなくて種類と分布?
 ●ディスペルが全く気にならない
 ●Sbr、♯、ADS級の遠距離中火力攻撃が感じられない
って所ですかね、正直鷹連が鷹連攻めたら多分落とせると思います。妄想ですけど。

なーんて言うと鷹連が雑魚みたいですが、基本構成自体は若干貧弱でも要所要所を押さえる
工夫が出来るのはさすが。火力不足を的確な罠とブラギスクリームで補って、紅連の突撃を
シャットアウトしてきます。俺様ちゃんはロキ切れ目を計ったり抵抗をするもPCスペックの限界
等もあり、大して役に立たず蒸発を繰り返します。


 20:40程度?
俺様ちゃん突撃中に鷹連のペコペコがやたら崖上に駆けて行ったんで誰か抜けたのかなー
とか思ってたら我らがアイドル輪廻マスター。うはwww神wwwwE!M!C!

しかしここで経験の差がorz
エンペERで殺し隊がEMCをしてギリギリの平地戦を開始した鷹連に対し、紅連は輪廻1Gだけが
エンペ周りに先駆けており、3MAPの掃討をする人、ERの入り口を確保する人、なんとか輪廻に
合流しようとする人、と明確なラインが形成出来ません。チャージ切れその他諸々の理由もあって
全GがEMCを揃えて回せなかったのもこの理由の一つかもしれませんね。
鷹連がエンペ回りからラインを押し上げ、ER防衛の形を成立されてしまいます。


 20:50程度?
場所が変わって今度はER攻め。
3頭よりもこっちの方が構造的に脆いしいけるかなーと思ったんだけど、鷹連の遊撃部隊に無詠唱の
SGを撃たれたり、1頭で復帰妨害をされてしまい、戦局は泥沼化していきます。
道中で復帰妨害に構うなーという指令も出るのですが、復帰妨害のそれなりの密度もあって徹底は
難しく、そんなGDGDになっていく気配を感じてか、30分程が経過した後指揮判断により転進が決定。
鷹連が3頭にラインを上げたがっていたので、個人的には最後に絡め手を入れても面白いかもしれない
と思ったのですが『正攻法の錬度向上』という目的を優先するのは手堅いなあ、と。


 21:15
C4へ転進、少数防衛中のRiverionを追い落として制圧に成功。
キャラ配置に若干手間取ったりしたり、某LKさんがバーサークを誤爆していて微笑ましかったりと
のんびりと時間を潰している間に21:30、EA+パルプンテ襲来。


 21:30
一瞬で3頭防衛が抜かれてしまい某LKさんの手によりなんとかリセット。
しかしC4の地形上、どうしても格上の連合を相手取れるレベルの防衛ラインを構築するのは難しかった
ようです。再度の突撃に対しても対処がおいつかず、またしてもERに敵が雪崩込んできます。
この時点で既に指揮官級の人は転進先を検討していたようで段階防衛は特には行わず、突撃してきた
アリスマスターはなんとか阿修羅で殲滅するも、EUのEMCによりERが制圧されてしまいます。無念っ。


 21:40
V1、SD連攻め。
標準的なロキ一枚防衛であり、20分では『良い勝負』かなーと目算を立てるも、二度目の突入辺りから
超重力が発生ビビビビビビビ。
どのくらい超重力かというと、クロークしてる俺様ちゃんの真隣でルアフを炊くプリさんがいるというのに
俺が炙り出されるのがそれから30秒後くらい、プリさん2回もルアフ入れてる。わけわかめwww

そんなワカメゲーをしている間に時間が押し迫ってしまうも、またしても輪廻のがんばりんぐEMC!
防衛ラインが崩れたので慌てて突撃し、ブレイクの邪魔になりそうだった敵ちゃんぽんに向かって

