覇権の品格#2012初夏アニメ

今期の覇権アニメは、出来の良さ+大衆ウケという観点から見るにつけ『SAO』じゃないかなーと思う池田ですが、今期の池田的ベストは、『SAO』でも
『ホライゾン二期』でもなく『人類は衰退しました』なので、地道に布教する次第であります。

頑張って魅力を言語化してみんとすなんですが、なんつーか『SAO』にしても『ホラ2期』にしても原作の雰囲気をそのままアニメに変換したような
クオリティの高さは有ると思います。MMO的表現の映像化だとか、難易度高そうなカワカミン世界観の映像化が違和感なく出来てる時点で高レベル。

なんですが、天の邪鬼な事を言うと、原作のムードそのままにアニメ化しているー・・・・・・んだったら別にアニメで見なくても原作読めばいいよねというか、
動いて声が当たってるだけで幸せーっていうミーハー要素をヌキにして考えると、アニメ媒体ならでは!っていう要素が薄くも感じる訳です。個人的感想ですよ!
それに、原作=アニメと同一化しちゃうと、重要(だと自分が思い入れた)シーンが無いとか、詰め込み過ぎだーとかいうオリジナルと違う部分を減点対象として
勘定してしまう傾向が(少なくても池田には)出てきちゃう訳で。

といった観点から見ると、『ホラ2期』はまあ1期からそうだったんですが、池田の目には既読組専用アニメ的な傾向が非常に強く見えるので、それでも初見さんは
楽しい要素だけ抜き出して楽しく見ているのかもしれないし、難解な原作だから割り切ったターゲットの取捨選択として妥当な志向性だとも思うんですが、どーしても
アニメってのは初見殺しではあって欲しくないという池田の嗜好性には合致しないのです。
『SAO』は、まだ数話しかやってないので断定は避けますが、似たような傾向を感じるという事で。


まー過去ブログを見ればわかる通り、原作物を池田が絶賛してるモノは、シャフト演出とか『人類は衰退しました』みたいな、『原作のムードの再現』に留まらない
『原作を咀嚼して再構成』している、賛否分かれるような偏った演出モノって事なんでしょうね。
かといって古来のアニメ『真月譚 月姫』みたいに、一時期流行ったアニメ製作側が好き勝手に原作をチョメチョメしたものは大嫌いでございます。あくまで原作への
リスペクトが無いとアカンというか、原作と違うけどアニメとしてはコレで正解だよね! くらいの事はやって欲しいなーというか。


そんなもんだから、まあニコ動でも衰退やってるし、消極的興味を持ってくれた人は、ヒマな時にぼへーっと見てみれば良いと思います!
ここまでの話をぶっちぎってミーハーな事言うと、エンディングがウィスパーボイス系で、それだけでもう全肯定の池田ですの事よ。


しかしSAOはやっぱり、作者の『整合性がアレだけど燃えればいいよね』的後付け設定が増えに増えていくのが鼻についてニンとも。
主観バリバリになるけど、アニメ版にしてもキャラを掘り下げるため―とか言って後付け(外伝)のアレとかソレとか詰め込んで回収しないで、元々そんなん無かった
1巻のSAO原本をメインラインにして、尺が余る部分にだけ外伝を埋め込めばええのになあ、みたいな。
既に2期ALO編とかが折り込み済で、外伝エピソード分のキャラを1期で拾っておかないとわけわかめになっちゃうみたいな裏事情でもあるんじゃないかとか、
穿った見方までしてしまいます。まあ、最終的には楽しければ何でもいいんですけどブヒブヒ(逃避)。
[PR]
by mavchizawa | 2012-07-24 19:01


<< 夏眠終了 マヴい >>