マヴラヴオルタ@age ★★★★

試験的えろげーレビュー#1。 ネタバレも気にせず書くので要注意。


マヴラヴオルタネイティブ@age  ★★★★

学園ラブコメもの、と見せかけてアンリミ編でBETAなる異星生物によって滅亡寸前の人類を助けるーという仮想戦記というか
軍事もの的展開にすっ飛んだ『マヴラヴ』の完結編として発売された自称『あいとゆうきのおとぎばなし』。

傑作と名高く、星5つをつける人も恐らく多いと思うけど池田は敢えて星3つ。少なくても凡作では無いので星4つとしても
良いんだよなあと散々悩んだんだけど、減点法で考えるとこーなるしかない池田な訳で素直にレビュー。

まず、マイナス点の最大要因として製作サイドの『悪意(悪趣味)』が透けて見える点があります。
受け手というのは基本的に保守派だから、送り手はストライクゾーンを広げるようなコースギリギリを攻める、というのが
クリエイティブな態度であるというのは理解出来ますが、前作君が望む永遠でもあった導入部分(体験版)、あるいは販促で
匂わせたスタイルに反して何かしら『気分が悪くなるような要素を盛り込んでくる』事は池田はやり過ぎだと思うのです。
佐藤御大の『皇国の守護者』(※仮想戦記小説、名作)でグロ描写があるのはわかります、『螺旋回廊』(※ダークえろげ、開発age
でオルタを上回るエログロ描写があったって、それはそういうニッチな作品である事が前提だと思うので文句は無いんですが、 
マヴラヴオルタで一部にある過剰なグロ描写、エログロ描写は作品志向として行き過ぎではないか、と。

だから、一部の(耐性ある)人がそういうエログロ不条理こそ今までヌルいエロゲーで描かれなかったリアルだろ、なんて感じに
『そこまでやった事』を名作の要件として評価する気持ちもわかるんですが、池田としてはその部分が薄まった全年齢版オルタなら
星4つとして評価出来るけど、無印オルタはその悪趣味さをマイナスして星3つな訳です。


で、もう一つの減点に関しては演出面での不備。
オルタはウィンドウ形式のゲームなんですが、ボリュームのあるストーリーなのに2~3行くらいしか表示できないウィンドウ形式
(しかも何をトチ狂ったのか中央寄せ書式)ってのはテンポも見栄えも悪いなあとか、絵をぐりぐり動かす演出ってのは
恐らくスクリプト的には手間だったりエロゲ業界的には革新的努力だったりするんでしょうが、無知な池田からするとコレは
紙芝居でこー下に割り箸ついてる月光仮面と敵が『月光仮面参上びゅーん』『バババババぎゃーやられた』ってやってるみたいで
げんなりだなあ、とか、のめりこませるのに不満が各所で散見されたのです。正直止め絵と想像力で補完した方がマシではないかと。
途中で挿入される動画や挿入歌等、恐らくウィンドウ形式のゲームの進化の方向性として映画的演出を目指したんだと思うのですが、
現時点では力不足でそれがマイナスに作用していたと判断したのが減点二つ目の理由だったりします。


内容的には世界観の厚み・マニアックとも取れるミリタリー描写もありーの笑いちょっとあり燃えあり泣かせるシーンアリと、
名作と呼ばれて不足の無い構成が展開されていると思います。絶望的な世界での愛国心的うんちゃらーみたいな滅びの美学は
日本人大好きシチュエーションーだしなーとか、にしてもちょっと右寄りの政治臭が過剰じゃないかなーって部分は気になるものの
やって楽しかったーと満足するのに不足は無い内容だと思いますね。未プレイの人はまた微妙に毛色が違う前作マヴラヴ
(学園編とアンリミ編)をやってからじゃないと十分にその楽しさが理解できないってのがネックかもしれませんが。
(池田は前作マヴラヴ自体は正直取立て評価する程でもないと思うので個別レビューはしないと思います。星1~2相当かなと)


結論としては、大衆向けっぽいラッピングを施されているけれどもage的なエログロ何でもアリの生臭いゲーム。
その本性を覚悟してやる限りは完成度の高い、極めて18禁度数の高いニッチなゲーム(エログロ的な意味で)ではないでしょうか。
二次創作小説なんかを読んでふと思ったんですが、池田この『仮想オルタ世界観』には惚れたけど、作品としての『マヴラヴ』
にはあんまり愛が無いし、ブランドとしての『age』はむしろ嫌いなのかもしれません。


うーん、変に構造がどーのとか理屈っぽい事突っ込んだら良いレビュー、って訳じゃないと思うんだけど理屈に走るなあ俺。
自分がそれなりに敬意を表する同人屋の人が、『自分の感想』を提示してそれと受け手との視点の違いとか受け取り方の違いが
面白さじゃないかーって言ってたりするんですが、あ号標的サイコーいけいけ触手ううううううとか書くだけじゃ作家性が無いし、
どこにどう落とし所を見つけるか、というのはレビューの永遠の課題かもしれません。
構造とか概要の説明で行埋めるばっかりのレビューじゃ前例が1つ出ちゃうと次のレビューが欠けなくなって超先細るし、
外から切るんじゃなくて中から出すというか、そういう苦労が必要なのかもしれません。まさに産みの苦しみ。
[PR]
by mavchizawa | 2009-10-28 00:48 | えろげー


<< 蒙古タンメン中本@新宿・目黒・亀戸他 10/25GvG >>