               ◎ ←QVロッド(*金剛突撃用)
        .      |  
   ∩___∩    .|
   | ノ      ヽ /⌒) あしゅらはおーけんー
  /⌒) (゚)   (゚) | .|.
 / /   ( _●_)  ミ/ |   ∩  、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   どごぉぉぉ
 |       /       、 (_/    ノ
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _
 ∪    (  \        \     \
       \_)

二度wwwwwねwwwwwたwwwwwwwwwwwwwwwマジ戦犯すいませんすwwwwwww
その後怒り狂った敵チャンプさん(♀)にお返し阿修羅を食らってしまい、2分程早く戦線から離脱、
超重力のせいか、敵プリさんが最後の方まで残ってしまったせいか、ER内の勢力図こそこちらに
傾いていたものの時間が足りず、惜しくもV1獲得なりませんでしたo...........rz




 感っ
紅連さんの偉い人のブログにもあるように、まだまだ発展途上のようで色々と完璧ではない部分も
散見されましたが、皆で頑張って上をめざそー!っていう熱意が人一倍感じられて、予定通りに(w)
とても楽しいGvGをさせて頂く事が出来ました。

紅連さんは将来の最強を目指して謙虚に手堅く、をモットーに動いているように見受けられましたが
現状でこれだけ出来る連合なんだから『練習のための練習』をしなくても、もっとはっちゃけた指揮を
してみちゃったりすると、意外と結果オーライになったりするんじゃないかなーと、基本的に頭の悪い
池田は本能で思った次第です。
スカウターでべそ書いてる悟飯を見た時のナッパの気分、みたいなっ。

以上、いつも余りお役に立てていなくて存在自体が戦犯と評判の池田が紅連からお送りしましたっ。
来週は私事都合により欠席確率70%でございます。朝3時まで残業ってクソゲーっ。
[PR]
by mavchizawa | 2006-05-16 01:57

5/7GvG マジ馬並

19時40分、モロク北。

「はじめまして、こんにちはー」

丁寧に、実直かつフレンドリーたれという態度をアピールするように俺は挨拶をした。
馬連、Evanescence。今週の俺の雇用先であり、先日まで複数のB常連を退け続けC2長期防衛を
成し遂げていた気鋭の連合である。

「雇って頂いて有難うございます、今日はよろしくお願いしますねー」

こう見えても真面目に対人ROをやる気が無かった一年間は、丁寧語ネカマとして臨時で粘着された
過去を持つ俺様。(全くの余談だがそいつは今鷹連にいる)
擬態は完璧、な筈であった。

が。


「あ、いけださんブログみてますー」
「もっとブログっぽく喋ってくださいよー」


ちょwwwwっをまwwwwwwwwww本性もろばれwwwwwww
というわけで皆様ご愛顧有難うございますwwwwwwついでに俺様ちゃんも馬連のティアさんのブログ
毎週楽しく読ませて頂いておりますwwwをkwwwwwっをkwwwwww


|⌒;ヘ   閑話休題。
|;...,.;;.) / 
|w・i~っ   
|__,ノ



 20:00
開幕B5を1Gで攻めてアナウンスしつつB1に奇襲気味に突っ込む作戦(だと思う)
馬連=防衛といったイメージを使った面白い作戦かもしれない、と自分の思考ルーチンにはない
発想にちょっと新鮮なものを覚えつつベース待機。
だけどB時計の速さに負けてB5スタダに失敗してしまったようで、結局は落ち着いた形からのB1
攻めといった形にまとまることになりました。

そして先客のAlt(よくカチ合うなあ)と共闘し、一緒に攻めることに。
入ってみての感想は・・・大魔法が薄い・・・。これは極楽さんがどうのというよりも純粋にB1ERの
構造上の問題だと思いますけどね。
そしてそのウィークポイントを生かして2-3度目の突入でLPが貼られ、MSマスターがADSによる
侵攻を試みるもLKの壁に圧殺され雷鳥他要職排除が適わず、LP上書きからの即ロキによって
惜しくも一度目のチャンスは潰えるのでした。

