まどかマギカ新編見てきたっす

前言撤回して更新する池田です。

まどか映画見て来ました、3回。
ストパンもガンダムもエヴァQも、総集編まどかも1回しか見にいかなかった自分ですが、どーにもツボにはまったのか今回は繰り返しまくりんぐ。

大昔にたまらん(懐かしい)と、まどかは上がりに上がったハードルの上を通過してってたのに、最終話だけは綺麗に終わっただけで、想像の上はいかなかったねーなんてやりとりをしてたりして、それは総集編見ても同じ気分だったんですが、今回は綺麗に越えてってくれたなーと言うか、そんな感じで。

今年度エンターテイメントの中ではイチオシです。
[PR]
# by mavchizawa | 2013-11-18 16:02

いざさらば

池田です、と書くのも何カ月ぶりでしょうかっていうか、誰か見てるんでしょうか。

それなりに元気に生きておりますが、ネットゲーは全くやってません。
最近は一眼レフカメラにハマって、交換レンズ1つ10万円みたいな世界の底辺で暮らしています。

小銭を稼ぐのにモデルさんや風景を有料で撮ったりする世界のはしくれにいたりしますが、野外ロケの
許可が思った以上に撮り辛いご時世ですので、もし川つきの別荘持ってるぜーとか、会社で場所貸しとか
してるから休業日に格安で貸すぜとかコネコネ出来る方がいたら連絡下さい……って、コレで本当に
連絡貰えたら、嬉しいけど逆に驚くなあw

まあ、ヒマが出来たらネトゲー再開しようかなとも思いますし、テキストオタ生活は継続してますんで、
ネット世界のどこぞでお会いする事もあるでしょう。

ブログ更新はその熱意が全く生まれないので、多分コレで最後になるのかなーどーかなーって感じですが、
まあ、その辺でまたお会いしましょうということで、いざさらーばー(=・ω・)ノ
[PR]
# by mavchizawa | 2013-08-10 16:14

そに子マギカ作ってみた その2

b0078381_17462736.jpg

パーツ内訳。
コレをアーマードコアのごとくパーツごとにアッセンブルする訳です。


b0078381_17463467.jpg

初期案。そに子顔+そに子前髪+まどか後髪。
コレはコレで良いんだけど、明確にそに子マギカだっていう感じがやや薄いのと、内訳写真良く見るとわかるように、顔の肌色が手足の肌色より若干濃いので、ベストでは無いかなって感じ。


b0078381_17464458.jpg

案B。まどか落書き顔+そに子前髪+まどか後髪。
肌色が揃えられる事と、そに子マギカの動画絵↓ にイメージがやや近いので、コレの目を塗料落としてリペイントすれば、よりそれっぽくなるんじゃなかろうかという計算。
b0078381_13463342.jpg



<問題点>
b0078381_1746537.jpg

前髪と後髪が別のキャラなので、合わせ目の形が違って収まらないので、コレは後頭部(※水色部分)を削って対処予定。
まあ、顔・前髪・後髪間にあるダボ(ハメ込み部分)の形は共通なので、干渉部分だけ調整すればいいんだから、まるっと作り直すよりも大分楽です。

次は乳ダナ。
[PR]
# by mavchizawa | 2013-04-08 17:56

ねんどろいどでそに子マギカ作ってみた

ねんどろ改造して、そに子★マギカのまどか風そに子作れないかなーと思ってた所に、くりゅ先生からねんどろ改造のやり方知ってるなら教えれーとコメント返し貰ったので、作る過程をご紹介ーの巻。


<絵を拾ってきて(無ければ描く)プランを練る>
はい、まず画像左上の2枚が設定画(?)になります。
b0078381_16275537.jpg

元ネタのまどか(A)との大きな相違点は、以下の2点。

・乳でかい
・そに子記号のヘッドホンがある


んで、例えば『シノンさんを作るために、髪型と目の輪郭が近いアペンド式ミクから顔を流用して、(ツインテールもぎ取って)髪を黒く塗り替える』みたいに、元々ねんどろに無いキャラを作るなら、似た感じのキャラを小改造すれば良いと思うんですよ。しかし今回は、元々ねんどろいどでまどかが販売されている以上、それに乳とヘッドホンを足すだけだと、『変なまどか』にしか見えないと思うので、

・顔(髪型)をそに子風にする

という3点目の工作を想定して、使用するねんどろいど素体をチョイスしましょう。


<チョイス>
長文ウゼーですが素体を選ぶ前に、工作の原則を2つ。

原則、最終的に肌色になる部分は改造をしない
>ねんどろいどの肌色は塗装ではなく素材色なので、改造する=塗装が必要になるため、そこだけ色が合わなくなる。

原則、削るのではなく盛って形をつくる
>表面処理の関係で、スク水素体を削ってビキニに改造するより、全裸素体にパテ盛ってビキニに改造する方が無難。


まあ、今回のそに子マギカは元ネタであるまどか、そに子ともにねんどろいどがあるので、ミクと桜ミクみたいなバリエーション展開を自作する程度の気分で、簡単面白いをモットーに仕上げる予定です。自分の脳内にある理想像と線一つ違えず再現するためには、パテで1から作った方が……とか考えてると100%完成しません(断言)ので、まずは自分に出来そうな事だけやって『完成させる』のが良いと思いますマジで未完成病はアカン。

次回製作編予定ですが、アマゾンでぽちったねんどろいど2体が手元に着く火曜日以降の更新でっせ。
[PR]
# by mavchizawa | 2013-04-05 16:23

【急募】フォトショ職人

突然ですが池田です。

フォトショ職人あるいはフリー画像編集ソフトの達人の人がここをまだ見ている奇跡にかけてしつもーん!
こんな感じで、

b0078381_1829641.jpg


フツーのイラストまたは実写から追加加工して、ドット状のトーンを付けるパターン。
あるいは、

b0078381_18323554.jpg


こんな感じのテクスチャ(言葉で表現できないw)を追加加工する方法。
以上2点について、どっちかでもいーので、やり方説明可能な方を募集しております。

もし多分こんなんで!とかわかる人がいたらコメントかなんかで連絡下さい割と本気で急募しております!
[PR]
# by mavchizawa | 2013-02-21 18:35

garden瑠璃パッチ凍結ンゴ

エロゲーの『garden』の瑠璃パッチ開発凍結報告が1月末に来ていた! 事を今知りました。


やー、最後のパッチが配布されてから2年?3年?
さすがにがーでんがーでん狂ったように言ってた池田でも、完全に青春の思い出となっているレベルな訳で、
保障パッチ配布?が来そうな告知をしていましたが、民●党並に信用できないのはここまでの経緯からも
明らかなので、まあ3年後くらいまでに出てくれて、それにたまたま自分が気付いて、そこにトノイケシナリオが
あったら幸せかな、って程度に傍観しておこうと思った今日このごろですの事よ。

