さらば11月、こんにちは年末進行

既に年末進行が前倒しで、あっぷあっぷの池田ですマジありえないこんばんは。

本日は非公開コメント返信ゆえにログインしたのですが、丁度語りたい事がプチあったので更新。
富士見ファンタジアから出てる、あの名作エロゲー『ホワイトアルバム2』を書いてる人のラノベデビュー作である、『冴えない彼女の育てかた』の
2巻が出てた訳ですよ。


1巻の感想は・・・・・・書いたっけ書かなかったっけ、まあ正直凡庸と思いました。
自分の中のエロゲライターの一般デビューについての位置付けは、

「ハズレが多い」

これに尽きます。
田中ロミオも虚淵も健速も御影氏も信者級に好きなエロゲーライターなんですが、残念ながらどの人の一般デビュー作も、正直ビビビと
来るよーなものではありませんでした。
『フェイトゼロ』と『人類は衰退しました』は絶賛していますが、逆に言うとその2シリーズ以外で絶賛しようと思った作品がないわけで、
AURAとかアイゼンフリューゲルとか四畳半とかまあ、俺にとってはつまらなかったわけですよ。

なので1巻が凡庸だったこの人も、またしょんぼりパターンかーという事で切ろうかなーとも思ってたのですが、巡り合わせで2巻を購入して
本日読み終わったのですが、アラなんだコレ話が転がりだしたらかなり面白いわー!と。
とりあえず巡り合わせに感謝の池田でした。次も買います。


で、綺麗に終わってれば良い一日だったんですが、人間入間の新作が出てたので巡り合わせ的にこれまた購入したんですが、あー
なんというかカニバリズム満載のグロ物で、マジファックでした。
この人の振れ幅の一番アッチ側にそういう物があるのは既知でしたが、最近の単発作品ではそれをメインにはしてきてなかったので
油断してたのが敗因でした。今後あらすじが不穏だったら、必ず中に目を通してから買おうと心に決めましたとさ、まる。
[PR]
by mavchizawa | 2012-11-28 22:52


<< なんとしてでも 劇場版 エヴァQとゴティックメ... >>