で、その間自分が何をしてたかというと状態異常鎧で金剛金剛。
傭兵として、Pスキルが大したことない生物が期待値分だけどう働けば良いかといえば、まずノビ
でも出来る状況報告であり、こういう魔法密度低めディスペルノーマークな戦場では金剛のメリット
が際立ちますね。まあ、際立つ程状況報告出来てたかは謎ですが。


 20:30くらい
ここらでAlt転進。これで1連合対1連合のガチ勝負に。
一発目のLPが自分の想像よりも随分早い段階で出たし、歩いてWPを往復出来る程度の火力密度
だったので、金剛はEMC前だけにしてロキ様子をひたすら観察する地味クォリティ。
馬連さんはEMCによる高回転にはまだ慣れていない様子で、最初の方こそ連続突撃が滞ってた面
もあったのですが、回数に比例して回転が良くなっていく辺り錬度の高い集団だなあ、と私観。

そして45分を回ったあたりだったでしょうか、一枚目に位置したロキ冠舞がVIT100無さそうなことが
発覚、高回転EMCの成立という要素が相まって試合が動き出します。
前衛集団の突撃によりロキ破壊。続いたセージ・教授部隊(多いなあ)によって、ついに二回目の
LPの展開に成功(3回目かも)、全軍突入となります。


 21:00前後?
前衛の方々が激しく切り込んでいって大活躍しているので、俺様ちゃんは地味にWP周りのサゲやら
2枚目ロキ雷鳥等に阿修羅阿修羅。2pcの可能性も無いとは言えないキャラ群ですが、過去の大手
攻めの経験からして、押し戻されてロキを再展開されるのが一番まずいと思ったのでここは地道に
後顧の憂いを断って置く事にします、とかいうと仕事してるっぽいですな。

ただ、さすがは過去に防衛最強とまで言われた極楽連、EMCでエンペ間際に最終ラインを引き戻して
の防衛は非常に粘り強く、入り口を制圧してからかなり長い時間、ER内で乱戦が続きます。
しかしEva等による相次ぐEMCと高耐久の前衛のおかげで馬連の攻めラインは途切れず、再構築を
許さぬままに21:10分頃、Evaが乱戦の中遂にブレイク!


 21:10
防衛開始。
防衛力には定評がある馬連の防衛となった訳ですが、極楽連の前衛が中々ロキの中蒸発しません。
極楽連の質の高さを差し引いても、B1ERがいかに防衛するのが難しい場所であるかが浮き彫りに
なった感がありましたね、俺的に。
WP回りに危険を感じたから自分はWP直下のセル埋めに移動、大方の予想通り誤クリックによって
前MAPに移動してしまい極楽の皆様にボコられてしまいますwwwwwちょwwwみすwwwwww
一度はEvaのEMCでERに帰還するもこの時点でMSマスターが帰還できておらず、さらにEvaマスター
も鯖キャンで落ちるというダイサンジ。そしてそこに無詠唱SG。
落ちた皆で必死になって馬Gを貰って編入E!M!C! なんとか事なきを得ます。

しかしWP周りへの火力集中こそ難しかったものの、さすがに馬連の防衛の質は高いですね。
無詠唱を食らって人を減らしても即座に展開し直してラインの崩壊を防ぐし、数回張られたLPも即座に
反応して張替えしロキを再展開、SW等ロキへの防護も徹底と、B常連と言われる連合と比較しても
全く遜色無いレベルで防衛ラインを構築する様は実に見事です。


 21:40前後
ついに敵のLPが潰しきれず乱戦へ。この時点でチキンな俺様ちゃんはアンフロでの華麗な機動を捨てて
ビッキ服(アクア置いてきたから)に着替え、無詠唱SGで死にませんようにと神様にお祈りを済ませたら
おもむろに周辺にいる雷とサゲ教授マスターメインに阿修羅を狙います。
しかしホント馬連の肉バリアは堅いというか、ゴスLK等にWIZ崖に侵入されたりもして損害も相当数出て
いる筈なのですが、ラインを崩さぬように残った面子が的確に移動するため致命的な崩壊に至りません。