そんなこんなの2月の電撃文庫発売日でした。
[PR]
# by mavchizawa | 2013-02-09 16:45

ジエンドオブ1月

池田です。『大空に翼をひろげて』のFD買いました。
良くも悪くも佳作だったのでフルプライスどーしよっかなーと思いつつ、まほよ以降PCゲーをやっていなかったので購入したんですが、
開始5分で良くも悪くも、あの空気感がよみがえって来ました。
シナリオか演出にちょっと捻りでもある事を期待していますが、『ファンディスク』の定石で無難な補完シナリオだったら、まあ、普通だと思います。

なお、ケロQのアレは延期になったみたいなので、とりあえず発売後評判を見てから検討する模様。
そして月末にホライゾンDVD買って特典小説を読めば1月終了ー!みたいな予定です。
エロゲー2本とDVD1本だと出費がダリーって感じだったので、分散してくれてやや助かった気分ですなー。


そんな今日この頃です。
[PR]
# by mavchizawa | 2013-01-26 16:44

くぱぁ2013

あけました喪中の池田ですくぱぁ。

何というか小金を稼ぐようになると、いわゆる『高いモン』を食べるようになるわけですが、例えば寿司なら寿司で、2倍の金額の物を食べても
2倍の満足が得られる訳ではないよねの法則(※名前忘れた、バキとかでもありましたやね)なんかも頭をよぎったりして、果たして幾らまでが
メシに出すべき妥当な金額なんだろう、と悩んだりする今日この頃です。

いやさー、隣駅に三千円からで本格派の握り寿司を出す店が出来まして。
コレ都内にあったら3倍の値付けでも妥当なんじゃなかろうか、と思える感じで注文と同時にさっと煮あげる海老などがマジウマなんですよね。

とりあえず、潰れたり移転したりしないうちにせっせこ通っておこうと思います。
[PR]
# by mavchizawa | 2013-01-06 17:13

なんとしてでも

月に一度は更新してやるぜーの池田です。年末進行が今年は極悪でマジファックだぜこんばんわ。

職場近所の耳鼻科がせめて13時から空いてれば昼休みズラしていけるのに、午後16時OEPNとか仕事忙しい時間帯で行けないもんで
風邪が耳に回って中耳炎勃発→音が篭って聞こえるよ! って感じですが、まあ、本体及び妄想力は元気です。


うーん、ネタが無いというか忘れたというか。
あ、他人の書評をチェックする時間が無くて世間さまの評価は知りませんが、ファミ通文庫の11月の新刊だった『魔女の絶対道徳』って本が
割と面白かったです。なんとなく初期の化物語風の掛け合い優先、ストーリーはその後みたいなノリが今風のラノベだなあ、と。
なんて思いながら今wikiみてたら他にも色々書いてた上に、そのうち幾つかを知らず購入していてビックリという。

まあ、今回は意図的にそーいう作風で書いてるって感じで、他作品が全てそういうテンションって感じの人ではなかった筈なので、作者買いって訳には
イカンけど、まあ池田の好みに当たると充分ヒットレベルの楽しさを得られる力量のある作者さんなんだという事はわかったので、今度本屋にでも行って
ちょっと気になったタイトルの本なぞを買ってこようと思います。

おもすれーって思った作者の人を検索して、他作品が一杯ある事を知った時ほど幸せな瞬間はありませんな。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-12-30 20:09

さらば11月、こんにちは年末進行

既に年末進行が前倒しで、あっぷあっぷの池田ですマジありえないこんばんは。

本日は非公開コメント返信ゆえにログインしたのですが、丁度語りたい事がプチあったので更新。
富士見ファンタジアから出てる、あの名作エロゲー『ホワイトアルバム2』を書いてる人のラノベデビュー作である、『冴えない彼女の育てかた』の
2巻が出てた訳ですよ。


1巻の感想は・・・・・・書いたっけ書かなかったっけ、まあ正直凡庸と思いました。
自分の中のエロゲライターの一般デビューについての位置付けは、

「ハズレが多い」

これに尽きます。
田中ロミオも虚淵も健速も御影氏も信者級に好きなエロゲーライターなんですが、残念ながらどの人の一般デビュー作も、正直ビビビと
来るよーなものではありませんでした。
『フェイトゼロ』と『人類は衰退しました』は絶賛していますが、逆に言うとその2シリーズ以外で絶賛しようと思った作品がないわけで、
AURAとかアイゼンフリューゲルとか四畳半とかまあ、俺にとってはつまらなかったわけですよ。

なので1巻が凡庸だったこの人も、またしょんぼりパターンかーという事で切ろうかなーとも思ってたのですが、巡り合わせで2巻を購入して
本日読み終わったのですが、アラなんだコレ話が転がりだしたらかなり面白いわー!と。
とりあえず巡り合わせに感謝の池田でした。次も買います。


で、綺麗に終わってれば良い一日だったんですが、人間入間の新作が出てたので巡り合わせ的にこれまた購入したんですが、あー
なんというかカニバリズム満載のグロ物で、マジファックでした。
この人の振れ幅の一番アッチ側にそういう物があるのは既知でしたが、最近の単発作品ではそれをメインにはしてきてなかったので
油断してたのが敗因でした。今後あらすじが不穏だったら、必ず中に目を通してから買おうと心に決めましたとさ、まる。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-11-28 22:52

劇場版 エヴァQとゴティックメード見て来た

池田です11月中にまたお会いできましたねこんにちは。

はてさて今回は、仕事帰りにゴディックメード>エヴァQをハシゴするという、給料日直後ならではの暴挙に出てきました。

感想は、あー、えー、まあ疲れた、まる。


ゴティックはアレだ、ファイブスター物語の永野護氏製作の映画なんですが、作画崩壊することなく永野デザインが音出して動いてるー!
って点で永野マニアだったら感涙モノの作品だと思います。メカ機動音とか。
ただ、ファイブスター物語は嫌いじゃないので買っているーって程度の池田には、まあ、盛り上がり不足の映画でした。

起承転結を期待してたら起承・転かと思ったら完、というか、たたら場に着いた瞬間エンディングが流れ始めたもののけ姫というか、そんな感じ。


で、問題のエヴァQですがー。
エヴァ劇場でリメイク? あんなの卒業っすよププwwwとか20代前半の池田は正直全然興味無かったんですが、エヴァ破が
おもろいおもろいと狂ったように劇場に通った友人がいたりして印象には残ってたもんで、20代後半の池田が正月のヒマな時期に
衝動買いでエヴァ破のDVD買っちゃったんですよね。

したら活劇としておもしれーwwwじゃないですか。あんだよ年月が経って白庵野に浄化されたのか、コレはリアルタイムで劇場で観たかった!
と思ってQこそはリアルタイムで見てやろうと期待してたんですよねー、そうしたらこのザマでした。

ハッピーエンド原理主義者として、この大風呂敷が活劇として綺麗に次一作で畳まれる事はこりゃねーだろうってな確信をしたので、
まあ何だかんだ言いつつ見には行くかもしれませんが、次回作への期待値は大幅に下がりました。
また思わせぶり謎丸投げエンドだろう・・・・・・みたいな。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-11-21 16:08 | 映画

池田だお!

