ハイソ!

どうも、敗訴の池田です。28日は休日出勤残業マシマシカラメのワルプルギスコンボを食らってしまい引取り出来ませんでした。
まあ、あゆたピロートークCDは貰えたのでミッションはクリアなのですが、当日の発売記念イベントとやらには参加
出来ませんでした。ふぁっく。


で、あゆたルートをサクっとクリア。
ボリュームは共通3+ルート2の5時間ってトコでしょうか。ボリューム不足は感じませんが、とりたて大作とは感じ無い、一般的ウィンドウ式の
ギャルゲーとして充分な物量だと思いました。コレ以上長いとダレるかな。

シナリオは並!
メインヒロインルートに関しては、思考の飛躍型主人公でノリツッコミ系の掛け合いが日常的にある辺り、今風のライターさんだなーと
思うんですが、なんつーか展開がワンパターンなので、所々クスっとはするのですが段々イライラして来る感じでした、池田は。
メインヒロインが『強い女』で、良い男にならないと落とせない、という造形はちょっと面白いですが、一世代前のゴージャス系
ヒロインの系譜にあるキャラ(『同級生』とかにいたようなアレ)の延長線上にいるタイプだと思うので、人気の出方としては、
『ツン、けど主人公に憧れ、メイドモード有り』と3拍子揃った紫の方がレベル高そうな気がします。

結論として、あゆた萌えゲーとして買って失望しない程度には標準レベルの出来だと思いますが、あゆたやまいたに興味が無い人には
オススメする必要性は特に感じない、そんなゲームだと思います。

けど池田はあゆたのエロシーンがまだ直視出来ずにスキップ中のチキンです。ギギギギ。
[PR]
by mavchizawa | 2011-04-30 12:34 | えろげー


<< モロ人 エイラーニャ概論 >>