50分頃にハラペコマスターがクロークからかエンペ脇でEMCをした瞬間が最大のピンチでしたが、これも
最後方に陣取っていた戦力(MSのEMCかな、そもそもMSマスタークリエだからアシデモがあると思うし)
によってなんとか排除に成功、それ以後も極楽マスターのチェイスに悩まされたり、レボのEMCが詠唱完了
寸前まで行ったりギリギリの戦いは続くのですが最終ラインはついに崩れずタイムアップ、B1獲得となったのでした。

尚ここには、最後5分くらいでロヤルが切れたからといって、イグ実阿修羅という傭兵にあるまじき高コスト
プレイをする厨房が一匹混じっていた事を、特記しておかなければいけないでしょう。
   ヽ/⌒ヘ~
  ., 't,_,ノ丶   ,  - ─-  △  、
 /  !   '` 巛(リノ))ヽ\ヽ▽ ヽ   あしゅら きもちいい!!
        ,/ ● L_/    'i, i    ちょ~~~きもちいい~~~
       / ″  l ,/  ●   i川
      ノ从     し ii  ″ 丿从   ~ △v⊿
      |`:、\      ii  __,/__ノi       ⊿ヘ
      'i、 ̄~))    ij((____,ノ
        ^- i' '      ヽ| `i        ∧∧∧
          i_____ 'l_|、     (    )
        ノ          ,ゝ         ~ T ~
      ~^''!, ̄ T T ̄ ,!_       <ヽ | //
          \ l, ~''‐--::,,⊃ ) )   \| ノ




 感想
攻め時も防衛時もLP展開=即落城ではなく、平地戦でラインvsラインの戦いになる非常に密度の高い
2時間であり、こんな楽しいGvに関われたことに感謝したいです、マジで。
というわけで辛口でレポートよろwとか言われても正直、ルアフサイトがややユルいかなーとかその位
(ちなみにこのユルい、ってのは『他連合並』と言い換えて差し支えありません)しか思いつかないので
何とも言えない次第でありますはい。しかもそれGv中に指摘はされてるしね。

現在Bが再び群雄割拠の時代になっているため、これからも激戦が続くと思われますが、是非頑張って
Bでも堅守記録を打ち立てて欲しいな、と個人的には思っております。
以上、赤丸急上昇中の馬連より池田がお送りしましたっ。




 雑感
●増速POTは忘れないで無視? そろそろ頭使ってる人の常識アイテムとなった感がありますね。

●つまり時代は罠。

●VIT50でもブラギスクリーム地帯ではピヨ子。

●B1のER構造は(工夫の余地はあるけど)一般的に欠陥砦と言って過言ではない模様。
しかしB1でER防衛をするのは要するに崖EMCで3尻に直行されてしまうからの筈なのに、SESでは
崖EMC禁止の風潮がある(いつの間に)というこの矛盾に気付いてしまって気になったのでメモ。

崖EMC禁止を前提としていいのであれば、防衛スタート2頭→3頭→ERと順番にロキ防衛を敷いて
戦線が崩壊したら罠で時間を稼ぎながらEMC回収、なんて防衛ラインを構築するのが最適ですやね。
欠陥砦であるはずのB1が、モラルという壁に守られて難攻不落砦になり得る不思議。
皆さんはどう考えますか?