池田だお!
というわけでメリハリのある話題があるわけでもない池田ですが11月最初の更新ですこんにちは。

まどマギの映画3部目~新アニメにでもなるのかねー告知は、嬉しい部分がある半面、『売り物』になる事がわかった結果、終わらせられなくなった
コンテンツっぷりが滲み出ている気がして、虚淵脚本でも無くなるみたいだし、クォリティ維持とか大丈夫なのかコレ・・・って気はしますよねやっぱ。
などと売りを否定する池田は、ほむほむポスカが欲しいあまりにもう一回後編を見に行くかどーかで悩んでいます。
まどかポスカ手に入れてないから対になるわけでもないし止めておくかなあ、とかうーん。

と悩みながらヤフオク見てみたんですが、まどかポスカ相場1枚3000円越えwwwww
レイトショー(1500円)を見に行くだけで1500円の収入が手に入ると考えると、これはむしろそこまで見たくなくても複数視聴しておくのが
賢い方法だったのかwwwwと思わなくもありません。
まあ、あんこさやーかの方は値付けがアレですし、今手に入るマミほむもうーん、どうなんだろうと思わなくもないですが、元々あと1回くらいだったら後編は
見てもいいかなーと思っていたので後編見て来るべきか、しかし1回1枚じゃ売ったら手元に残らないしほむほむ欲しいしほむほむほむほむ。

まあ、多分見に行かないと思います。DVDとかは出たら悩む・・・かも。


しかし近年になってから、自分ガンダム00、ガンダムUC2作、ストパン・まどマギ上下・エヴァ(予定)と、なんだか物凄く映画視聴回数が増えました。
オタクオタクと言われつつ、実際の所ラノベとPC回りの趣味(エロゲニコ動ネトゲ)+模型以外の、TYアニメ系には結構疎い生活をしていた池田なんですが、
どうしてこうなった、という気がしないでもありません。まあ、楽しんでるいいんですけど。


そして久しぶりにエロゲー関係の巡回してみたら、『この大空に~』のファンディスクと、そこでメインシナリオだった紺野氏もシナリオ書いてる
アレ(※名前忘れた)が両方来年の1月25日発売予定なんですなー。はてさてどーしたものか。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-11-03 12:21

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ(後編)雑感ネタバレ

まどマギ後編を予定通り土曜日レイトショーにて見て来た池田です。
感想は・・・普通の総集編(後)でした以上!


・・・・・・うーん、まあホントにそんな感じで。
アニメの尺を切り貼りして、新規作画やBGMも入ってストーリーに破綻や違和感なくまとまっているなーとは思いましたが、
前編と一緒で、特別なインパクトは得られなかった次第。
一度話を切ってクールタイムを設けないと台無しになっちゃう部分に、新規作画で謎シーンを挿入して何とかしている所とか、
工夫は見えるけど微妙だなーと思ったりとか、ほむラストのビルの上で町の光がばーの場所とか、大画面に映えるかと思ったら、
その前のまどか宇宙爆誕シーンから繋ぎ部分まで映画用作画(多分)だったせいで埋没してたりとか、『この結末』を初見でないから
仕方ないのかもしれませんが、感動ポイントに追加要素はあんまりありませんでした。

『総集編』を期待して行くなら文句なしだと思いますが、エヴァ破みたいな旧作からのルート分岐とか、”あの”ラストの続きの
新しい物語がラスト15分くらいあるんじゃないのーとか、そういうのを期待して行くと割とがっかりすると思います。


最後の最後で、エンドロールの後に次回予告的な感じで劇場版三部目の新しい物語が始まる事が提示されている事(来年!)と
まどほむのほっぺすりすりの新規OP(だったっけ)があったので、池田としては一応レイトショー分の価値はあったなーと思っていますが、
まあ、本番は次だと思います。

なんというか今回の総集編(前・後)は、まどか熱が消えて忘れ去られる前に、とりあえず燃料入れとこうって感じがするというか、
そのついでに今更アニメ全編とか見返すのがダルいけどちょっと興味ある層のために、なんというか『まとめてみた動画』を作って
取り込んでおこうというか、そんな感じの作品だなーというのが感想です。

まあ、忘れられる前に燃料注入とかするくらいだから、それなりに熱いうち(冷める前)に公開しようという程度のスケジューリングが
されていて、出来るだけ早く3部目がお披露目される事を池田は祈っております。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-10-16 13:23 | 映画

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ(前編)雑感とソードアートオンラインアニメ雑感

へーい、未だに巡回してくれている10名弱の皆様こんにちは、その中に何体巡回プログラムさんが入ってるのかわかりませんが、まあ
1月に1回か2回くらいは損はさせないぜの池田です。
しかし一応新エントリを投稿すると閲覧者が50人弱くらいに増えるのは、なんとかエンジンに登録されたりしているからなんですかね、よーわからん。


<まろかぁ^p^>
というわけでオタ充らしくまどかマギカの映画版(前編)、公開初日レイトショーで見てきました。
先着順で色紙配布とかちょっと欲しくても仕事があると無理ゲーなのは何とも社会人とは厳しいジョブであります。

内容はとりあえずOPに感動!
中身は、池田DVD持ってるとかじゃなく、過去回を見返す事が出来る環境にないため、どこがどー変わったとかカットされたとか、そういう事は
よーわかりませんが、映画館の大画面+音響は良いものですな。

しかしなんつーか、エヴァでいう所の『序』みたいなもんで、(少なくても今の時点では)あー映像や音楽がパワーアップしたのねーって
部分はあれど、最終回付近感想で書いた言葉を流用するなら『普通のハードルを越えて来た』ってくらいで、特別ビリビリ絶頂キまっちゃったとか
俺もう一回みるわーとか、そこまでのインパクトは感じませんでした。

そんな感じで、佳作だったね寄りの評価の池田ですが、元々好きだったのはさやかちゃん消滅以降の、タイムループものとしての
ほむらちゃん主人公のターンに入ってからのストーリーだったりので予想の範囲内というか、多分後編でその辺がちょろっとでも
新規演出が入っていれば、池田はチョロく感動するんだろーなーと予想できます。
後はあのエンディングがどうなるか次第で、良作か神作かが分かれるなー、みたいな。

何にせよ、後編は必ず初日(のまたレイトショーだろうなあ・・・・)に見ようと思う池田でした。
中毒じゃない人はそれこそ後編が公開されてから一日で両方見るとか、そういうグルメな方法もあるのかもしれませんな。


<SAO>
デスゲーム編最終回でした。
直前1回はちょっと頑張りタイムだったので、終わり良ければ全て良し的に最後だけは盛り上げて決めてくれる事をはかなくも期待したのですが、
残念な方の予想通り、『あーやっぱりこのアニメ構成下手だわー』で終了でした。

2年寝たきりでなんで歩けるんだ!みたいな部分は、まあ原作では未来技術でジェルベッドにINされて体を維持保護してたーみたいな説明が
なされてる部分を、多分全裸ジェル漬が恰好良く表現出来ないから、レトロ的病床表現で割り切ったんだろうなーとか原作要素の取捨選択で
苦労してそうな部分は見て取れなくも無いんですけど、それにしても、もー少しやりようはあるだろうと。

あと、これだけは文句言いたいんだけど、『なんでこのゲームを作ったんだ』って問いかけに、『頭の中にあったこの世界が見たかった』
的な返答して、その崩壊する城がまんまラピュタじゃ、茅場さん単なる狂ったジブリマニアに見えるじゃねーかwwwwwww

ALO編の出来も予想が付くし、99%凡作以上の評価になる事は無いだろうと確信した一幕でした。


ここまでSAOを見て一貫して思う事なのですが、なんというかうーん、例えば社会人として仕事してて、自分が嫌いなタマネギを使った
食品の宣伝広告とか打つ事があるんですけど、自分が好きじゃなくても、まあ仕事だから依頼主から出された売りたい要素を
取捨選択して、とりあえず体裁は整った『仕事』をするんですよ。
このアニメも何というか、そりゃインタビューとかでは頑張ったとか原作大好きとか言うんでしょうけど、実際は原作に好きじゃ無いんじゃねーのというか、
『仕事』として与えられた要素を、思い入れ無く詰め込んだだけ的なオーラを感じるんですよね。

まあ、池田の100%妄想で、スタッフは本当に好きなのに才能が無いだけなのかもしれないし、資金納期等などの問題でこれが目一杯なのかも
しれませんが、そんな事を徒然に考えてしまう今日この頃です。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-10-07 12:28 | 映画

衰退終了

池田です。風邪ひいてます。

やー終わりましたね『人類は衰退しました』。
エンディングフェチとしてはEDが流れた後にCパート入れるより、最後の最後にEDかぶせて欲しかった派ではありますが、
どのエピソードも丁寧に作られてる感があって満足満足。

しかし当たり前ですが、原作の一言一句が全て再現されている訳ではなく、切り捨てる部分は切り捨てるなり再構成するなり
されているわけで、SAOの構成はダメで衰退の構成は最高だぜーっていうのは何ですかね、俺には制作者側の取捨選択の
センス(原作の密度差はあるにしろ)だと思っていますが、結局のところは思い入れの多寡なのかもしれないと思ったりもします。
DVDを買い揃える気はあんまり無い程度の熱量ですからのう。


<雑>
SAOホライゾンは録画で見ていますがウボァー。
面白い部分もあるのはさておき、SAOははしょりすぎててアレだし、ホライゾンは詰め込み過ぎててアレだしで両方割とがっかりさん
というのが正直な所。

電撃系のアニメ化作品はなんというか、構成のセンスが無いと思います。
まあ、1クールに原作の1ヤマ分を当てはめないとイカン、という制約がある上に、昨今はオリジナル改変に厳しい風潮があるから、
1ヤマの分量が多い原作だともー後は削るしかない、っていうのが仕様であって、その制約の中できっと頑張ってるんだろーなーと
思いはするんですけれども、原作が主・アニメは従、というだけの作品は面白くねーので、何かしらのブレイクスルーが起こる事を
ちょっこり池田は期待しています。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-09-20 12:53

夏眠終了

夏休みは更新しなかった池田です。
夏休みといっても世間一般の観念的な定義であり、ブラック寄り企業に勤める池田にはお盆休みすらありませんが生きておりますゲコゲコ。


<近況>
・偽物語DVD最終巻だけ買ってません。あまり飢えを感じ無いのでこのまま買わずに、偽のDVDを全部売り払う見通し。
何というかコメンタリーがうーん、池田がコメンタリーという媒体に慣れたせいなのか、コメンタリーがウケを求めて過激化したからなのか、
はたまた例によって動画が出来てない状態で撮っているのか知りませんが、『コメンタリー』じゃなくて『ダベり』に寄りすぎていて、
少なくても池田は5k前後払ってまで買う価値を見いだせなくなりました。だったらエロゲー買おうと。


・でもってホライゾン2期をどーすっかなーと。
DVDは一度も再生しないで特典小説だけ読んでる派なのですが、発売日に買わないと飢え死ぬ感じの物欲度合いでもないので、
あんまり本の状態を気にしない俺としては、オークションで特典小説だけ買おうかなーとお悩み中です。


・人類は衰退しましたアニメは予想通り、今期の池田お気に入りNO1です。
となると、これまたDVD(というか特典小説)どーすっかが悩みどころなわけですが、メインストーリーが進まない事が前提の特典小説だと、
正直そんなにロミオの日常物には魅力を感じないのでいやだがしかし、みたいな。
助手さんとのピクニック編があれば恋愛脳の池田は飛びつくのですが、ページ数など、様子見予定ではあります。


・SAOはキリト先輩が妙にコミュ障っぽさを強調して描かれていて、小説のイケメン過剰っぷりとはまた違う、デスゲームに放り込まれた少年の
年相応のリアルさがあって、ある意味面白いのですがコレジャナイ感も割と。
まもなく原作ベッドシーンが近いので、池田はそこだけ期待しています。朝チュンワープしても泣かない勇気!


・小説は相変わらず読んでます。最近はライトノベル外に手を伸ばす機会が増えていますが、わざわざここに書くほど気合入れてタイトル覚えてる
作品は殆ど無いのでパスパス。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-09-06 19:11

覇権の品格#2012初夏アニメ

今期の覇権アニメは、出来の良さ+大衆ウケという観点から見るにつけ『SAO』じゃないかなーと思う池田ですが、今期の池田的ベストは、『SAO』でも
『ホライゾン二期』でもなく『人類は衰退しました』なので、地道に布教する次第であります。

頑張って魅力を言語化してみんとすなんですが、なんつーか『SAO』にしても『ホラ2期』にしても原作の雰囲気をそのままアニメに変換したような
クオリティの高さは有ると思います。MMO的表現の映像化だとか、難易度高そうなカワカミン世界観の映像化が違和感なく出来てる時点で高レベル。

なんですが、天の邪鬼な事を言うと、原作のムードそのままにアニメ化しているー・・・・・・んだったら別にアニメで見なくても原作読めばいいよねというか、
動いて声が当たってるだけで幸せーっていうミーハー要素をヌキにして考えると、アニメ媒体ならでは!っていう要素が薄くも感じる訳です。個人的感想ですよ!
それに、原作=アニメと同一化しちゃうと、重要(だと自分が思い入れた)シーンが無いとか、詰め込み過ぎだーとかいうオリジナルと違う部分を減点対象として
勘定してしまう傾向が(少なくても池田には)出てきちゃう訳で。