(*これは今週の極楽連の防衛及び、来週行われるかもしれない馬連の防衛形式を批判、あるいは
賛美するものではなっしんぐ。オーソドックススタイルへの一考察と捉えて頂ければ幸い)
[PR]
by mavchizawa | 2006-05-09 00:59

4/30GvG 後編

っちゃーっす、後編でーす。
メロウな前編吹き飛ばし、今日もイケイケ池田がお送りしますっ。


 前説
Q『CD連に入ったんですか?』
A『入りません。同一傭兵先回避の脳内ルールを破っただけです』

Q『箱庭への返礼がお礼参りですか?』
A『ちょwwwwおまwwwwそれwwww』

Q『殺し隊が嫌いなんですか』
A『ね、私の事嫌い?って囁く愛しい彼女にマジレスするか否かの問題です』

Q『つまり黙って押し倒せ?』
A『をkwwwwwおkwwww』

っつーことで一通りレスポンス終了、理屈じゃない!感じるんだ!
いくっ、いっちゃ・・・・・・本編にイっちゃうーッ。




    ,,,     以下、健全な本編をお楽しみください
   <l・ )_.
    ヽ,_彡~~~        ○
                      ̄)ヽ
                     く\





 開幕
諸事情によりDSマスター欠席。徒歩集合。
WP前セルをしっかり埋めよう埋めようと下からも上からも発言が飛び交う辺りが良い。
そしてスタダ・・・と同時に即蒸発ちょwww。
入り口にロキあったハズだし無詠唱大魔法じゃないだろーし、HPバー減らないで戻された
気がするけどこの現象(EMC実装辺りからですよね)なんだか知ってる人います?

とまあ困ってても仕方がないので復帰再開。
しかし鷹連伝統のしっかりした封鎖によりDS連ほぼ全軍がシャットアウト。
もどれねーもどれねーと嘆くDS陣。要職こそCFに編入していたものの、このDSが戻れて
居ない時間が結構長く、ここで鷹連が知恵を使うか、DSが知恵を使うかで勝負が決まるなー
と内心思いながら必死でアスムEMCリログする鷹マスターをクローク阿修羅で暗殺したりして
時間を稼いでいました。この瞬間の脳内最適解は、
 ●鷹側→マスターリログ無しで3尻を確実に封鎖したまま5分間隔EMCと一般人徒歩復帰。
 ●DS側→リログEMCを封鎖/EMC合わせで突撃/CFへの全軍編入。


そして15分程度経った所でCF側の人数調節やら、一人ベースに人手を割く余裕が発生し、
即座にDSリログからのCF再編入、EMCにより80%程度の防衛線が構築されたのでした。
鷹連は何してたのかわからないのでチャンポAレポにでも期待AGE。


 ER防衛
これで両軍の陣形がほぼ整い、リログアスムEMCvsER引きこもり防衛という基本スタイルに。
そして鷹連のマトモな一次突入でいきなり一人のLKが敷設中の罠をかいくぐってWIZ陣へ。
ちょwwwwwwww

BBを連打されていきなりWIZ崖の下1/3が蒸発して割とダイサンジになるも、なんとか俺様ちゃん
がBB食らいながら割り込み阿修羅で排除wwwwwおめでとうございます!MVPです!
やー実際CFマスターがWIZ崖最上段にいたので事なきを得たけど、あとちょっと下にいたりしたら
いきなり致命的なことになってたかもしれませんな。
機能的な2PCがあれば、という前提になるけど体弱いEMCマスターキャラはエンペ横にクローク
放置するとかそのくらいの覚悟は必要なのかもしれないと鷹連時代から思っていたりして、その点
ではDSマスターは(過去一回失敗して以来)、随分理想的なマスターの位置取りしてる人なんだなあと
思い返しつつ対戦を続けるのでした。

いやホラ献身とかかかってたのかもしれないし、今回みたいな1GのみEMCの仕様で勝負するなら
EMCから再展開しやすい位置にいなきゃいけないのは当然だから文句や問題は無いのですよ。
ただロキ切れ目アシッドとかで体弱い人は即死する可能性があることを考えると、マスターは人ゴミに
隠れるとかこまめに動いておくとかする工夫も必要なのかもなあ、って妄想。