といった観点から見ると、『ホラ2期』はまあ1期からそうだったんですが、池田の目には既読組専用アニメ的な傾向が非常に強く見えるので、それでも初見さんは
楽しい要素だけ抜き出して楽しく見ているのかもしれないし、難解な原作だから割り切ったターゲットの取捨選択として妥当な志向性だとも思うんですが、どーしても
アニメってのは初見殺しではあって欲しくないという池田の嗜好性には合致しないのです。
『SAO』は、まだ数話しかやってないので断定は避けますが、似たような傾向を感じるという事で。


まー過去ブログを見ればわかる通り、原作物を池田が絶賛してるモノは、シャフト演出とか『人類は衰退しました』みたいな、『原作のムードの再現』に留まらない
『原作を咀嚼して再構成』している、賛否分かれるような偏った演出モノって事なんでしょうね。
かといって古来のアニメ『真月譚 月姫』みたいに、一時期流行ったアニメ製作側が好き勝手に原作をチョメチョメしたものは大嫌いでございます。あくまで原作への
リスペクトが無いとアカンというか、原作と違うけどアニメとしてはコレで正解だよね! くらいの事はやって欲しいなーというか。


そんなもんだから、まあニコ動でも衰退やってるし、消極的興味を持ってくれた人は、ヒマな時にぼへーっと見てみれば良いと思います!
ここまでの話をぶっちぎってミーハーな事言うと、エンディングがウィスパーボイス系で、それだけでもう全肯定の池田ですの事よ。


しかしSAOはやっぱり、作者の『整合性がアレだけど燃えればいいよね』的後付け設定が増えに増えていくのが鼻についてニンとも。
主観バリバリになるけど、アニメ版にしてもキャラを掘り下げるため―とか言って後付け(外伝)のアレとかソレとか詰め込んで回収しないで、元々そんなん無かった
1巻のSAO原本をメインラインにして、尺が余る部分にだけ外伝を埋め込めばええのになあ、みたいな。
既に2期ALO編とかが折り込み済で、外伝エピソード分のキャラを1期で拾っておかないとわけわかめになっちゃうみたいな裏事情でもあるんじゃないかとか、
穿った見方までしてしまいます。まあ、最終的には楽しければ何でもいいんですけどブヒブヒ(逃避)。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-07-24 19:01

マヴい

●押井守の小説(新書)を何冊か買ったので積ん読。
氏の映画は観念的にすぎて低能な池田はあんまり楽しめませんが、小説のアヴァロンとかMMOもので結構楽しかった記憶があります。


●『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑤』読み終わり。
うーんやっぱり自分の中でどーにも落とし所がわからんというか、コレが楽しいドゥフフ!!!って思えて、はがないがウンコーって思える回路が、
どーなってるのかよくわからんけど納得のプライス。

という訳で、やっとこさ自宅の本の部屋からはがない①(※これだけ持ってた)を掘り出したので、3回目くらいの再読してみたんだけど、
最初の数ページ、思ったよりは読めました。正直表紙の主人公ビジュアルがややチャラ充って部分がマイナスイメージの肝だったのかと
思ったり思わなかったりしています。機会があったら読み返・・・・さない気もするけどするかあ。


●衰退⑦購入。
太古の記憶では2~3巻くらいが楽しさピークでそこから楽しさが衰退していった気分だったんだけど、見返してみたらフツーに各巻おもしろでした。
恋愛脳に毒され傾向がある池田なので、多分助手さん√のあったその辺を偏重したんだと思いますが、今になってみれば、恋愛要素無くてもそれはそれで!

けど衰退さんはなんというか、テキトーに続けてるだけなのかもしれないけど、話の落とし所が見えなくてそこが微妙にもにょいデース。


と、そんなこんなで、これ以外のもまだまだある、山積みの本と戦う日々であります。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-07-18 20:00

アニオタとジャニオタは響きが似てるよね

池田です。
オタクオタクと言われて久しいですし別に否定はしませんが、何だかんだで社会人化した辺りからはラノベとPC関係の娯楽(エロゲーネトゲー)を
たしなむ程度で、コミケ行かないアニメ何やってるのか知らない、とそこまでオタク濃度が高い生活はしていなかったのです。・・・・・・よね?

なんですが最近はニコ動ですっかり広まったアニメ無料配信に釣られた事と、ラノベからのアニメ化が増殖した事、録画というスキルを覚えた事で、
なんだかんだで1期1作くらいはアニメを見るようになり、なんかアニオタ復帰って感じです。
DVDなんぞはマジ金の無駄じゃんって言ってたクチでもあるんですが、コメンタリーとか原作者書き下ろしみたいな特典パワーに勝てず、ちょろちょろ
購入したりもしているので、見事にマーケティングの餌食にされている感じ。


そんな池田ですが、今期は今までにも増してやたらアニメを見ています。衰退ホラ2期SAOー。
衰退はアニメ化云々の周辺でトラブルでもあったのか、絵師が変わってキャラデザ変更になって池田的にしょぼーんだったので、楽しめないかなーとも思ったんですが、
投げやり気分で一話を見たら、期待値以上に雰囲気良かったので継続継続。正直今期で一番面白いかも。

ホラ2期はまあ、カワカミン信者なので1期より継続して見てこそいますが、今の所好きは好きですが、そこまで温度高くはありません。
特典小説巻だけDVDで揃えるかなーってスタンス変わらず。

で、くりゅ先生絶賛布教中のSAO。1話は大分良かったので継続して見ようかなーと思ってはいるんですが、まだ見ぬ2話でくりゅ先生が絶望してるwww
アニメ本体よりくりゅ先生のリアクションの方が面白いんじゃねえのとか思いつつ、とりあえず継続して見ていく模様です。
個人的には1巻(+外伝)のデスゲームクリアの部分まででカッチリ終わるのがベターだと思っているんですが、どーなる事やら。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-07-16 12:24

この大空に、翼をひろげて ★★★

この大空に、翼をひろげて ★★★

この大空に、翼をひろげて(※えろげー)終了。
夢に挫折した主人公が、新たに仲間たちと空を目指す青春空モノです。池田的には良作と名作の間くらいの印象。青春空モノ(※多分池田造語)は、
ラノベやエロゲーでマイナージャンルとして散発的に作品が存在してると思うんですが、成立させるべき3大要素、

・設計の能力
・工作の能力
・金の供給源

これをマジリアル志向で描写していたら、少人数制を旨とするラノベ・エロゲーは成立しづらいので、大抵はファンタジーとして
『金持ち・天才』を組み込む事で少人数制の物語を成立させる事になる訳ですが、ソレが便利すぎるせいなのか、あるいは
ガジェット(※今回は舞台装置の意)として空モノを使いたいだけで、リアリティをライターが求めていないからかその能力が無いからか
わかりませんが、大抵は『超天才パワーだうおおおお→3日で飛行機が0から完成』みたいな、荒唐無稽さが萎え要素になる場合が
少なくないと池田は考えています。

んでまあ、この作品でも金持ちと天才は出てくるし、ご都合主義的な部分も色々あるんですが、エンジンを使わないグライダーを主道具に
した所とか、大昔の部の備品を年月かけて改修してきた機体を引き継ぐ、みたいな一番金と技術がかかる部分をフォローする根幹設定の
巧みさであるとか、ご都合主義もあれど、それが極力クサくならないように、誠実に描写を積み重ねていっている感がある(飛行機描写に限らず、
心情描写についても)のが、非常に好印象です。
オーソドックスだけどクォリティの高さを感じる作品だったので、今後シナリオライター買いも検討しようかと。
→『夏ノ雨』等のライターさんなのですな。

後、ボリュームが結構多くて、アレそろそろ終わり? って所までが第一部みたいなもんで、第二部からが本編だぜーってのは
割とびっくりしました。やってませんが体験版はもしかして1部全部なのかなあ、みたいな。
そしてひとつ前の雑感でも書きましたが、演出は全体的に秀逸。まあ、飛行機CGが時折チャチく見える気もしますがマイ許容範囲セーフ。



なお、しょんぼりポイントは2つ。

1:ルートが長く、共通が多く、選択肢が少ないのにスキップが遅い。
2週目以降、既読スキップ押したら裏でネットサーフィンする時間があるっていうのはやや微妙。次の選択肢に移動する、が
あった方がユーザーフレンドリーではありそうです。

2:割と高望みですが、白バム2レビューでサブヒロインにも意味のあるルートがあってすげえええみたいに書きましたが、このゲームだと
実質グランドルートを構成している小鳥と天音先輩以外は一段落ちてサブヒロインって感じがするので、そこがほんの少し残念でした。
あと、人気投票二位に君臨している『ヒロインの妹』がクリア出来そうで出来ないのはロリ婚としては遺憾であると言わざるを得ない
かもしれません。まあ、物語としてはまとまってるから、コレはコレでいーと思うんですけど。



そんなこんなで池田としては『あらすじ、もしくは体験版で悪くないと思ったなら、買っても損はしないと思うソフト』認定です。
順番的にはサクっと小鳥→天音先輩のグランドルートをクリアしてから他ヒロインで良い気がいますが、池田はその逆でやったから
そー思うだけかもしれないので、保証はデキマセーン。


―追伸― エロゲー『向日葵の教会と長い夏休み』は、ショタ小説業界で有名なさいろー氏と、この紺野氏と、藤倉氏がシナリオとの
事だったので、とりあえず問答無用で購入リスト(脳内)した次第でありますの事よ。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-07-07 13:11 | えろげー

おっぱいポローニャ風

●えろげー、『この大空に翼をひろげて』購入。
まほよ→WH2→コレとココ1年くらいエロゲー購入0だった反動か、バリバリソフマップしております。
まだ初回プレイ中なので第一印象でしか語れませんが、キャラ立ってるしボリュームあるみたいだし、佳作以上のオーラはヒシヒシ感じます。

そーいえば演出がまほよと似たような感じで画面がぐりぐり動くので、素人目には同じようなスクリプト(っていうの?)を使ってるような気がしなくもありません。
コレが現代の標準なのかニューモードなのか、浦島太郎な自分にはわかりませんが時代は進歩するもんですねえ、とジジ臭く。


●ROはスナイポーを地味に育てています。
90転職でETお金稼ぎ用レンジャーを作ろうというエロい目算ですが、叶いますやら。



最近はストレス解消に、ヤケ食い的な意味で日曜の都内をウロウロしていますが、日曜は個人経営の店がやってない事が多いわ人が多いので
必要以上に並んだりするわで、中々新規開拓は難しい。
亀戸のホルモン屋なんかで日曜だけは昼間から営業してるー! とか日曜日に商売っ気を出す店もありますので、そーいうトコから攻めてみようと
思ったり思わなかったりしつつ、散財の毎日です。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-06-30 19:19

夏ちゅるちゅる

●ラノベで『はがない』が評判だったので1巻だけは買ったんですが、どーにも文体が合わなくて以降買ってない池田です。
どちらかというと劣化量産型として類似性を指摘される事が多い『はまち』(『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』)は、文体がちょっと西尾維新臭いなー
とか思いつつも結構気に入っていて、1巻を春くらいに買った直後にサクサクっと4巻まで揃えたくらい好きなのですが、我ながらこの差は意味不明です。

この夏は7月から8月にかけて、文学少女の人のアレ、はまち、ホライゾン新刊と定点観測本に加えてSAO・山猫姫・ブラックブレッドとか、準お気に入り本も
結構出るので、ここ2ヶ月くらい池田的に割と不作だったのを取り戻す勢いで嬉しいです。


●ROはとりあえずスナイパーへ。
しかし段々ダレてきたよルートなので、まあのんびり流そうと思います。


●最近お休みのメインが土曜から日曜に移動したので、日曜開催のイベントものに顔が出せるようになったのは、まあ実際には出不精ですが嬉しいとしても、
築地の市場空いてる時に飯を食いにいくとか出来なくなったのはちょっと寂しい所であります。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-06-25 18:17

アフリおいしいです^p^

●面白いブログエントリってーのはどんなものなんだろう、と中学生みたいな自意識過剰問答中の池田です。
例えば故れもたんとか面白い人は存在自体が面白い気がするんだけど、池田にはそういう固有人間性能は付いてない気がして、
かといって常識人っぽく頑張るには、くりゅ先生が既にそっちの方向に生態的進化を遂げているのでどーすんべー、みたいな。

いやーブログっつーのは一度整理を始めると拘りたくなるもんで、かといって今から全部のエントリをRO・読書・飯・エロゲーに分けて
再構築するくらいなら、いっそ広告がジャマーなエキサイトからfc2かどっかに移転するのもアリだなーみたいな気分になったのですが、
そこまで頑張るだけの更新率が確保出来るのかっつー問題がある訳なんですよ。


ブログなんて自己満足、ってのは前提としても、一応池田のポリシーとしては、ブログ立てるとかギルド作るとかソローやるとか、
自分以外の第三者にエンターテイメントを提供する場合は『半年は続けられる自信があるならやる』というのが自分なりの基準なもので、
そこでお悩み中なのです。

ちょーおもしれーブログが出来たとかちょーおもしれーギルドが出来たのに三日坊主で終わっちゃったら切ないですやん?
期待させたら期待には応える、それが出来無さそうならやらない、それがポリシー。


●というわけでROはハンタ―97レベル。
たまらんが誘ってくれるたこ足ぬくもりおいしいです^p^


●本はちょろちょろ読んでいますが、取り立てズバー!みたいなものは無く。
早見和真の『ひゃくはち』は、今になってタイトル見ると『けいおん!』系の名付けに見えてアレですが2008年刊行の野球青春小説で、
野球+青春という二大たのしいね要素が盛り込まれていて、まあ買ったのが古本屋100円コーナーだった事もあって、期待値以上には
楽しめたので、ちょっと作者買いしてみようかと思います。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-06-20 18:07

タイトルからほとばしらない才能!