閑話休題。
そこからも突入は続くのですが、しっかり敷設し直した罠とプラントによって、なんとかクランクで
全て足を止めさせて阿修羅で排除排除。それなりに形は安定していましたが、鷹連はロキを抜けた
後のLKがBBとかBDSを振り回して抵抗してきて全般的にしぶとかった感があります。
阿修羅5人くらいで囲んで2面阿修羅したおかげでなんとか排除できていましたが、後一歩まとめて
抜けてきて、後一歩まとまって誰か(罠ハムタとか)を殺しに来てたらまた違ったかなあ・・・・・・。

後は箱庭のサゲがやたら魔法に強くて、もしかして金ゴス借りて動いてない疑惑でドッキリしながらも
阿修羅重ねて乙って貰ったりとか、ロキが壊されてのEMCとかそれなりにEMC回してたのにそこには
連続突撃が重なって来なくて、前MAPの偵察班が偉いのか鷹連が頭悪かったのか運が悪かったのか
どっちだったのかなーとか思いながら比較的安定した防衛線を構築していました。


 20時30分頃
EA連襲来。共闘されたらちゃっべーと思うも途中MAPでの潰し合いが散見され共闘無し発覚。
10分ぐらいEAと鷹がやりあって鷹転進、EA突撃。
まあ前衛の迫力は鷹連並かそれ以上かなーと思う(ロキ破壊に人材回してなかったかも)とは感じた
けど、やっぱり総人数が随分少なくなっていて問題無く罠罠阿修羅阿修羅。ゴス多いのかもしれない
けど、鷹連の金ゴスみたいな最終兵器はいない分気が楽ではありました。

そして続いて紅連が襲来。平地戦ラブな紅連らしく、さっきのデジャブな感じにEAと紅が10分くらい
やりあって今度はEA転進。前MAP楽しそうだなおまえら。

でもって紅が突撃してくるも、うーん。
輪廻マスターの永㌧がロキを2枚抜けてそうになってて、あれが抜け切ってたらEMCでヒドイ目にあった
かもなあとか思いはするけど、長時間前MAPにいた割に突撃回数は2回くらいしか無かった気がして、
個々のユニット性能はともかく戦略的な面では楽させてもらった感がありました。
CFの偉い人に、
 『みんな遊撃出たら許さないんだからね、絶交なんだからっ!』
とか言われて(*´д`)ホクホクしていた日のこと。あるERのクランクの日のこと。


 21時過ぎ
偵察開始。
 『派遣リーダーは池田さんお願いします』

ちょwwwwおまwwwwwそれwwwwwwww
というわけで何してたか記憶が曖昧な感じにLLLL偵察しまくってV3だかどこだか攻めてみたら40人
くらい人が居たんで諦めて転進、V4へ。


 21時45分過ぎ
最終目的がV4に。競合はまたしても鷹連。
SS(がぉーさんがラブい)がEMCしてるっぽいのを残影で見届けたりしながら色々情報だけはチャットに
流すようにする、せめてものお仕事。WHEが最初制圧するんじゃないかと思って、乱戦中にHSPを使い
ながらエンペ横に隠れ、ダメ元のDDクローを装備。しかしその後Altも襲来、三つ巴になりエンペブレイク
ここからは乱戦の様相を呈します。そしてチャンスを掴んだCFが52分にブレイク!


 最終防衛戦
あと8分、この流れだと辛いけどギリギリいける・・・・か?
すかさず増援が指示され、第二波くらいまで押さえ込んでいれば防衛ラインが間に合うかもしれないと
いった状況で駆けて来るのは先週の雇用先Alt。先陣を切ってかけてくるのはAltマスターらぶりーむっち。
天才桜木、ダンコEMC阻止の決意、狙い済まして緊急招集を詠唱するむっちに向かって!