池田です。
旧来のこのブログのコンセプトは『面白いエントリ読みたきゃ全部読め』というストイック仕様だったので、カテゴリタグ分けもしてませんでしたし、
割と意識的に1エントリ内にROと雑談とエロゲーと考察を併記して、カテゴリ分類の無い混沌としたブログを生成してたのです。

しかし、何だかんだ5年近く更新を続けてきて、さすがに過去記事をページめくって探すのも難しくなったっていうのと、今更ですがROで
みーみる統合鯖になって、sesの風土を知りたいって奇特な人がブログ巡回した際とか、OBの人が昔を懐かしんででこのブログに来た時、
座談会とかインタビューみたいな美味しい、懐かしいデータをぽんっと探せないのはよろしくないなあと思ったので、5年越しでブログコンセプトを転向して
一部カテゴリ分けをしてみましたの事よ。


過去ログ今読み返しても、昔の自分が自分なりに頑張っていて中々宜しい事でした。
ネトゲに費やした5年間は全くの無駄でしたむしろ害でしたみたいに、過去の趣味に悲観的な事を言う人もいるけど、どんな事であっても
本気で物事に打ち込んだ経験は、それなりの財産であると池田は思う派です。
とはいえ、、『ネトゲ廃人した結果高校中退しちゃったミ☆』みたいに、一般常識から思いっきり逸脱するレベルで打ちこむ場合は何卒自己責任でお願いしますぜ。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-06-17 00:47

ホワイトアルバム2@Leaf ★★★★

<ネタバレ注意>
前言撤回サーセーンwwwwwホワイトアルバム2は確かに名作でしたと申し上げる次第の池田です。

やーてっきり共通ルート2/3の個別ルート1/3くらいのボリュームを妄想していたんですが、個別ルートに十分お腹一杯になれるボリュームがあったし、
安易に(物理的に)傷つけたり殺してオチをつけないのに、しっかり感動ゲーなのは筆力高いというか構成力が高いというか。
11年の覇権クラスといっていーもんか悪いもんかまでは今更言及しませんが、中古でほぼ定価なだけはある作品だと思います。
やって後悔する事はない、割としっかりオススメ出来る作品ですホント。


なお、池田が一番好きなのはダントツで和泉千晶シナリオな模様。
白バム2はメインヒロイン2名の対比構造がキモかと思いますが、そのメイン構造と関係ない、それこそ凡庸なシナリオだとおざなりに
セックル出来るだけ(俺つばの山科ルートみたいな!)になりかねないサブヒロインに対しても、主人公好き好きであり因縁があるが故に
主人公から遠ざけられるメインヒロインに対比して、実は主人公の事を本質的に愛してないのに主人公から追いかけられるヒロインという
対比構造が組み込まれてる感がぎゃーすてきー! みたいな。

まあ、単純に『女を意識させないズボラ娘』っていう初期造形が、好みに合致したっつーだけかもしれませんがねw


その他、全体的に見てせっくるがやらしいのは池田的にはとても喜ばしい事でした。
雰囲気が近しい初代白バムも天使のいない12月も、痛々しいせっくる(ハードSM的な意味でなく傷を舐め合う的な)ばかり描写していて、
演出上それはそれでキレイではあるんですが、やっぱりせっくるはエロスの悦びがあってなんぼじゃのう、と。


そして、池田には珍しい事に気に入らなかった点が多め。
立ち絵がデッサンも塗りもしょぼい事、システムで大した事ねー演出のために強制スキップ停止されるのがダルい事は割と万人に共感して
貰えそうなマイナス点だと思います。

後、高校編やってないのに好き勝手書いてる自覚があるし、個人的好き嫌いの範疇になるんだけど、主人公が泣かせたくない泣かせたくないと
ヌルい事言ってメインヒロイン2人を行ったり来たりぺろぺろする様は、形こそ違えど某士郎さん的独善さを思い起こさせるというか、
b0078381_036436.jpg

こんな気分になってしまって、生理的に苦手だった正ヒロイン雪菜さんのキャラ造形も相俟って、正直雪菜ルートの道中はやや苦行でした。



というわけで、年1くらいでしかエロげーやらぬ男が今更★も何も無いとは思うのですが、はるか昔にオルタを減点法で3、俺つばを4にしてたなら、まあ3しかない
だろうなーという事で、とりあえず暫定記入。
※★数修正。

★0:フリスビー、よっぽど必要がなければレビューしない
★1:凡庸、セール品なら買えば?
★2:佳作、まあやって損はしない
★3:良作、人に勧めはじめる
★4:名作、布教しはじめる
★5:神作、神棚に飾り始める

一応、このくらいのレンジでイメージしといてもらえればーって感じですが、やった時の該当年齢とか思い入れにもよるから、今更過去ゲーの
レビューとかするのもアレだし、エントリを増やすのが難しい予感ですな。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-06-15 01:05 | えろげー

カンチョー!

いつまでも浣腸記事がTOPもどうかと思って更新の池田ですこんばんわ。


<RO>
今更RoSNSにも書いていますが、無事にME廃プリになりましたので観賞中です。
90転職で観賞用ABになっちゃおうかと思ったり思わなかったりするんですが、廃プリの方がABよりも可愛いんじゃないか疑惑が
拭いきれない上にに飽きたので、にゃんにゃんで討伐1セットだけやって放置なりけり。
んでんで、金策にはレンジャーETがいいんじゃね? と育成コスト考えるとダマされてる気がしますがたまらん様から教えて貰ったので、
ワンデイでハンターしています。


しかしアレですね、『3次転職まではチュートリアル』とか揶揄されたりしてる超効率化ですが、三次職の経験値テーブルを考えても
ちょっと超効率にすぎるきらいがある訳で、なんつーか、R化以前のいつまでも続けるつもりのゲームシステムから、サービス終了を見据えて、
そこまでの期間(3年、延命して5年と身勝手予想)の間に、短期的に利益を確保しようとしている感じのオーラが見える気がして世知辛いです。


<えろげー>
世間さまからあんまり評価されてないまほよが面白かったんだから、世間様が評価したホワイトアルバム2はきっとプラチナ面白いに違いない!
とホワイトアルバム2を購入してみました。

ウィンドウ形式は、池田の好みに基本合わないという前提を忘れてたorz

というわけで微妙な気分を味わいつつ、一日10分くらいずつ進めています。立ち絵がもーちょいマシならもーちょい感情移入度が高かったに
違いないと思いつつ、とりあえず丁寧なシナリオなのは理解出来るので、現状佳作イメージを受けつつ進行中です。
まあ、池田鬱展開で心ふるわせるお年頃は過ぎているので、買うもの間違えた気もしますが程々に楽しめればいいかなーっと。

というか、『closing chapter』を買ったたんですがネットで調べたら序章があるとかなんとか^p^
まあ、池田はそもそも漫画や小説を途中から読んでも割と平気なタイプなのでこのまま進める予定ではあるんですが、なんというか
エロゲー業界はもーちょっとユーザーフレンドリーであるべきだと責任転嫁してみる次第です。



<ほん>
相変わらずラノベ主体で、普通の文庫新書をちょこちょこつまみ食いする感じに色々読んでますが、さほどクリーンヒットも大ハズレも無く。
電撃文庫の『ブラック・ブレット』は『ディバイデッドフロント』とかそれ系にやや雰囲気が近い終末系の異能ものなので、ここ最近では久しぶりの
シリーズ買い対象商品となりましたの事よ。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-06-09 18:58

廃プ!

ちーす! 仕事の業務で、製菓用注射器(クリームパンのクリーム注入するのに使ったりするヤツだ)を調べてくれって依頼があって調べてたんですが、
どーいうものがあったー? って聞かれた時に、

『あーAVで出てくる浣腸器を手のひらサイズにしたようなヤツがありましたよー』

って報告しそうになったけど、何とか脳内会議で押しとどめた池田ですこんにちは。
ROは念願の観賞用廃ぷりになりました。自分で動かすと思ったより可愛くないのは、やっぱり中の人がおにゃのこ補正があってこその
廃ぷりん様だという事なんだろーと思います。

まあ、仕方が無いので課金切れまではMEでもしてちまちま遊ぼうかと思っていますが、完成の遅いMEだと討伐クエが受けられる、
ベース70まで上げるのがメンドいもんなのですね。TUME廃プリになる日は近いです。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-05-12 13:45

97!

TUでアヌアヌ様をアレしてたら97になりました。何とか観賞用廃プリになれそうな予感です。

いやーしかしリディアウェルカムスタートだったので、資産装備0ではMEは出来まいとTUにしたんですが、アヌ様が落とす
白羽スーツが5M強で売れるもんで、これはウマヒー。

MEより効率が低い事を悲しく思っていたんですが、転生してもおつりが来るくらい資産が増えたので、結果オーライな今日この頃です。


しかし、ラグほーだい? で他垢から装備を移そうとしてみたのですが、そういえばGv装備以外ほぼ全部換金してc帳チェンジしてた訳で
チャンプは一つも武器が残ってないし、アサスンも錐とエンペ特価マインしか残ってない勢いだったので、気が向いたらちょっと
3次職でも育ててみようかと思ったのですが、計画倒れに終わりそうな今日このごろでしたとさ。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-04-29 17:04

ぷりんすこん2

●ストレスが溜まったからって数日おきに更新していますが、今後は週1~隔週1~・・・月1?くらいのペースに戻る予定なので
あんまり期待しないでくださいねっと、半年放置ブログなのにユニークユーザー50人くらいいたりしたので、注意書きでございます。


●そういえばオーフェンの新書新シリーズは読んでます。
文章力が高い(気がする)のはさておき、『お話』としては昔の方がラノベ的に楽しかったと思うんですが、切らずに買い続けるのは
身も蓋も無い事を言うと思い出補正なんだろうなあ、と。
まあ、刊行ペースが極端に遅くなって興味が失せない限りは、当面買い続けると思います。


●ROはメンテ前にアヌアヌ様TUハエ飛び狩りして70だか71くらいまでプリ―スコしました。
討伐クエストに登録出来るレベルになったし、未だに一匹倒すだけでアホみたいにexp入るので、頑張れば80とか90まで
比較的簡単に達成出来そうな感じはしますが、やる事がルーチンワーク決定なので続けるやらどーやら。

ワールド統合でsesと合併したら、やる気になってワンデイでも削って1つしかないPCでもどーにかすれば装備移動が出来るので、
現状の未精錬店売り防具オンラインよりは夢が広がると思いますが、まあホント予定は未定です。

修羅がなんかアラームとか討伐クエでアレすればアレらしいとか聞くので、確か無形武器あったし、TUEEEE厨としては
一度くらいやってみようかなーと思わなくもない池田でした。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-04-18 19:16

まよー

●魔法使いの夜、2日前に終了。

やー満足満足ーと思ったら、世の中の評判はあんまり高くないみたいであら以外。
多分、世間さまと自分の評価が乖離してるのは、自分がまほよを待って待って待ち望んでたーって訳では全然なくって、たまたま
『出る事に気付いたから買ってみるかー』って程度の期待値でやったからだろうと思います。
テキスト分が足りなくて、その辺の小説ラノベ新書を手当たり次第に買って8000円分アチャーする事を考えたら、買って
損したとは思わないというか、むしろかなりハッピーではありました。

まあ、次を待って待って待ち望んじゃったりすると、多分疲れて枯れてカラカラになりそうなので、あんまり入れ込まないように
池田脳内の期待スイッチを切って、多分いつか出る次の型月作品を消極的に待とうと思います。


●『羽月莉音の帝国』(ガガガ)、1巻を試しに購入したけどアウトォォォォォ。
話が進めばもしかするとちょっと面白いのかもしれませんが、池田にはラノベ的に薄っぺらすぎるように感じてアウト作者として
池田の脳内リストに登録。昔読んだ『電撃SSガール』(講談社)のが経済エンターテイメント小説としてまだ楽しかった気がします。
内容覚えてないし2巻買ってないけど。


●『サイハテの救世主』購入。
昔はムシウタとか大分好きだったんですが、池田が年を食うにつれストライクゾーンから外れていき、作者買いする程
信者じゃないけど、壁に投げつけるほどハズレる事は多分無いのでどーしようかなー的対象の人。

今回のコレはうーん、天才描写が唐突に万能すぎたりとか、キャラがキャラ立ち優先のテキトー造形で、その場その場に
いる意味が微妙に無いというか、池田は『消閑の~』の辺りの方が尖ってる感じで好きでした、次巻は買わないと思います。


そんなこんなで積んでるジョーカーゲームの最新巻と三匹のオッサンの続編とあと一冊に手をつけようとしつつ、うーんホント
型月作品(奈須?)くらいの作風のオモロいテキストってのは、どの辺のジャンルに手を出せば良いのか悩みまくる池田でした。
講談社BOX・星海社かメディアワークス文庫あたりかと思うんだけど、傾向として前者はサブカル臭く、後者はラノベ臭い外れがキツいですな。

なんて、まあレーベルを斜めに見て個別の作品を読まなかったら、出てくるモンも出てこなくなると思いますので、さっそく講談社BOXと
星海社の作品を一つ二つ買ってみて手探りのお時間です。
[PR]
# by mavchizawa | 2012-04-17 19:51