   ∩___∩   )))
   | ノ      ヽ /⌒) あしゅらはおーけんー
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩  、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   どごぉぉぉ
 |       /       、 (_/    ノ
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _
 ∪    (  \        \     \
       \_)

おめでとうございます!MV・・・・・・・・
あれ?

 )))  ←DDクロー装備しっぱなし。
/⌒) 



ちょwwwwwwwwwやっちゃったwwwwwwwwはずかちんこwwwwwww
激しく白濁しながらドーピングコンソメスープ(*増速POT)で離れていく愛しいむっち。
待って!行かないで! そうすがり付くも一歩遅れて突っ込んできたAltのペコペコ親衛隊が

「むっちはおいどんのものでゴワス」

ちょwwwwwwBBいたいのwwwwww
と、どすこいされている内にむっちちゃん様がエンペの真横でE!M!C!
Altがそのままカチ割って54分、当然ちょっと粘ってしまったCFが次のレースを取れる筈も無く
WHEがブレイクし、そのまま攻めきれず今週はC2堅守のみとなりましたっ。



 雑感
今回は結果的に途中からCF編入ということになったのですが(ヤフー!)中々格好良い発言が
飛び交っておりましたので勝手に紹介っ。

 『●●ー(マスター命令)』
 『復唱はどうしたー!』

(*´д`)漏れる。
軍体調じゃないですけど(普段は極めて柔らか)、こうやってやると良いことをしっかりやらせる、
中々得難い資質だと思います。というか外様の傭兵なのになんか偉そうに回復剤貰ったり
立ち位置の問題指摘したりIMIM叫んだりキ●チガイ全開ですいませんo....rz
皆さんのやる気に感化されて出しゃばりました、ってことでお許し頂ければと思います。


V、V4は手加減してあげたんだからっ、本当なんだからねっ!
[PR]
by mavchizawa | 2006-05-02 13:55

4/30 GvG 

むかしむかし、あるところに一人の厨モンクがおりました。
暖かみのある自ギルドは大好きでしたし、のほほん楽しいGvも嫌いではありませんでしたが
なにか、どこか物足りないものを抱えていました。

ある日、モンク君は一つのブログに辿り着きます。攻めが上手いと評判の傭兵ギルドのブログ。
それを見てモンク君は雷に撃たれたかのような衝撃をうけました。


 『箱庭の狩人達』


圧倒的なクォリティと熱意を持ってSESのGvGを駆け抜けるそのギルドの記録。
こんなに賢い人が、こんなに熱い人たちが、まだSESでGvGを真面目にやっているんだ!
モンク君は何かに憑かれたかのようにブログを読み耽りました。こうなりたい、強く思いました。


そこからのお話はよくあるちょっとした奇跡に彩られています。
幾つかのギルドとの同盟・解散の末に転がり込んできた、箱庭との同盟。
モンク君程この同盟の設立に狂喜した人は居なかったでしょう。そして、この連合が抱えている
致命的な欠陥に対しての危機感に焦りをつのらせていた人も。

後の事は、まだ多くを語る時期ではありません。


楽しかったクリスマス。
b0078381_125171.jpg



ありえないと思っていた、奇跡のさらに上の奇跡。
b0078381_154275.jpg



そして。
b0078381_16678.jpg



何故留まらなかったのか、あるいは何故箱庭に行かなかったのか。建前も本音も紙一重で、きっと
本人だってよくわかりません。
しかし、今はもうチャンプになったモンク君の心のなかでたった一つ、鷹連への、それになによりも
『箱庭の狩人達』への返礼として、一つだけはっきりと、やってみたいことは決まっていました。

b0078381_163137.jpg

『汝、剣を取り、力を以って名誉を勝ち取りなさい』

チャンポBが箱庭から教わった大切なこと。これを返したいと思った、そんな春の晴れた日のこと。


                                                   <次回、CD連vs鷹連。近日公開>
[PR]
by mavchizawa | 2006-05-01 01:17